100 ルーメン。 自転車ライトの明るさの単位と状況別おすすめライト紹介

ルーメンについて。100ルーメンの照明が2つで照らす場合は200ルーメンの照明が一つで照らすのと同じことなのでしょうか? 明るさ、到達距離も同じでしょうか? よろしくお願いいたします。

100 ルーメン

学習用LEDデスクライトのスペックを見ると、たとえば「光源直下照度=1,420Lx」などと記載されています。 また、「光束=1,134Lm」などと併記しているものもあります。 一方で、天井用のシーリングライトには 照度(Lx=ルクス)の記載がなく、 光束(Lm=ルーメン)しか記載されていないのが一般的です。 そうすると、「リビングテーブルやダイニングテーブルで子供に勉強させるにはどんな照明器具を選べば良いのだろう?」と思う方もいらっしゃることでしょう。 基本的には申し上げた通り、テーブルの上でLEDデスクライトを併用するのが理想的である一方、親子ともに片づけのストレスを感じるのであればデスクライトなしでも良いと思います。 とは言え、理想的なあかり環境を理解しておいて損はありません。 今回はまず照度と光束の違いを説明したうえで、実際に我が家で計測した結果を紹介したいと思います。 光束…照明器具から発せられる光の束(量)。 単位は「Lm(ルーメン)」• 照度…光に照らされた机上や部屋の明るさ。 単位は「Lx(ルクス)」 光束と照度の違いは、簡単に言うと上の通りとなります。 照明器具の光束の値が大きいほど水道の蛇口が太いようなもので、たくさんの光の束が発せられるというわけです。 対して照度は、照明器具などによって実際に照らされた場所の明るさの値を示しています。 「シーリングライトも照度を表示してくれれば良いのに」と思われる方もいらっしゃるでしょう。 しかし、光源からデスク天板面までの距離がある程度一定であるデスクライトと異なり、シーリングライトの場合は天井高が家によって違ううえに、照度を計測する位置を特定するのが難しいため、光束のみの表示となっているようです。 なお、LEDデスクライトを比較する際に、光源直下照度が2,000Lxのものと同じく1,000Lxのもののどちらが明るいかということは一概に言えません。 かたやデスク天板面までの距離が30cm、かたや60cmで測定していることがあるからです。 光源からの距離が長くなればなるほど照度は下がります。 照度だけを単純に比較するのではなく、「測定光源高さ」も併せてチェックするようにしましょう。 また、 明るければ明るいほど良いというものでもないことに注意してください。 実際に照度を計ってみた 私自身は今まで照度などまったく気にしていなかったのですが、今回のために照度計を取り寄せて、シーリングライトやLEDデスクライトの下で照度を計ってみることにしました。 なお、今回取り寄せた はレビューを見ると「波長が異なるためLEDの照度は計れない」というようなことが書かれていましたが、こちらでは問題なく計ることができました。 各種照明器具の照度比較(一例)• 単位はLx(ルクス)• 太陽光や他の照明器具の影響を受けないように夜間に測定• LEDデスクライトはコイズミファニテックの(1,134ルーメン)、光源直下50cmで測定• LEDシーリングライトはオーデリックのOL291020(6畳用、2,880ルーメン)、光源直下約150cmで測定(天板高73cm)• 蛍光灯シーリングライトはNECの9LK212SG(8~10畳用、光束不明)、光源直下約150cmで測定(天板高73cm) ここで注目していただきたいのは、 LEDデスクライトの光源直下では1,000ルクス以上となる一方、シーリングライトでは200~300ルクス程度にしかならないということです。 明るさが全然違うと言えます。 一方で、 デスクライト直下ではなく光源から半径50cmのところはで250ルクス以上となっていますから、その程度の明るさはシーリングライト直下でもキープできていると言うこともできます。 シーリングライトとLEDデスクライトを併用した状態でも比較してみましたが、LEDデスクライトがかなり明るいためシーリングライトによる照度の上昇は限定的でした。 つまり 間接照明と直接照明を併用してもあまり影響がないということです。 また、昼間に測定したところ興味深い結果となりました。 本日(7月24日)、 午前中に窓際(西側、くもり)で照度を測ったところ、6,000ルクスもありました。 つまり、LEDデスクライトよりも3倍以上明るかったのです。 間接照明を併用するよりもむしろ窓からの距離のほうが大きく影響すると言えます。 ちなみに、 昼ごろに屋外で照度を測定したところ、曇天時は4~6万ルクス、晴天時は10万ルクス以上となりました。 やっぱり学習には幅の広いLEDデスクライトが一番 今回、子供と一緒に屋内や屋外で照度を計りながら「太陽光のエネルギーってスゴイねー」と改めて感心しました。 ちょうど和歌山へ卵かけごはんの美味しいお店に行って行列に並んでいるときで、子供はその間に宿題をしようとしたのですが、くもりでも明るすぎて宿題などできませんでした。 やっぱり、明るければ良いってもんじゃないですよね。 私は勉強をするには500ルクス前後で万遍なく照らすのが理想ではないかと考えています。 それで言えば、シーリングライトだけでもアリじゃないかと思います。 ただし、 シーリングライト直下のテーブルの高さであれば200~300ルクスですが、6畳間の部屋の隅だと100ルクス前後です。 これではさすがに足りません。 また、一般的には学習時に間接照明と直接照明を併用することが推奨されており、私もそのように信じておりましたが、実際のところ照度に関しては間接照明の影響はほとんどありません。 頭や手の影になる部分を減らす目的で言えばもちろん間接照明と直接照明を併用する必要があると言うことはできるものの、 シーリングライトとデスクライトの照度の違いがこれだけ大きいと、併用することでどれだけ影を抑えることができるかという疑問を感じます。 某照明器具メーカーの方によると、直接照明に加えて間接照明を併用することは気持ちを明るくするのに効果があるということです。 確かに、真っ暗な部屋でデスクライトだけ点けて勉強すると集中できそうですが、半面で根を詰めすぎて心身に悪影響が及びそうです。 自然光をうまく活用することができれば理想的ですが、これを「アンダー・コントロール」に置くというのは一般人には無理です。 カーテンを閉めれば暗すぎ、カーテンを開ければ明るすぎとなりますし、曇りと晴れでは照度が全然違いますから。 また、冬の場合は夕方以降、自然光は期待できません。 学習机は窓際に置かないほうが良いと一部で言われる理由が少し分かったような気もします(ただし、一般的に学習机を窓際に置かないほうが良いとされる理由は、景色を見ることで気が散りがちだからです。 つまるところ、 学習用に適した照度を得るためには、やっぱりシェード幅が広い学習用LEDライトが一番理想的かと思います。 また、 リビングダイニング学習をする場合は、できるだけ天井照明直下が理想的だと言えます。 もちろんデスクライトを併用しても良いでしょう。 関連記事.

次の

プロジェクターの明るさ「ルーメン」を解説!必要な明るさの目安とは?

100 ルーメン

LED蛍光灯やLED電球など照明の明るさの指標のひとつに ルーメン(lm)という単位があります。 電球や蛍光灯をLED化するときは、明るさの基準が分からないと適切なLEDを選ぶことができません。 暗くなってしまったり、明るすぎてしまったっりするからです。 ルーメン(lm)の意味を理解すればLEDも正しく選ぶことができるようになります。 例えば家電量販店でLEDを買ったことがある人はパッケージに「380lm(ルーメン)」などの表示を目にしたことがあるかと思います。 これまで白熱電球や蛍光球を買っていた時は何気なく「60W(ワット)」や「27W(ワット)」などワット数で明るさを判断して買っていたと思います。 ワット数が大きければ明るいといったことで明るさの指標のように思いがちですがワット(W は明るさの指標とは少し違います。 ワット(W とは消費電力のことでパワー(力)です。 電球のワット数(パワー)が大きければ明るくなります。 しかしLEDは明るくても消費電力が少なくなります。 つまり 少ない消費電力(力)で明るいということです。 このようにLEDの明るさはワットで判断することはできません。 そこで正しい明るさを判断するために ルーメン(lm)という指標を使います。 ルーメン(lm)とは光源から出る全方向に放射され人間が感じる事ができる 「光の量」の単位です。 この「光の量」のことを光束(全光束)とよびます。 LEDの明るさの単位は「全光束」と言われる ルーメン(lm)値で表わされます。 蛍光灯とLEDの光束の違い 蛍光灯の光束をイメージするとこのような感じになります。 実際の光束の数値をみてみると40形の一般蛍光灯(FLやFLR)では光束は約3,000lmほどですが、32形hf蛍光灯では4,000lm以上あります。 配光範囲が同じでも光束の数値に違いがあるのはhf蛍光灯の方が性能が良いランプだからです。 ) LED直管蛍光灯の光束は2,000lm~3,000lmくらいのものになってきます。 やはりLEDと比べると配光範囲が違うことで光束もLEDの方が光束の数値が低くなってきます。 参考LEDランプ ワット数とルーメンの違いとは 通常40Wの白熱電球と60Wの白熱電球を比べれば60Wの白熱電球の方が明るいと判断するかと思います。 では40Wの白熱電球と6WのLED電球ではどうでしょうか。 先ほどはワット数の大きい方が明るいと判断しましたが今度は比べる照明が違います。 LEDだから省エネなんだということは分かりますが、明るさまでの判断はできないかと思います。 答えは 6WのLEDほうが明るいが正解です。 LEDの場合は少ない力で大きな明るさを出す省エネ照明になるので6Wでも明るいのですがこの6Wで白熱電球の約10倍の力があるので約60W相当の白熱球と同等となってきます。 同じ白熱電球同士の比較であれば「ワット数」で明るさの目安を知ることはできましたがLEDとの比較になると、ワット数では明るさの判断ができなくなってきてしまいます。 ワット数とは消費電力であり単位時間あたりのエネルギーを表すものだからです。 LED電球パッケージには「40W相当 485lm」とか「60W相当 810lm」など表示されており、このように明るさはの指標はルーメンの数値で判断するようになりました。 またこの指標はJIS規格にもなっており日本照明工業会でも電球形LEDランプ性能表示等のガイドラインとなっており「消費者がその製品を正しく認識し選択を容易にする」と書かれています。 これは1Wあたりに100ルーメンの光の量があるという意味になります。 明るいLEDが必ずしも性能が良いわけではありません。 同じ2000ルーメンでも20Wの力を必要とするのか10Wの力なのかでその性能を判断することができます。 価格も以前に比べれば安くなり家電量販店の電球コーナーに並ぶのは半分以上がLEDになっていたりします。 種類ごとに白熱電球とLEDを比較 東日本大震災以降、原子力発電所の停止によって電力不足がおこり企業も個人の省エネに対する意識が高まってきています。 電気代の値上げもありLEDの需要はますます拡大し消費者の私たちも省エネ意識を高め正しい知識で省エネをしていかなければなりません。 東日本大震災以降、全国各地の電力会社が電気代を値上げしました。 いち早く値上げをしたのは東京電力ですが値上げの大きな理由は火力発電の燃料費の増加によるものです。 電力会社だけでの経営効率だけでは発電に必要な燃料の購入や設備の修繕が行えず安定供給に支障をきたす懸念があり値上げをした背景があります。 東京電力では家庭向けで平均8.

次の

プロジェクターの明るさ「ルーメン」を解説!必要な明るさの目安とは?

100 ルーメン

「点滅モード」は常時点灯のライトと併用して「点滅モード」単体での使用は、ライトが消えてる間に路面状況の見落としが起きるので、「点滅モード」を使う時は常時点灯のライトと併用しましょう。 2.僕らが思うよりも、もう少し明るいライトが必要ということ 300ルーメンというと「かなり明るい」と感じる人もいると思います。 たしかに一般的な 懐中電灯などと比べれば相当明るいですよね。 とはいえ、自転車にはそのくらいの明るさが必要なのです。 その理由を解説します。 「明るい」と思ったライトも走ってみると「暗い」 試しに200ルーメン程度のライトを手に持って道路を照らしてみると、「じゅうぶん明るいじゃないか」と思ってしまうのですが、 いざ自転車に取り付けて走り出すと、こんどは「200ルーメンでは頼りない」と感じます。 停止状態では「この明るさで十分だ」と思っても、 実際に走行して 速度が加わると明るさが足りなくなるんですよね。 これがライト選びの盲点。 速度は明るさを要求します。 自転車はクルマ以上に路面がよく見えなければならない 自転車は段差や落下物にとても弱い乗り物。 クルマならそのまま踏んづけて通過できるようなトラップも、自転車では命取りになることがあります。 つまり自転車は クルマを運転するとき以上に、路面がよく見えていなければなりません。 となると、走行中に最低でも10メートル先の路面状況がわかるくらいの明るさは必要ですね。 それがライトの明るさスペックでいうと、概ね「300ルーメン前後~」ということです。 光の中心は10メートル先を照らせない ライトから出る光の強さはどこも均一ではなく「明るい部分」と「暗い部分」があります。 自転車のライトは「中央部が明るめ」の製品が多く、 一番明るい部分以外は徐々に暗くなっていきます。 (特殊な配光タイプもある) 一方、自転車のライトはやや下向きに、 光の中心を数メートル前方に向けて点灯するのが基本で、正面や10メートル先に向けて使うことはふつうありません。 仮に 10メートル先を狙ってライトを点灯すれば、こんどは近くの路面が暗く・見えなくなるのです。 おまけに対向者を眩惑させてしまうので、これはいけませんね。 つまり 10メートル先を照らすのはライトの一番明るい部分ではなく、光が弱くなっている部分ということ。 なおさら明るいライトが必要というわけですね。 3.明るさの違いで「見え方」はどう変わる?実感を解説 ライトの明るさが変わると、路面や前方は どのように見えるのか?あるいは見えないのか? 参考用に、人通りがない道で10メートル先にを置いて写真を撮ってみました。 とはいっても「写真では実際の感覚は上手く伝わらない」ので…、 明るさ別に 実際に走行して感じることをコトバで解説しますね。 テスト条件等について• 「ライトの向き」は実際の走行時と同じように、 光の中心を正面ではなくやや下向き(数メートル前方)にして撮影していますよ。 写真と実際の見た目は結構違います。 光の広がり方はライトによって異なります。 ということで、以下の画像はイメージとしてお考えください。 明るさ【200ルーメン】は低速走行なら使える 200ルーメンの光は、路面をマイルドに照らしてくれる。 「街路灯」くらいの明るさです。 三角表示板を見ると「10メートル先まで光が届いている」ことは確認できますが、 10メートル先の路面や、すぐ後ろにある壁や土手はよく見えません。 走ってみると、近くの路面は見えるけれど一番明るいところ以外は不明瞭。 「これでは段差やスリップしやすい箇所を見落とすかも」というのが実感。 やはり 300ルーメン未満のライトは、明るさが十分とはいえないですね。 ふだん実際に200ルーメンクラスのライトでも走行している私の感覚では、 スピードを出さず、人が走るくらいのペース(時速15km前後)で ゆっくり・慎重に走るならこの明るさでも問題ないかなというかんじ。 もっとスピードを出すなら、200ルーメンやそれ未満の明るさでは不安を感じますね。 明るさ【400ルーメン】は時速20km台まで安心して使える 300ルーメンを超える400ルーメンの光は、 路面にコントラストを付けてくれる。 目の前から数メートル先まで 路面の質感が浮かび上がり、10メートル先の路面も見えている。 上の写真では、三角表示板のうしろの壁や土手も見えていて、これなら 歩行者や駐車車両をより早く発見できるということが解りますよね。 さらに、近くの路面状況もある程度ハッキリと見てとれます。 段差などを発見できますね。 400ルーメンクラスの明るさで実際に走っている時の感覚は、 明るさが 300ルーメンを超えれば、時速20km台までなら必要最低限の視界が確保できるというかんじ。 時速30kmを超えたあたりから明るさが物足りなくなってきますが、そこまでペースを上げないなら安心して使えますね。 明るさ【1200ルーメン】は時速30km台でも十分な視界 1000ルーメンを超えてくると、 ライトに照らされている路面は夜でも「曇天の昼間」のような明るさになる。 速度が出ていると見落としやすい 路面のギャップや小石などもハッキリと視認できる。 写真では、「黄色い落ち葉」に立体感が出ているのが解りますね。 もしこれが石ころや落下物なら、遠くからハッキリ見えていて良かったなぁと思えます。 アスファルトのひび割れや、マンホールの蓋なども 完全に丸見えです。 1200ルーメンの明るさで実際に走っている時の感覚は、 この明るさなら時速30km台でも安心して使えるというかんじ。 ロードバイクやクロスバイク、ミニベロロードで快調に走るなら、 この明るさは心強い。 4.ライトの明るさを使い分ける 自転車のライトの明るさは、時には使い分けることも必要です。 スイッチによる「 明るさ切り替え」や「 明るさの異なるライト」を、 「走行スピード」や「周囲の状況」に合わせて上手に使いこなしましょう。 走行スピードに応じて、ライトも明るく 「走行スピード」と「必要なライトの明るさ」は比例します。 走行スピードが速いほどライトはより明るく、より遠くまで見える明るさが必要です。 スピードが上がるほど安全マージンとして前方に確保すべき距離が伸びるからです。 例えば、50ルーメン程度の暗いライトを点けて時速40kmで走るのは危険。 (明るさ不足) あなたの 走行スピードに合った明るさのライトを使いましょう。 明るさを切り替えてバッテリーを温存 どんなライトも「 フルパワーではそれほど長時間使えない」ということは覚えておきたいポイント。 また、ずっとハイスピードで走り続けるわけではない時や、街路灯が整備された明るい都市部など、ライトの明るさがそこまで必要ないと感じる場面もあります。 そんな時は、あえて ライトの明るさを下げてバッテリーを温存することも上手な使い方です。 速度や環境にあわせてライトの明るさを切り替えましょう。 他者への「眩惑」に気をつけて 明るさ300ルーメンを超えるライトは、光を直視するとかなり眩しいです。 明るいライトを使うなら、歩行者や対向車両が「まぶしくて前が見えない!」という状態にならないように、 まずは「光の中心が数メートル前方を照らすようにやや下向きに使う」を徹底すること。 さらに必要なら「 ライトの向きを変える(もっと下向きに)」「 明るさを下げる」などの配慮をしましょう。 その場の状況に応じて ライトの向きや明るさを使い分けましょう。 まとめ ということで今回は「 自転車のライトの明るさ」について、 その「 基準」や「 比較」「 選び方」を含めて、押さえておきたいポイントをお伝えしました。 まとめると、• 自転車のライトの明るさはおよそ300ルーメン以上必要で、• 走行スピードが速いほど、より明るいライトが必要です。 スピード出す人は、その 速度に見合った明るさのライトを使いましょう。 明るいライトを使うなら 「他者への眩惑」に気を付けましょう。 ご紹介した内容が、あなたのライト選びの参考になれば幸いです。 時速15kmくらいまで対応【200ルーメン】クラス 「」は時速15km程度までの速度でゆっくり走るなら十分使えるライト。 配光特性が絶妙で 明るさの割によく見えます。 軽いのでサブライトとしての使用もオススメ。

次の