避妊 具 歴史。 いわゆる江戸時代の娼婦はどうやって避妊してたんでしょうか

さまざまな避妊法

避妊 具 歴史

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も ナショナルジオグラフィック日本版サイトはてなブックマーク - 写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も ナショナルジオグラフィック日本版サイト プレビュー 写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も ナショナルジオグラフィック日本版サイトはてなブックマーク - 写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も ナショナルジオグラフィック日本版サイト 写真で見る避妊具の歴史、古代ローマ時代の品も ナショナルジオグラフィック日本版サイト 氏によると、ペッサリーは「の隔壁」となる具だ。 の部分でをふさぐため... 続きを表示 氏によると、ペッサリーは「の隔壁」となる具だ。 の部分でをふさぐためにされる。 は200~400年ごろとされるの製ペッサリー。 (PHOTOGRAPH SCIENCE , , WELLCOME IMAGES) は、「はでありません」と述べ、の脅威にされる国に住むのをするを示した。 が昔行ってきたに対し、がにとってきたを考えると、のは大きな変化ととらえることができる。 (参考:「のはに対する考えを変えるのか?」) にはのほか、さまざまな具が使われ、そのはとても長い。 でのとについて書かれた『's , '• ブックマークしたユーザー•

次の

江戸時代の避妊方法がすごい…避妊具の歴史まとめ

避妊 具 歴史

古代のギリシャやアラブではスポンジが使用されていた。 画像はアラブで使用されていたものの復元で、織物繊維とシルクで作られたという。 1901年〜1930年頃までイギリスでもスポンジが使用された。 画像はロンドンのウェルカム図書館より、ペッサリーのスケッチ。 幾つかの避妊具のスケッチ。 図1はスポンジ、図2は膣内洗浄用の注射器、図3は子宮口のキャップ。 1922年頃のスケッチ。 装着図(1928年)。 様々なペッサリー。 コルクや木製で、蝋、またはシルバー、ゴールドなどでコーティングされていた(ロンドンのカタログより)。 子宮内幹ペッサリー(カタログより)。 手術器具のカタログより。 閉塞ペッサリーは、通常は避妊薬として殺精子剤とともに使用されたのだとか。 1880年代にドイツで考案されたペッサリー。 殺精子ペッサリー。 1925-1960年頃、ロンドン。 1801年から1900年頃にイギリスで使用されていた、エイトケン型と呼ばれるペッサリー。 画像は磁器製のもの。 女性用コンドーム。 1989年の試作サンプル。 子宮頸キャップ。 イギリス1915-1925年。 1860年代頃のビデ(膣洗浄器具)。 こちらは木製のもの(1820-1880年頃)。 Via. この記事、個人的に興味深いので続きを書きたいと思います。 参考: 青木 日出夫 by タグ : キネコ Author:キネコ ようこそ、付録部 blog-buへ。 当サイトは海外情報を中心に、ニッチな情報をお届けする隙間系ブログです。 管理人は『コタク・ジャパン』や『目ディア』、『Amp. 』他でも執筆経験のあるフリーライター。 ハンドルネームの由来は、映像変換技術のKinecoから。 お問い合わせはメールフォームかaboutのコメント欄まで。

次の

避妊の歴史 |避妊のいろいろ

避妊 具 歴史

さまざまな避妊法 現在、日本で用いられている避妊法にはさまざまな種類がありますが、それぞれの年齢や生活環境、将来の出産予定、パートナーの協力度などによって、より自分に適した避妊法があります。 自分のカラダのことやパートナーとのライフスタイルを考えながら、無理なく確実な方法を選ぶことが大切です。 IUS(子宮内システム)は子宮の中に入れる小さな器具で、黄体ホルモンを放出するタイプ。 一度の挿入で最長5年間、効果の高い避妊ができる IUD(子宮内避妊用具)は子宮の中に入れる小さな器具。 避妊効果を高めるために銅がついているものもある。 一度の挿入で2~5年間、避妊ができる OC(低用量経口避妊薬または低用量ピル)は女性ホルモンを含んだ薬剤。 正しく服用することで効果の高い避妊ができる 男性の性器にかぶせるゴム製の袋で、精子の腟内への放出を防ぐ方法 基礎体温を測定することにより、排卵期を知り、避妊の目安にする方法 女性の場合は卵管、男性の場合は精管を糸で結ぶか切断して、卵子や精子の通路を遮断する方法• 女性主体で避妊できる• 生理の量が減り、生理痛が軽くなる• 薬の飲み忘れがない• 女性主体で避妊できる• 授乳中でも使用できる• 薬の飲み忘れがない• 女性主体で避妊できる• 月経周期が規則的になる• 生理の量が減り、生理痛が軽くなる• 性感染症が予防できる• 手軽に入手できる• 副作用がない• 自分の月経周期を把握できる• ほぼ確実に避妊できる• 挿入後数ヵ月間は生理以外の出血が続くことがあるが、時間とともに、日数や量は少なくなる• 医師による装着、除去が必要• 生理の量が増えることがある• 医師による装着、除去が必要• 医師による処方が必要• 毎日服用する必要がある• 装着ミス、ズレ、破損などによる失敗率も高い• 毎朝きちんと体温を測定を測定する必要がある• 発熱、過労、ストレスなどで基礎体温が変動し、排卵期が見つけにくくなる場合がある• 手術が必要。 contraceptivetechnology. 射精の前に男性の性器を腟から抜き、腟の外で射精すること。 セックスを我慢すること。 副作用などがない。 絶対に妊娠しない。 避妊に失敗する可能性が高い。 セックスしたくても我慢しなくてはいけない。 なし なし.

次の