大河 ドラマ 館 亀岡。 『麒麟がくる』大河ドラマ館もピンチ 京都・亀岡市が寄附募る|オリコンニュース|徳島新聞

麒麟がくる 京都大河ドラマ館 公式サイト

大河 ドラマ 館 亀岡

再開にあたっては、体温測定やマスク着用・手指消毒など感染防止対策にご協力ください。 ご迷惑をおかけしますが、この間はサンガスタジアム by KYOCERAの駐車場をご利用いただきますようお願いします。 "のリニューアル概要を掲載しました。 京都大河ドラマ館のTwitterで、エリアごとにリニューアル内容を詳しく紹介していきます。 トップページにさくらウィーク公式ホームページのバナーを貼りましたので、詳しくはそのホームページをご覧ください。 の試合がある日や国際的なスポーツ大会が開催される日などは、京都大河ドラマ館の普通車駐車場は終日駐車することができません。 新型コロナウイルス感染症に関連し、京都サンガF. のホームゲームの延期及びU23日本代表国際親善試合の中止に伴い、当初の日程から変更しました。 京都大河ドラマ館では、新型コロナウイルス感染防止のため、館内への消毒液の設置、スタッフのマスク着用や入館者の方への感染防止対策チラシの配布など感染防止対策を強化しています。 の試合がある日や国際的なスポーツ大会が開催される日などは、京都大河ドラマ館の普通車駐車場は終日駐車することはできません。 予めご了承ください。 (「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」にお持ちいただくと優待価格で入場できます)市民見学会の後は、ぜひドラマ館にお越しください。 また、1月11日 土)の開館時間は、オープン記念式典を実施するため13:00からとなります。

次の

「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」、京都府亀岡市に1月11日オープン

大河 ドラマ 館 亀岡

新型コロナウイルス感染拡大防止対策 新型コロナウイルス感染拡大防止対策(主なもの)• スタッフのマスク着用、手指の消毒、手洗いの励行• 入口での非接触型赤外線体温計によるお客様の体温測定• 入口へのアルコール消毒液の設置• 新型コロナウイルス感染拡大防止対策周知文の入口および館内での掲示• 入場者全員への感染防止対策チラシの配布• ドラマ館の出入口のドアを開放し換気の実施。 館内への空気清浄機の設置• 館内の定期的な消毒(人が触れる場所は随時消毒)• 館内での密集を避けるための入場制限の実施• 館内の配置変更(間隔を空けた座席の設置など)• 非接触での業務の実施(現金収受は原則トレーで行うなど) 来館者の皆さまへのご協力のお願い• 5度以上の発熱や体調がすぐれない場合は入館をご遠慮願います。 館内ではマスクの着用をお願いします。 ソーシャルディスタンスを取るようご協力をお願いします。 「京都文化スポーツ施設新型コロナウイルス緊急連絡システム」への登録をお願いします。 (館内にQRコードを設置しています。 このシステムにメールアドレスを登録すると、万一の感染発生時に迅速に連絡を行います。 展示物、展示品には手を触れないようにお願いします。 お子様にもご注意願います。 スタッフへの写真撮影依頼はご遠慮願います。 ご来館のお客さまへ[注意事項]• 指示に従わずに生じた事故、お客様の不注意に よる事故などについて主催者は責任を負いません。

次の

「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」、京都府亀岡市に1月11日オープン

大河 ドラマ 館 亀岡

新型コロナウイルスの影響で約40日間の臨時休館を余儀なくされた京都府亀岡市の「 麒麟 ( きりん )がくる 京都大河ドラマ館」。 来年1月まで期間限定のオープンだが、運営費の大半を賄う予定だった来館料収入が激減している。 「このままでは、これまでの皆の苦労が 儚 ( はかな )く散って終わる……無念じゃ!」と、市はふるさと納税を活用したクラウドファンディング(CF)で運営費を募り始めた。 (内田桃子) 運営費をクラウドファンディングで募っている「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」=亀岡市提供 亀岡市は、明智光秀が丹波平定の拠点として築いたとされる丹波亀山城跡が残るなど、光秀とのつながりは深く、ゆかりの地としてPRしようと、周辺自治体とともに2011年から大河ドラマの誘致を開始。 同城跡をはじめ、福知山城や、山崎の合戦で敗れた光秀が逃げ込んだとされる勝竜寺城公園(長岡京市)などを巡るツアーの企画などが実を結び、18年4月に光秀を主人公とした「麒麟がくる」の制作が決まった。 これまで、丹波亀山城跡を訪れる人は年間で3000人ほどだったが、ドラマ放映が近づいた昨年11月頃から増え始め、1か月で約1500人まで急増。 大河ドラマ館は「サンガスタジアム by KYOCERA」内にあり、同スタジアムを訪れる観戦客らも見込み、市は来館者数の目標を「50万人以上」に設定した。 今年1月11日にオープンすると、初日には行列ができるほどのにぎわいを見せ、市は、城下町や地元グルメを紹介する「明智光秀マップ」を作るなど、観光客らの呼び込みに注力。 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月以降、トロッコ列車や保津川下りなどに訪れる観光客や団体ツアーのキャンセルが相次ぎ、4月11日からの臨時休館も決まった。 運営費は、閉館までの1年間で約3億円かかる。 府内に出されていた緊急事態宣言が解除されたことに伴い、来館者の検温など感染予防対策を講じた上で5月25日から再開したが、これまでの来館者数は約3万人にとどまっており、目標達成にはほど遠いのが現状だ。 サイトでは、「感染防止を極めつつも、多くの方々に参上願う至難の業に、それがしは挑む」などと、明智光秀が民衆に助けを求めるような口調で寄付金を募っている。 市外の寄付者には、金額に応じて地元産の野菜や亀岡牛などの返礼品を用意しているほか、同館の入館券付きのものも準備。 集まった寄付金は、今後の展示制作や新型コロナウイルス対策の強化などに充てる。 CFの受け付けは5月27日から始まり、1000万円を目標に7月末まで行う予定。 市光秀大河推進課の担当者は「ドラマの舞台が京都に移る前に、多くの人に訪れてもらい、挽回できれば」と話している。

次の