ユナ 虹 プロ。 【虹プロジェクト】アンユナが太った?画像比較とヤバすぎる…2つの理由

『虹プロジェクト』ユナはJYP練習生!ユナペアでITZYデビューとは?

ユナ 虹 プロ

虹プロ・勝村摩耶 マヤ のプロフィール• 名前 勝村摩耶 かつむらまや• 生年月日 2002年4月8日• 出身 東京• 血液型 O型• 趣味 絵を描くこと、スキンケア収集• 特技 料理• 所属事務所 YGJエンターテイメント 虹プロのマヤが虹プロオーディションに参加したきっかけは? 虹プロのマヤさんは、YGJの練習生でした。 YGJとは、BIGBANG,BLACKPINK,TRESURE,チェ・ジウさんなど数々の有名アーティストが所属する韓国の大手プロダクションです。 「YG ENTERTAIMENT JAPAN」といって、「YG ENTERTAIMENT」の日本法人のことを言います。 数々の有名アーティストを持つ大手事務所ということもあり、そのトレーニングを受けたことでかなりパフォーマンス力歯磨かれていたでしょう。 その練習生を辞めた後、「自分の良さってなんだろう?」と悩んでいたそうです。 そこで、アイドルになるという夢を叶えようと決意し虹プロに参加されました。 虹プロのマヤの評価は? J. Park氏からの評価は 「マヤさんの一番大きい長所は、 実際の実力よりもっとうまく見せられる能力です。 実際には70~80点くらいだけど90~100点のように思わせる能力があります。 良いことです。 表情の演技、体の演技で、実力をカバーします。 歌う時、踊る時に演技力がいかに大事なのかをマヤさんが見せてくれています。 僕が今日一番褒めてあげたいのは歌です。 歌が本当に上手でした。 呼吸もすごく安定している状態で、ブレずに豊かな声が出ています。 今回の参加者の中で、一番豊かで厚みのある声です。 たくさん歌の練習をしたんだなと思いました。 音程もすごく良かったです。 ボーカル評価の時はここまでとは思わなかったけど、 踊りながら歌うことで真価が現れたようです。 よかったです」と絶賛でした。 虹プロメンバーの中でも一番豊かで厚みのある声との評価で、マヤさんの実力の高さが伺えます。 虹プロ・勝村摩耶 マヤ は石川県のガールズグループTiny Tonyのメンバーだった? マヤさんは大手事務所YGに練習生として所属する前、 石川県のガールズグループ『Tiny Tony』のメンバーだったのでは?との噂が。 『Tiny Tony』は現在 4人グループで、ルウさん、ユイナさん、ミユさん、リョウさんです。 そこに、マヤさんも所属していたのではないかと言われています。 Was part of dance group Tiny Tony until April 2018, the group performed in events in Toyama Prefecture. 虹プロのマヤの性格は? マヤさんは、他のメンバーのテスト中の時の表情や、質問の受け答えを見てとても優しそうという声が多いようです。 一般社会ならめちゃくちゃ良いことだけど、あんまりピュアだとミナみたいに芸能界の荒波に耐えられるか心配。 — niziproject応援🌈MAY niziproject3 優し過ぎて、虹プロでやっていけるかどうか不安に思っている方もいるようですね。 実力も高く、性格も良いと評判のマヤさん。 これからも応援したいと思います。

次の

虹プロ・ユナのその後(現在)は?脱落理由は何?今後もJYP練習生?

ユナ 虹 プロ

【虹プロジェクト】ミイヒとユナの仲良し感動エピソードまとめ! ミイヒちゃんもユナちゃんも、JYP練習生でした。 JYP練習生は、韓国でトレーニングを積むので、虹プロジェクトに参加する前から仲良しだったのかもしれませんね。 隣同士なことがとても多いんです。 youtube. youtube. マヤちゃんが「みんなに頑張ろうね!」という言葉に ミイヒちゃんが「大好き」と言います。 それに応えるかのように、ユナちゃんが頭の上でハートを作って、サランヘポーズをしてます。 韓国ではファンサで使用することが多い。 大きなプレッシャーを抱えながらパフォーマンスを終えたミイヒチーム。 チームは勝利したものの、ホッとしたのかミイヒちゃんは泣き出してしまいました。 控え室に戻ると、ユナちゃんが迎え入れてミイヒちゃんを膝の上に乗せてギュッと抱きしめます。 本当に良い子ですね。 年齢的にも1つ上のユナちゃんがお姉さん的存在なのでしょうか。 とても仲良しなことがわかりますよね。 来る途中も一緒にいたしユナちゃんとミイヒちゃん本当に仲良しだね〜って泣いた。 ユナちゃんが今までのスランプを克服して、初めてJYパークさんに褒められました。 その際、ミイヒちゃんは自分のことのように涙を堪えていました。 ミイヒちゃんがどれだけユナちゃんの実力を発揮させてあげたかったかがわかりますね。 ユナちゃんが褒められる時に涙堪えるミイヒちゃんが美しくて美しくて — niziprojectMAY niziproject3 そんなミイヒちゃんのプレッシャーは相当なものだったでしょう。 今まで良い評価ばかりだったのが、ここに来てスランプに陥ってしまいました。 ユナちゃんはミイヒちゃんに語りかけます。 「もうちょっと私たちができていたら ミイヒのプレッシャーを受け止められたと思う ミイヒの本当の実力を分かっているから JYパークさんは惜しかったと思っていだけだろうから」 ユナちゃんの優しさがにじみ出ていますね。 私はミイヒの本当の実力を知ってるよ。 って仲間のミイヒの事一番に心配して反省して…なんでいい子なの。。 この曲は、 「私達はみんな誰かとの出会いで特別になることができる」 「突然怖くなり、孤独になって倒れそうになったとき、誰かの温かい言葉によって再び立ちあがる」 というメッセージが込められているそう。 今のユナちゃんにぴったりの歌詞じゃないでしょうか。 今までずっとスランプに陥っていて、なかなか自分の実力が出せない。 そんな中やっと自分を出せたユナちゃん。 また、ミイヒちゃんもユナちゃんがいたからこそ自分が頑張らなくちゃと人一倍プレッシャーを感じたのだと思います。 もちろんアカリちゃんもマヤちゃんも、それぞれがこの歌詞に思うところがあったでしょう。 餅ゴリがこの課題曲したのも、それだけユナちゃんに対する思いが強かったのかなと。 韓国合宿のミッション3では、本当に涙なしでは見れなかったですし、2人が無事デビューして、仲良しな姿をたくさん見れるのが楽しみです。

次の

ユナ X 虹プロ

ユナ 虹 プロ

Contents• Parkは常々、アイドルにとって一番難しいことは体重管理だと言っていました。 長く第一線で活躍するJ. Parkの言葉だけに、重みがありますよね。 きっとJ. Parkは、メンバーの体型にも常に気を配っていたのではないでしょうか? 12名の練習生の中では、とくにリリアが体重管理が甘いと指摘されていました。 でもファンの間では、ユナも体型管理が理由で落とされたと見ている人もいます。 【シンデレラストーリー】デビュー確実 — ゆずる@JO1&NiziProject kankogaido 上の画像を見ると、頬の辺りがほんのちょっとだけふっくらしている感じがします。 いっぽう、リマやマユカはシャープな顎のラインをしていますね。 もちろんユマも、パッとみてスリムな体型ですし、「体重管理がまるでなっていない」といった感じはしません。 でもプロデューサーの厳しい視点からすると、微妙な差があるだけで、デビューさせるかどうかの判断基準になってしまうのではないでしょうか。 長くアイドルとして活躍するためには、練習生のうちから徹底的に自己管理できることが重要と考えているのかもしれませんね。 例えばニナは、誰にも真似できない高音ボイスを持っています。 ダンスの面で遅れをとっていても、パワフルな歌声があるだけで、グループの中の個性として輝くことができます。 例えばアヤカは、ほのぼのした雰囲気からくる不思議なスター性を評価されていました。 とてもマイペースかつ柔和な性格で、スタッフから人間性も高く評価されていました。 いっぽうユナは、総合的にいろんな要素を兼ね備えてはいるのですが、突出した個性や特技があったかといわれると、J. Parkの目には少し足りないように見えたのかもしれません。 リーダーシップをとってみんなを引っ張るとか、驚異的な身体能力でダンスの一人舞台ができるとか。 「この点では誰にも負けない」という軸を見つけ、徹底的にアピールすれば、デビューメンバー に選ばれたかもしれませんね。 ご存知の通り、ユナは12人の中で唯一の韓国出身者です。 今回のプロジェクトは、最終的には日本人で構成するつもりだった、なんて話はないと思いますが、幅広く考察するために取り上げてみました。 いつかJ. Parkの口から、本当の脱落理由が語られるかどうか分かりませんが、何かが足りなかったのは間違い無いでしょう。 なにはともあれ、ユナの今後の活躍を願いましょう。

次の