ミサワホーム 外壁。 サイディングvs外壁タイル

ミサワホームの外壁塗り替えをする前に!知っておきたい基本情報 【ファインドプロ】

ミサワホーム 外壁

「 ミサワホームから塗り替えの提案を受けたが、かなり高額だと思うので、個別に塗装店にお願いしたいです。 でもミサワホームでPALC外壁の家なので、やはりミサワホームでしか塗装やメンテナンスはできないのでしょうか?」 現在の新築住宅の外壁は、かつての主流だったモルタル仕上げからサイディングに移行し、そのシェアは8割以上と言われています。 外壁塗装のことを調べても、サイディングやモルタルの外壁に塗る事を前提の話ばかりなので、そのように思われてしまうのかもしれませんが、決してそのような事はありません。 わざわざ高額なミサワホームに頼まなくても対応可能です。 PALC外壁とはどのようなものか ではそもそも PALC外壁とは何かという事ですが、これはPrecastable Autoclaved Lightweight Ceramicsの頭文字をとったものです。 一番最初のPrecastableはプレキャストに適したという意味です。 プレキャストはコンクリートに使う言葉で、成形済みの、事前に成形されたという意味で、残りのALCはまさしく軽量のコンクリートです。 外壁がALCの方の注意点その1 防水性がない ALCはモルタルやサイディングと材料的には大きな違いがありません。 結果として、モルタルやサイディングと同じように、 ALCもそれ自体に防水性がありません。 他の外壁と同じで、 仕上げの塗装によってその防水性を保っています。 ですのでALC自体の耐久性が高くても、塗装の耐久性はそこまで長くありません。 塗り替えのタイミングを誤ると、せっかくの 耐久性の長さが失われてしまう事になるので、塗り替えタイミングを非常に注意しておかなければならない外壁材である事を知っておいて頂きたいです。 外壁がALCの方の注意点その2 目地のコーキングは劣化する ALCはサイディングと同様に、パネルを現場で貼り合わせて施工します。 そしてサイディングボードよりもさらにその幅が狭いので、そのパネルとパネルの隙間を埋める コーキング箇所が多くなります。 コーキングも塗装と同様に、 ALCほどの耐久性は到底ありません。 コーキングの切れや剥がれからALCボードに雨水が侵入すれば、防水性のないALCはその特徴である耐久性を維持できません。 ALCパネルは構造上、内部にモルタルのラス網のような、 鉄筋や メタルラスが組みこまれています。 ALCの目地のコーキングに入ったクラック ひび割れ を放置しておくと、 吸水性の良さから雨水をどんどん吸い込み、内部の鉄筋が錆びていってしまいます。 錆びた鉄筋は膨張し、さらに周囲のALCを壊してしまいます。 ALCは強いですが、塗装とコーキングによって守られてこそ、その強さを維持できるものなのです。 ですからミサワホームの点検システムも5年ごとに外壁塗装とコーキングをチェックする体制になっています。 ミサワホームはオリジナル塗料がない リフォーム産業新聞が毎年発表しているリフォーム会社の全国売上ランキングの上位は、全てハウスメーカーのグループリフォーム会社達です。 どの会社も相場に比べれば圧倒的に金額が高いことは、昔と違いインターネットがこれだけ普及している時代では少し調べれば気づかれてしまいます。 それでも、住友林業や積水ハウスなどはハウスメーカーオリジナル塗料を開発し、地場の塗装店に直接発注されないようにする仕組みを考えていたりします。 まとめ 長々と書いてきましたが、PALCの強さは疑いようがありませんが、その強さを維持するためには適切なメンテナンス 塗装とコーキング が欠かせません。 その適切な時期を知らせてくれる、ミサワホームの10年目、15年目、20年目の無料点検は有り難いサービスだと思います。 その際に外壁塗装とコーキングのやり直しが必要と判断された場合には、是非一度比較として、 個別の塗装店からも見積もりをとってみる事をお勧め致します。 その方が、最終的にそのままミサワホームさんにお願いする事になったとしても納得のいくお買い物になると思います。 塗装業者の選び方については、以下の記事でも詳しく紹介していますのでご覧ください。

次の

建物診断|ミサワリフォーム

ミサワホーム 外壁

ミサワホームの外壁に使用されるサイディングはいったいどんなものなのでしょうか。 特徴などがあればご案内いたします。 また長年住んでいいるとミサワホームはいったいどんな風になるのでしょうか。 ミサワホームの外壁サイディングにかかわらず、5年10年暮らした住まいが、どんな風になるのか気になるところです。 長年住んだ住まいが劣化していくのは、仕方ないですが、どこまで劣化しているのか不具合でメンテナンスとなると、外壁ならば費用がかかります。 ミサワホームでは新築してから10年後点検があります。 外壁サイディングでもっとも気になるところは、コーキングです。 コーキング部分は隙間を埋めるゴムのような部分ですが、 建ってから数年たつと次第に肉が痩せたり、ひび割れたります。 機械やドアのパッキンが製品よりも早く傷んでしまうようなことになるのです。 ミサワホームの外壁サイディングの評判が悪いのはいったいどうしてなのでしょうか。 ハウスメーカーの外壁サイディングにかかる費用は、結構な費用になります。 もちとんミサワホームの外壁サイディングは、大手ハウスメーカーと同じくらい費用がかかります。 サイディングはもともと数十年の耐久力をもつ素材として使用されているわけですが、 実際にはそんなにもつものではありません。 数年も減ると場合によってはコーキング材の劣化、チョーキングという粉のように表面の劣化が始まって指でこすると白い粉がべったり付着するという現象もあります。 雨水や木の枝のこすれなど要因はいろいろありますが、数年に一度の塗り替えなどが必須じょうけんとなっているのが現状です。

次の

ミサワホームの外壁塗装 その前に【知っておきたいポイント】:外壁屋根塗装 豊田市

ミサワホーム 外壁

【掲載番号2016090044】 外壁塗装工事 完成写真 (外壁:ND-155 屋根:シェイドブラック 付帯部:N-15 軒天:N-87) チラシからのお問い合わせです。 外装リフォーム工事の知立市八橋町 ミサワホームM様邸です。 日本ペイント株式会社「パーフェクトトップ」塗装です。 【営業担当者コメント】 築30年で一度、メンテナンスはされていましたが屋根は前回の塗装の劣化も目立ちました。 また、築年数から考慮して、将来的にルーフィングの腐食が心配なため、 外壁塗装工事 施工前 バイオ洗浄 (特殊な専用洗浄剤を使ってカビやコケを根こそぎ落とします) バイオ洗浄原液混入です。 バイオ洗浄原液撹拌です。 バイオ洗剤塗布です。 します。 バイオ洗剤塗布です。 します。 人間でもお風呂に入った際や洗顔の際には必ず石鹸を使いますね。 水洗いのみ()で汚れを落とそうとすると水圧を必要以上に高圧にする場合があり、適切な水圧を保ちカビや汚れの原因となる「菌」まで根こそぎ洗浄します。 外壁塗装 (断熱塗料ガイナ) 塗布です。 完了です。 現在ではほとんどの場合で施工します。 外壁の形状や塗料の種類によっては吹き付け塗装を行う場合もありますがリフォーム工事や改修工事の場合、 近隣が隣接しているケースが多いことから塗料飛散を防止するためにもローラー仕上げが主流となります。 吹き付け塗装よりもローラー施工のほうが塗装の膜厚(塗膜)が厚くなるため外壁保護の観点からすると優位性が有ります。 平滑な面への塗装などは吹付けを行うこともあります。 ここ数年でフッ素系や無機系塗料などに代表される高耐久塗料やガイナやアステックペイントなど断熱効果のある高機能性塗料などが普及してきました。 建物を綺麗にするだけでなく付加価値を求められる方が増えてきていますね。 3回塗りが基本となりますがサイディングなどの外壁材の状態に応じて4回以上塗装する場合もあります。 ここで大切なのは塗る回数よりも塗布量がしっかりと守られているかがどうかです。 回数を重ねても1回の塗布量が少なければ意味がありませんね。 付帯部塗装 (軒天塗装) です。 完了です。 の仕上げ塗装工事です。 (あげうら)とも表現します。 外壁塗装とは異なり湿気の帯びやすいこの部分にはカビの生えにくい専用塗料で塗装します。 塗料の粒子が細かく基材に浸透しやすいため高い吸着力がありや釘頭などを目立ちにくくする効果もあります。 付帯部塗装 (鼻隠し塗装) です。 完了です。 軒樋の付いている部分を(ハナカクシ)と言います。 鼻隠しは軒樋に隠れるため比較的劣化しにくい場所ですが木製の場合は塗装してもすぐに劣化してしまうため、この部分については塗装よりも などでカバー工法を用いることで、より長持ちさせることが可能です。 予算的にもそれほど高額ではないためカバー工法をおすすめします。 付帯部塗装(シャッターボックス塗装) です。 完了です。 15年以上前の建物には雨戸が多く使用されてきましたが最近では洋風の建物にはシャッターが多用されるようになりました。 シャッター本体は上げ下げの際にシャッター表面がこすれ合うため現場での塗装は基本的には行いません。 しかしながらシャッターボックス事態は金属製のものがほとんどですのでこの部分については塗装を行います。 ハウスメーカーに見られる塩ビ鋼板と言って鋼板の表面に塩化ビニール処理が施されているものに関しては専用のプライマー処理が必要となるので注意が必要です。 付帯部塗装 (柱塗装) です。 完了です。 付帯部塗装(ベランダ装飾塗装) です。 完了です。 材料検収 (実際に使った材料を残します) ・です。 官公庁の物件では必ず行われる材料検収です。 実際にその現場で使用した材料を写真に収め、見積も りと相違がないかを確認します。 また塗装面積に対し必要缶数も算出できるため規定塗布量通りに工事が行われたかも確認することが可能です。 知立市M様邸ではパーフェクトトップ塗料を使用しました。 屋根カバー工法 施工前前景です。 屋根本体施工です。 屋根本体施工です。 役物施工です。 役物施工です。 完了です。 樋工事 施工前です。 樋外しです。 軒樋取り付けです。 縦樋取り付けです。 カラーベストやコロニアルと言われるスレート葺の屋根に多く施工されます。 陶器瓦や からの葺き替えにも使用できます。 ガルバリウム鋼板製のためサビの発生が非常に少なく一度施工すれば30年は大丈夫というすぐれものです。 また重量も非常に軽く屋根への負担も少ないのが特徴です。 表面処理に焼付け塗装が施されており高級なものはメーカーの20年赤錆保証がつくものも有ります。 断熱効果の高いカバー工法を用いることで、スレート屋根にありがちな夏場の2階に熱がこもる現象も軽減できます。 ただしコストが掛かるため予算や築年数を踏まえて検討されると良いと思います。 知立市 M様邸 外壁塗装工事 完成 工事完成です。 知立市 M様、お世話になりました。 ありがとうございました!.

次の