オトコ の 子育て。 現代家族における「オトコの育児」を探る

オトコの子育て 第一話: 特に個性の無いブログ

オトコ の 子育て

オトコの子育て ジャンル 脚本 演出 出演者 製作 プロデューサー (ABC) (テレビ朝日) (MMJ) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 金曜日21:00 - 21:54 放送枠 朝日放送・テレビ朝日金曜9時枠の連続ドラマ 放送分 54分 回数 8 『 オトコの子育て』(オトコのこそだて)は、よりまで毎週金曜日21:00 - 21:54 に、・の共同制作により、で放送されていた日本の。 主演は。 妻子がありながら家出同然だった男が、妻の急死により子育てに奔走し騒動を巻き起こすホームコメディー。 また、この基本路線を殺さず、学校内で起こっている教育問題も交えた内容も盛り込まれている。 キャスト [ ] 矢野家 [ ] 矢野篤 演 - 仕事より遊び好き。 雑誌編集社のフリーライター。 矢野凛子 演 - 篤と杏子の長女。 日の出小学校に通う6年生。 矢野健太郎 演 - 篤と杏子の長男。 日の出小学校に通う3年生。 矢野真美 演 - 篤と杏子の次女。 日の出小学校に通う1年生。 矢野杏子 演 - 篤の妻、故人。 日の出小学校 [ ] 丸山洋介 演 - 凛子の担任。 教育オタクな教師。 弥生に恋心をもっている。 篤とは、同じ飲み屋で偶然会い、愚痴を聞いてもらっている。 坂口恵美 演 - 健太郎の担任。 井上亮子 演 - 真美の担任。 田所校長 演 - 日の出小学校の校長。 中西家 [ ] 中西正樹 演 - 東大出身。 冴子の夫。。 中西冴子 演 - 正樹の妻であり、竜也の母親。。 中西竜也 演 - 冴子と正樹の息子。 日の出小学校に通う6年生。 凛子と同級生で、恋心をもっているがただの片想い。 兄弟はおらず、一人っ子。 ある意味でである。 その他 [ ] 水沢弥生 演 - 雑貨屋の店長。 亡くなった杏子を尊敬している。 斉藤みさよ 演 - 篤の元恋人。 大久保光代 演 - 雑誌の編集長。 仕事仲間。 大平万作 演 - 飲み屋のオヤジ。 篤の相談相手である。 スタッフ [ ]• 脚本 -• 音楽 -• 演出 - 、、• 主題歌 - 「」()• 企画 - (テレビ朝日)、()• プロデューサー - (ABC)、(テレビ朝日)、(MMJ)• 協力 - 、、、、、万屋• 制作 - 朝日放送、テレビ朝日、MMJ 放送日程 [ ] 話数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 2007年10月26日 子育てしなくていいですか? 塚本連平 11. 植田尚 08. 小松隆志 08. 塚本連平 06. 植田尚 08. 小松隆志 07. 塚本連平 08. 2007年 - 1:26 - 1:29• 2007年 深夜1:41 - 1:44• 2007年 14:51 - 15:46 遅れネット局 [ ]• UTY()• FBC(/テレビ朝日系列クロスネット)• BSS(TBS系列)• MRT(TBS系列) その他 [ ]• 高橋は本番組終了から1年後の2009年2月27日に、男の子が誕生し、本当の父親になる。 新聞などでは「」と表記された。 脚注 [ ].

次の

3/3 動物界では当たり前!オトコの子育てを応援する生物学 オトコだって子育てする!生物学 [子育て事情] All About

オトコ の 子育て

「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」と称されるほどにのびのびと育っている男の子は相当に見込みアリ いきなりですが、おめでとうございます! 男の子、しかも、わんぱくだったりやんちゃだったりという「手のかかる子」を授かった皆さんは選ばれし親です。 神様から「この人なら大丈夫!」と見込まれ、普通の人にはつとまらない大役を任されたのです。 大変でしょうけれど、この際、名誉なことだと思ってください! 男の子と女の子の両方を育てた経験のあるママたちはほぼみんな、「女の子はラク!」と言いますね。 それだけ男の子を育てることは大変なのです。 しかも元気の良すぎる男の子の場合、毎日怒鳴ってばっかりになっちゃったりして、ママ自身が自己嫌悪に陥ってしまうことも。 おとなしくて親の言うことをよく聞く隣の「いい子」たちを見て、「自分はハズレくじを引いた」なんて漏らすママもいるほどです。 とにかく落ち着きがなくて、こだわりが強く、それでいて粗雑……なんてところが、ママたちにはさっぱり理解できないことが多いのです。 切ないです。 「いい子」は大人にとって都合のいい子 ところで、「いい子」ってどんな子でしょう。 講演会などで会場に質問すると、「親の言うことを聞く子」「思いやりがある子」「礼儀の正しい子」などという答えが返ってきます。 学校の黒板の上にも「明るく、元気で、素直な子」なんて額縁がありますよね。 世間一般にはそういう子が「いい子」とされるようです。 でもちょっと考えてみてください。 これって、「大人にとって都合のいい子」「育てるのにラクな子」の条件ではないでしょうか。 それが本当に「いい子」でしょうか。 脅すわけではありませんが、幼いときに「いい子」と言われていた子ほど、思春期以降に、不登校、過度な反抗、非行などの問題行動を起こすことが多いと多くの専門家が指摘しています。 大人の顔色をうかがい「いい子」を演じ続けた反動が、自我が確立する思春期以降に極端な形で出やすいのです。 「いい子」とは「子どもらしさ」の対極にある不自然な姿なのです。 男の子の中にいる「わんぱく坊主」は生きる力がみなぎる子 「落ち着きがない」は、裏を返せば「好奇心が強い」ということ 逆に「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」と称される男の子たちの特長は、• 落ち着きがない(=好奇心が強い、チャレンジ精神がある)• こだわりが強い(=あきらめない、粘り強い)• わがまま(=自我がしっかりしている、自己主張ができる)• 乱暴(=エネルギッシュ、体力がある) など、見方を変えれば、草食系男子には感じられない「生きる力」そのものです。 社会においてリーダーに求められる資質そのものです。 一見「育てにくさ」と見られがちな男の子の性質も見方を変えて伸ばしてやれば「長所」となることがわかるでしょう。 アインシュタインもモーツアルトも、スティーブ・ジョブスだって小さなころは相当に落ち着きのない「やんちゃ坊主」であったことが知られています。 「生きる力」にみなぎる男の子は後からぐんぐん伸びるのです! それなのに、本来子どもらしく健全に育っている「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」が「困ったちゃん」とラベリングされ、「大人の顔色をうかがう不自然な子」が「いい子」とされるのが今の世の中。 「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」には居場所がなく、その保護者も肩身の狭い思いをすることが多いでしょう。 育児や教育の世界では「男の子問題」という言葉があります。 「男の子より女の子のほうが元気がいい」とか「思春期以降、男の子のほうが問題行動を起こすことが多い」などの報告が多いのです。 その原因として多くの専門家が「今の日本には男の子が男の子らしく育つ環境がない」と指摘しています。 今の若者には活力がないだとか、内向きだとか、特に男の子に関しては「草食系」だとか揶揄する風潮がありますが、ちいさなときからそうなるように大人や社会が、強いてきた結果です。 そんなアゲンストな状況の中でも「わんぱく坊主」や「やんちゃ坊主」と称されるほどにのびのびと育っている男の子は相当に見込みアリなのです! そういう男の子を育てているママたちはもっと胸を張っていいのです!.

次の

オトコの子育て ロケ地ガイド

オトコ の 子育て

1999年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学、博士(社会学)。 現在、龍谷大学社会学部教授 西川知亨[ニシカワトモユキ] 1975年愛知県生まれ。 2008年京都大学大学院文学研究科博士後期課程修了、博士(文学)。 現在、関西大学人間健康学部准教授 山田容[ヤマダヨウ] 1961年広島県生まれ。 1988年同志社大学大学院文学研究科社会福祉学専攻修了、修士(文学)。 出版社内容情報 育児する日常を通して父親になっていく?? より伸びやかな夫婦・親子・社会のかたちを探る試み子育ての主役ではなかったオトコたちに必要なのは気付きと行動である?? オトコは育児をすることで父親になっていく。 迷いながら奮闘する〈オトコの育児〉を社会学的に考察する。 部 夫婦における〈オトコの育児〉 第1章 近代家族とライフコース(西川知亨)?? 模索する新しい家族 1 けいけんする 2 ひろげる 家内領域と公共領域の分離 愛情で結ばれた家族関係 子ども中心主義 性別役割分業 3 かんがえる 家内領域と公共領域の分離?? 家庭独自のルールを設ける 愛情と子ども中心主義 性別役割分業の規範の圧力 お互いのライフコースのなかで 4 ふりかえる 第2章 社会規範と社会化(今村光章)?? しつけはママ? 1 けいけんする 2 ひろげる 社会化とはなにか 「しつけ」とはなにか 「しつけ」の必要性と特徴 「しつけ」の担い手をめぐって 3 かんがえる 「しつけ」の現状 父親の育児参加を進めるために メディアに関する「しつけ」のゆくえ 4 ふりかえる 第3章 性別役割分業とケア労働(阿部真大)?? 「男らしさ」「父親らしさ」と育児 1 けいけんする 2 ひろげる 映画のなかで扱われる「父親」 「一人前」になるきっかけ 他者を受け入れること 「父親らしさ」と育児 3 かんがえる 女性とケア ケアすることと承認されること イクメンは「孤独」ではない? 「同性からの評価」という問題 4 ふりかえる 実体験をふりかえって 「男らしさ」の解体 長引く労働時間と深まる溝 分断から対話へ 第4章 夫婦のコミュニケーションとレスパイト(山田 容)?? 「さわれないもの」の意味 1 けいけんする 2 ひろげる 夫婦関係の危機 追いつめられる男性 3 かんがえる コミュニケーションとミス・コミュニケーション 夫婦の関係性とコミュニケーション 成長する夫婦関係とポジティブな反応 レスパイト 4 ふりかえる 第? 部 親子における〈オトコの育児〉 第5章 あそびと身体(加藤裕康)?? 楽しいことのいいとこどり? 1 けいけんする 2 ひろげる 楽しいことのいいとこどり 遊びの質 3 かんがえる 自由な活動としての遊び 流動的な遊び 役割と自我,そして身体 4 ふりかえる 第6章 メディアと文化資本(木島由晶)?? 偉大なキャラクター 1 けいけんする 父であることの根源的不安 「場つなぎ」としての映像メディア 2 ひろげる 子どもと映像メディアとのかかわり 子どもの成長と視聴内容の変化 テレビ視聴習慣の形成 3 かんがえる 子どもとキャラクターとの出会い 生活世界におけるキャラクターの接近 メディア環境化する世界のなかで 映像娯楽は文化資本たりうるか 映像娯楽に対する社会的な不安 4 ふりかえる 「見せたくないものまで見えてしまう」問題 消費社会を生きる父親として 第7章 ライフイベントと人生儀礼(工藤保則)?? 楽しい行事 1 けいけんする 2 ひろげる 1歳までの代表的な人生儀礼 現代家庭の人生儀礼 3 かんがえる 民俗から風俗へ 育児ライフイベントとしての人生儀礼 父親と育児ライフイベント 4 ふりかえる よき思い出づくりへの参加 家族らしい家族 第8章 レジャーと公共空間(木村至聖)?? おでかけたいへん 1 けいけんする 2 ひろげる ベビーカー論争の原型 ベビーカー利用を批判する言説 ベビーカー利用を擁護する言説 3 かんがえる 3つの公共性 commonとしての公共の場 openとしての公共の場 「公私の分離」という規範 男性の不在 4 ふりかえる 第? 部 社会における〈オトコの育児〉 第9章 中間集団と待機児童(上月智晴)?? 園における親の成長 1 けいけんする 2 ひろげる 中間集団としての保育施設と待機児童問題 多様な就学前保育施設とその利用実態 親にとっての保育施設 3 かんがえる 支援の対象としての親 連携の対象としての親 「送り迎え」時のコミュニケーションと親の成長 4 ふりかえる 第10章 少子化と育児不安(阪本博志)?? 育児雑誌の世界 1 けいけんする 2 ひろげる 少子化と育児不安 育児雑誌の変遷 育児雑誌とインターネット 3 かんがえる 『プレジデントFamily』 『プレジデントBaby』 『プレジデントBaby』の特徴 4 ふりかえる 第11章 集合意識と医療化(高山龍太郎)?? 気がかりいろいろ 1 けいけんする 2 ひろげる 出産の場所の変化?? 自宅から病院へ 自然なお産と立ち会い出産 助産師への期待 高齢出産の増加 3 かんがえる 集合意識と医療化 気がかりと医療の間 社会的な支えの必要性 4 ふりかえる 第12章 子育て支援とネットワーク(山田 容)?? 誰がなにを支えるのか 1 けいけんする 2 ひろげる 母親に集中する子育て負担 近代家族規範との葛藤 3 かんがえる 子育て支援と子育てニーズ 子育て支援策の展開と問題 子育てニーズと子育てネットワーク ネットワーク形成と父親 4 ふりかえる 第13章 ワーク・ライフ・バランスとジェンダー(阿形健司)?? わが子の成長に立ち会いたい 1 けいけんする 育休をとる 育休の欠点と利点 2 ひろげる 育児休業の取得希望 育児休業の取得状況 育児休業をとらない理由 夫の育休は経済的に不合理か? 3 かんがえる ワーク・ライフ・バランスの政策的意義 企業にとってのワーク・ライフ・バランス 個人レベルでのワーク・ライフ・バランスの意義 4 ふりかえる わが子の成長に立ち会う 私自身の課題 終 章 〈オトコの育児〉のゆくえ(西川知亨) 1 日々変化する育児生活 2 さまようオトコたち 3 〈オトコの育児〉の社会学の可能性 社会学で語る〈オトコの育児〉 不協和の奏でるハーモニー ほぐし,くみなおし,はぐくむ 4 次世代の〈オトコの育児〉へ 本書で扱えなかった〈オトコの育児〉 「ほぐし,くみなおし,はぐくむ」視点の継承 索 引 Column 1 育児をめぐる「物語」?? ボセイ・フセイ・メーメー(竹内里欧) 2 「まず,子どものために」という子育て(片岡佳美) 3 子育ての当事者意識と支援(近藤真由子) 工藤 保則[クドウ ヤスノリ] *2016年5月現在 龍谷大学社会学部教授 西川 知亨[ニシカワ トモユキ] 2016年5月現在関西大学人間健康学部准教授 山田 容[ヤマダ ヨウ] 2016年5月現在龍谷大学社会学部准教授.

次の