アスカ ラングレー 死亡。 エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

惣流・アスカ・ラングレー

アスカ ラングレー 死亡

惣流・アスカ・ラングレー(・-) とは、『』の登場人物である。 : 『』においては、軍所属 式波・アスカ・ラングレー(しきなみ・-) とめられた。 キャラクター概要 強気、勝ち気、弁、活発な性格の。 【新】軍で。 直属非開組織 特務NERV擁する汎用人、人造機。 ヘアを、操縦者専用頭部で左右のにして、常にのにしている。 のく、ではでに負けているらしい。 、、とは同じであり、のとは仲がよい。 そのことでトから「」など冷やかされるもある。 だがに率を追い抜かれた辺りから徐々に精不安定になっていく。 のことは嫌っており、「」「」と呼んでいる 【新】を「」、を「ヒイキ」と呼んでに心を燃やす。 ・と共闘したある戦で自信を失いそうになるが、その後に共感することで周囲への態度が柔らかくなっていく。 とはでは決裂したあるで逆に理解し合う新展開となった。 ミサトにも以上に心を開いている描写がある。 ツンデレ兼ヤンデレ? 一部では兼とかいわれているらしい(当時はその言葉自体存在しなかった)。 にという項があるのでのある方はそちらを参照のこと。 この記事のでも盛んにこの件について意見が交わされているので、のある方は参照されたし。 ツンツンしていることと病んでいることに関してはコンセンサスはある模様。 アスカ名台詞集• 「、ぁ?」• 「、ァ?」• 「チャーンス」• 「グーテンモルゲン」• 「こちとらには一万二千枚の特殊装甲とがあるんだから!」• 「…」• 「私に命しない!」• 「とおりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーー!」• 「そっか、私笑えるんだ。 」 ヱヴァンゲリヲン新劇場版、および旧作との相違点について より式波・アスカ・ラングレーとして登場。 軍所属として前作同様機と一緒に登場。 ではなく「第二の」と呼ばれた。 のにより、との違いについて下記2点が示唆されている。 ・へのがない。 ・に対する異性としての思いはない。 TV版から旧劇場版の物語後半 この項は、成分を多く含んでいます。 の下操作でさせてご覧ください。 終盤では率低下や敗戦が続いたことにより、と化す。 では復活してひと暴れするものの、最終的に。 はの「…」を持って幕を閉じる。 新劇場版:破の物語後半 この項は、成分を多く含んでいます。 の下操作でさせてご覧ください。 第8の戦の際、一人ではを殲滅できなかったことを認め、以降の呼び方を「」とし、自分を「」と呼ぶことをした。 この後はのなどに影を受け、のを始める など始める。 またのしたお食事会のために行動するなど、新におけるとの関係は版より良好。 機のへの移送とともに機がになると機のに志願する。 しかし、機は版通りによって侵食されており、によって第9のと。 初号機が迎撃に向かうものの、はを載せたままの機に攻撃することができなかった。 そのためゲンドウは初号機のダミーを起動し、の搭乗していたエントは噛み砕かれてしまう。 その後、は生還するが「身体の侵食は消えたが精汚染の恐れがある」との理由により隔離されている。 なお、新:Qの予告に、1だけ登場した。 このときのにはが付けられているが、負傷または変化によるものかどうか等の原因は不明。 「惣流」は大『』に、「」は-1『』に由来する。 には『』から名前を引き継いだ-『』がある。 「」はの作品「香」の『砂香』から。 「コ」の名も同作品に登場する他のが由来だと言われている。 ・12番艦(2番艦)『』に由来する。 『み』には同艦D3『み』D6『しきなみ』D12『まきなみ』がある。 ルドに非ず。 以下のは基本的に版に基づいています。

次の

【エヴァンゲリオン】アスカが男性ファンに好かれる4つの理由

アスカ ラングレー 死亡

碇シンジは、言わずと知れた「新世紀エヴァンゲリオンのパイロット」であり、それでいて作中でいろんなことをやらかしてくれる思春期まっただなかの少年。 そんなシンジのことを、今まで僕はいまどきの 「中二病」だと思っていたんですが、どうもただそれだけでシンジのことを語るのは、少々単純でした。 特に、シンジの周りにいた女性たちが、シンジの行動に影響を与えていたことは、忘れちゃいけませんしね。 ここでは、 碇シンジを虜にした4人の女性たちについて、詳しくご紹介していきます。 シンジはパートナーを求めていた?シンジを虜にした4人の女性たち 作中でシンジにかかわりがあるのは、特に4人の 女性たちです。 中には女性とも男性ともいえない「使徒」もいますけど、役割が女性的なので、あえてここに挙げさせてもらいます。 シンジが中二病をこじらせて、とにかく誰かに認めて欲しかった時、近くにいた女性たちは、一体どのように行動したのでしょうか? 1.葛城ミサトはシンジに大人の善悪を教えた 葛城ミサトは、NERVの中心的メンバーであり、ファーストチルドレンとしてエヴァのパイロットに選ばれたシンジの保護者的存在。 なんでも、一人にしておくのがかわいそうだとか、碇ゲンドウから息子を託されたとか、その理由は様々なんですけど、ミサト自身も加持リョウジとの関係がうまくいかなくなった時期と重なるんです。 そこでシンジとミサトの同居生活が始まるわけですが、特段シンジに対して保護者のように接するわけでもなく、むしろ大人のだらしないところを見せ付けてしまうだけなんです。 ビールをうまそうに飲み、食器を洗わずに放置し、洗濯物は一気にまとめてと、とにかくガサツなミサトのことを、シンジは「だらしない大人」と断言してしまいます。 スポンサーリンク そもそもシンジは誰と比較してミサトのことをだらしないと言っているのか、それはもう母親である碇ユイだけです。 理由が分からないけど、目の前から消えてしまったユイに対しては、もう美しい思い出しか残っていないので、それと比べられたミサトもたまったもんじゃないです。 でも、ミサトが何もかもだらしないわけではなく、時に 母親のような接し方をして、シンジをドキッとさせます。 シンジが失敗したり、自分が評価されなかったりするとすぐに拗ねて、自分の殻に閉じこもるんですが、そこでミサトは甘やかすことなく、突き放してシンジが立ち上がるのを待ちます。 このやり取りは、甘えん坊の子どもを厳しくしつける母親のしぐさのように思えるのは、僕だけでしょうか? 2.惣流(式波)・アスカ・ラングレーはシンジに大人の入り口を示した シンジとミサトの不思議な同居生活もすぐに終わりが訪れます。 と言うのも、セカンドチルドレンとして 惣流(式波)・アスカ・ラングレーがやってきて、一緒に暮らすようになるからです。 シンジとアスカは表面的にいえば、アスカのツンデレな行動にシンジがあきれながらも付き合っていた感があります。 でも、今までのミサトとの関係と違って、アスカに対してシンジは初めて「女性」を意識した行動をとります。 シンクロ率をアップさせる訓練としてエアロビクスなどを練習させられることになった時、シンジは思春期の男子らしく、アスカと手をつなぐことをためらいます。 もちろんアスカは「つなぎたくてつないでいるわけではない」と真っ向から否定しますが、アスカもこういう部分を見るとやっぱり14歳の中学生女子だったわけですね。 これ以降、シンジの行動は暴走気味になって来るのですが、そのピークがあの 「自慰行動」だったわけです。 けがをしたアスカを見舞いに行ったはずだったのに、よりによって自分がふがいない戦いをしたためにアスカに負担を賭けてしまい、アスカにけがをさせてしまったのに。 スポンサーリンク アスカが全裸で横たわっていると分かったとたん、こともあろうに目の前で行為に及んでしまうシンジ。 セカンドチルドレンを治療している病室に、監視カメラが付いているのは分かっているはずなのに、そんなことも知ってか知らずか、自分の欲求を満たすことを優先したシンジ。 アスカのおかげで、シンジはごく一部分だけ大人に「シン化」してしまったわけです。 3.綾波レイはシンジに心のよりどころを与えた 一方、同じエヴァパイロットである 綾波レイには、性的な欲求は湧いてこなかったシンジ。 綾波レイ自身は、碇ゲンドウが生み出したクローンであり、こともあろうにシンジの母親であったユイをモチーフとしているクローン。 それをシンジが気づいていたかどうかは分かりませんが、レイ自身はクローンなので、人間として必要な感情を持ち合わせていない部分もありました。 時には全裸で部屋の中を歩いていたり、そんな時にシンジに出くわしても何の感情も表わさなかったりします。 驚くのは、全裸のレイを見た時のシンジが、ムラムラするわけでもなく「服、着た方がいいと思うよ」と、まるで常識人の大人のような対応をする事です。 アスカには欲求を抑えることが出来ず、でもレイには欲求を抑えることが出来る。 この違いは一体何だろうと、僕自身も本当に不思議に思います。 でも、シンジがうすうすと 「レイ=ユイのクローン」であることを気付いていたならば、この対応の違いが起こってもおかしくないんでしょうね。 実際、作中でもレイに対して執着は繰り返すシンジですが、その執着は異性としての存在ではなく、なんだか家族のような、居場所のような、アスカに対するものとは明らかに違うことは、みなさんも理解できると思います。 4.渚カヲル(!)はシンジに独り立ちの機会を与えた ここで 渚カヲルをあげてしまうのをどうしようかと思いましたが、カヲルはあくまで使徒なので、男性とか女性とか性別がないので、あえて紹介します。 実際、シンジとカヲルの関わり方を見ていると、シンジのことを励ましたり、シンジの思いを受け止めてからフォローするところを見てみると、明らかにカヲルの行動は女性的なものだと思います。 シンジからしてみると、アスカは時にガミガミ言うし、レイは何を考えているか分からないし、ミサトはただの酒飲み。 でも、カヲルくんは僕のことを受け止めてくれる、それでいて僕の行動、いや僕のすべてを許してくれる存在。 スポンサーリンク こう考えると、シンジが一番惹かれてしまったのは、見かけが男性(実は使徒)の渚カヲルなのではないかと思えるのです。 身体を密着させる割合や、作中の2人だけのシーンの多さを見ていると、明らかに 相思相愛と受け取られても、おかしくはない。 カヲル自身もまんざらではなかったようで、本当の目的は「シンジに接触してNERVに侵入する」ことだったにもかかわらず、それがうまくいかず、シンジの操縦するエヴァ壱号機に捕獲されると、命を絶つように懇願します。 つまり、自分が好きだった碇シンジに殺されるなら本望だと言う、カヲルの気持ちが明らかになっているシーンなんです。 そして、シンジ自身もカヲルの要求に悩みますが、数分間悩んだ後に、エヴァの掌の中で、カヲルの首を跳ね、苦しむことなく死にいたるようにして、 カヲルの要求を満たすことになります。 この時点でカヲルが使徒と言うことが明白になっていたにもかかわらず、この行動です。 今まで目の前に魅力的な女性が存在していたにもかかわらず、結局シンジが一番好きだったのは、渚カヲルだったというのは、断言しても怒られないでしょう。 まとめ 碇シンジという14歳の少年が、エヴァンゲリオンに乗っているのは、 正直恐ろしいです。 ちょっと拗ねたらエヴァに乗らないっていうし、乗ったはいいけど綾波レイとシンクロしそうになったり、なぜかシン化してサードインパクトを起こしそうになるとか、とにかく危ういったらありゃしない。 こう考えたら、碇シンジって少年は、ただの中二病少年にしておくと、本当に危険(笑)かもしれないです。 でも、そんなシンジが徐々に成長して、大人になっていくのだろうと思えるのが、このエヴァンゲリオンと言う作品でもあるんですよね。 父親である碇ゲンドウに認められたいがゆえに行動に突っ走ることもあるし、最終的には「エヴァに乗らなきゃ僕じゃない」なんて言えるぐらい、役割と責任を見極められるようになっているので、 立派な企業戦士になることは間違いないですよ。

次の

惣流・アスカ・ラングレー

アスカ ラングレー 死亡

まず、物語冒頭では序で強敵、第6使徒を倒したNERVでも、来日するアスカでもなく、新キャラ、マリにスポットライトが当たります。 プロローグ マリ対第3使徒 舞台は北極NERV基地、封印していた第3使徒が突如覚醒し基地内を大暴れするところから物語は始まります。 第3使徒は原作に登場しない独特の形をしていますが、新キャラ 真希波・マリ・イラストリアス操る緑のエヴァ、仮設5号機が出撃し、暴走を食い止めようと奮戦、激戦の末、 仮設5号機は大破してしまうものの見事第3使徒のコアを破壊し、撃退に成功します。 墓参りと弐号機参戦 舞台は再び日本に戻り、 シンジと父、ゲンドウの墓参りから物語は始まります。 二人はシンジの母、綾波ユイの墓を参った後、ミサトと共に帰りますがそこで使徒が襲来します。 第7使徒は原作アニメに登場しない特殊な形状をした使徒ですが、来日した 式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ弐号機と壮絶な空中戦を行い、キックによりコアを砕かれ消滅。 シンジはアスカと最悪の出会いをします。 その後、 アスカはミサトの家に同居、シンジのクラスメイトになりますが、シンジに裸を見られるなど印象は最悪のまま、日常パートは続き、シンジは空から密入国してきたマリとも不思議な出会いをします。 しかし、平和はいつまでも続かず、第8使徒、原作では第10使徒サハクィエルが空から落下してきます。 ミサトの作戦によりシンジ、アスカ、レイの三人は協力して使徒を受け止め見事撃退し、パイロット同士の確かな絆が構築されます。 暴走するエヴァと第9使徒 エヴァのパイロット同士の絆が深まった頃、エヴァ4号機の消滅事件の煽りを受けてエヴァ3号機が日本で起動実験が行われることになり、アスカがテストパイロットを志願します。 原作ではシンジの親友、トウジが乗り、悲劇を生むのですが、破ではアスカが乗り込み、やはり起動実験中に第9使徒に乗っ取られてしまいます。 シンジは一人でエヴァ3号機と対峙、アスカが乗っていることを知ると戦闘を拒否しますが、ゲンドウの命令により初号機のダミーシステムが起動。 シンジを乗せたまま初号機は第9使徒もろともエヴァ3号機も徹底的に破壊、 アスカが乗るエントリープラグまで砕いてしまいます。 そしてアスカ死亡を目の前で見たシンジはエヴァに乗ることを辞め、NERVを去ることを決意します。 そんな事を知らないシンジはアスカの死に絶望し、ミサトの家を出ますがそこで新たなる使徒、第10使徒が現れます。 第10使徒は最強の使徒ゼルエルとよく似た容姿をしており、無敵の力を発揮します。 アスカの代わりに弐号機に乗ったマリも奥の手のビーストモードを発動させるも敗北。 N2地雷で攻撃しようとしたレイの乗る零号機も第10使徒を倒すどころか捕食されてしまいます。 まるでアニメ版のゼルエル戦のような壮絶な展開が続く中、レイを救う為立ち上がったシンジは初号機に乗り、人の形に姿を変えた第10使徒を攻撃、覚醒した姿で使徒を圧倒、消滅させ無事レイの救出に成功します。 ですが、エヴァ初号機の覚醒はサードインパクトの引き金だったようで初号機は神のような姿へと変貌して、シンジとレイを飲み込んでいきます。 このままサードインパクトで物語は終わるのかと思ったその時、月から新たなるエヴァに乗った渚カヲルが現れ、槍で初号機のコアを攻撃、サードインパクトを防いだ事でラストを迎えます。 A post shared by shinq1111 on Jul 13, 2019 at 2:10am PDT エヴァ3号機といえば原作トウジは重症を負い、マンガ版では死亡と縁起の悪い機体ですが、テストパイロットとして乗り込んだアスカも初号機のダミーシステムによって全身を引きちぎられ精神崩壊を起こす程のダメージを負います。 しかし、破のラストに流れるQの予告特典でも片目に眼帯をつけたアスカが元気そうに叫んでいる事から死亡はしていません。 しかし、アスカが重症を負った後、シンジは一度もアスカと会えていなかった為、死を強く意識してしまったのではないかと思います。 また、エヴァンゲリオンQで発したアスカの発言からアスカはすでに人ではなく別の生物になっている事がわかっているので、アスカ生存の理由はこのアスカの身体に起こった変化が大きく関係しているとも考えられます。 しかし、続編Qではサードインパクトこそ防げたもののその被害がかなり大きかった事が判明しています。 エヴァンゲリオン破はこれ単体でもかなり楽しめる作品となっているので新作の前に一度見直してみるのも良いのではないでしょうか.

次の