ワイモバイル 料金プラン変更 割引。 ワイモバイル(Ymobile)は長期間利用者向けの割引があります!2年過ぎても月額料金がずっと1000円割引が継続される!?

ワイモバイルでプランをMからSに下げるとどうなる?デメリットは?|ワイモバイル大百科

ワイモバイル 料金プラン変更 割引

プラン 基本容量 増量後 (1年間) S 3GB 4GB M 9GB 10GB 12GB 13GB R 14GB 17GB 容量超過後も最大1Mbps また、 プランM・Rは速度制限時の速度が最大1Mbpsとなりました。 これまでワイモバイルでは契約容量を使い切ると最大128kbps(0. 128Mbps)に速度が制限されていました。 128kbpsは他社に比べても遅かったのですが、最大1Mbpsならかなり快適です。 速度制限後も、WEBサイトやSNS閲覧は全く問題ないでしょう。 Youtubeの動画も480pなら快適に視聴できますので、スマホで動画を見るのも可能です。 最大1Mbpsの速度で使い放題ですし、時間帯による制限などもないのでかなりお得です。 スマホーシックプランの料金表 あらためて、7月1日以降の料金表をまとめると以下のとおりです。 しかし、 プランSは対象外です。 プランSで容量を使い切った場合、速度は最大128kbps(0. 128Mbps)に制限されますので注意してください。 プランSを契約中の方で、毎月容量が足りなくて2回以上データチャージしている方は、プランMに乗り換えたほうがお得です。 最大13GBと使える容量が一気に増えますし、速度制限後の速度も最大1Mbpsになります。 シェアSIMは最大128kbps ワイモバイルでは、契約している音声SIMに対し追加でSIMカードを発行し、契約容量を複数のSIM間で分け合う「シェアプラン」という仕組みがあります。 プランM・Rの場合、月額490円/枚でSIMを追加発行できます。 詳細: しかし、速度制限時の最大速度は親回線と子回線で異なります。 親回線がプランM・Rの場合、 容量を使い切っても親回線は最大1Mbpsで通信できますが、子回線は最大128kbpsです。 子回線は最大1Mbps使い放題の対象外なので注意してください。 プラン変更は手数料無料 現在スマホベーシックプランS・M・Rに契約中の方が、S・M・Rの中でプラン変更(契約容量変更)する場合は、 毎月1回無料で変更できます。 プランSで毎月2回以上データチャージしている方は、プランMに変更したほうがお得です。 またこれまでプランRを契約していた方も、制限後の最大1Mbpsで我慢できるのであればプランMに乗り換えるのもおすすめです。 スマホプランから変更時の違約金 2019年9月末まで、ワイモバイルでは「スマホプラン」がメインプランでした。 現在スマホプランを契約中の方は、プラン変更しない限りスマホプランのままです。 最低利用期間も契約解除料も発生します。 また、次章の条件を満たさずにスマホベーシックプランに変更する場合も契約解除料・違約金が発生します。 プラン変更で違約金免除の場合 ただし、 スマホプランからスマホベーシックプランにプラン変更する場合に、契約解除料が免除される場合があります。 以下の2つのうち、いずれかを満たしていればプラン変更時に契約解除料がかかりません。 特に 14GB(1年間は17GB)まで使える大容量プランを選べるのがワイモバイルのメリットですね。 また、ややこしいですが、UQモバイルのプランRは10GB(1年間は12GB)です。 対してワイモバイルはプランMが10GB(1年間は13GB)です。 同じ10GBプランでも 増量中はワイモバイルのほうが1GB多いです。 UQは節約モード時も1Mbps 両者の大きな違いの一つに節約モードの有無があります。 UQモバイルには、節約モードというサービスがあります。 これは、アプリやマイページから節約モードに切り替えると、 速度が低速に制限されるか わりにデータ容量が消費されない仕組みです。 UQモバイルの プランRは節約モード設定時でも最大1Mbpsの速度で使えます。 よって、普段から節約モードをONにしていればデータ容量を節約できるのです。 一方、ワイモバイルに節約モードはありませんので、最大1Mbpsで使い放題になるのは容量を使い切ってからのみです。 普段から節約モードを利用して高速通信容量を温存できるUQモバイルの方が活用の幅が広いですね。 よって、月によってデータ使用量に差がある場合もデータ繰り越しにより吸収できます。 一方、 ワイモバイルに繰越はありません。 余ったデータは没収されますので、データの節約においてはUQモバイルの方がお得です。 他にも違いあり ここまで読むと、選べるプランは少ないものの、データ使用に関してはUQモバイルの方がお得のように見えます。 ただし、 ワイモバイルとUQモバイルには他にも違いがあります。 例えば ワイモバイルは留守電が無料ですが、UQモバイルは有料オプションです。 また、店舗数はワイモバイルが圧倒的に多いので、店舗でのサポートが必要な方はワイモバイルのほうが安心でしょう。 他にも ワイモバイルはデータ容量をシェアする仕組みもありますし、契約回線数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いです。 データ使用においてはUQモバイルの方がお得ですが、他のポイントもみて検討しましょう。 ワイモバイルとUQモバイルの違いはこちらにまとめています。

次の

ワイモバイルの新プランと旧プランを徹底比較|縛りのない新プランでシミュレーション!|すまにあ!

ワイモバイル 料金プラン変更 割引

プラン 基本容量 増量後 (1年間) S 3GB 4GB M 9GB 10GB 12GB 13GB R 14GB 17GB 容量超過後も最大1Mbps また、 プランM・Rは速度制限時の速度が最大1Mbpsとなりました。 これまでワイモバイルでは契約容量を使い切ると最大128kbps(0. 128Mbps)に速度が制限されていました。 128kbpsは他社に比べても遅かったのですが、最大1Mbpsならかなり快適です。 速度制限後も、WEBサイトやSNS閲覧は全く問題ないでしょう。 Youtubeの動画も480pなら快適に視聴できますので、スマホで動画を見るのも可能です。 最大1Mbpsの速度で使い放題ですし、時間帯による制限などもないのでかなりお得です。 スマホーシックプランの料金表 あらためて、7月1日以降の料金表をまとめると以下のとおりです。 しかし、 プランSは対象外です。 プランSで容量を使い切った場合、速度は最大128kbps(0. 128Mbps)に制限されますので注意してください。 プランSを契約中の方で、毎月容量が足りなくて2回以上データチャージしている方は、プランMに乗り換えたほうがお得です。 最大13GBと使える容量が一気に増えますし、速度制限後の速度も最大1Mbpsになります。 シェアSIMは最大128kbps ワイモバイルでは、契約している音声SIMに対し追加でSIMカードを発行し、契約容量を複数のSIM間で分け合う「シェアプラン」という仕組みがあります。 プランM・Rの場合、月額490円/枚でSIMを追加発行できます。 詳細: しかし、速度制限時の最大速度は親回線と子回線で異なります。 親回線がプランM・Rの場合、 容量を使い切っても親回線は最大1Mbpsで通信できますが、子回線は最大128kbpsです。 子回線は最大1Mbps使い放題の対象外なので注意してください。 プラン変更は手数料無料 現在スマホベーシックプランS・M・Rに契約中の方が、S・M・Rの中でプラン変更(契約容量変更)する場合は、 毎月1回無料で変更できます。 プランSで毎月2回以上データチャージしている方は、プランMに変更したほうがお得です。 またこれまでプランRを契約していた方も、制限後の最大1Mbpsで我慢できるのであればプランMに乗り換えるのもおすすめです。 スマホプランから変更時の違約金 2019年9月末まで、ワイモバイルでは「スマホプラン」がメインプランでした。 現在スマホプランを契約中の方は、プラン変更しない限りスマホプランのままです。 最低利用期間も契約解除料も発生します。 また、次章の条件を満たさずにスマホベーシックプランに変更する場合も契約解除料・違約金が発生します。 プラン変更で違約金免除の場合 ただし、 スマホプランからスマホベーシックプランにプラン変更する場合に、契約解除料が免除される場合があります。 以下の2つのうち、いずれかを満たしていればプラン変更時に契約解除料がかかりません。 特に 14GB(1年間は17GB)まで使える大容量プランを選べるのがワイモバイルのメリットですね。 また、ややこしいですが、UQモバイルのプランRは10GB(1年間は12GB)です。 対してワイモバイルはプランMが10GB(1年間は13GB)です。 同じ10GBプランでも 増量中はワイモバイルのほうが1GB多いです。 UQは節約モード時も1Mbps 両者の大きな違いの一つに節約モードの有無があります。 UQモバイルには、節約モードというサービスがあります。 これは、アプリやマイページから節約モードに切り替えると、 速度が低速に制限されるか わりにデータ容量が消費されない仕組みです。 UQモバイルの プランRは節約モード設定時でも最大1Mbpsの速度で使えます。 よって、普段から節約モードをONにしていればデータ容量を節約できるのです。 一方、ワイモバイルに節約モードはありませんので、最大1Mbpsで使い放題になるのは容量を使い切ってからのみです。 普段から節約モードを利用して高速通信容量を温存できるUQモバイルの方が活用の幅が広いですね。 よって、月によってデータ使用量に差がある場合もデータ繰り越しにより吸収できます。 一方、 ワイモバイルに繰越はありません。 余ったデータは没収されますので、データの節約においてはUQモバイルの方がお得です。 他にも違いあり ここまで読むと、選べるプランは少ないものの、データ使用に関してはUQモバイルの方がお得のように見えます。 ただし、 ワイモバイルとUQモバイルには他にも違いがあります。 例えば ワイモバイルは留守電が無料ですが、UQモバイルは有料オプションです。 また、店舗数はワイモバイルが圧倒的に多いので、店舗でのサポートが必要な方はワイモバイルのほうが安心でしょう。 他にも ワイモバイルはデータ容量をシェアする仕組みもありますし、契約回線数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いです。 データ使用においてはUQモバイルの方がお得ですが、他のポイントもみて検討しましょう。 ワイモバイルとUQモバイルの違いはこちらにまとめています。

次の

Y!mobile(ワイモバイル)の「データ増量オプション」でスマホプランが3年目以降もお得に使える

ワイモバイル 料金プラン変更 割引

まもなく施行される改正電気通信事業法と新しい省令ルール。 携帯各社からは法改正などに則した新しい料金プランや割引サービスが相次いで発表された。 新しい料金プランで最も注目が集まっているのが2年契約の解除料。 2年契約の解除料は1000円程度が妥当との案があり、それにのっとるようにauが他社に先んじて8月末に、解除料を1000円に設定した新料金プランを発表。 以降、9月に入ってからはNTTドコモやソフトバンク、ワイモバイルやUQ mobile、さらにMVNOも解除料を1000円、または撤廃する料金プランを発表している。 これらの新プランに変更することで解除料が1000円、または0円となるのであれば変えない手はないだろうと考える人は多く、主にSNSなどでは「新プランに変える」といった書き込みが多く見られた。 また、店頭でも「新しいプランに変えれば解除料がかからないんでしょ」と問い合わせが増えているとも聞く。 しかし、新プランへの変更と解除料の扱いについて、実は事業者によって扱いが異なる点は意外と知られていない。 各社の変更条件と変更後の解除料を比較すると、auとソフトバンクは新料金プランに変更することに制約もなければ、変更後の解除料についても、新料金プランが適用になる月から1000円、または0円となる。 また、ワイモバイルとUQ mobileは「 初回の契約 更新」を過ぎていなければ解除料のかからない新料金プランへの変更はできない。 例外として、ワイモバイルは初回の契約更新前であっても、機種変更と同時であれば解除料のかからない新料金プランへの変更も可能になっているが、機種代金を24回払いで購入していたり、それに伴う「月額割引」の適用なども考えるとあまり現実的なプラン変更の選択肢とは言えない。 そしてNTTドコモ。 この中では一番ややこしい。 解除料のかからない新料金プランには、10月1日以降、いつでも変更することが可能だ。 しかし新料金プランに変えたからといって、解除料がすぐに1000円、ないしは0円になるわけではない。 NTTドコモは新料金プランに変更した後も、それまでのプランの解除料が「次の更新月までは継続される」。 たとえば、次の2年契約の更新が2020年3月だったとして、2019年10月に新料金プランに変更した場合でも、2020年3月よりも前に解約すれば従来通り9500円の契約解除料が発生する点には注意が必要だ。 継続される割引、されない割引がある点にも注意が必要 また、新料金プランへの変更に際し「割引サービス・キャンペーン」が継続されない点にも注意が必要だ。 NTTドコモの「月々サポート」やauの「毎月割」など、機種購入時に2年間通信料を割り引く「端末購入補助」が適用されている場合、これらは新料金プランでは適用されない。 もし現在利用中の機種が購入から2年が経過していない場合、新料金プランへ変更することで割高になってしまう可能性は高い。 また、auの「スマホ応援割」など、契約・機種購入から1年間利用料を割り引くキャンペーンも新料金プランへの変更で適用されなくなるものもある。 auの場合、新料金プランに変更すると「スマホ応援割プラス」として、半年間1000円を割り引くキャンペーンが適用されるものの、購入時に「1年間割り引く」と言われたキャンペーンが適用中で、適用開始から半年経過していないのであれば割引総額としては減ってしまう。 おトクに使いたいのであれば一考する必要はあるだろう。 こうしたキャンペーンの適用状況まで加味すると、直近で現在利用中の携帯電話会社を解約、または他社へ乗り換えする予定がないのであれば、契約者向けの会員サイト(My docomoなど)で割引の適用期間を確認するか、割引の終了を待って新料金プランへ変更を行うか、解約や乗り換えの予定が立ってから新料金プランへ変更を行うと、無駄なくおトクに解除料の下がった新料金プランの恩恵を受けることができる。 もう一点注意することがあるとすれば、原則新料金プランは「翌月からの適用」となることだろう。 とくに解約や転出の予定が立つまで、前述の通りに今適用されている割引をしっかり受けて利用することをおすすめしたが「今月、急に他社に乗り換える」といった場合は新料金プランの適用が間に合わないために9500円の解除料がかかってしまう。 10月以降は本体代金の値引きも最大2万円と制限されるため、現在のように「偶然立ち寄ったお店で、最新のiPhoneが一括0円だった」といった、突然の解約・転出を行うようなシチュエーションは考えにくい。 しかし、新料金プランは各社「家族で同じ会社を使うとおトク」を打ち出す傾向にあり、盆や正月など家族・親戚が集まる場面で他社への乗り換えを予定している場合は、その前月に「新料金プランへの変更」を手続きしておかないといけない点は覚えておきたい。

次の