ロクサーヌ。 ヒロインの魅力あふれだす/異世界迷宮でハーレムを

ロクサーヌ

ロクサーヌ

解説 [ ] ポリスのリードシンガー、は、1977年11月にのにあるナッシュヴィル・クラブでの演奏時に見かけた娼婦に刺激されてこの曲をした。 曲の題名はホテルのロビーに掛かっていた古いポスターに載っていた『』の登場人物名から取られている。 スティングは最初風の曲調にしていたが、ドラマーのによるのようなリズミカルな曲調にすべきという主張によって曲調が変わった。 一般に調だと思われているが、スティングはタンゴをイメージしていると述べている。 録音中、スティングは誤ってスタジオにあるの上に座ってしまい、結果としてピアノの不協和音と笑い声が曲の最初に保存された。 ポリスは最初、全盛時にゆっくりとした曲調であるこの曲に自信を持っていなかったが、マイルズ・コープランドは曲を聴いて興奮し、マネージャーになると共に彼らの最初のレコードをで取り扱うことを取り付けた。 シングルは最初チャート入りしなかったが、1979年4月に再発売したときにはイギリスで12位、アメリカでは32位に達した。 そして、スティングがソロキャリアで基本的に演奏するクラシックなポリスの曲の一つとなった。 は当初、娼婦との関係を歌ったこの曲を放送禁止にした。 再発売の際、放送禁止は解除されている。 冒頭数秒間はマスターテープの回転速度が等速に到達せず、ややピッチが下がっている。 ライヴ版が『』のディスク1(1979年11月、録音)とディスク2(1983年11月、録音)の両方に収録されている。 『』誌が選んだ「史上最高のロックソング500曲(The 500 Greatest Songs of All Time)」では388位となった。 ミュージックビデオ [ ] ロクサーヌのビデオには3つの違うバージョンがある。 第1はバンドが曲をステージ上で演奏しているものであり、コンサートのサウンドチェックのようである。 第2のバージョンはサウンドステージのショットであり、バンドは赤い背景の前で演奏している。 第3のバージョンは長さを除いて第2のバージョンと同じであり、ビデオテープからフィルムに移植されており、粒子が粗くなっている。 ロクサーヌ - 3:00• ピーナッツ - 2:52 脚注 [ ].

次の

『むずかしい女たち』(ロクサーヌ・ゲイ 小澤英実/上田麻由子訳)訳者あとがき|Web河出

ロクサーヌ

この節のが望まれています。 の『』を元にした。 鼻が異常に大きいことで、意中の女性になかなか告白のできない純情男を、が演じる。 スタッフ [ ]• 製作総指揮・脚本:スティーヴ・マーティン• 監督:• 製作:、• 原作:• 撮影:• 音楽: キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 版 C・D・ベイルズ ロクサーヌ クリス リック・ロソヴィッチ ディキシー チャック ジョン・カペロス ディーブス町長 ディーン マックス・アレクサンダー アンディ ロールストン スティーブ・ミットルマン ジェリー トレント マット・ラッタンジー サンディ シャンドラ・ベリ• TBS版吹き替え - 初回放送1992年6月10日『』 その他吹き替え - 、、、、 参考文献 [ ].

次の

The Police

ロクサーヌ

・加賀道夫は自殺サイトを見ていた。 そんな中太オンラインゲームにたどり着き、ゲームのスタート設定になぜかはまり込む。 ・そして、 警告! あなたはこの世界を捨て異世界で生きることを選択しました。 二度とこの世界に帰ってくることはできません。 続けますか? はい いいえ との警告メッセージに、「はい」を ・道夫はある村で目が覚めるのであった。 ・道夫はゲーム設定の時に得た強力な武器で、盗賊や魔物を退治し小金を貯める。 ・盗賊を奴隷に売るときに、奴隷商から奴隷を買うことを勧められ、そのとき紹介されたのが狼人族の美少女ロクサーヌだった。 ・道夫は高額な奴隷のロクサーヌを手に入れるために、盗賊狩りをして成功する。 ・ロクサーヌは美少女であるだけでなく、戦闘にも秀でていて、さらにあっちも・・・。 ・ロクサーヌと道夫の異世界生活が始まった。 『異世界迷宮でハーレムを』マンガ版の魅力 どの表情もカワイイ、狼人族のロクサーヌに癒されます。 『異世界迷宮でハーレムを』の物語の始めは、 ロクサーヌと主人公のイチャラブ ロクサーヌのかわいくもHなところ が魅力です。 主人公はそんなに強いキャラクターではないので、妄想の中で自分と置き換えやすいというのもポイント。 『異世界迷宮でハーレムを』マンガ版の残念ポイント はっきり言って、第1巻から第2巻の途中までは、面白くありません。 第1巻の最後の方にチラッとロクサーヌが出てくるので、ロクサーヌの魅力は十分伝わるかと思います。 しかし、『異世界迷宮でハーレムを』が魅力を発揮するのは第2巻の後半から。 それまでは、ガマンで読み通すしかありません。 しかし、ガマンの先には、楽しみも待っています。 『異世界迷宮でハーレムを』の小説版はどうなのか 小説の挿絵よりも、マンガ版のロクサーヌ方が魅力です。 小説版の挿絵のロクサーヌは幼い感じ。 マンガ版のロクサーヌの色っぽさがかなり勝ります。 ストーリーは平凡です。 しかし、マンガ版の『異世界迷宮でハーレムを』を読んだ後に、小説を読むと、マンガ版のロクサーヌの活躍が小説のストーリに乗って脳内を駆け巡ります。 平凡なストーリーが魅力的に展開されるから不思議です。 最後に R15的な残酷シーンもないわけではないのですが、それを上回るロクサーヌと主人公のほっこりしたやり取りに癒されます。 読み終わった後味もとてもいい。 マンガでのヒロインは、まだロクサーヌ一人ですが、あと5人のヒロインが登場するはず。 この先もとても楽しみです。 ちゃんと全部の奴隷が登場して、ハーレムが完成するまで描いて欲しいです。 データー 連載 マンガ : 連載 小説 :ヒーロー文庫から Web小説:小説投稿サイト「小説家になろう」 『異世界迷宮でハーレムを』はこちらからお求めになれます。

次の