みんなのfx いくらから。 【10万円から】みんなのシストレは最低いくらから?証拠金と必要な投資額を解説

FXはいくらから始められる?取引レベルに合った必要証拠金を徹底解説

みんなのfx いくらから

FXを始める際の資金については、 約10万円からスタートするのが良いと考える人がたくさんいました。 以下のような口コミがあったので、ぜひ参考になさってください。 「あなたが持ってる金融資産の10%程度~それ以下。 ただし、10万円以上」というのが私の意見です。 出典: FXは投機色が強いので、最初は小額からはじめるべきだと思います。 10万円からはじめるのがいいと思います。 12万前後入れて通貨1000~3000枚辺りでするとじっくり勉強できるし回数重ねる分、利益をどこで出すか損失はどこに抑えるか、投入する際は何回に分けてエントリーするかなどとても勉強になります。 僕の場合…「予算10万円」としてスタートしました。 FX会社に入金する額ではなく、書籍などの購入費等も含めてFXに投入する金額のトータルで10万円。 それを使い果たしても何も掴めなければ…きっぱりとあきらめる。 出典: このタイミングなら絶対勝てる!ってときでも、FX初心者ならしっかりと先行きを見通せないもんね。 レバレッジは5倍までにしなきゃ。 クイーンさん 参考までに レバレッジ5倍のときとレバレッジ25倍のときの証拠金について表にまとめておきますね。 そのため しっかりと損切りをすることが大切です。 先ほど確認したとおり、取引通貨の単位によって最低限必要な金額(必要証拠金)が変わります。 ここでは、 FX業者の設定している必要証拠金を比較してみました。 FX会社 取引通貨単位 必要証拠金 SBIFXトレード 1 4円 マネーパートナーズ 100 400円 YJFX! 1,000 4,000円 外為オンライン 1,000 4,000円 みんなのFX 1,000 4,000円 ヒロセ通商 1,000 4,000円 JFX 1,000 4,000円 外為ジャパンFX 1,000 4,000円 FXTF 1,000 4,000円 外為どっとコム 1,000 4,000円 楽天FX 1,000 4,000円 マネックスFX 1,000 4,000円 DMM FX 10,000 40,000円 GMOクリック証券 10,000 40,000円• そのため、総合的に見れば 1,000通貨単位から取引をスタートするのが理想的です。 先に言ってしまいますが、1,000通貨単位で取引できる 最もおすすめなFX会社は です。 スプレッド、信頼性、使いやすさ、サポートなど、 初心者にとって不可欠な要素がハイレベルで揃ったFX会社なんです。 最小1,000通貨単位(ドル円約4,000円)から取引が可能• デモトレードで練習できるので 無駄なお金がかからない!• ヤフーグループの運営で信頼性が高い• 「YJFX! アカデミー」など学習コンテンツが豊富• いま口座開設すれば、最大 2万7000円の キャッシュバックがもらえる! YJFX! は、 最小1,000通貨単位(ドル円約4,000円)から取引が可能なFX会社です。 ヤフーグループの運営で信頼性が高く、 「YJFX! アカデミー」の オンラインセミナーなど無料の学習コンテンツも充実。 FX初心者から上級者まで幅広く支持されています。 取引ツールが使いやすいうえに、1ヶ月間 デモトレードで 練習できるので、 安心して取引に移行できます。 スプレッドが業界トップクラス• 充実のお客様サポート• 取引ツールが使いやすく、サクサクとトレードできる• 取引をするほどポイントが貯まる は、スプレッドが狭いので利益を伸ばしやすいことで評判のFX会社。 デモトレードが最長で3ヶ月使えるので、取引の練習にも最適です。 また、 LINEによる相談などサポート体制が柔軟かつ親切なのでFX初心者に人気があります。 取引ツールは初心者だけでなく上級者も満足できるものなので、長く使えるFX会社です。 口座をつくる際には 4,000円のキャッシュバックもあるのもメリット。 DMM FXの口座を持っていると重宝するので、 無料登録しておくことをおすすめします。 DMM FXの評判や特徴については、こちらで紹介しています。 デモ口座の使い方から無料登録の方法など、画像をまじえてわかりやすく解説しているので、ぜひ参考になさってくださいね。 1通貨単位からトレードできるFX会社:SBIFXトレード 出典:• スプレッド&スワップポイントの水準が高い• 1通貨単位(最少約4円)からでトレード可能• マーケットの情報が盛りだくさん• デモトレードが使えず、初心者向けの情報やサポートに不安がある• スキャルピングができない• ツールの使い勝手がやや上級者向け SBI FXトレードは1通貨単位から取引できるので、米ドル円の場合 最少4円から始められます。 また、 スプレッドは業界でもトップクラスなので、取引コストを抑えやすいことも魅力。 ですが、 デモトレードができないので、 いきなり実戦に挑まなければいけないという点がネックです。 また、短期間で決済をする スキャルピングという投資手法が事実上 制限されているため、上級者の方でも意見が分かれるFX会社です。 2019年11月現在、SBI FXトレードでは amazonギフト券が最大50万円分もプレゼントされるキャンペーンがおこなわれています。 とにかく少ない資金で取引を始めたいんだ!という方は、SBI FXトレードに無料登録しておくことをおすすめします! SBI FXトレードの特徴や口コミなどについては以下のページで詳しく紹介しているので、ぜひお役立てくださいね。 当サイトにて掲載されている仮想通貨交換業者のランキングや、FX業者ランキング、比較コンテンツは、2019年4月27日から5月7日まで実施した、と、2020年5月1日から5月31日までの当サイト利用者の口座開設・アクセス状況を元に集計しています。 各種コメントや解説コンテンツに関しては、パーソナリティー、を参考に、の、株式会社カボ完全監修のもと、有識者のコメントを合わせて掲載しております。 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。 提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。 本サイトに掲載されているbitFlyer社の取引・利用状況・使用感想に関する根拠について ビットコイン取引量 国内 No. 2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.

次の

1,000通貨単位について|みんなのFX

みんなのfx いくらから

com FXはいくらから始められるのか FXはいくらから取引ができるのでしょうか。 結論から言えば、売買する金額と同額の日本円が口座資金として入金されていれば取引ができ、1000円単位の少額取引も可能です。 しかし、どの会社でも1000円単位から始められるわけではありません。 会社ごとに最小取引単位が定められているからです。 ちなみに、証拠金をFXの口座に用意しておけば、レバレッジを活用することで、より大きな金額でトレードすることができます。 FXの最小取引単位とは 最小取引単位とは、取引するときに最低限必要な資金のことで会社ごとに決められています。 FX取引における1回の売買に必要な最小取引単位は、「1000」もしくは「1万」の通貨がほとんどです。 最小取引単位について 1万通貨の場合、約4万円から取引できます。 この単位は、初心者よりもどちらかといえば中上級者向けの通貨単位です。 例えば、レバレッジを3倍に設定すると12万円もの証拠金が必要になり、より金銭的なレベルが高くなります。 1万通貨の取引ではどれだけの利益を上げられるのか考えてみましょう。 とても魅力的に見えますが、もちろん同じ分の損失が発生する可能性もあります。 このように、1回の取引金額が大きければ利益もリスクも大きくなるということです。 1万通貨での取引は、しっかりと経験を積んだうえで資金的にも余裕のある人が向いているでしょう。 一方、1000通貨の場合、約4000円という少額から取引を行うことができます。 1000通貨の取引では、どの程度の利益を上げることができるのか、1万通貨の場合と同じように考えてみましょう。 利益はそれほど大きくありませんが、同じように損失も少ないためリスクは小さくなります。 また、1000通貨は対応している会社が多いため選択肢も広がります。 ただし、取引単位によって、会社ごとに必要証拠金が異なる点にも留意が必要です。 FXは少額資金でも取引が可能 FXの取引単位(lot)とは、取引に最低必要な通貨単位のことです。 説明したように、FX初心者におすすめの取引単位は1000通貨で、約4000円という少額でも取引が可能です。 また、各社のデモトレードを活用すれば、お金をかけずに取引の練習もできます。 FX初心者の必要資金 FX初心者に必要な資金は、最小取引単位にあわせた金額だと言えます。 前提として、投資は生活と関係ない余剰資金で行うべきです。 固定費の削減や収入アップなどで余剰資金を捻出するようにしましょう。 FXを始めるときの注意点 FX取引初心者が、最も注意すべきことはレバレッジをかけ過ぎないことです。 国内のFX会社では、個人の場合、最大25倍までレバレッジをかけた取引が可能ですが、初心者の場合、最初はなるべく低レバレッジで取引するのがおすすめです。 目安として、大きくても10倍以内がよいでしょう。 自分の実力以上の金額は避けよう FX取引を始める金額は、資金面や経験値、目的などでも変わるので、自分に見合ったリターンとリスクを考えて決めるとよいでしょう。 取引単位が大きいほど利益も損失も大きくなります。 レバレッジについても仕組みを知らずに行わないようにしましょう。 少なすぎる資金では緊張感が薄れてしまうことも 少額でFXを始めると損益が少ないため、慣れてくるとゲームのような感覚で取引をするようになる人もいるでしょう。 ゲーム感覚で行っても取引の技術は向上しません。 より高額での取引を想定し、ルールや操作方法を調べるなど目的を持って取り組むことが大切です。 初心者におすすめのFX会社5選 1000通貨から取引ができるFX会社は多く、選ぶ際に迷うこともあるでしょう。 初心者におすすめのFX会社を紹介します。 外為どっとコム 初心者からも選ばれる老舗のFX会社です。 特徴は、1000通貨から取引できることや全通貨ペア業界高水準のスプレッドのほか、主要通貨に加えてマイナー通貨が豊富なことです。 なお、動画コンテンツでは、元ディーラーやアナリストの為替のプロたちが、為替相場の予想や取引に役立つ豆知識を分かりやすく解説しています。 外為どっとコムの動画を見るだけで必要な知識を身に付けられるのもポイントです。 外為オンライン 「外為オンライン」は、デモトレードが使えるので、リアルに近い環境で取引の感覚を身に付けられます。 いきなり実際の取引に挑戦してむやみに損失を増やすリスクが少なくなります。 無料セミナーもあり、トレードスキルなどを身に付けられることもうれしいポイントです。 また、「iサイクル2取引」という自動取引システムもあります。 最初に設定を行う必要がありますが、忙しい人や自分の判断に自信がない人は、こうした自動取引システムを利用するのも一つの選択肢です。 自動取引ツールは、感情に左右されず自分が決めたルールどおりに取引ができるというメリットがあります。 みんなのFX(トレーダーズ証券) 通貨の種類が豊富なので、いろいろな通貨で取引してみたいという人は「みんなのFX」がおすすめです。 また、証拠金シミュレーションで確認してから実際の取引にチャレンジすることもできます。 24時間サポートのコールセンターがあり、手厚いサポートも魅力です。 分からないことやトラブルが生じた場合でも親身になって相談に乗ってくれます。 スプレッドとスワップポイントの水準が高く、経験を積んだ後も長く使える会社と言えるでしょう。 取引ツールの操作性も高いので、ストレスフリーな取引が可能です。 LIGHT FX(トレーダーズ証券) 「LIGHT FX」はみんなのFXと同じくトレーダーズ証券が運営するFX取引サービスです。 初心者に特化したサービスで、シンプルにFX取引だけを行いたい人におすすめです。 全機能がメニューに表示されており、大きな文字の見やすい画面で豊富なマーケット情報が確認できます。 一般的な取引画面のようにごちゃごちゃしていないため、初心者に優しく分かりやすい画面になっているのが特徴です。 各種手数料は0円で、取引手数料はもちろん、口座開設費もかからないので、お得にFXが始められます。 コストを抑えたい人にもぴったりです。 サポート体制も充実しており、電話による24時間フルサポートを行っています。 YJFX! 「YJFX!」は、ヤフーグループのFX会社です。 知名度が高く、安心感があるのはもちろん、ヤフーグループならではのサービスが特徴です。 学習アカデミーというコンテンツがあり、無料でオンラインセミナーを受けることができます。 取引ツールが使いやすいうえにデモトレードで練習ができるので、取引の流れに慣れてから少額で取引を始めることも可能です。 トレードツールアプリを提供するなど、スマートフォン片手に取引したい人に適したサービスもあります。 初心者にとってもうれしいサービスが満載で、FXデビューに最適な会社と言えるでしょう。 確かなトレードルール作りを 豊富な資金を持っていても、確かなトレードルールがなければ、利益を出すことは困難でしょう。 大切なのは、運用額よりも確かなトレードルールを作ることです。 トレードルール作りが必要な理由 トレードにはルールが重要です。 FX取引はトレードの方法、戦略により必要資金が異なります。 取引する期間や許容リスクがそれぞれの取引方法で違うからです。 まず初心者がルールを作るときには、自分の元手で「どのくらい保有できるのか」「いくら利益を出したいのか」「いくらの損まで耐えられるのか」を知ることが重要です。 短期で稼ごうとしない 目先の利益ばかり考えてFXを始めてしまうと、いざ損をしたときに冷静な判断ができなくなります。 「簡単には稼げない」くらいの気持ちで最初はコツコツと始め、短期で稼ごうとしないことが基本です。 多くの初心者がおかす失敗の一つに、決めたはずのストップ値を途中で変更してしまうことがあります。 こうした失敗を避けるために、トレードに時間制限を設けるなどの対策をしておくべきでしょう。 まずは低リスクでスタートを 初心者は、取引に慣れることが重要です。 経験値と知識が成功のカギとなります。 いきなり大きな利益を狙うのではなく、まずは低リスクで始めるのをおすすめします。 初心者がすぐ利益を得るということは難しいものです。 最初はコツコツと取引を行い、安定した利益獲得を目指しましょう。

次の

【10万円から】みんなのシストレは最低いくらから?証拠金と必要な投資額を解説

みんなのfx いくらから

このFXという言葉は聞いたことがあるけれど、• FXについてもっと詳しく知りたい• FXで稼げるようになりたい という想いから、あなたはきっとこのページに来られたのだと思います。 この記事は、FXで10年間で1億6,500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーのぶせな氏の100以上のノウハウ記事の中から、 「FXを始めるために最低限必要な知識」が身に付くようにまとめたものです。 FXの仕組みをはじめ、準備するもの、トレード前に知っておきたい知識、心構え、リスク、口座選びのポイント、取引手法など、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説しています。 順番にお読みいただければ、FXの知識を、ゼロからトレードを始められるレベルまで一気に引き上げることができます。 ぜひ、最後までお読み下さい。 FXの基本|値動きの仕組み 最初に、FXとは何か?の基本を学びましょう。 FXとは FXとは、「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)」といいます。 略称で「外為(がいため)」と呼ばれることもあります。 簡単にいうと、 FXは、 ドルやユーロなどの異なる通貨を売買する取引のことです。 例えば、「本日の外国為替市場のドル円は1ドル112円45銭で、前日と比べて10銭の円安で推移しています。 」のようなニュースを耳にしたことがあると思います。 このように、今ならいくらで交換できます、という通貨の価格(交換レート)は常に変動しており、海外旅行によく行って両替する人や、海外の企業と取引をする企業にとっては、身近かもしれません。 FXトレードは、この価格の変動を利用して、次の2つのパターンによって利益を狙います。 「安く買って高く売る」• 「高く売って安く買い戻す」 繰り返しになりますが、上図のように、 FXは外貨を投資対象にして、交換(為替)レートが変動する仕組みを利用して差益(利益)を狙う取引です。 まずは、これを確実に押さえましょう。 なお、FXとは何か?の理解をさらに深めたい方は、次の記事も併せてお読み下さい。 レートが動く要因 FXに限らず、 価格は「需給」で決まります。 人気のゲーム機が品薄の場合は、フリマサイトで定価以上で売られていても買われたりするのと同じことです。 では、FXの需給はどのような要因で決まるのかというと、大きく分けて次の2つあります。 テクニカル (例)、、など• ファンダメンタルズ (例)金利、経済指標、など そして、 FXで利益をあげるコツは、上記のテクニカルとファンダメンタルを理解し、FX取引に参加している人の心理、つまり集団心理をなるべく正確に読み取ることです。 この後の内容でも解説しますし、次の記事でも解説しているので、まずはこのことを頭の中に入れておいて下さいね。 実際にFXを売買するためには、 FX口座を作る必要があります。 FX口座は、銀行口座を作る感覚でできる上、FX会社に行かなくもネット(場合によっては郵送と併用)で簡単にできます。 また、早くて2~3日もあれば口座開設できます。 次の画像で手順をご確認下さい。 なお、この記事の後半で、取引を始めるために必要な金額、FX口座の選び方のポイントを解説するので、ここでは大まかな流れを把握するだけで大丈夫です。 なお、次の記事では、口座開設の手順を、実際のFX会社の画面を使ってわかりやすく説明しているので、参考にして下さい。 FXのメリット|レバレッジが最大の魅力 国内でFX取引をしている人は、約70万人いると言われています。 では、なぜFXはここまで注目される投資なのでしょうか? それは、FXには次の3つの大きなメリットがあるからです。 【FXの3つのメリット】 1. 少ない金額で始められる 2. 平日24時間いつでも取引できる 3. 投資対象選びの煩わしさが少ない 一つ一つ詳しく見ていきましょう。 少ない資金で始められる(レバレッジが効く) FXは、口座に入っている資金の 最大25倍の金額の取引ができます。 そのため、少ない資金で始められます。 これを可能にしてるFX特有の仕組みが、 「レバレッジ」です。 レバレッジは「てこの原理」ともいい、シーソーのように「小さな力で大きなものを動かす」比喩として使われます。 例えば、1ドルが100円の場合、本来は、1万ドルを買うためには100万円が必要です。 ただし、レバレッジをかける時は注意が必要です。 それは、 最大25倍の取引ができる反面、同じ分だけ損失を被る可能性もあることを理解することです。 このレバレッジのリスクは非常に重要なので、後ほど改めて説明します。 ここでは最低限、 FXで元手以上の取引ができる理由はレバレッジにある、ということを覚えておきましょう。 なお、レバレッジについての具体的な内容は、次の記事をご覧下さい。 ただし、一部には出金できないなどのトラブルが報告されていることから、投資の教科書では、金融庁の認可を受けた国内のFX口座をすすめています。 なお、サマータイム(3月の第2日曜日から11月の第1日曜日)適用時は、それぞれ1時間ずつ早まります。 そのため、 FXは、会社員でも仕事から帰宅後の夜に副業でトレードすることもできます。 また、盲点かもしれませんが、日本が月曜日から金曜日の祝日の場合でも海外市場は空いているので、祝日でもFXは取引できます。 ただし、FXは平日24時間取引可能といっても、常に一定の取引量があるわけではなく、 時間帯によって活発に取引されやすい時間帯があります。 早朝や祝日は参加者が少なく、買いたいレートで買えなかったり、売りたいレートで売れなかったりする場合があるので、注意しましょう。 では、活発に取引されやすい時間はいつなのでしょうか?具体的には、次の3つの時間帯です。 アジア(東京):日本時間の9時~12時• ロンドン:日本時間の15時~18時• ニューヨーク:日本時間の21~25時 次の世界地図でも確認しておきましょう。 また、 時間帯によって活発に取引されやすい通貨ペアも変わってきます。 そのため、 取引時間ごとの通貨ペアの値動きの特徴をよく把握して売買することが、FXで稼ぐコツの一つになります。 これはとても大事なことなので、次の記事で必ず確認しておきましょう。 投資対象選びの煩わしさが少ない FXは、株と比べて投資対象が少なく、何を売買するかを選ぶ煩わしさが少ないことも特徴です。 株の場合は、上場している約3,700社の中から上がる銘柄を業績などをチェックして探さなくてはいけません。 では、どのような通貨ペアが売買に向いているのでしょうか? そのヒントは、ぶせな氏が、実際にトレードしている人にしかわからない視点でトレードに向いた通貨ペアを次の記事で書いているので、ぜひ参考にして下さい。 FXのリスク|大損しないために知っておくこと ここまでお読みいただき、FXはいい事ばかりだと思った方もいるかもしれません。 しかし、 FXは投資である以上、当然、リスク(デメリット)も存在します。 これをしっかり理解して始めないと、大切なお金を減らしてしまうことになりかねません。 ここでは、FXの3つの主なリスクと対策を解説していきます。 1年だけ成績が良いのは、相場の流れに上手く乗れたり、大きく保有していた時にたまたま勝てた人も含まれるからです。 このような人たちは、必ずしも実力で勝ったとは言い難いので、安定して勝ち続ける努力をしないと、数年後には市場から退場させられてしまうでしょう。 では、 どうすればFXで勝ち続けられるのかというと、 「様々な状況下で、期待値が高いルールを作り、それを毎日淡々と繰り返すこと」 に尽きます。 ちなみに、 期待値とは、一定の売買ルールを繰り返せばトータルではプラスになる考え方です。 が高いトレード手法を構築し、FXで稼ぐためのヒントは、に詰まっているので、必要な内容から学んでステップアップしていきましょう。 レバレッジ効果によるリスク では、 FXの最大のリスクは何かというと、レバレッジの分だけ、損失額も大きくなることです。 先ほどのメリットでお伝えした通り、FXは、レバレッジを効かせて少額で大きな利益を可能にする取引ですが、逆に大きな損失を被る可能性もあります。 レバレッジとリスクは比例し、 10万円稼げる可能性があるということは、10万円損する可能性が ある ことを忘れてはいけません。 ただし、レバレッジは必ず25倍にしないといけないルールはありません。 最近、FX会社のレバレッジは25倍で固定のところが多いですが、その場合は、口座に入れておく資金を少なくしたり、取引通貨量を抑えたりして、自分でレバレッジを調整する必要があります。 相場急変時の強制ロスカットのリスク しかし、FXには、投資家が元手以上の損失を追わないように 「強制ロスカット」という仕組みがあり、ある程度リスクは限定されます。 ある程度と書いたのは、相場が急落(急騰)した時は強制ロスカットが間に合わずに、借金を背負ってしまうリスクもあるからです。 この「強制ロスカット」というFX特有の仕組みを理解する上で、 「証拠金」と 「マージンコール」について理解する必要があります。 次の記事で、図と例を使ってわかりやすく解説しているので、特にこれからFXを始める人は必ず読んで、適切な資金管理ができるようになりましょう。 知っておきたい基礎知識|いくらからできるの? FXを始めるにあたって覚える内容はたくさんありますが、ここでは、FX特有のものを中心に、これだけは知っておくべき知識を5つご紹介します。 値幅の単位pips(ピップス) FXは、円だけでなく、ドルやユーロ、ポンドなどの様々な外国通貨を交換する取引なので、一概に「円」や「銭」で値幅を表せません。 そのややこしさを解消し、値幅の単位を統一するために使われるのが、 「pips(ピップス)」です。 まずはこの基本を覚えましょう。 次のGMOクリック証券の実際の注文画面でご確認下さい。 また、何通貨取引してどれくらい動いたら何円の利益になるかの早見表や、米ドル円以外の通貨ペアのpipsの読み取り方のコツは、次の記事でわかりやすく書いています。 初心者の方は必ずチェックしておきましょう。 主な通貨の特徴 次に、FXの投資対象である通貨の特徴を、ぶせな氏がトレードしている通貨を5つ、世界で取引量が多い順にご紹介します。 1位:米ドル(USD) 為替市場で最も影響力を持つ基軸通貨(キー・カレンシー)。 国際的な商取引の決済に多く使用されており、取引している人数が圧倒的に多いのが特徴です。 ドルの値動きはどの時間帯でも注目され、売買量も多いので、ドル絡みの通貨ペア(ドルストレート)は不安定な値動きが少なく、 米ドルは初心者におすすめの通貨です。 また、米国のトランプ大統領が就任して以降、本人がで発言する度に売買が急増する傾向があります。 そのため、どんなツイートをするかに注目してみるのも面白いです。 2位:ユーロ(EUR) 欧州単一通貨であるユーロは、米ドルに次ぐ第二の基軸通貨とも言われ、 米ドルと反対の値動きをしやすい特徴があります。 また、基軸通貨のドルと比較しながらトレードすると、通貨の特徴を捉えやすくなり、トレードに早く慣れます。 ユーロ圏は、数多くの国で形成されていることから、様々な価格変動の要因があります。 ユーロ圏が関わる政治、経済情勢のニュースは必ずチェックしておきましょう。 3位:日本円(JPY) 日本人に最も馴染みが深い通貨で、 米ドルとの関連性が深いのが特徴です。 通貨ペアの呼び値も「円」なので、価格変動の感覚が分かりやすく、馴染みやすいです。 売買感覚をつかむのも比較的簡単で、 初心者がFXを始める時におすすめの通貨です。 しかし、簡単に勝てることとイコールではないので、勘違いしないようにしましょう。 そのため、通貨ペアの仕組みを理解してからトレードする必要があります(詳細は後述)。 アベノミクス初期の頃は、日銀総裁の会見で円が乱高下し、日本の金融政策が世界に大きな影響を与えていました。 しかし、現在は以前ほどの影響力はありません。 4位:英ポンド(GBP) イギリスの通貨。 ドルやユーロと比べて流通量が少ないので、ひとたびポンドが注目されて売買が激しくなると、ものすごい値幅が出るのが特徴です。 FXに慣れ、価格変動の大きさを許容できるレベルになってからトレードの対象にすると、効率よく利益を上げることも可能な通貨です。 5位:豪ドル(AUD) オーストラリアの通貨。 資源国通貨の代表格で、高金利通貨でも知られます。 最大の貿易相手である、中国の景気動向に値動きが左右されやすい傾向があります。 オーストラリアと中国の経済指標は、日本時間の午前中に集約されているため、豪ドルが動くのはこの時間が圧倒的に多いです。 そのため、午前中にFXをするなら、豪ドルの動向はチェックしておきましょう。 また、先進国通貨の中で高金利の通貨なので、長期保有を目的としたスワップも注目されます。 金利に影響する経済指標や要人発言があると、突発的に大きな値幅が出ることがあるので、注意が必要です。 (要注意)トルコリラ(TRY) 高金利通貨で有名な通貨で、スワップポイント狙いで保有する人が多いのが特徴です。 ただし、スワップ狙いはリスクも高いので、注意が必要です。 スワップ目的の場合、口座内の資金に余裕がないと、強制ロスカットになる場合があります。 このように、スワップ目的で長期保有するなら、暴落があることも覚悟して投資判断する必要があります。 以上が、主な通貨の特徴です。 繰り返しになりますが、実際のトレードは、これらの通貨を2つ組み合わせた「通貨ペア」の売買になります。 組み合わせによっては、値動きのクセが顕著に異なるので、稼ぎやすい通貨ペアと難しい通貨ペアが出てきます。 その違いは、次の記事にぶせな氏がトレーダー目線で詳しく書いているので、しっかり読んで、あなたのトレードルールに適した通貨ペアを選びましょう。 手法に応じたおすすめ通貨ペア一覧 ここでは、トレーダーのスキルや手法に応じて、どんな通貨ペアが合っているのかの目安を一覧表にまとめました。 次の表をご覧下さい。 なぜなら、どのトレードスタイルにも向いている上、円絡みなので、損益の計算がしやすいからです。 また、日中に仕事をしている兼業トレーダーの方は、21時~25時に稼ぎやすい通貨ペアを選択することをおすすめします。 一方、21時~25時にやをする場合は、主要通貨ペアを選びましょう。 ただし、(価格変動の度合い)低いほうが損益変動が少ないので、その点も考慮する必要があります。 また、リスクを取って高いリターンを求めるなら、ポンド系の通貨ペアも選択肢の一つです。 重要なことは、 色々な通貨ペアを試してみることです。 そうすることで、この通貨ペアはトレードしやすい、トレードルールが作るのが難しそうといった具合に、取捨選択できるようになります。 それが結果的に、トレードルールの構築に繋がります。 しかし、最近では1,000通貨から取引できるFX会社が増え、マネーパートナーズは100通貨、SBI FXトレードは1通貨から取引できます。 どのFX会社が何通貨から取引できるかは、次の表でご確認下さい。 なお、 「初回入金額」とは、最低取引単位に応じた証拠金ではなく、 必ず最初に入金が必要な金額です。 また、「最初の入金額の目安」については、次の項で説明します。 FX会社 最低取引単位 初回入金額 最初の入金額の目安 SBI FXトレード 1通貨 0円 40~50円 マネーパートナーズ 100通貨 0円 4,000~5,000円 ヒロセ通商 1,000通貨 10,000円 40,000~50,000円 JFX 1,000通貨 10,000円 40,000~50,000円 トレイダーズ証券 1,000通貨 0円 40,000~50,000円 外為どっとコム 1,000通貨 0円 40,000~50,000円 YJFX! 1,000通貨 0円 40,000~50,000円 FXプライムby GMO 1,000通貨 0円 40,000~50,000円 GMOクリック証券 10,000通貨 0円 400,000~500,000円 DMM FX 10,000通貨 0円 400,000~500,000円 FX会社 最低 取引 単位 初回 入金 最初の 入金額 の目安 SBI FXトレード 1 0円 40~50円 マネーパートナーズ 100 0円 4,000~5,000円 ヒロセ通商 1,000 10,000円 40,000~50,000円 JFX 1,000 10,000円 40,000~50,000円 トレイダーズ証券 1,000 0円 40,000~50,000円 外為どっとコム 1,000 0円 40,000~50,000円 YJFX! 1,000 0円 40,000~50,000円 FXプライムby GMO 1,000 0円 40,000~50,000円 GMOクリック証券 10,000 0円 400,000~500,000円 DMM FX 10,000 0円 400,000~500,000円 4. 必要な資金 では、FXはいくらから始められるのでしょうか? 極端な話、最低取引単位が1通貨のSBI FXトレードの場合、を5円入金すればドル円を1通貨取引できます。 ちなみに、この5円(正確には約4. 5円)という金額は、2020年5月時点のドル円の証拠金で計算したものです。 ただし、 基本的には、自分が取引する通貨量の最低10倍以上は入金しておきましょう。 なぜなら、相場が急変した時に証拠金が足りないと、に引っ掛かってしまう可能性があるからです。 そうならないように、最低取引単位が1,000通貨のFX会社は4~5万円、10,000通貨のFX会社は40~50万円を入金しておくと安心です。 上の表で改めて確認して下さいね。 少ない通貨量から始めて、慣れてきたら徐々に増やしていくのでも遅くありません。 そして、 感覚がつかめてきたら、 30万円から本格的にスタートすることをおすすめします。 なぜ30万円なのかは、ぶせな氏が次の記事で詳しく書いていますので、ご覧下さい。 FXの口座選びのポイント|勝負は始まっている! FXを始めるために必要な資金の目安がわかったら、いよいよ取引する口座を選びましょう。 実は、FXの初心者の多くは、口座選びにあまり時間をかけずに、適当な気持ちで開設してしまいます。 しかし、トレードで稼ぐことを目的にすると、特に次の2つを意識する必要があります。 スプレッド• スリッページ この2つがトレードする度に発生する FXの実質的なコストになり、スキャルピングのような超短期売買をしようと考えている方は特に意識する必要があります。 なぜなら、この 2つのコストをなるべく最小にすることが利益につながるからです。 そして、 FX会社によっても異なるからです。 次から具体的に解説しますので、しっかり理解して、他のトレーダーより優位に立ちましょう。 スプレッド 「スプレッド」は、通貨ペア毎の「買値と売値の差」です。 これだけだと、意味が分からないですね。 スプレッドは、単刀直入に言うと、1回のトレード毎に支払う必要がある 実質的な手数料です。 反対に、FX会社にとっては利益になります。 次の画像は、ヒロセ通商の実際の注文画面です。 右側(ASK)の112. 219円が今すぐ買えるレートで、左側(BID)の112. 216円が今すぐ売れるレートです。 そして、真ん中に小さく表示されている0. 3銭が、スプレッドです。 スリッページ 「スリッページ」は、注文ボタンを押してから、注文が通るまでの間に価格が変わってしまうことです。 よく「注文がスベる」と言いますが、スリッページのことを指します。 イメージとしては、次のような感じです。 スリッページは、厳密には手数料でありませんが、トレーダーには結果的にコストになります。 そして、このスリッページも、FX会社によって異なります。 次の記事を読んで対策しましょう。 おすすめFX口座 FXの口座選びのポイントは、スプレッドとスリッページの2つの実質的なコストを意識することだとお分かりいただけたと思います。 その他にも、約定スピードやサーバーの信用性などの比較項目はたくさんありますが、 口座選びで一番大切なことは、自分に合った口座を選ぶことです。 自分に合った口座とは、トレードスタイルに合っているとか、ツールが使いやすいとか、株式投資と同じ会社で取引したいなどです。 そのため、1つの口座で充分という人もいれば、ぶせな氏のように複数の口座を相場状況に応じて使い分けているトレーダーもいます。 自分に合った口座というのは、トレードと真剣に向き合っていくうちに、「こういう手法ならあそこが有利だ」「この局面ならここが一番スプレッドが狭い」「これくらいの通貨量だったらあそこがスベらない」という具合に、何かしら気付いてくるようになります。 次の記事では、稼いでいるトレーダーが使っているおすすめのFX口座を6社紹介しています。 どこで口座開設したらいいか迷っている方は、その口座の特徴を把握することから始めましょう。 FXの注文方法|最初にマスターすべき3種類 口座を作って入金すると、注文ができるようになります。 FXの注文方法はたくさんありますが、まずは次の3つの基本的なものからマスターしましょう。 成行注文(なりゆきちゅうもん)• 指値注文(さしねちゅうもん)• 逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん) この3つができるようになると、他の注文方法はこの組み合わせであることが多いので、一気に注文の選択肢が増えます。 思ったより簡単にできることがわかるはずです。 成行注文 成行注文とは、レートや時間を指定せず、今の水準で売買する注文方法です。 とくかく約定を最優先したい場合に使います。 次のJFXの実際の注文画面で、成行注文の出し方を確認しておきましょう。 指値注文 指値注文とは、レートを指定して売買する注文方法です。 例えば、現在のドル円のレートが110円の時に、• 今よりも安い値段109円(円高ドル安)になったら買いたい• 今よりも高い値段111円(円安ドル高)になったら売りたい という場合は、指値注文を使います。 指定したレートに達すると、指定したレートで約定します。 次のJFXの実際の注文画面で、指値注文方法の出し方を確認しておきましょう。 逆指値注文 レートを指定し、指定レートを超えると成行注文が発動する注文方法です。 例えば、現在のドル円のレートが110円の時に、• 今よりも高い値段111円(円安ドル高)になったら買いたい• 今よりも安い値段109円(円高ドル安)になったら売りたい という場合は、逆指値注文を使います。 普通の指値注文との違いがわからないという方は、逆指値注文は、 「今すぐ買うのは嫌だけど、今より高いレートになったら初めて買える注文」とだけ覚えておきましょう。 次の記事と併せて理解して下さいね。 相場分析|値動きを読み取るために必須の2つの方法 注文方法が理解できても、何を判断基準にして売買すればよいのか分かりませんよね。 レートが動く要因には、テクニカルとファンダメンタルの2つの要因があると「」でお伝えしましたが、ここではもう少し詳しく説明していきます。 テクニカル分析 結論から言うと、 FXでは、ファンダメンタル分析も重要ですが、テクニカル分析のほうが重視されます。 ちなみに、テクニカル分析はチャート分析ともいい、簡単にいうと、過去の値動きの傾向を分析して今後の値動きを予測する方法です。 では、なぜFXではテクニカル分析のほうが重要なのでしょうか? その理由は、為替市場は規模が非常に大きくて参加者が多く、大勢が同じチャートを見て、同じ情報を基に同じようなタイミングで売買すると、実際にその方向に動く傾向があるからです。 つまり、 テクニカル分析を極めることが、FXで成功を収めるカギを握ります。 テクニカル指標には様々なものがあり、どれを使えばベストというものはありません。 いくつか組み合わせて総合的に判断したり、トレード手法によって使い分けている人がほとんどです。 そのため、どのようなテクニカル指標があって、どのような特性があるのかをひと通り知っておくと、あなたのトレードの選択肢を増やしてくれます。 次のページに、ぶせな氏のFXのテクニカル分析のノウハウが詰まった記事一覧がありますので、興味があるものから少しずつ読んで、トレードスキルの向上にお役立て下さい。 MT4は、ロシアのメタクオーツ社が提供しているFX専用のチャートで、 表示できるテクニカル指標が豊富、 カスタマイズ性に優れているなどの特徴があります。 国内にもダウンロードできるFX会社があるので、次の記事でご確認下さい。 ファンダメンタル分析 ファンダメンタルズとは、様々な経済活動の状況を主に数字で表した基礎的な要因のことをいい「経済の基礎的条件」と訳されます。 例えば、FXの世界では、各国の金利や、、などがこれに当たります。 ファンダメンタル分析というと、これらの数値を分析して数か月後の為替レートを予測する分析だと思われるかもしれませんが、FXで利益を稼ぐことを目的とすると異なります。 具体的には、指標が発表された瞬間にレートが大きく動く特性を利用してトレードしたり、逆に、指標発表時はリスクが大きいから何もしないという判断に使われることが多いです。 そのため、トレードをする前に、その日の何時に経済指標が発表されて、どれくらいインパクトがありそうかを把握しておくことが重要になってきます。 なお、では、各国の代表的な経済指標の解説が充実していて便利です。 また、では、発表の日時と重要度が星印で表されているので、迷うことがありません。 ファンダメンタルは、テクニカルより重要度は低いですが、どうしてあの時間に相場が急変したのだろう?と疑問に思わないように、次の記事で最低限の知識は押さえておきましょう。 トレード手法|代表的な3つの手法 それでは最後に、FXにはどんなトレードスタイルがあるかをご紹介します。 トレード手法は、決済までの時間によって、次の表のように大まかに3つに分けられます。 なお、決済までの時間や目標利幅はトレーダーによって異なるので、ここではイメージをつかむための参考としてご覧下さい。 ご自身の生活スタイル• トレード経験• 資金量や性格 に合った手法を見つけることです。 しかし、ゼロから手法を構築するのはハードルが高いです。 そのため、 その手法で実績をあげているトレーダーの真似をすることから始めると、スキルアップまでの時間を大幅に短縮することができます。 3つの手法の特徴と、ぶせな氏の具体的なエントリータイミングを見ていきましょう。 スキャルピング スキャルピングの特徴 スキャルピングは、保有時間が数秒から数分の超短期トレードのことです。 1回のトレードで狙う値幅は小さいですが、1日に数十回、相場が乱高下して値幅が大きい日は数百回トレードし、売買を繰り返してコツコツと利益を積み上げます。 スキャルピングのメリット スキャルピングのメリットは、をしっかり行えば、1回のトレードで大損することは少ないことです。 また、トレードしていない時はポジションを持たないため、精神的なプレッシャーは少なくなります。 さらに、極端にボラティリティが低い時期以外は毎日取引チャンスがあり、日中に仕事をしている会社員でも、帰宅後の21時から25時などと時間を決めてトレードすることも可能です。 スキャルピングのデメリット スキャルピングのデメリットは、パソコンの前に数時間張り付いていなければならず、体力と気力が必要なところです。 また、トレード回数が増えるとスプレッド分のコストがかさむので、それ以上に稼げないと利益になりません。 ぶせな氏のスキャルピングの具体的手法 ここで、スキャルピングのイメージをつかむために、ぶせな氏の実際のトレード映像をご覧下さい。 一番右側のチャートが取引している画面で、通貨ペアはユーロ円です。 4秒の時点で買って、1分50秒で売って、1回のトレードで4,000円の利益を得ています(バキューンという音がするところが売買したタイミングです)。  いかがでしたか?これは、少し長めのスキャルピングでしたが、もっと数秒で取引が完結する場合もあります。 ぶせな氏は、このようにスキャルピングで利益を積み重ねて、FX全体の利益の約7割を稼いでいます。 なお、具体的な売買ルールは、次の記事で公開しているので、参考にして下さい。 デイトレード デイトレードの特徴 デイトレードは、保有時間が数十分から数時間の短期トレードのことで、基本的にはその日のうちに決済します。 1回のトレードで大きな利幅を稼ぐことも可能なので、効率良く利益を上げられます。 デイトレードのメリット デイトレードのメリットは、パソコンでチャート分析ができれば、外出先の空き時間や電車の中からスマートフォンやタブレットからでも注文が出せることです。 そのため、どんな生活スタイルの方でも実践できます。 デイトレードのデメリット デイトレードのデメリットは、保有時間が長いため、仕事中など目を離している時に何か大きなニュースが出て相場が急変した場合に対応できないことです。 ただし、その場合は、を設定して自動的に損切りができるようにしておくことで、予め決めた値幅や金額以上の損失を防ぐことができます。 ぶせな氏のデイトレードの具体的手法 ぶせな氏は、FX全体の利益の約3割をこれまでデイトレードで稼いでいます。 相場全体のボラティリティが小さく、スキャルピングで利益が出にくい時期に行うことが多いとのことです。 具体的な手法については、次の記事でご確認下さい。 スイングトレード スイングトレードの特徴 スイングトレードは、1回ポジションを持ったら、数日から数週間、長い時は数カ月保有する手法です。 上手くトレンドに乗れれば、1回のトレードでデイトレード以上に大きな利幅を稼ぐことも可能です。 スイングトレードのメリット スイングトレードのメリットは、デイトレードと同様、パソコンに張り付く必要がないことです。 そのため、サラリーマンなど日々まとまった時間が取れない方にも向いています。 また、数十から数百pipsの値幅を取りにいくことが多く、3つのトレードスタイルの中で最も効率良く稼ぐことも可能です。 スイングトレードのデメリット スイングトレードのデメリットは、大きな利幅を目指す反面、損切り幅も大きくなってしまうことです。 保有期間が長くなるほど将来の予測がしにくくなるため、や損切りを徹底して行う必要があります。 ぶせな氏のスイングトレードの具体的手法 ぶせな氏は、スイングトレードでは、相場の流れに付いていく順張り(=トレンドフォロー)を重視しています。 見ているローソク足の時間軸やチャートの着眼点は、次の記事をご覧下さい。 最後に、スワップ取引の仕組みを簡単に説明しておきます。 まず、スワップとは、2国間の通貨の金利差のことをいいます。 通貨ペアを売買するFXでは、金利が高い通貨を買って低い通貨を売ることで、スワップポイントが得られます。 では、どれくらいのスワップポイントがもらえるのかというと、高金利通貨ペアで人気の「トルコリラ円」の場合、10万通貨(証拠金は約13万円)を保有していると、1日あたり930円が毎日入ってきます。 一見すると、毎日のランチ代くらい簡単に稼げそうですが、リスクも存在することを忘れてはいけません。 スワップ運用の最大のリスクは、買った通貨ペアが暴落して、今まで得たスワップポイント以上の損失が出ることです。 コツコツ稼いだものを一気に損したら、本末転倒ですよね。 スワップポイント目的がなぜおすすめできないかの理由は、次の記事で詳しく解説しています。 どうしてもスワップ取引をしたい場合は、リスクをきちんと把握した上で行いましょう。 FXのデモトレード|本番と同じ環境で練習する方法 FX会社の中には、架空のお金を使って、本番と同じ環境で取引の練習ができる 「デモトレード」を用意しているところもあります。 これを使うと、自己資金がゼロでもFXを体験できます。 このデモトレードを活用すると、次のようなメリットがあります。 色々な注文方法が試せる• 通貨ペアごとの値動きのクセがつかめる• 新しいトレード手法を試せる 詳しくは、次の記事でお伝えしているので、ご参考下さい。 そのため、なるべく自分のお金で練習することが大事です。 まとめ:まず始めてみることが大事! この記事では、初心者がFXを始める時にこれだけは知っておきたい知識を、億トレーダーぶせな氏の数あるノウハウ記事を凝縮してお伝えしました。 全て習得していただければ、FXを始める準備は整ったと自信を持って言っていいでしょう。 あとは、 早い段階で実際にトレードしてみることが何よりも大事です。 その際、 一から自分で手法を構築するのではなく、実績のあるトレーダーの手法の真似することから始めることがポイントです。 それをベースにして、細かいルールを自分に合ったものにアレンジしていくことで、自分のオリジナルの手法を構築することができます。 これが、トレードスキルを効率良くアップさせるコツです。 この記事を何度も繰り返し読んで、今後のFXトレードに活かして下さい。 あなたのFXでの成功を、心より願っています。 「FXに興味はあるけど、何から始めればいいの?」 「FXと株式はどう違うの?」 「FXでどうやったら稼げるようになるの?」 と思っている人はいませんか? 次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、FXの初心者から安定的に利益を出し続けられる状態まで一気にレベルアップできます。 具体的には、次のような内容が 全て無料で学べます。 ・FXで利益を出すために必要な基礎知識 ・デモトレードで利益を出す体験 ・おすすめのMT4業者とインストール方法 ・利益を出すために必要なチャート分析の基礎 10日間で7本の動画が届きますが、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、 「自分もFXで稼げそう!」と鮮明にイメージすることができるはずです。 ぜ ひご登録いただき、FXで成功をつかむ第一歩にしてください。 当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。 もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。 それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93. しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。 これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。 この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、 ・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法 ・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法 ・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む) ・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。 特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。 ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。

次の