ウイングス パン ボード ゲーム。 ウイングスパン完全日本語版ボードゲーム最安値通販購入!販売店

10月購入予定ボードゲーム3選【筆頭はウイングスパン】

ウイングス パン ボード ゲーム

カードを配置する際、カードに示されている「食料トークン」を支払う必要があります。 また、配置する先のエリアの上には必要な「卵」が書かれている 2列目以降 ので、そのコストも追加で支払う必要があります。 カードは各行左側から配置していく必要があり、カードのエリアが右側へ行くほど配置に必要な「卵」コストは高くなります。 「食料トークン」の獲得&「森林」エリアのカード効果発動 ダイストレーにあるダイスを取り、それに応じた「食料トークン」を獲得します。 獲得できるトークンの枚数は個人ボードの「森林」エリアに示されているアイコンに従います。 その後、個人ボードの「森林」エリアに配置されているカードのカード効果を右から順に発動します。 「卵」の獲得&「草原」エリアのカード効果発動 「卵」を獲得して「卵」が配置可能なカードの上に配置します。 獲得できる「卵」の数は「草原」エリアに示されているアイコンに従います。 「鳥カード」の獲得&「水辺」エリアのカード効果発動 「鳥カード」を獲得して手札に加えます。 獲得できる「鳥カード」の枚数は「水辺」エリアに示されているアイコンに従います。 ラウンドの終了 手持ちの アクションキューブがなくなるとラウンドが終了します。 なお、個人ボードの裏面は革をあしらったボードになっています。 普通はボードの裏面ってゲームで使用しないのでこだわるい必要ないポイントなのにこのこだわりようです。 細部までこだわって作られているデザインは必見です! どの鳥カードをどのような順で配置するのかの戦略を考えるのが楽しい! 手番で行うことは4種類のアクションですが、ゲームが進むにつれてカード効果によるアクション数が増えていきます。 (一方でアクションマーカーは減りますが・・・) 各鳥の特殊効果をどのように使うのか、より多く特殊効果を発揮するには同じエリアのどこかに集中して「鳥カード」を配置するべきだと考えます。 しかし、カードを配置するための資源は他のエリアのアクションを行わないとままならないというもちつ持たれつな調整がされています。 また、ラウンド終了時のボーナスなどがそれを阻みます。 今回のプレイでは、3つのエリアでそれぞれバランスよくカードが配置される展開となりました。 ラウンド終了時のボーナスは中期目標を示すと共にリプレイアビリティを確保! ラウンド終了あとに4回登場する目標タイルは、ゲームの度に変化するためリプレイアビリティを確保している他、中間目標として大きな役割を果たしています。 ここでの得点差が、ゲーム終了時の得点において他プレイヤーとの差が開く大きな要素になっていました。 「鳥カード」については、コストが高いほど得点や効果が強いのですが、この中間目標で鳥カードの枚数を競わされる傾向になるあるため強いカードばかりを場に出すだけでは点差が開くようなゲームデザインになっています。 なので、目標達成による得点を得つつカード効果によるアクションの最適化を進めるのはなかな難しくここを考えるのが楽しいポイントであると感じました。 鳥カードの各アイコンが小さくて視認性が悪い… ネガティブな点をあげるとすると、カードの細かい各アイコンの視認性が悪いというところでしょうか。 特に鳥の持つことのできる卵の数や鳥の特徴アイコンなどは小さく白でうっすら書かれているので、視認性はあまり良くないかと思います。 おしゃれで 美しいカードのデザインとトレードオフなので致し方ないところではありますが、小さいアイコンを見るのが辛いと辛いかもしれません。 ゲーム自体の面白さを損なうほどのものではないかと思います。 おわりに 愛鳥家として鳥を集めるカードゲーム『ウイングスパン』をご紹介しました。 カード同士のコンボなどが楽しいゲームなので、『』なんかがお好きな方は遊んでみると良いかと思います。 カードテキストの多いゲームなので、日本語版の発売を待つのが良いかと思われます。 英語版については、サイコロ堂さんの通販で取り扱われているのでどうしても気になる方はチェックしてみてもいいかもしれません。 ここまでお読みいただきありがとうございました!.

次の

Search by Algolia

ウイングス パン ボード ゲーム

祝300人!! いつもありがとうございます!! 3人・4人で遊べるゲーム『デッキ構築』 3人・4人でできる定番の『デッキ構築』ボードゲームを紹介します。 デッキ構築とは、 山札を自分の好きなように構築・カスタマイズできるというメカニクスのゲームです。 デッキ全体のバランスやコンボを考えるのが醍醐味です。 ドミニオンのジャンルは「デッキ構築」で、 お金で好きなカードを購入して、自分のデッキを強化していきます。 最初はみんな同じデッキだけど、カードを購入してパワーアップしていく 次第にカードが充実してできることが増えていくので、「デッキが成長しているような感覚」になって後半になればなるほど面白くなります! ゲームが終わっても「あのカードを買っておくべきだったかも…もう1回!! 」とついつい何度も遊んでしまい止め時が分からなくなってしまいます…。 僕は友達とボードゲームで遊ぶときの締めは毎回「ドミニオン」というくらい大好きでおすすめなボードゲームです。 このゲームの特徴は、「すごろく」と「デッキ構築」が融合しているところ!通常のすごろくゲームでは「ダイス」を振ってコマを進めますが、 エルドラドでは「自分で作ったデッキ」から引いたカードを使ってコマを進めます。 プレイ中は「デッキを強化するか、コマを前進させるか」どちらを優先するかという選択に悩まされます。 エルドラドでは、このバランスの判断がとても重要です。 デッキ構築の代表作『ドミニオン』よりも「カード効果がシンプル&勝ち負けが分かりやすい」ので、 「デッキ構築ゲームの入門」という位置づけにぴったりだと思います。 プレイヤーは魔法使いとなって協力して、敵であるネメシスを倒すことを目指します。 カードを購入してデッキを強くしていくというスタンダードなデッキ構築ゲームですが、大きく違うのは デッキが尽きたら捨て札をシャッフルせずにそのままひっくり返すだけというところ。 そのため、自分のカードを捨てる順番によって、その後のターンでの手札の組み合わせを操作して、カードコンボが決めやすくなっています。 ボスは全部で4体いますが2体目以降はかなり強く、歯ごたえのある難易度になっています。 4人で遊ぶとデッキ強化に時間がかかってしまうので、3人で遊ぶのがおすすめです! 3人・4人で遊べるゲーム『拡大再生産』 まずは、3人・4人でできる定番の『拡大再生産』ボードゲームを紹介します。 拡大再生産とは、 自分のデッキやボードの状況が次第に成長していくゲームのことです。 ゲーム中に得た資源を使って、さらに利益が大きくなるように投資していきます。 このボードゲームでは、 鳥の愛好家となったプレイヤーが「餌を集める・鳥を呼び寄せる・卵を産ませる」などして、鳥類の繁栄を目指します。 カードやコンポーネントの見た目の美しさだけでなく、 「ルールがシンプルで遊びやすい」「自分がやりたいことに集中できる」のでかなり遊びやすいです。 ボードゲーム初心者にもおすすめできる中~重量級ボードゲームの新定番です。 2014年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされて話題になった名作です。 宝石の煌きの一番の特徴は 「相手の欲しいカードをとらせないようにしつつ、自分が欲しいカードを手に入れる」という駆け引きです。 手番の度に「相手の狙いを妨害するのか」「自分の戦略を優先するのか」に悩まされます! また、面白いのが 「購入したカードに次の買い物から使える割引ボーナスがついている」ところ! 最初は手が届かなかった得点カードも、割引ボーナスが増えるにつれて「これ、宝石1個で買えちゃう!」「これなんてタダだよ!」と格安で買えたり無料で貰えるようになります。 ゲーム後半にかけて購買力がぐんぐんアップしていき、計画通りお得に買い物できた時はすごく気持ちいいです! 僕はよく3人・4人で遊んでいますが、2人プレイでも楽しいボードゲームです。 3人・4人で遊べるゲーム『ダイス系』 次に、3人・4人プレイでおすすめの『ダイスロール系』ボードゲームを紹介します。 ダイスロール系とは、 ダイスを振って、アクションを実行したり、資源を得たりするゲームです。 戦略とダイス運が絶妙に絡むジャンルです。 このゲームは、 3つのダイスを振って「兵をどこに、何人送るのか」を決めて、各地域で戦力を競い合います。 天下鳴動で好きなのが「援軍が連鎖的に増えていく」ところです!後半戦に援軍が怒涛の勢いで増えていく様には爽快感があって、計画通りにいくとすごく気持ちいいです! 2人プレイでも面白いですが、人数が多い方がダイナミックな展開になりやすいので、3人・4人プレイがおすすめです。 カタンでは、 無人島を舞台に様々な資源を集めながら、島を開拓していきます。 「戦略性・ダイス運・交渉・資源管理」など、ボードゲームの面白い部分がしっかりと詰まっている王道ゲームです。 カタンの一番の醍醐味は「交渉」です。 「今相手がどの資源を欲しいのか」を察して、相手が喜ぶ交渉ができるかが勝負のカギとなります! ただ「交渉は苦手…」という人がいるかもしれませんが、実際は「小麦2個あげるから、レンガ1個と交換して」くらいの会話でOKなのでとても簡単です。 2人プレイだと交渉がつまらなくなるので、遊ぶときは3人・4人がおすすめです。 3人または4人で遊ぶのがおすすめです。 最初は「麦畑」と「パン屋」しかない小さな街ですが、ゲーム終盤にはたくさんの施設が並ぶ大都市に発展します。 この街コロ、実はかなりの「ボードゲーム初心者キラー」です!普段ボドゲを遊ばない人には 「街を大きくなっていくワクワク感」「ダイスの出目で一喜一憂できて、適度な戦略性もある」という部分が人気のようです。 街コロを遊ぶときは、拡張版の『街コロプラス』も加えると、戦略の幅がグンッと広がって面白くなるのでおすすめです! 3人・4人で遊べるゲーム『タイル配置』 ここからは、3人・4人で遊べるおすすめの『タイル配置』系ボードゲームを紹介します。 手に入れたタイルを場やボードに配置して、その配置状況で点数を獲得していくゲームです。 2017年に『ドイツ年間ゲーム大賞』を受賞した人気作です。 このゲームはタイル選択が本当に悩ましくて、 「自分の理想の王国を作り上げるか」「相手の邪魔をするか」「次の手番のために我慢するか」といったジレンマが常にあり、軽めのゲームでありながら戦略的な要素もしっかり詰まってます。 個人的には4人で遊ぶのがおすすめのボードゲームです。 サマーパビリオンでも、アズール同様に「タイルの獲得」「タイルの配置」を繰り返しますが、 「好きな色として使えるワイルドカラータイル」や 「特定の配置によるボーナスタイルの獲得」など、これまでになかった新しい要素も加わっています。 印象としては、 本家アズールを「ガチ寄り」とするなら、サマーパビリオンは「カジュアル寄り」です。 他プレイヤーからの妨害を受けづらくなっています。 そのため、アズールほど相手のボードを気にすることがなく、自分のボードとにらめっこして「どう得点を伸ばすか」に集中しやすいので、遊び心地は快適です! ボードゲーム初心者ならまずはアズールよりもサマーパビリオンから入るのがおすすめです。 3人・4人で遊べるゲーム『協力系』 ここからは、3人・4人でできる定番の『協力系』ボードゲームを紹介します。 みんなで協力するので「一体感」や「達成感」があって、ギスギスすることなくゲーム後も気持ちよく終われます。 パンデミックでは、 世界に蔓延する4種類のウイルスに立ち向かいます。 下の画像のように、世界中に「4色の病原体コマ」が蔓延しているので、プレイヤーは各病原体に対応した4種類の治療薬を作ることを目指します。 パンデミックの醍醐味は、やっぱり「達成感」や「団結感」です。 3人・4人であーだこーだ相談しながらギリギリの状況でクリアできた時には、大きな仕事をやり遂げたような重みのある達成感があります!ゲーム後には一体感も高まってみんなの雰囲気が良くなります。 また、 最後までクリアできるか分からない緊張感があるのも良いところ。 難易度は3段階ありますが、中級でも結構負けます…。 2018年にドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされて話題になった名作です。 序盤はうまく噛み合わずにもどかしい展開になりがちですが、だんだんとお互いの感覚が合ってくるのが分かります。 「具体的な数字を言うのは禁止」という制約の中、 曖昧な表現だけでお互いが持っている数字を擦り合わせて、数字カードを大きい順や小さい順に置いていきます。 終盤はとても息苦しい展開になりますが、「もう次回ってきたらヤバイ」という ギリギリの状況で勝利できた時は本当に気持ちいいです!3人でも4人でも面白いカードゲームです。 3人・4人でできるゲーム『ワーカープレイスメント』 こからは、3人・4人でできる『ワーカープレイスメント』系ボードゲームを紹介します。 ワーカープレイスメントとは「ワーカーコマ」をマスに配置して、そのマスのアクションを実行するというゲームです。 ワーカープレイスメント系の中でも特に遊び方がシンプルで、 「ワカプレの入門書」にぴったりなボードゲームだと思います。 ただ、シンプルとは言っても「どこに建物タイルを配置するか」が本当に悩ましく、プレイ時間が短めなこともあって「次はもっとうまくやるぞ!」とつい再戦を申し込んでしまう中毒性の高さも兼ね備えています。 「カジュアルなボードゲーマー」「ファミリー」におすすめです!スッキリして分かりやすいゲームが好きな自分にとってはお気に入りのボードゲームです。 2020年1月に日本語版が発売しました。 エバーデールでは、 ワーカー(労働者)コマを森のエリアに配置することで様々な効果を受けます。 小枝や樹液などの資源を集めたり、建物を建てたり・仲間を集めたりして、自分の街を発展させていきます。 僕は「立体的な大樹のインパクト」と「動物の街づくり」というテーマに惹かれて、買わずにはいられませんでした!ただ、実際に遊んでみると、見た目だけなく「ワーカープレイスメント」と「カードコンボ」の面白さがしっかり詰まっています。 3人・4人でできるゲーム『読み合い』 3人・4人で遊べる『読み合い』がメインのボードゲームを紹介します。 2012年に『日本ボードゲーム大賞』を受賞し、2014年に『ドイツゲーム賞』の4位に入選しており、海外でも高い評価を得ている人気作です。 遊び方は 「カードを引いて、〈手札〉か〈引いたカード〉のどちらかを場に出して、その効果に従う」というシンプルなもの。 初めて遊んだ人は「これ運ゲーじゃん…」となることがあり、1回だけでは面白さが分かりづらいのがネックですが、 2回・3回と遊ぶとジワジワと読み合いが回って熱い心理戦に変わります! プレイ人数は「2-4人」ですが、個人的には4人で遊ぶのが一番面白いです。 3人・4人で遊べるゲーム『アクション系』 3人・4人で遊べるおすすめの『アクション系』ボードゲームです。 ここでは、「バランスを取るゲーム」や「スピードを競うゲーム」を紹介します。 ㉑スライドクエスト(Slide Quest) ジャンル バランス・協力系 人数 1-4人 時間 15-45分 スライドクエストは、 みんなで4本のレバーを持ちあってボードを傾けながら「騎士」をゴールまで導く協力系のバランスゲームです。 レバーを押すことでボードを傾けてコマを動かす 4人でレバーを1本ずつ持つと、逆方向に行ったり、動きすぎたりして「そっちじゃない!」「ちょっと待って!」とわちゃわちゃしながら盛り上がります!いくつかステージをクリアしてみんなの息が合ってくるとチームのレベルが上がったような一体感があります。 全20ステージもあり、終盤はかなりの難易度なので遊び応え抜群です! 【まとめ】3人・4人向けボードゲーム一覧 今回紹介した3人・4人向けのおすすめボードゲームを一覧にしてまとめました。 画像 詳細記事へのリンク ジャンル デッキ構築 デッキ構築 デッキ構築 拡大再生産 拡大再生産 拡大再生産 ダイス系 ダイス系 ダイス系 タイル配置 タイル配置 タイル配置 協力系 協力系 協力系 協力系 ワカプレ ワカプレ 読み合い 読み合い アクション アクション 【最後に】3人・4人で遊べるおすすめ定番ボードゲーム 以上が、「3人・4人でできるおすすめの定番ボードゲーム22選」の紹介でした。 この中でも特に3~4人の時にヘビーに遊んでいる定番ボードゲームは 『ドミニオン』『ザ・マインド』『天下鳴動』『宝石の煌き』『ザ・ゲーム』あたりです。 どれも有名な名作ゲームなので間違いないと思います! この他にも、 当サイトで紹介している「3人で遊べるボードゲーム一覧」「4人で遊べるボードゲーム一覧」を下記ページから見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。 「3人」で遊べるボードゲーム一覧.

次の

美しい野鳥をいざなって「鳥のパラダイス」を作り上げるボードゲーム「ウイングスパン」プレイレビュー

ウイングス パン ボード ゲーム

2020年5月31日 美しいコンポーネントのタブロービルディング ソロ分類:ソロ・対戦 日本語対応:日本語版あり で17位、同じくで賞を総なめにした(ソロ部門でも受賞している)人気ボードゲーム。 2019年のドイツ年間ゲーム大賞のエキスパート部門でも受賞。 Amazonのページを覗いたらたまたま在庫が復活していて運良く入手できたのでプレイ。 ラウンドごとランダムに決定される「どこどこに住む鳥の数」だったり、「このタイプの巣にある卵の数」だったりの順位に応じた勝利点を獲得し、最終ラウンド終了時に獲得した鳥や卵などの点を加えて最終順位を決定するという、セットコレクションの要素もある。 しかしやはり特筆すべきはコンポーネントの質感の良さ。 カラフルな木製卵トークンや専用のダイスタワーは言うに及ばず、すべてユニークな絵柄の鳥カードやボード、説明書に至るまで手触りのいい加工がなされていて、触っているだけでも楽しいゲームとなっている。 行うアクションもトークンを配置した後、移動させながら順番に処理するようになっていたり、手元に残ったトークンが残りアクションを表していたり(ラウンドごとにアクションが少なくなっていくが、ボーナスボードにアクショントークンを配置するため気にする必要がない)と、処理に手順ミスが起こりづらいような工夫がされているのも、地味だが好感が持てる。 ソロプレイに関してはオートマと対戦する方式で、ボックスにもオートマ作成集団、オートマファクトリーのロゴが印刷されている。 個人的にはオートマは処理が重いわりに納得感の薄い行動をするのであまり好みではないが、ウイングスパンに関しては処理も軽めで、それでいて、そこそこ動向を気にしながらプレイする必要もあってバランスよく感じた(初級難易度をプレイした感想)。 ただ、オートマの説明書の分かりづらさにはかなり混乱させられた。 本来はオートマの処理をわかりやすくするための補助のカードの使い方が頭に入ってこず(と言うか、「1ラウンド目は1列目を、2ラウンド目は2列目のアクションを行います」という、あまりに当たり前のことを示す機能なので、先入観で「そんなはずはない」と否定してしまっていた)何度も説明書を読み返す羽目になってしまった。 とはいえ、一度理解できればテンポよくプレイできるので、その点は大きな問題にはならないだろう。 1プレイも短めで、200枚以上ある大量の鳥カードをシャッフルする手間さえ乗り越えれば(何かいい方法ないだろうか……)、手軽にプレイできる良作。 今はまだプレ値の状態で入手難の状態だが、いずれ流通が落ち着いたらプレイしてみてほしい。 もしくは日本語対応のデジタル版がPCやSwitchでリリースされる予定なので、それを待ってもいいかもしれない。

次の