マイクラ ガーディアン トラップ。 マインクラフト統合版(BE,旧PE) ガーディアントラップについて (Win10/iOS/Android/Switch/Xbox one)

マインクラフト統合版(BE,旧PE) ガーディアントラップについて (Win10/iOS/Android/Switch/Xbox one)

マイクラ ガーディアン トラップ

トラップの仕組み これから作るトラップは 落下式となっていて、を撤去してその空き地に作ります。 ガーディアンは海底遺跡にしか湧かないからです。 完成させた様子はこちら。 トラップ全体の仕組みはこちら。 看板や仕切りで水を貯めてガーディアンを沸かせて、はるか下へ落とします。 落下死してドロップされたアイテムをホッパー付きトロッコで回収し、チェストに集めます。 場所を確保・湧き層をつくる まずは海底遺跡を見つけないといけません。 探すのは大変なので、 で紹介している8つのシード値をお使いください。 まずは海底遺跡を壁で囲んで水抜きしましょう。 この時、 中の空間が56x56の面積になるようにしましょう。 洞窟やマグマ溜まりは塞いでおきましょう。 また壁の上は湧き潰ししましょう。 サバイバルだとこれが一番面倒な作業かも。 後になって水が漏れぬよう細心の注意を払って作業しましょう。 湧く部分から床まで最低でも30ブロック必要です 仕切りの高さを5ブロック上げましょう。 間に水を流し込みます。 この時、上から流し込むようにしましょう。 水深が5ブロックになれば正解です。 最後にハーフブロックでフタをします。 これでガーディアンがどんどん湧くはず。 なぜ仕切りを作るかといいますと、もし 仕切りがなかったらガーディアンが水中を横に泳いでしまい 落ちてこなくなります。 仕切りがあれば湧いた瞬間落とせるのです。 処理部分を作るまずは下の床の端を一個掘り下げ、ホッパーを設置しましょう。 この時、 ホッパーの向きは向こうに向けて長く接続していきます。 ホッパーの先にチェストを設置。 ここにアイテムが溜まっていきます。 このようにパワードレールとレッドストーン動力源を置いてホッパー付きトロッコを走らせましょう。 先ほど設置したホッパーの上にも線路をかぶせましょう。 これを何レーンも作って埋め尽くせば完成。 どんどんガーディアンが落ちてくるはず。 もしアイテムが貯まらない場合は、ホッパーの向きを確認しましょう。 効率の検証 一旦難易度をピースフルにして、三分間だけノーマルにしてチェスト前で待機。 が5スタックと4個 が1スタックと10個 生魚が1スタックと62個 集まりました。 合計で 524アイテム貯まりました。 単純計算で 30分5240個ということになります。 - YouTube Guardian - Minecraft Wiki.

次の

ガーディアンが湧く座標は決まっていた!統合版の水抜き不要湧き潰し0でも高効率なネザー送りガーディアントラップ

マイクラ ガーディアン トラップ

このトラップは、 Javaのモンスターの特性(32マス以上離れると待機状態になり、やがてデスポーンする)を利用しているので、 BE PE で同じように建設した場合、稼働効率がさらに落ちる可能性があります。 この海底神殿を、シーランタン工場に改造していく作業、なのです。 今回建築するガーディアントラップは、最低限稼働するタイプのものです。 一部工程(海底神殿外側の水抜き and 大規模なトラップ建設)を省くことで、建築時間を短縮することを目指しています。 海底神殿内部の水抜き• 海底神殿の内部の解体• 湧き層の建設• 処理するための穴掘り• トロッコによる回収装置(要レッドストーン回路) 以上のみをやります。 これでも、建築するのに(慣れた状態で)10時間近くは見込まないといけないのです。 それだけ、ガーディアントラップは作るのが大変なのです。 しかも、生産効率はフル規格のトラップに比べたらかなり悪いです。 () それでも、サバイバルモードでも、海底神殿の数に左右されず、(時間がかかるにしろ)シーランタンが無限に手に入れられるようになるのは大きいのです!... という考え方の元、生産効率の悪さは、PCで他の作業をしている間などに放置することでカバーすることを前提にしています。

次の

【マインクラフト】ガーディアントラップで海晶ブロック、海のランタンを集めよう 〜湧き層〜マイクラスイッチ統合版|everyday life~Minecraft blog~

マイクラ ガーディアン トラップ

トラップの仕組み これから作るトラップは 落下式となっていて、を撤去してその空き地に作ります。 ガーディアンは海底遺跡にしか湧かないからです。 完成させた様子はこちら。 トラップ全体の仕組みはこちら。 看板や仕切りで水を貯めてガーディアンを沸かせて、はるか下へ落とします。 落下死してドロップされたアイテムをホッパー付きトロッコで回収し、チェストに集めます。 場所を確保・湧き層をつくる まずは海底遺跡を見つけないといけません。 探すのは大変なので、 で紹介している8つのシード値をお使いください。 まずは海底遺跡を壁で囲んで水抜きしましょう。 この時、 中の空間が56x56の面積になるようにしましょう。 洞窟やマグマ溜まりは塞いでおきましょう。 また壁の上は湧き潰ししましょう。 サバイバルだとこれが一番面倒な作業かも。 後になって水が漏れぬよう細心の注意を払って作業しましょう。 湧く部分から床まで最低でも30ブロック必要です 仕切りの高さを5ブロック上げましょう。 間に水を流し込みます。 この時、上から流し込むようにしましょう。 水深が5ブロックになれば正解です。 最後にハーフブロックでフタをします。 これでガーディアンがどんどん湧くはず。 なぜ仕切りを作るかといいますと、もし 仕切りがなかったらガーディアンが水中を横に泳いでしまい 落ちてこなくなります。 仕切りがあれば湧いた瞬間落とせるのです。 処理部分を作るまずは下の床の端を一個掘り下げ、ホッパーを設置しましょう。 この時、 ホッパーの向きは向こうに向けて長く接続していきます。 ホッパーの先にチェストを設置。 ここにアイテムが溜まっていきます。 このようにパワードレールとレッドストーン動力源を置いてホッパー付きトロッコを走らせましょう。 先ほど設置したホッパーの上にも線路をかぶせましょう。 これを何レーンも作って埋め尽くせば完成。 どんどんガーディアンが落ちてくるはず。 もしアイテムが貯まらない場合は、ホッパーの向きを確認しましょう。 効率の検証 一旦難易度をピースフルにして、三分間だけノーマルにしてチェスト前で待機。 が5スタックと4個 が1スタックと10個 生魚が1スタックと62個 集まりました。 合計で 524アイテム貯まりました。 単純計算で 30分5240個ということになります。 - YouTube Guardian - Minecraft Wiki.

次の