ハンニバル レクター。 【考察】ハンニバル・レクターはサイコパスなのか?

ハンニバル・レクター博士のモデルとなった実在のシリアルキラー4人!

ハンニバル レクター

スポンサーリンク 「ハンニバル」シリーズとは、1991年に公開された『羊たちの沈黙』をはじめとした、『ハンニバル』(2001年)と『レッドドラゴン』(2002年)、そして『ハンニバルライジング』(2007年)の4作品を指します。 ハンニバル・レクター博士は精神分析医。 そのため心理テクニックを使い、言葉の選び方から表情の使い方まで計算して使いこなしています。 だからでしょうか、最後までストーリーが読めないんです。 それがまた恐ろしい。 そんな彼のセリフのひとつひとつには、さまざまな思惑や意図が隠れているため、ある種の恐怖を感じるものが多いです。 今回はそんな4作品の中からレクター博士の名言を集めてみました。 恐怖画像等はありませんので 「怖いのはちょっと…でも興味本位で」なんて方も安心して御覧になってください!怖さレベルの低い順にご紹介していきますので、皆さん 心臓に影響のない範囲でしっかりとついてきてくださいね! 目次• レクター博士の人物紹介 出典: まずは偉大なるレクター博士についてご紹介いたしましょう! ハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)は、元精神分析医です。 そのため、「博士」と肩書きつきで呼ばれています。 逮捕される前からFBIの行動科学課において捜査協力していた人物です。 また彼は、頭脳明晰で上品、音楽や美術にも非常に詳しく、博学な人物です。 語学が堪能で、しかも優しい物言いの中で巧妙な話術を繰り広げることができます。 そして何より礼儀を大切にしている人物で、無礼を働いた人間には容赦がありません。 著名な精神分析医で、優れた洞察力と分析力を買われ、FBIに捜査協力する素晴らしい人物としての顔と、殺害した人間の臓器を食するという猟奇殺人犯としての顔を持ちます。 レクター博士の名言集 それでは早速、恐ろしいレクター博士の名言をご紹介していきます!まずは初心者レベルから、上級者向け…と順番にご紹介していきますので、途中でギブアップするのもアリですよ。 上級者の皆さんは、レバーや生ハム、チーズなんかをつまみに優雅に読むのもいいかもしれません。 でも檻越しにニオイを嗅いで、クラリスが使っているものを言い当てたときのセリフです。 鋭い嗅覚に加え、感受性の豊かな表情を見せた顔つきと相反する鋭い目つき、その事実と違和感で彼女を驚かせます。 子羊の悲鳴がやんだら知らせてくれ」(『羊たちの沈黙』) クラリスが、裁判所内の檻に移されたレクター博士を訪ね、バッファロー・ビルの本名を教えてくれるよう頼みます。 しかし、聞き出す前にボルティモア州立精神病院の院長であるチルトン医師(アンソニー・ヒールド)らによって連れ出されてしまいます。 その時に、レクター博士がクラリスに向かって言った言葉です。 このセリフは、タイトルにも関係しているクラリスのトラウマに気づかせるために、少し強い口調で放っています。 この時点ではまだ、深い意味まで理解できません。 しかし、ラストを観た後にこのセリフの意味がわかるという、怖いセリフであることは間違いありません。 ペンブリー」(『羊たちの沈黙』) 逃亡を図るために、監視していた警官たちを殺傷し這って逃げようとしていた重症の警官ペンブリーに対して言った言葉です。 この時、レクター博士はクラシックを聴いていましたが、這って逃げようとする時に漏れ出た声を聞きつけ、ナイフを手に取ってこの言葉を彼に言いました。 そのあと発見された遺体はとんでもない状態に……。 この作品は、ハンニバルの妹ミーシャ(ヘレナ=リア・タコヴシュカ)が殺されて食べられていたことをきっかけに、若かりし頃のレクター博士が復讐する内容になっています。 妹を殺して食べた犯人の最初の1人ドートリッヒ(リチャード・ブレイク)を殺害した後に言った言葉です。 ハンニバル(ギャスパー・ウリエル)の顔に血しぶきがかかったとき、頬の血をぬぐって舐め、不気味な笑顔で言い放ちました。 しかもそのあとに、殺した男の頬肉を焚火で焼いて食べるという残虐さを見せます。 パトカーがすぐそこまで迫ってきているため、どうしても逃げたいレクター博士がまな板包丁を手に持ち、クラリスの手首に当てて言った言葉です。 そのあとどうなったかは、ラストまでわかりません……。 このセリフの後にすするような奇妙な声を出したものですから、クラリスはびくつきます。 議員さんは娘さんが葬られたらどこで痛みを感じますかな」(『羊たちの沈黙』) 飛行場でルース・マーティン議員(ダイアン・ベイカー)の一行と会い、犯人の情報を話しているときに、娘をバッファロー・ビル(テッド・レヴィン)に誘拐された議員に向かって放ったセリフです。 「母乳で娘を育てたか」どうか尋ね、議員が答えるとこう言って議員を怒らせ、相手の出方を見たようです。 自分では決められないかな。 では私が代わりに決めてやろう」(『ハンニバル』) フェル博士と名前を変えた逃亡犯がレクター博士だと気づいたレナルド・パッツィ主任捜査官(ジャンカルロ・ジャンニーニ)がレクター博士に捕まってしまい、殺害される前に言ったセリフ。 フィレンツェのヴェッキオ宮殿のテラスで、下には多くの人たちがいるような状況で犯行が行われます。 しかし、下にいる誰もが気づかず、パッツィ主任捜査官は命を落としてしまいます。 君の心臓を食べよう」(『レッドドラゴン』) 「君の膵臓が食べたい」なんて物騒なタイトルの正統派純愛小説&映画が日本で大ヒットしましたが、このセリフはそんな可愛らしいものじゃありません。 猟奇連続犯がレクター博士だと気づいたウィル・グレアム捜査官(エドワード・ノートン)。 レクター博士は、自分が犯人であることをグレアム捜査官に気づかれたと悟り、コートを取ってくると嘘をついて背後からナイフで襲います。 とどめを刺そうとするときに捜査官の耳元でこの言葉を言いました。 まとめ 以上、恐ろしいレクター博士の名言をご紹介しましたが……皆さん、まだ息はありますか? レクター博士には、残虐性と知的な言い回し、そして感受性豊かな笑顔といった極端な面が必ず見られます。 知性が高いから魅せる技なのかはわかりませんが、セリフのひとつひとつからレクター博士の怖さがひしひしと伝わってくるのです。 レクター博士がもつ自分なりのルールと芯の強さ、そして緻密に計画された行動と選び抜かれた言葉の使い方があるからこそ、このキャラクターと言葉に惹かれるのでしょう。 これを読んで映画も観てみようかな!と感じた猛者は是非一度ご覧頂く事をおすすめします!.

次の

ドラマ「ハンニバル」レクター博士の美しき人肉レシピ

ハンニバル レクター

ナイフは映画の中でも小道具としてよく登場しますが、個人的に最も印象に残っているのが今日紹介するナイフです。 Spyderco Harpy スパイダルコは初めて紹介するナイフメーカーですが、これもアメリカのメーカーです。 ただ製造は米国に限らず、海外でも生産しています。 このブレードの刻印読めますか? 「SEKI-CITY JAPAN」 そうなんです、日本の関市で作ってるんです。 目を引くのは、特徴的なブレード形状ですね。 これは「ホークビル」と呼ばれるスタイルで、ロープや網などを切断しやすくするためのデザインです。 ハンドルはステンレス製で水抜けをよくする穴も開けられていて、マリナー(漁師さんや船乗りさん)の使用を想定して作られたモデルだそうです。 で、そんなナイフを全く違う用途に使用したのが、映画「ハンニバル」に登場するハンニバル・レクター博士です。 どんな風に使ったかは、ぜひ映画をご覧になって下さい。 ほなまた。

次の

ハンニバルのレクター博士以上にヤバイ博士15人 【グロ注意】

ハンニバル レクター

解説とあらすじ・スタッフとキャスト 解説:医学博士の肩書きを持つ連続猟奇殺人鬼とFBI捜査官の女性の宿命的な対決を描く、大ヒット・スリラー「羊たちの沈黙」(91年)の続編。 監督・製作は「グラディエーター」のリドリー・スコット。 製作はディノ・デ・ラウレンティスとマーサ・デ・ラウレンティス。 脚本は「スパニッシュ・プリズナー」のデイヴィッド・マメットと「シビル・アクション」のスティーヴン・ザイリアン。 原作はトマス・ハリス。 撮影は「グラディエーター」のジョン・マシソン。 音楽は「グラディエーター」のハンス・ジマー。 美術は「プランケット&マクレーン」のノリス・スペンサー。 編集は「グラディエーター」のピエトロ・スカリア。 衣裳は「グラディエーター」のジャンティ・イェーツ。 出演は「羊たちの沈黙」に続き主演する「タイタス」のアンソニー・ホプキンス、「ことの終わり」のジュリアン・ムーア、「乱気流 タービュランス」のレイ・リオッタ、「トーマス・クラウン・アフェアー」のフランキー・R・フェイゾン、「星降る夜のリストランテ」のジャンカルロ・ジャンニーニ、「ライブ・フレッシュ」のフランチェスカ・ネリ、「地球は女で回ってる」のヘイゼル・グッドマンほか。 KINENOTE あらすじ:全米中を震撼させたバッファロー・ビル事件から10年。 ヴァージニアで勤務についていたFBI捜査官のクラリス・スターリング(ジュリアン・ムーア)は、麻薬売人イヴェルダ(ヘイゼル・グッドマン)をやむなく射殺したことで、マスコミやFBI内部から厳しい非難を浴びていた。 そんな彼女の窮地に目をつけたのは、大富豪のメイスン・ヴァージャー(ゲイリー・オールドマン)。 自分の顔をつぶしたハンニバル・レクター博士(アンソニー・ホプキンス)を執念で追跡していた彼は、政界入りを目指す司法省のポール・クレンドラー(レイ・リオッタ)を巧みに利用し、クラリスをレクター狩りの任務につける。 一方、フェル博士と名前を変え司書をしつつイタリアのフィレンツェに潜伏していたレクターは、クラリスに手紙を送っていた。 いよいよメイスンの報復チームが活動を開始。 レクターを誘拐し豚のエサにする計画を練っていたメイスンだが、早々にその動きを察知したレクターは、メイスンと組んでいた刑事リナルド・パッツィ(ジャンカルロ・ジャンニーニ)を殺害する。 そこでメイスンは、クラリスを囮にして、レクターをおびき寄せる計画に着手。 メイスン宅に拘束されたレクター。 クラリスはレクターを奪還しようと救出に乗り込んだが、銃弾で肩を撃たれ、メイスンを豚に食わせ自分は無傷で生き残ったレクターの手で湖畔の隠れ家に運ばれた。 やがてベッドで意識を取り戻したクラリスは、食堂で、レクターが生きた人間の脳味噌を料理しているのを目にして驚愕する。 レクターはクラリスにキスし、その時クラリスは彼に手錠をはめるが、レクターは自分の手首を切断して逃亡するのだった。 けっこう面白く観たとは思うものの、10代のいつ頃のことだったのか、まったく覚えていない。 自分の心に何かを残すような内容ではなかったんだろうと思う。 だから、続編的に出てきたこの作品も未見のままここまで年を重ねたというわけだ。 まぁそんな個人的な話はどうでもいいと思うので、内容について。 と言っても、そんなに特筆したいこともない。 内臓ドバドバのシーンとか、脳みそプルンからの料理シーンくらいで(笑)。 クラリス役がジュリアン・ムーアになっちゃってるし、前作の内容もラストの展開と結末くらいしか覚えてないので、なんだか別作品を観ているような気がしなくもない。 とりえあず、このお話はレクターがなぜかクラリスに執着していて、何かの愛情めいたものを感じているらしいことが描かれている作品のようだ。 ただ、それらのことが言葉ではさほど明確に示されないので、レクターの行動からの推測でそう感じとるしかないんだけど、おそらく間違いはないのではないか。 じゃなかったら、最後にクラリスの手首は切っちゃうと思うし。 内臓ドバドバ 脳みそソテー てなことで、個人的な見所を2つ挙げて、感想を終える。 一つ目は、中盤までの主役とも言えそうな、イタリア人のパッツィ捜査官とレクターの対決についてだ。 パッツィは懸賞金ほしさにレクターの情報を集めて、レクターを生け捕りにしようとしている富豪に協力する。 するんだけど、彼の行動がバカすぎて、いつレクターに狩られるのか、さっさと狩られちまえボケがーーと思わせるイライラハラハラ展開になってて面白い。 しかも最期は、首吊られたうえに腹割かれて内臓ドボドボとか、悲惨すぎだがバカだから仕方ないわな。 相手が殺人鬼だってのはわかっているし、クラリスにもあんだけ警告受けててビビッていそうな割には、相手に背中見せ続けてたり、銃を携帯していなかったり。 何なんだよこのボンクラ刑事は。 あともうひとつはもちろん、レクターの食事会だ。 薬打たれて目覚めたクラリスと、そこにすでにお呼ばれされていたポールの3人のシーンは、マジでコメディ。 とりわけ笑えるのは、ポール役がレイ・リオッタというところだ。 彼は悪役面なせいか、悪役を演じること多いんだけども、彼以上の悪役であるレクターに遊ばれちゃう役どころというのが、まず笑える。 しかも、あの頭皮と頭蓋骨の蓋をあけられた脳みそシーン。 演じてる本人も軽く笑っちゃってるように見えるんだけど、なんなんだよ、あのくだり(笑)。 自分の脳みそ自分で食すとか、そんな体験できる人はなかなかいないぞ。 しかも「うまい」とか言ってるし(笑)。 あのシーンの薬でやられちゃっているクラリスも含め、展開がダグダすぎて茶番に見えてきて、マジで笑える。 レクターがいつもどおり淡々と、冷静にしているのが余計に笑いを誘うのである。 てなわけで、このシリーズって、新しい作品ではこれより後の展開は描かれないんだよね? 今作ではクラリスが落ちぶれてしまい、何の立ち直りもできずに終わってしまったように見えて、なんだかもったいない続編だなぁと思ってしまった。

次の