志村 けん 名言。 志村けんさん “名場面”と“金言”に反響続々「本当に偉大な人」<しゃべくり007>(ザテレビジョン)4月20日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

志村けんさん “名場面”と“金言”に反響続々「本当に偉大な人」<しゃべくり007>

志村 けん 名言

東京都東村山市出身。 血液型:A型。 お笑い芸人。 1968年 いかりや長介の家へ直接押しかけ、 弟子入りを志願する。 1974年 荒井注が脱退し、 正式にドリフのメンバーとなる。 1979年 加藤茶との 「ヒゲダンス」が人気となる。 1985年 「全員集合」終了。 1986年 「志村けんのバカ殿様」スタート。 1999年 から直々に 出演依頼を受けたため、 映画「鉄道員」に俳優として出演。 2004年 「天才! 志村どうぶつ園」スタート。 その他、バラエティー、映画、CMなど、 数々の作品に出演。 志村けん・名言 「全員集合」が終わったのが35歳、 ひとりでやっていくという ターニングポイント みたいな時期でしたね。 ここでしっかりしないと、 40代50代は 食えねえぞって思ってました。 どれだけスタッフたちと 力を合わせることができるか、 それにはまずどれだけ 自分の方を向かせられるか。 「オレと一緒にやったら面白いぜ! 」 って必死に アピールしてましたね(笑)。

次の

志村けん・愛弟子 初告白コメントまとめ!名言・説教も!ネットは?

志村 けん 名言

僕の大好きな人が逝ってしまった。 学校の先生には見るなと言われた事もあったけど. ドリフ大爆笑 カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ 志村けんのバカ殿様. 大好きでした。 心からご冥福をお祈りします。 そんな志村けんの名言集をご紹介します。 人を笑わせるのって、結局、間とタイミング. 笑いというのは切羽詰まった時に生まれるものだ. 本当に笑いをとるのはリアクションだ. マネして出来なきゃ、それは才能がない証拠. ずっと続けているとうまくなる。 うまくなるとまたおもしろくなってきて さらに一生懸命やろうという気になってくる。 そうやって一人前になっていくんだと思う. 最初から全力でいかない奴は その時点で先がない. ムダなことでもなんでも知ってた方がいい。 知らないと損をすることはあっても 知ってて損することはないから. みんなと同じだったら、一番楽だろう。 不安もなくなる。 でもその代わり個性もないってことになる。 あいつは変わってると言われるのは 光栄なことだ。 1回きりしかない人生なんだから 自分の好きなように、自分に正直に生きようよ. 志村けん カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ 志村けんのバカ殿様 名言 志村どうぶつ園 志村けんのだいじょうぶだぁ 志村塾 8時だよ全員集合.

次の

志村けんさん “名場面”と“金言”に反響続々「本当に偉大な人」<しゃべくり007>(ザテレビジョン)4月20日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ…|dメニューニュース(NTTドコモ)

志村 けん 名言

気取らないこと。 とにかく飾らない。 自分を大きく見せようとする段階で人はうそをつくし、 それはすぐに見破られるものですよ。 Ken Shimura コメディアン 司会者 ザ・ドリフターズメンバー 1950〜 等身大の自分以上に見せようとすると、 必ず、そこには無理が生じます。 無理は、必ずどこかで、 そのツケを払う必要ができてきます。 心身の健康が、その最たる例ですが、 その一瞬は、それほどの負担にならないかもしれませんが、 それを続けていると、必ず破綻する瞬間が訪れます。 多くの場合、無理は一度だけでは終わりません。 その一度の無理を取り戻すために、 多くの時間とエネルギーを費やしてしまいますから、 また、それを取り戻そうとして、 無理を重ねてしまうのが、必定のパターンになっています。 等身大ではない自分を装ってしまうのも同じですね。 一度ついた嘘は、その嘘を誤魔化すために、 嘘を重ねる必要が出てきます。 その積み重ねが、どういう結果を招いていくかは、 火を見るより明らかなことですね。 また、飾り、装った自分は、 この言葉にもあるように、 必ず見透かされています。 そういうところに、エネルギーを浪費するよりは、 等身大の自分自身を、磨いていくことに、 そのエネルギーは注ぎ込んだ方がいいですね。 自分を大きく見せようとするのと、 大きくなろうとチャレンジしていくのは違います。 無理とチャレンジの違いでもありますね。 自然界の必然として、 等身大の自分を磨いていくことが、 もっとも、確実に早く、 自分のレベルを高めることになります。 見せかけをつくってしまうと、 それで、自分自身が大いに苦しむことになります。 あなたの素晴らしい才能は、 脚色することなく、そのままで、等身大で、 チャレンジさせてください。 成長、進化が最も著しくなるのを感じられるはずです。 志村けんさんの、こんな言葉もありました。 気取らないこと。 とにかく飾らない。 自分を大きく見せようとする段階で人はうそをつくし、それはすぐに見破られるものですよ。 Ken Shimura コメディアン 司会者 ザ・ドリフターズメンバー 1950〜 等身大の自分以上に見せようとすると、必ずそこには無理が生じます。 無理は必ずどこかで、そのツケを払う必要ができてきます。 心身の健康がその最たる例ですが、その一瞬はそれほどの負担にならないかもしれませんが、それを続けていると必ず破綻する瞬間が訪れます。 多くの場合、無理は一度だけでは終わりません。 その一度の無理を取り戻すために多くの時間とエネルギーを費やしてしまいますから、またそれを取り戻そうとして無理を重ねてしまうのが必定のパターンになっています。 等身大ではない自分を装ってしまうのも同じですね。 一度ついた嘘は、その嘘を誤魔化すために嘘を重ねる必要が出てきます。 その積み重ねがどういう結果を招いていくかは、火を見るより明らかなことですね。 また飾り、装った自分は、この言葉にもあるように必ず見透かされています。 そういうところにエネルギーを浪費するよりは、等身大の自分自身を磨いていくことに、そのエネルギーは注ぎ込んだ方がいいですね。 自分を大きく見せようとするのと、大きくなろうとチャレンジしていくのは違います。 無理とチャレンジの違いでもありますね。 自然界の必然として、等身大の自分を磨いていくことが、もっとも確実に早く自分のレベルを高めることになります。 見せかけをつくってしまうと、それで自分自身が大いに苦しむことになります。 あなたの素晴らしい才能は脚色することなく、そのままで、等身大でチャレンジさせてください。 成長、進化が最も著しくなるのを感じられるはずです。 志村けんさんの、こんな言葉もありました。

次の