シャドバ 復習 ヴァンパイア。 【シャドバ】絢爛のセクシーヴァンパイアの評価と影響の予想【シャドウバース】

【シャドバ】絢爛のセクシーヴァンパイアの評価と影響の予想【シャドウバース】

シャドバ 復習 ヴァンパイア

デッキの特徴 除去性能が非常に高い との除去性能が非常に高く、中盤終盤のボードの取り合いに強く出ることが出来ます。 盤面にフォロワーを出しながら確定除去を行うため、テンポを取りながらコントロールデッキとしてのゲームを作っていけます。 決定打に欠ける 自然カードにフィニッシャーが存在しないため、決定打に欠ける部分があります。 既存の進化復讐ヴァンプの要素を織り交ぜることによって、フィニッシャーを補いました。 サンプルデッキ カード コスト 枚数 1 3 2 3 2 3 2 3 3 3 3 3 3 3 3 3 4 3 6 3 7 3 7 2 10 2 10 3 キーカードと詳細 カード 詳細 フォロワーを2枚サーチしながら場にを2体展開できるカードです。 テンポロスを最小限にしつつリソースを増やすことができます。 進化することで体力上限を10にして復讐状態になりつつ、ダメージカット能力をリーダーに付与します。 復讐状態になることでパワーが増すカードも多く、ダメージカット能力も強力なため進化を切っておきたいカードです。 ただし、対面次第では体力最大値を10にすることがデメリットになるため、進化するかは慎重に考えましょう。 進化することで毎ターン2ドロー、バーン効果をリーダーに付与するカード。 こちらも進化を切っておきたいキーカードになります。 立ち回りのポイント マリガン基準 基本キープ カード 詳細 を場に出すラストワードを持つカード。 最初のになってほしいためキープしたいです。 テンポロスを最小限にしつつドローすることができるので、非常に強力です。 リソース確保のためにキープします。 進化して復讐状態に入るためにキープしたいですが、体力値を10にすることが悪手になる対面には返します。 序盤を安定させるカード、復讐に入るためのカードをキープします。 状況に応じてキープ カード 詳細 が見えていない場合は同じ3コストのドローカードとしてキープしておきたいです。 を手札に加えることができるので、の条件を早めに満たすためにもキープしておきたいです。 初手からキープしておくことで進化する度にコストが下がるので、余裕があればキープすることもあります。 ドローソース、になるカードをキープしながら終盤にプレイするパワーカードも余裕があればキープします。 序盤の立ち回り ナテラの大樹を集める を効果を最大限生かすために、を集めておきたいです。 プレイすることでドローも進むため、余裕があればどんどん回していきましょう。 リソースを確保する 、を使用して手札を増やしていきます。 復讐に入る、進化をする、のプレイ等、手札次第で次にするプレイも変わってくるので、選択肢を増やします。 中盤の立ち回り 復讐状態に入る に進化を切り、復讐状態に入りましょう。 に進化権が不要となることで、進化権を使わずにの起動を狙うことも可能です。 終盤ののデメリットを帳消しにすることもできます。 相手が細かいダメージを飛ばすことが得意なデッキな場合、進化が裏目になりやすいので注意しましょう。 進化回数を伸ばす 、、を利用して進化カウントを増やしていきます。 盤面を取ることにも繋がるので、積極的に狙っていきましょう。 体力を詰めれているのなら、バーンを狙って手札を温存したままターンを終了しましょう。 最後はゼウス 進化のカウントがある程度進んだら、でとどめをさしましょう。 10ターン目にはの追加効果が発動するため、バーンによってハードルを下げることができます。 余裕がある場合は進化権を使わずに進化できるフォロワーを先にプレイし、さらに進化回数を稼いでからをプレイしましょう。 その他の構築 回復コントロール型 生成コスト デッキコード 53,300 シャドウバース主要記事.

次の

【シャドウバース】自然進化復讐ヴァンプのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ 復習 ヴァンパイア

- - -• 後攻時にキープ は、進化を行えば復讐状態に入れるため、4ターン目に進化を行える後攻時にはキープしよう。 ダメージカット効果も付与されるので、などのダメージを抑えることができる。 復讐ヴァンプの立ち回り 序盤の立ち回り ドローを進める でドローを行い、中盤の準備を進めよう。 またこの時、4ターン目にをプレイする流れが見えているのであれば、しっかりと盤面を処理しておくことも重要になる。 中盤の立ち回り 復讐状態に入る ベルフェゴールやをプレイし、復讐状態に入ろう。 どちらも強力な効果に加えて優秀なステータスを持っているため、相手に処理を押し付けるような形を取っていきたい。 やのような、疾走持ちフォロワーで打点を稼ごう。 特にデモンオフィサー・エメラダは、守護フォロワーやアミュレットを処理しながら打点を通すことができるため、最後の一押しに最適なカードだと言える。 シャドウバース攻略の他の記事 アンリミテッドのデッキ アンリミテッドのTier上位デッキ.

次の

【シャドウバース】ミッドレンジヴァンパイアのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

シャドバ 復習 ヴァンパイア

機械ヴァンプ(20連勝デッキ、ローテーション) <> senamaru氏がローテーション20連勝を達成した機械ヴァンプのデッキレシピです。 アディショナルの新カードは「背徳の狂獣」が3枚採用されています。 (カードテキストはこのページの下の方にあります) 背徳の狂獣は、「ドローをするたびに盤面かリーダーにランダム1点を与える」という非常に強力なリーダー付与能力を持っており、デッキ全体もこの新カードを活かすように組まれていますね。 具体的には「」「」が3枚ずつで、ドローを強化したデッキ構築になっています。 「背徳の狂獣」の能力が働いていると「鋼鉄と大地の神」が非常に強力で、仮に9枚融合していて相手の盤面が空だったりすると、相手リーダーに9点ダメージが飛ぶという恐ろしい性能になります。 お互いに相性の良い 「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」をどちらもサーチできるので、「ワンダーコック」の重要度が上がり3枚採用になっている感じですね。 このデッキでは「」が不採用ですが、「背徳の狂獣」「」がどちらも3枚で機械以外のカードが多くなっているため、これ以上入れたくないのかもしれないです。 あるいは、6PPのタイミングで「背徳の狂獣」+「()」として、ドロー2枚で2点飛ばしつつ、次の「」を着地させるための動きがあるので、6コストのネレイアを抜いているということでしょうか。 アディショナル前の機械ヴァンプよりも、フィニッシュの部分で「」や「」への依存度が下がっているイメージです。 「背徳の狂獣」のリーダー付与能力を働かせておいて、「鋼鉄と大地の神」から「鋼鉄と大地の神」を引いて連鎖させ、ひたすらドローしまくって相手リーダーの体力を削るというプランが生まれています。 仮にデッキ枚数30枚の時に「背徳の狂獣」を進化させたとして、デッキ枚数が残り10枚になるまで戦ったとすると、ランダム1点のダメージが合計20回ばらまかれることになります。 これだけで相手リーダーの体力をかなり削れますし、盤面も処理しやすくなるので、進化時能力としては破格の性能ですね。 3コスト枠で「」が不採用なこともあり、全体的に機械カウントが進みづらくなるという問題はありますが、「」の採用で少しでも機械カウントを進みやすくしたり、 機械カウントがなかなか進まなくても「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」のコンボで戦えるという感じだと思います。 【進化時】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン中、カードを自分のデッキから手札に加えるたび、ランダムな相手のリーダーかランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 これをX回行う。 Xは「加えたカードの枚数」である」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。

次の