繋留 流産 自然 排出。 稽留流産の手術は妊娠周期で違う!手術と入院・その後の過ごし方

稽留流産とは?原因や症状、掻爬手術と自然排出待ちどちらが良い?

繋留 流産 自然 排出

稽留流産とは 稽留流産とは、赤ちゃんの発育が停止しているが、出血や腹痛などのいわゆる流産の兆候がみられない状態のことを言います。 自覚症状が見られない場合が多いため、検診の超音波検査で判明することがほとんどです。 ・明らかに心拍が確認できる週数のサイズの胎芽が確認できるのに心拍が確認できない場合 ・前回の診察で心拍が確認できたが、今回は確認できない場合 ・通常の発育から遅れており、2週間経っても成長が見られない場合 これらの症状がみられる場合、稽留流産と診断されるようです。 原因 稽留流産は初期に起こることが多く、初期の流産の原因のほとんどが染色体異常です。 染色体異常は年齢により増加するとはいえ、健康な若い男女の妊娠でも一定数見られるものです。 卵子や精子に異常がなくても、受精卵として成長していく途中で起こるエラーもあり、特別な原因がなくても誰にでも起こりえるもので、対処法もありません。 流産を3回以上繰り返す場合、習慣性流産や不育症と診断されます。 この場合の流産に化学流産は含まれません。 習慣性流産や不育症は、まだわかっていないことの多い分野ですが、原因がわかれば対処できることもありますし、無治療でも子どもを授かっている人もいます。 私の場合、血液検査の結果、グレーゾーンの値が2つ見つかり、妊娠したら服薬することになりました。 私は不育症グレーゾーンでしたが、多くの流産は特に原因がなく、意外と多くの人がなっているものです。 1~2回の流産の場合は不育症検査は不要と、専門クリニックにも言われました。 症状 診断された場合 稽留流産の診断を受けたら、次に考えるのはお腹の赤ちゃんをどうやって外に出すかということです。 確実にお腹の中で亡くなっている・成長がとまっているが、出血が始まる予兆が見られない場合、掻爬手術を勧められることが多いと思います。 子宮内容物を掻きだす手術で、日帰り~1泊2日ほどの入院で行われることが多いです。 また、病院によっては自然に赤ちゃんが出てくるのを待ちましょうということもあります。 既に出血が始まっており、エコーで胎嚢が押し出されていることが確認でき(進行流産に移行中)、かつ感染症が現状見られない場合には勧められることがあります。 ただ、後述しますが自然排出は不確定要素も多いため、病院では掻爬手術が勧められる、もしくは一択の場合も多いです。 急ぐ必要はあるの? 稽留流産と診断された場合、病院によっては掻爬手術をすぐにと勧められることもあると思います。 掻爬手術のメリット、自然排出待ちのデメリットは後述しますが、特に感染症のリスクは母体への影響も大きいため、多くの病院では掻爬手術が第一選択肢にあがってくると思います。 ただ、稽留流産は多くの場合、検診で突然指摘されるもので、母親はなかなか受け入れられないことが多いと思います。 たいていの場合、1週間ほど間をあけて、もう一度内診をして成長が見られない場合手術となると思いますが、あまりにもその期間が短い場合は、母親が納得できないまま、「もしかしたら成長が遅いだけでこれから心拍が見られるんじゃないか」と思ったまま手術となってしまうこともあるかもしれません。 それはあまりにも酷なことだと思います。 あまりにも早い手術日程を提示された場合、不安に思う気持ちや、もう少し猶予をもらえないか等を聞いてみるのもいいと思います。 本人の納得が大事だと思います。 そのうえで、既に感染症を起こしているから早めの手術を勧める等主治医から理由の詳細な説明があった場合、母体を最優先に手術を行うのがいいと思います。 掻爬手術のメリット 決まった日に確実に行える 掻爬手術は赤ちゃんを含め胎盤や内膜などを掻き出す手術で、この日と決めた日に内容物を全て出すことができるメリットがあります。 後述しますが、自然排出の場合、確実に全ての内容物がでてくるとは限らないので大きなメリットです。 内容物を確実に病院に渡せる 稽留流産の場合、胞状奇胎ではないかを確認する病院が多いと思います。 胞状奇胎とは、染色体異常の一種です。 何が問題かというと、胞状奇胎の場合、細胞の一部が子宮内に残ってしまっていると絨毛がんへ移行する可能性があります。 このため、内容物を検査して、胞状奇胎かどうかを検査できたほうが安心ではあります。 掻爬手術の場合、病院が確実に胎嚢を取り出してくれると思いますので、検査が確実にできますが、自然排出の場合、トイレに流れてしまったということも多々あるようです。 胎嚢を検査に回せなくても、基礎体温やhCGを継続して測定することで胞状奇胎かどうかを診断できますが、一番早い方法が胎嚢に含まれる胎芽成分の分析になりますので、手術のメリットになり得ます。 出血期間が短いことが多い また、自然排出に比べて早期に子宮内のものを出すことができるため、出血期間が短く、次の生理も比較的遅くはならないようです。 掻爬手術のデメリット 子宮内膜が薄くなる恐れ 一方デメリットとして、ごく稀に子宮内膜が薄くなってしまうことがあるそうです。 子宮内膜が薄くなると着床に影響するので妊娠しづらくなることがあるそうですが、これは一度目の掻爬手術で起こる頻度は低いようです。 子宮に傷がつくリスク 掻き出すための器具で子宮が傷ついてしむうことがあるそうです。 子宮に傷がついてしまうことも、術者が丁寧に行えばそう起こり得ないことらしいです。 手術入院が必要 手術の流れとしては、手術前日くらいに子宮口を広げる前処置をして、手術当日を迎えるというパターンが多いようです。 (中には、前処置をしなかったり、当日に行う病院もあるようです。 ) そのため、手術前日から入院する病院もあれば、前処置は外来、手術当日のみ日帰り入院という形をとる病院もあるようで、どの程度の期間になるかはその病院によるようですが、少なくとも入院・手術が必要なケースが多いです。 この間、仕事を確実に休む必要が出てきます。 また気になる費用についてですが、自然排出に比べて多少まとまった費用が発生しますが、保険適用で1万円前後のようでした。 (これも病院によってきますので、事前にご確認ください) 自然排出待ちの場合、こまめに通院する必要もありますので、結果として大きく全体的な費用は大きくは変わらないと思います。 また、民間の医療保険加入者は、「入院」や「手術」の給付がおりる可能性もあります。 これは加入保険や入院の有無により異なりますので、各保険会社にお問い合わせください。 一応デメリットに書きましたが、大きくは変わらないと思いますので、費用や金額は掻爬手術か自然排出待ちかの決め手にはならないかなと思います。 自然排出のメリット 子宮が傷つくリスクは比較的低め 母体の力で出す方法のため、排出の際に子宮が傷ついたり薄くなったりするリスクは掻爬手術よりは少ないとのことでした。 手術や麻酔をしなくていい 今回の掻爬手術が初めての入院・手術という方も少なくないかもしれません。 そういった方にとって、入院・手術・麻酔などはとても怖くて抵抗のあることかもしれません。 うまく全部排出されれば、手術は一切必要なくなります。 自然排出のデメリット いつ、どのくらいの出血・痛みがくるかわからない いつでてくるか分からず予定外の大出血や腹痛の恐れがあることと、子宮内感染のリスクがあることが最大のデメリットです。 成長のとまった赤ちゃんは、異物となってしまうため、感染の原因になったりするそうで、あまり長いこと出てこない場合は手術も視野にということでした。 感染症の兆候が見られないこの段階では1~2週間は排出を待って問題ないとのことでした。 特に仕事をしている人にとって大きなデメリットは、いつどのくらいの出血、腹痛が起こるかわからない、ということでした。 陣痛のような痛みがきてから激しい出血になることもあれば、突然大出血を起こしてしまうことがあるそうです。 私自身、結果的に自然排出を経験しましたが、陣痛様の激しい腹痛と普段の生理とは比べ物にならない出血となりました。 いつ、どんなレベルの痛みと出血がくるかわからないというのは、大きなデメリットだと思います。 内容物を確実に病院にもっていけない 掻爬手術のメリット欄にも書きましたが、胞状奇胎かどうかを調べるため、「できれば出てきた塊は病院に持ってきてくださいね」と指示を受けることがあります。 うまいことナプキンの上に出てきてくれればいいですが、激しい腹痛と出血でトイレに駆け込んだらそこで出てきてしまって、流れてしまったということは間々あるそうです。 結局掻爬手術が必要なこともある そんな思いをして排出しても、内容物が完全に出切らないこともあるそうです。 その場合は、掻爬手術を行い、残ったものを掻き出す必要があります。 私の体験談 私も初めての妊娠で、、となりました。 仕事柄人前にでることも多く、いざ出血になってしまうと対応が難しいため掻爬手術を選択しましたが、が起こり、エコーの様子から出血も始まりそうとの診察を受け、医師と相談の上自然排出を待つことになりました。 、となりました。 前日夜より、生理痛のような痛みと生理2日目程度の出血となっており、9週0日深夜は陣痛のように波のある痛みが続き、痛みで目が覚めました。 脂汗がでるような痛みで、痛みのピーク時はちょっとうなりたいくらいでした。 出血量がすごく、ナプキンを変えようとどうにか起き上ったところで胎嚢・胎盤・胎盤の周りの内膜が出てきました。 出てきた瞬間、すっと陣痛様の痛みがなくなり驚きましたが、 胎嚢・胎盤・胎盤の周りの内膜は、幸いナプキンの上に出てきたため、ことができ、胎児成分の確認、できました。 その後、だんだん出血は減り、がとまりました。 少し長い低温期でしたが、無事に高温期もあり、ちょうど50日目にがきました。

次の

排出(出血)が始まるまで

繋留 流産 自然 排出

ご注意ください• 流産が確定している方に向けた記事です。 流産かも?の不安を解消したい方には逆効果となります。 医師の見解ではなく、あくまで個人の体験談です。 症状や経過には個人差があります。 血、排出物、腹痛などを出来るだけリアルに書いています。 苦手な方はお引き返しください。 私がたどった経過 稽留流産の診断を受ける1週間くらい前から急激につわりが減退しました。 例えば、見るのも辛かった汁物料理が食べられるようになっていきました。 第一子の時はこのような事がなかったので、嫌な予感がしていました。 心拍停止から 診断から 起きたこと 7日目 0日目 妊娠10週目、胎児の心拍停止の診断。 妊娠8週目に心拍が確認できてから1週間ほどで停止してしまった計算となります。 12日目 5日目 再診で稽留流産が確定。 7日後に手術を予約。 13日目 6日目 おりものから妙な悪臭を感じる。 14日目 7日目 生理終盤ほどの茶色い出血あり。 昼用ナプキンで過ごす。 15日目 8日目 朝方、破水のような透明の液体が大量に出て、昼用ナプキンでは間に合わずパンツまで染みる。 その後は生理痛よりも軽い腹痛を感じるが、出血は無し。 昼用ナプキンは一瞬で溢れ、夜用ナプキンでも5分持たない出血量。 レバー状の巨大な塊が何度も出て、その度に夜用ナプキンから溢れる。 パンツやボトムスを何度着替えても追いつかない。 この状態が3時間ほど継続。 痛みは想像よりも少なく、生理痛と下痢が同時に来た程度。 たまに「ウッ」となるが長く継続する訳ではなく、耐えられる。 17 日目 10 日目 出血量がだいぶ減るが、生理2日目よりは多い。 朝、産婦人科を受診。 胎嚢が膣の奥に挟まっていたようで、その場で排出処置を受ける。 麻酔なし、少し声が出てしまうくらい痛かった。 自然排出中の3時間に活躍してくれたナプキンたちの総重量は約1kgでした。 そのほか便器や浴室にも大量の血や塊を流したので、総出血量は1500mlほどでしょうか。 自然排出後は、人生最大級の貧血でした。 見るからに顔色が悪く、少し歩いただけで息切れが酷かったです。 自然排出前にやっておくべきこと• 便器の掃除 便器に手を突っ込んで胎嚢を探したい気持ちに駆られるため• 生理食塩水を瓶などに用意 胎嚢が出てきたら入れてあげて病院へ持参するため• 生理用ナプキンを用意 夜用を20枚以上。 生理用オムツもあると安心感が違う• 鎮痛剤を用意 我慢できない痛みに備えておくと安心 (私は使いませんでしたが、お守りになりました)• 救急相談センターの電話番号を確認 異常と感じる痛みや出血が起きた場合に備えておくと安心 (私はお世話になりませんでしたが、こちらもお守りになりました)• Iラインの毛を剃っておくor短く切っておく 大量の血が絡まって固まるとなかなか取れないため 胎嚢について 自宅で何度も便器に手を突っ込んで探しましたが、見つけられませんでした。 翌朝病院で「膣の奥に挟まっている」との診断後すぐに排出処置を受け、やっと出てきました。 赤ちゃんにお別れを言いたかったので、先生に頼んで胎嚢を見せてもらいました。 胎嚢の見た目は、自然排出中に出た塊とは全く違う、白っぽいものでした。 周囲に細い管のような物が付いていて手足かと思いましたが、先生が「へその緒になる途中のもの」と教えてくれました。 残念ながら、赤ちゃんらしきものは一つも見当たりませんでした。 このとき「ああ、もうこの子がお腹で育つことは絶対にないのか」と現実を見た気がして胸がギュッとなったのは、今でも忘れられません。 胎嚢は水子供養に出すつもりでお寺も決めてあったのですが、検査に出すため水子供養は難しいとのことでした…。 自然排出後の体調について 仕事をしている方が精神的に楽だったので、翌日は在宅勤務をしました。 その後は現実逃避するようにガツガツ仕事に家事に打ち込みました。 結果、2週間後に心身の限界が来ました。 体が動かなくなって寝込み、気持ちもだいぶ落ち込んで鬱手前でした。 こうならないように、流産後はしばらく安静に過ごすことをオススメします。 生理終盤のような軽い出血と、ごくたまに子宮が収縮するような軽い腹痛は、1ヶ月以上続きました。 生理は1ヶ月半後に来ましたが、いつもとは違う感じでした。 (量が少なく、生臭いにおいが明かに強かったです) おすすめの一冊 タイトルだけで涙が止まらなくなりますが、何とか立ち直れたのはこの本のおかげです。 「最初から下見と決めていた」「ママのお腹に宿れただけで幸せ」など赤ちゃん目線の優しい言葉が詰まっていて、読むうちに自分なりに気持ちの整理がつくようになっていきました。 以上、稽留流産 繋留流産 から自然排出までの体験談でした。 私も経験者のブログに救われたので、恩返しのつもりで体験談を書きました。 悲しくも同じ境遇となった方の不安解消に役立てたら嬉しいです。 どうか自分を責めず、身体も心もいたわってお過ごしください。

次の

排出(出血)が始まるまで

繋留 流産 自然 排出

稽留流産だと診断された翌日から出血 身体が流産だと受け入れたのか、翌日から出血が。 少量の出血でこの時はまだ痛みはありませんでした。 2日後から出血量が増えてきて、下腹部が重だるく軽い生理痛のような痛みが出てきました。 他の人の体験談を読むと、重い生理痛の3倍ぐらいの痛みと書いてあるのを見たので、これからどんどん痛くなってくるのかと少し怯えていました。 夜になると痛みが少しずつ強くなり、血の塊が出るようになりました。 もしかしてこれが胎嚢??????と思い、ナプキンについた血の塊を確認したり、トイレの度に便器をのぞき込んだりしていました。 あまりに不安だったので、丁度翌日は仕事が休みだったので、一度産婦人科で診てもらおうかと考えていました。 胎嚢排出 翌日、仕事に行く夫を見送ったあとトイレに行き、あーまた血の塊が出てきてるなぁとトイレットペーパーで拭くと、 トイレットペーパーの上に卵ぐらいの大きさのトロンとしたものが乗りました。 すぐにこれが胎嚢だとわかり、そっと夜用の大きいナプキンに乗せて包み、ジップロックに入れて冷蔵庫へ入れました。 真夏だったので 病院に電話し、胎嚢らしきものが出たと伝えると、それを持って今から来てくださいと言われました。 産婦人科へ 病院で診察してもらうと、綺麗に胎嚢が出ていて、軽く洗浄するだけの処置で終わりました。 持って行った胎嚢は小さな瓶に入れられ、病理検査に出すことを伝えられました。 呆然としていて、その時は瓶に入ったものを直視することができなかったのですが、私の赤ちゃんなのだからしっかり見ておけば良かったなと後悔。 怯えてた痛みですが、思ってたよりも全然痛くなかったです。 生理痛が年々酷くなっていて、3か月程前の生理の時にあまりの痛みに顔面蒼白になり、倒れる寸前にまでなったことがあるので、その時の痛みと比べると全然我慢できる痛みでした。 実は・・・ なんとなく初期の頃から、今回の妊娠はダメかも。。。。 って気がしていました。 最初に病院で妊娠だとわかった1週間後ぐらいに、なぜだが理由もなく悲しい気持ちになって涙が止まらなくなったことがあったんです。 きっとその時にもうダメだったのだと思います。 きっときっと優しくて繊細な子だったのだと思います。 最後まで優しくて、痛みも少なく出てきてくれました。 最後に産婦人科の先生が「今回の命は必ず戻ってきます」って言ってくれたことが心に残っています。 その言葉通り、2か月後には再び妊娠。 初期にはまたトラブルがあって、部分胞状奇胎の疑いがあるとも言われたのですが、今回は無事に出産することができました。

次の