鬼滅の刃 200。 【鬼滅の刃200話ネタバレ】「勝利の代償」文字バレまとめ

【鬼滅の刃】炭治郎が死亡!?200話読んで考えたこと…

鬼滅の刃 200

鬼滅本誌200話のネタバレ 朝日が昇り、無惨の体が日光に焼かれ消えてゆく。 無惨の体は完全に消滅し、 1000年に及ぶ戦いに終止符が打たれたのであった。 戦場に居た一般隊士や隠たちは、涙を流しながら歓喜の雄叫びをあげる。 産屋敷輝利哉も泣き崩れ、意識を失う。 しかし喜びも束の間、 戦場には多くの負傷者がいた。 隠と隊士たちは急いで柱たちの救護を行うのだった。 ーーーーーーーーーーーーーーー 左足を失い、壁にもたれ掛かる悲鳴嶼。 意識はありながらも、隠たちの治療を受けようとはしない。 悲鳴嶼は言う。 自分はもう手遅れであり、貴重な薬を自分に使わず他の若者たちの治療に使って欲しいと。 若い隊士を助けることが、悲鳴嶼の最後の願いだったのだ。 死期が近い悲鳴嶼。 薄れゆく意識の中で悲鳴嶼の元にやってきたのは、寺で共に暮らしていた7人の子供達たちだった。 鬼に襲われた あの夜のことを謝りたいと、涙ながらに話す子供たち。 あの夜子供たちは、悲鳴嶼を置いて逃げようとしたのではなく、目の見えない悲鳴嶼を守るために、外にある武器を取りに行き、助けを呼ぼうとしたのであった。 真実を知り、解放されたかのように涙を流し始める悲鳴嶼。 鬼から守ってやれずにすまないと、子供たちに謝罪の言葉を伝える。 子供たちは言う。 謝らないで、みんな先生のことが大好きだよと。 子供たちに抱き寄せられ、 悲鳴嶼は子供たちと共に天国へ旅立ってゆく。 ーーーーーーーーーーーーーーー 伊黒に抱き寄せられている甘露寺。 甘露寺はようやく目を覚ましたものの、痛覚が感じないほど負傷しており、 自らの死期が近いことを悟る。 伊黒も無惨の攻撃で重傷を負っており、もうすぐ逝くという。 初めて会った日のことを思い出す2人。 甘露寺は言う。 産屋敷邸で迷子になっていた自分を伊黒が助けてくれたのだと。 しかし、助けられたのはむしろ自分だと言う伊黒。 あの日道に迷っていた甘露寺は、あまりにも普通の女の子だったから、 伊黒は心が救われたのだった。 些細なことではしゃいで笑い、柱になるまで苦しい試練があってもそれを少しも感じさせない。 底抜けに明るい甘露寺と過ごす伊黒は、まるで普通の青年になれたようで幸せだった。 伊黒のことが好きであり、生まれ変わったらお嫁さんにして欲しいと、涙を流しながら伝える甘露寺。 甘露寺も、ありのままの 自分を受け入れてくれる伊黒に救われていたのだ。 伊黒は約束する。 絶対に甘露寺を幸せにし、今度こそ死なせないと。 ーーーーーーーーーーーーーーー 意識を失い、真っ暗な世界に迷い込んだ実弥。 見つめる遠く先には、亡くなった玄弥と兄弟たちが花畑で楽しく遊んでいる。 しかしそこに母親の志津の姿は無い。 暗闇の中で志津を見つけ、なぜ玄弥たちの元へ行かないのかと問う実弥。 志津は手で顔を覆いながら言う。 鬼となり 我が子を手にかけてしまった自分は、天国へは行けないのだと。 実弥は志津を背負って共に地獄へ行こうとするも、誰かの手がそれを静止する。 実弥の手を振り切り、 志津を地獄を連れて行こうとするのは実弥の父であった。 父に突き飛ばされた実弥は、再び現世へ戻ってゆく。 意識を取り戻す実弥。 ーーーーーーーーーーーーーーー 伊之助は未だ吐血しているものの、元気よく隠に噛み付いており、命は無事な様子。 善逸も治療中ずっと喋り続けるほど元気であった。 一方の冨岡義勇は右腕を失っていたが、隠の治療を受けようとはせず、共に戦った炭治郎を探しにゆく。 しかし冨岡の前に現れたのは、左腕を失い全身から出血し、首が下に垂れた状態の炭治郎だった。 炭治郎は息をしておらず脈もない。 炭治郎の笑顔を思い出し、涙を流す冨岡。 また守れなかったと、自分は人に守られてばかりだと、冨岡は後悔の念に押し潰される。 すまない禰豆子と謝る冨岡のもとに、 ついに禰豆子が到着する。 201話へと続く。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 キャラ 現在の状況 無惨の攻撃で右目は欠損して、顔の半分は鬼の細胞が残ったまま。 無惨を再び追い詰めるも、 衝撃波により左腕を失う。 赤ちゃんとなった無惨に吸収されるが、 体内から赫刀で致命傷を与える。 突如全力を出した無惨の攻撃により右腕を欠損し、一時戦線離脱。 復帰後は、炭治郎や柱と共に 赤ちゃん化した無惨の逃亡を食い止める。 無惨の全力攻撃を受けて 両目を失明。 その後、無惨に捕食され衝撃波で吹き飛ばされるも、 鏑丸と共に生存。 赤ちゃん化した無惨を食い止める。 無惨から攻撃を受け、1度戦線を離脱して治療を受ける。 炭治郎を救うため、日輪刀なしで無惨の腕を切断するが、 無惨の反撃を受けてしまい生死不明に。 突如全力を出した無惨の攻撃により意識を失い、一時戦線離脱。 復帰後にも無惨の衝撃波を受けてしまい大量出血中だが、炭治郎や柱と共に 赤ちゃん化した無惨の逃亡を食い止める。 突如全力を出した無惨の攻撃により左足を欠損し、一時戦線離脱。 復帰後は 鎖を使って、逃亡を図る赤ちゃん無惨を食い止める。 柱・同期組を相手にして戦闘中。 珠世に盛られた薬により9,000年分以上老化、残り3つの薬で弱体化。 巨大な赤ちゃんの姿に変貌し日陰への逃亡を図るも、幾度となく阻止され、 ついに太陽に灼かれ始める。 禰豆子がついに到着か 禰豆子活躍の伏線が回収されていない 産屋敷輝哉の未来予知により、戦場へ行くことを許された禰豆子。 輝哉は禰豆子の活躍を未来から推測したのだと思いますが、 無惨戦でその活躍はいまだに描かれていません。 無惨を倒しても毒で全員死ぬ展開は考えにくいので、到着した禰豆子が同期組や柱の毒分解を行う可能性が高いと思われます。 炭治郎が太陽に焼かれてしまう そもそも禰豆子は、炭治郎が無惨の鬼化毒に犯され始めた時に、産屋敷邸を離れています。 つまり、炭十郎や輝哉が考えた 禰豆子の役割とは、炭治郎の鬼化を止めることでしょう。 現在無惨の体内にいる炭治郎ですが、顔の一部が鬼化しています。 無惨を攻撃して 体内から出たとしても、太陽に焼かれてしまう可能性が高いです。 鬼化に対して唯一「爆血」という対抗策を持っている 禰豆子が到着するタイミングとしては、炭治郎が日光を浴びるであろう200話が、可能性として高いと思います。 無惨はこのまま死亡するのか 本体はまだ生きているはず 199話で赤ちゃんに変貌した無惨。 しかし、あくまで赤ちゃんの姿は、 無惨本体を日光から守るための肉の壁でした。 本体は未だ日光に焼かれていない可能性が高いです。 ただ、無惨本体に日光が有効である描写が描かれており、現状無惨は太陽の克服に至っていないことが判明しています。 200話では無惨を守る肉の壁が無くなると思うので、今後無惨がどのような行動を取るかが楽しみですね。 炭治郎を乗っ取ることはない? 柱や隠に囲まれ日光にも焼かれ、追い込まれた無惨。 太陽克服以外で残された手段は、現状では炭治郎を有効活用すること以外にないでしょう。 傷口を通して「 炭治郎の体の中に本体を隠す」というのが妥当な選択だと思います。 しかし無惨は珠世の薬で肉片となるのを封じられており、炭治郎内部に侵入するのが困難な状況。 さらに炭治郎の内部に入っても、炭治郎の意志を操れない限り、時間稼ぎにしかなりません。 また、 鬼化させれば炭治郎ごと消滅してしまいます。 そのため、炭治郎を乗っ取るという選択は取らないのではないでしょうか。 カナヲが復帰なるか 199話にて、戦線の隊士は柱含めて全員が満身創痍であり、これ以上戦うのはほぼ不可能な状態になっていました。 無惨が未だ生き残るのであれば、無惨の対抗馬としてカナヲの復帰はほぼ確定でしょう。 カナヲが治療を受けるシーンは描かれていませんが、柱が全員復帰した今、近いうちに復帰するのではないでしょうか。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の

鬼滅の刃【最新200話ネタバレ】決着とその代償

鬼滅の刃 200

鬼滅の刃200話のあらすじ振り返り タイトルは 「勝利の代償」です。 無惨の体は散り、ついに姿までも見えなくなりました。 ウオオオオと現場にいる隊士たちはとうとう無惨を倒したと皆泣き湧いています。 現場から離れている 産屋敷 輝利哉(きりや)は緊張が解けたためか意識を失います。 現場では数人の隊士たちが 非鳴嶼の周りに集まっています。 非鳴嶼は自分はもう手遅れだから薬は使わないでくれと隊士たちに頼みます。 もう命は持たないようです、、、。 そんな気の遠い非鳴嶼のもとに子供たちが、、、かつて非鳴嶼が寺で育てていた子供たちです。 子供たちは鬼が現れた日のことを語り出しました。 自分たちはあの時逃げたわけではない、目が見えない先生(非鳴嶼)を守るために武器を取りに行った、人を呼びにいった、獪岳を追い出したのには理由がある、など非鳴嶼が知らなかったことを話し出す。 子供たちに囲まれた非鳴嶼は天へと旅立ったようです。。。 動けない甘露寺を抱いている伊黒。 無惨が死んだことを甘露寺に伝えます。 甘露寺と話しているときは普通の青年になれたようで幸せだったと伝えます。 甘露寺は伊黒のことが好きだった、一緒に食べるご飯がおいしかったと伝えます。。。 次は実弥。 向こう側に玄弥を含む兄弟たちが楽しそうに遊んでいるのが見える。 そことはまた違うところに母親の姿が。 なぜお袋は向こう側に、玄弥たちがいる方に行かないのかと尋ねますが、我が子を殺した自分は天国に行く資格はないと答えます。 だったら自分もそっち行くよと言う実弥だが、そこに突然父親が現れる!お前はまだ向こうにもこっちにも来るなと言い突き放す 玄弥は意識を取り戻したようです。 つづいて伊之助と善逸。 ケガで身体はすごいことになってますが二人とも意識はあり、大丈夫そうです。 義勇は隊士たちに添われながらも歩ける状態。 炭治郎の無事を心配しています。 炭治郎は右手に刀を握ったまま地に両ひざをつきうつ向く、、。 息をしてない、脈がない。 炭治郎につきそう隊士がそう言いました。 炭治郎の目の前に膝をつく義勇は、 また守れなかった、許してくれ禰豆子と一人つぶやく、、。 禰豆子は完全に人間に戻ったようで今まさに炭治郎のもとへ向かっています。。。 勝利の代償 それはあまりに大きく… という感じで鬼滅の刃200話終了です。 死亡(すると見られる)者たち ・非鳴 嶼行冥 ・伊黒 小芭内 ・甘露 寺蜜璃 ・竈門 炭治郎 非鳴嶼行冥 まず非鳴嶼さんに関してはほぼ死亡確定だと思います。 子供たちと一緒に天国へ逝ったんじゃないでしょうか。 関係ないですがひとつ引っかかったのは 獪岳。 獪岳と言えば善逸の兄弟子で新・上弦の陸になった人物ですが彼は非鳴嶼さんの寺で育てられていた人物だったのみたい。 最後に無惨の噛みつき攻撃も食らったし、かわいそう。。。 甘露寺 蜜璃 蜜璃ちゃんも死ぬのか、、。 ちょっと意外でしたねこれは。 輪廻転生。。。 竈門 炭治郎 物語的に重要なのはここです!主人公はどうなるのか!?息もない脈もないと言ってましたが、普通に考えれば死んでそう。 まだ死んでなくてもこのあと死ぬ確率は非常に高そうですよね。 義勇さんは 「また守れなかった」と言っており、炭治郎の死亡が確定したかのような物言いでした(炭治郎推しは勝手に殺さないでと嘆いた気がする)。 ということはやはり炭治郎は死んだのでしょうか? 200話の巻頭絵からわかること 今回は鬼滅の刃巻頭カラーでした。 ページ右側に 「想い遺し別れ」、左側に 「受け継ぐ人の意思」と書かれた今回の巻頭。 そして 「想い遺し別れ」です。 左 側に禰豆子、善逸、伊之助、義勇さん、実弥の5人が描かれていて 「受け継ぐ人の意思」です。 かなりわかりやすいですが 左側に描かれた人物は今回死んだ、もしくは死ぬっぽい人たちですよね、、、。 そして 右側の人物たちは生きている人間。 死ぬ人物については先ほど書いたので、ここからは生きる人物について。 天国にも地獄にも行かずまだこの世にいろ、と父親に言われた実弥は意識を取り戻しました。 手当もがっつり受けていたので生存は確実ですよね。 それにしてもやっと禰豆子登場です!196話での登場以来出てなかったので!あとは 善逸と 伊之助。 この二人は重症ですが死なない雰囲気出てます。 ぷんぷん出てます。 伊之助は 「めっちゃ元気コイツ」と手当をしてる隊士に言われてまして、善逸も 「ずっと喋ってるじゃんコイツ」です(笑)。 彼らは大丈夫なはず。 他の剣士と同じく義勇さんも重傷ですが一応歩けるレベルで命に別状はなさそうです。 というふうに考えると 巻頭の人物の配置は生存者と死亡者を表していると考えられます! 次回以降の展開について 次回201話以降はどうなるのか?おそらく禰豆子が炭治郎のもとに駆けつけて何かしらのアクションを起こしますよね。 これまでの禰豆子であれば 爆血を使い無惨の毒を無毒化…というふうにできたかもしれませんが今やただの人間。 禰豆子に何かできることはないのではと思えます。 よね? 妄想はさておき、今回はちょっと書きたいことがありまして、、、それは 「過狩り狩り」について。 もしかしたら知らない方もいるかもなので説明しておくと、「過狩り狩り」は「鬼滅の刃」作者の吾峠呼世晴先生の読み切り作品です。 2013年にJUMPトレジャー新人漫画賞の佳作を受賞された作品です。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』200

鬼滅の刃 200

鬼滅本誌200話のネタバレ 朝日が昇り、無惨の体が日光に焼かれ消えてゆく。 無惨の体は完全に消滅し、 1000年に及ぶ戦いに終止符が打たれたのであった。 戦場に居た一般隊士や隠たちは、涙を流しながら歓喜の雄叫びをあげる。 産屋敷輝利哉も泣き崩れ、意識を失う。 しかし喜びも束の間、 戦場には多くの負傷者がいた。 隠と隊士たちは急いで柱たちの救護を行うのだった。 ーーーーーーーーーーーーーーー 左足を失い、壁にもたれ掛かる悲鳴嶼。 意識はありながらも、隠たちの治療を受けようとはしない。 悲鳴嶼は言う。 自分はもう手遅れであり、貴重な薬を自分に使わず他の若者たちの治療に使って欲しいと。 若い隊士を助けることが、悲鳴嶼の最後の願いだったのだ。 死期が近い悲鳴嶼。 薄れゆく意識の中で悲鳴嶼の元にやってきたのは、寺で共に暮らしていた7人の子供達たちだった。 鬼に襲われた あの夜のことを謝りたいと、涙ながらに話す子供たち。 あの夜子供たちは、悲鳴嶼を置いて逃げようとしたのではなく、目の見えない悲鳴嶼を守るために、外にある武器を取りに行き、助けを呼ぼうとしたのであった。 真実を知り、解放されたかのように涙を流し始める悲鳴嶼。 鬼から守ってやれずにすまないと、子供たちに謝罪の言葉を伝える。 子供たちは言う。 謝らないで、みんな先生のことが大好きだよと。 子供たちに抱き寄せられ、 悲鳴嶼は子供たちと共に天国へ旅立ってゆく。 ーーーーーーーーーーーーーーー 伊黒に抱き寄せられている甘露寺。 甘露寺はようやく目を覚ましたものの、痛覚が感じないほど負傷しており、 自らの死期が近いことを悟る。 伊黒も無惨の攻撃で重傷を負っており、もうすぐ逝くという。 初めて会った日のことを思い出す2人。 甘露寺は言う。 産屋敷邸で迷子になっていた自分を伊黒が助けてくれたのだと。 しかし、助けられたのはむしろ自分だと言う伊黒。 あの日道に迷っていた甘露寺は、あまりにも普通の女の子だったから、 伊黒は心が救われたのだった。 些細なことではしゃいで笑い、柱になるまで苦しい試練があってもそれを少しも感じさせない。 底抜けに明るい甘露寺と過ごす伊黒は、まるで普通の青年になれたようで幸せだった。 伊黒のことが好きであり、生まれ変わったらお嫁さんにして欲しいと、涙を流しながら伝える甘露寺。 甘露寺も、ありのままの 自分を受け入れてくれる伊黒に救われていたのだ。 伊黒は約束する。 絶対に甘露寺を幸せにし、今度こそ死なせないと。 ーーーーーーーーーーーーーーー 意識を失い、真っ暗な世界に迷い込んだ実弥。 見つめる遠く先には、亡くなった玄弥と兄弟たちが花畑で楽しく遊んでいる。 しかしそこに母親の志津の姿は無い。 暗闇の中で志津を見つけ、なぜ玄弥たちの元へ行かないのかと問う実弥。 志津は手で顔を覆いながら言う。 鬼となり 我が子を手にかけてしまった自分は、天国へは行けないのだと。 実弥は志津を背負って共に地獄へ行こうとするも、誰かの手がそれを静止する。 実弥の手を振り切り、 志津を地獄を連れて行こうとするのは実弥の父であった。 父に突き飛ばされた実弥は、再び現世へ戻ってゆく。 意識を取り戻す実弥。 ーーーーーーーーーーーーーーー 伊之助は未だ吐血しているものの、元気よく隠に噛み付いており、命は無事な様子。 善逸も治療中ずっと喋り続けるほど元気であった。 一方の冨岡義勇は右腕を失っていたが、隠の治療を受けようとはせず、共に戦った炭治郎を探しにゆく。 しかし冨岡の前に現れたのは、左腕を失い全身から出血し、首が下に垂れた状態の炭治郎だった。 炭治郎は息をしておらず脈もない。 炭治郎の笑顔を思い出し、涙を流す冨岡。 また守れなかったと、自分は人に守られてばかりだと、冨岡は後悔の念に押し潰される。 すまない禰豆子と謝る冨岡のもとに、 ついに禰豆子が到着する。 201話へと続く。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。 キャラ 現在の状況 無惨の攻撃で右目は欠損して、顔の半分は鬼の細胞が残ったまま。 無惨を再び追い詰めるも、 衝撃波により左腕を失う。 赤ちゃんとなった無惨に吸収されるが、 体内から赫刀で致命傷を与える。 突如全力を出した無惨の攻撃により右腕を欠損し、一時戦線離脱。 復帰後は、炭治郎や柱と共に 赤ちゃん化した無惨の逃亡を食い止める。 無惨の全力攻撃を受けて 両目を失明。 その後、無惨に捕食され衝撃波で吹き飛ばされるも、 鏑丸と共に生存。 赤ちゃん化した無惨を食い止める。 無惨から攻撃を受け、1度戦線を離脱して治療を受ける。 炭治郎を救うため、日輪刀なしで無惨の腕を切断するが、 無惨の反撃を受けてしまい生死不明に。 突如全力を出した無惨の攻撃により意識を失い、一時戦線離脱。 復帰後にも無惨の衝撃波を受けてしまい大量出血中だが、炭治郎や柱と共に 赤ちゃん化した無惨の逃亡を食い止める。 突如全力を出した無惨の攻撃により左足を欠損し、一時戦線離脱。 復帰後は 鎖を使って、逃亡を図る赤ちゃん無惨を食い止める。 柱・同期組を相手にして戦闘中。 珠世に盛られた薬により9,000年分以上老化、残り3つの薬で弱体化。 巨大な赤ちゃんの姿に変貌し日陰への逃亡を図るも、幾度となく阻止され、 ついに太陽に灼かれ始める。 禰豆子がついに到着か 禰豆子活躍の伏線が回収されていない 産屋敷輝哉の未来予知により、戦場へ行くことを許された禰豆子。 輝哉は禰豆子の活躍を未来から推測したのだと思いますが、 無惨戦でその活躍はいまだに描かれていません。 無惨を倒しても毒で全員死ぬ展開は考えにくいので、到着した禰豆子が同期組や柱の毒分解を行う可能性が高いと思われます。 炭治郎が太陽に焼かれてしまう そもそも禰豆子は、炭治郎が無惨の鬼化毒に犯され始めた時に、産屋敷邸を離れています。 つまり、炭十郎や輝哉が考えた 禰豆子の役割とは、炭治郎の鬼化を止めることでしょう。 現在無惨の体内にいる炭治郎ですが、顔の一部が鬼化しています。 無惨を攻撃して 体内から出たとしても、太陽に焼かれてしまう可能性が高いです。 鬼化に対して唯一「爆血」という対抗策を持っている 禰豆子が到着するタイミングとしては、炭治郎が日光を浴びるであろう200話が、可能性として高いと思います。 無惨はこのまま死亡するのか 本体はまだ生きているはず 199話で赤ちゃんに変貌した無惨。 しかし、あくまで赤ちゃんの姿は、 無惨本体を日光から守るための肉の壁でした。 本体は未だ日光に焼かれていない可能性が高いです。 ただ、無惨本体に日光が有効である描写が描かれており、現状無惨は太陽の克服に至っていないことが判明しています。 200話では無惨を守る肉の壁が無くなると思うので、今後無惨がどのような行動を取るかが楽しみですね。 炭治郎を乗っ取ることはない? 柱や隠に囲まれ日光にも焼かれ、追い込まれた無惨。 太陽克服以外で残された手段は、現状では炭治郎を有効活用すること以外にないでしょう。 傷口を通して「 炭治郎の体の中に本体を隠す」というのが妥当な選択だと思います。 しかし無惨は珠世の薬で肉片となるのを封じられており、炭治郎内部に侵入するのが困難な状況。 さらに炭治郎の内部に入っても、炭治郎の意志を操れない限り、時間稼ぎにしかなりません。 また、 鬼化させれば炭治郎ごと消滅してしまいます。 そのため、炭治郎を乗っ取るという選択は取らないのではないでしょうか。 カナヲが復帰なるか 199話にて、戦線の隊士は柱含めて全員が満身創痍であり、これ以上戦うのはほぼ不可能な状態になっていました。 無惨が未だ生き残るのであれば、無惨の対抗馬としてカナヲの復帰はほぼ確定でしょう。 カナヲが治療を受けるシーンは描かれていませんが、柱が全員復帰した今、近いうちに復帰するのではないでしょうか。 30日以内に解約すれば料金は一切かからない上に、U-NEXTで配信しているアニメも見放題なので、気軽に体験して無料で漫画を読んじゃいましょう。

次の