プリコネ 物理デバフ。 ルカ(プリコネ) (るか)とは【ピクシブ百科事典】

デバフ

プリコネ 物理デバフ

基本的に、強い方の判定にしては数字の違いが大きく判定に出ますし、 マコトのダブルデバフ後、魔法陣入れて、カオリで殴りつけると顕著に現れましたからね。 つまりは、バフは大きく加算できるシオリが強いのはある意味当然ですね。 速度バフのみ例外で、加算されることはありませんが、 基本的に、速度デバフの状態でも、速度バフが入ればそのまま上昇状態に更新されます。 なので、コッコロが強い理由はここにありますね。 また基本的に、 過去Twitterで配布されたこの情報通り、 デバフの方が当然効果が高いです。 まだ細かい計算に差異が出て、これならこれだけって数値は出せませんが、 それだけダメージの数値は顕著に出ます。 まあ、単体バフと単体デバフの数値は2桁以上違ったりしますけどね。 それでも、効果自体はボス相手や、一点集中しないと倒せない敵には間違いなくデバフが有利です。 どの雑魚敵と戦う通常クエストや、複数人数に一方的に戦えるのなら、バフのが有利です。 そういった違いがあります。 敵にかけるか、味方にかけるかの違いですからね。 個人的には、クエストで苦戦するならデバフよりタンカーの位置を見直すといいでしょう。 PvP要素はバフデバフを考えて配置すべきですね。 クランバトルは物理デバフをしっかり入れて戦うか否かでダメージ量が大幅に違うので、しっかり構成を組みましょう。 ディスガイアRPGをやっていると、どうしてもアイテム界が重要になってきます。 スタミナなしで 今回の新エリアはそこまで厳しい感じがしませんでした。 ムイミの性であると断言できますね。 x 真・三國無双斬のヤバイイベントこと、黄巾イベント2が始まった。 何がヤバイって、2な点。 後 ディスガイアRPGの初イベントはどうやらダッシュ系のイベントみたいですね。 内容としてはクリ ディスガイアRPGのダッシュイベント恒例にしていく予定の、計算表です。 正直な話、虹 プリコネのアリーナ上位陣に、シズルが入ってきています。 実際タンクよりの前衛でも後列に配置され プリコネでも基本的に、バッファーはかなり重要です。 デバフが重要なのは間違いないですが、デバフとバフ ディスガイアRPGの恒例化してきた魔神エトナ戦のお時間です。 銃キャラの準備は済ませましたか クランバトルの調整をしていると、カオリのクリティカル値がなんかすごいことになってますね。

次の

【プリコネR】シノブのステータスは平均的だが有能スキルを複数所持!

プリコネ 物理デバフ

アリサ 後衛 アリーナ3点 クランバトル3点 総合3点 ジータ、 マナリア3人組と同じくCygamesさんのゲーム、「シャドウバース」とのコラボで実装されたキャラ。 「親友である ロザリアと一緒に森番として1人前になるために修行をしていたが、修行中に魔物に襲われてロザリアが連れ去られてしまい、ロザリアを探す旅に出る。 」といった設定で、ランドソルにもロザリアを探すために来た。 キャラ性能としては元祖・爆速UBキャラであり、UBに火力の全てを集中させていると言っても過言ではない。 スキル1はタマキと同じく「 魔法攻撃力が1番高い敵にダメージ+攻撃力と行動速度をダウン」というもの。 ミツキなどと組み合わせると敵の魔法アタッカーを開幕で倒せるためなかなかに優秀だが彼女の真価はスキル2とUBであり、スキル2は「 TPを約半分回復する。 UBを使用後は回復量上昇」、UBは「 敵単体にダメージ、UBを使用後はさらに威力アップ」というもの。 これにより 高速でTPをためてUBを打ち、さらに1発打った後はさらに加速し火力も上がる。 といった長期戦向きのキャラ。 UBを打った後のスキル2は一回で約7割ほど回復する上に、周期も スキル1を 一 回使う 間にスキル2を 四 回使うという驚異の回転率。 UBもかなりの威力で、クリティカルすると1発10万ダメージを超える上にこの回転率なのでかなりの総ダメージとなる。 ただし防御面は脆く、後列の中でも最前に位置取るので範囲攻撃に巻き込まれやすい。 さらにUBは必中ではないのでミスする可能性もあることを注意しよう。 特に全物理アタッカーの敵 ミヤコ マツリ 前衛 アリーナ4点 クランバトル1点 総合2. 5点 ヒーローに憧れる獣人の少女。 王宮騎士団 NIGHTMARE に所属しているが、見習いという扱い。 獣人であることは周囲に隠しており、主人公にバレた時は ぶっ飛ばしてでも記憶を消そうとした。 キャラ性能はかなりトリッキーで、主にアリーナの防衛編成で活躍している。 スキル1,2で 前後範囲の敵にダメージ スキル1はさらにスタン を与えるというもので、一見意味がないように思えるが、マツリのUBは「 前から3番目の敵の前に飛び込み、位置はそのまま固定」という唯一無二の効果を持っており、敵の隊列を崩して内部から潰すことができる。 攻撃力はそこまでではないものの、脆いアタッカー程度なら十分倒せる程度ではあり、さらに専用装備で スキル1に物理、魔法防御をアップする効果が追加された。 一応アタッカー編に乗せているものの、これにより擬似タンクの役割を果たせるほどの防御力を得たのでアリーナ防衛ではタンク兼アタッカーとして活躍してくれる。 ただし、UBを使わないとただの非力なアタッカーでしかないのでサレンなどでTPの補助は必須。 トモ 前衛 アリーナ4点 クランバトル4点 総合4点 ミクマ流という古くから続く剣術の使い手であり、スキルもミクマ流の技である。 13歳という年齢ながら卓越した剣術、冷静に考えられる思考とかなり大人びているが、反面年上をからかうことが趣味という年相応の面も。 ちなみに剣の名前は「 天剣白嵐」。 筆者の厨二心をくすぐられるネーミングです。 キャラ性能としては、UBの「 単体ダメージ+攻撃力アップ+行動速度アップ」というかなりの自己バフを持つUBを打って自身の火力を上げ、頻度の高い2種類のスキルを使って殲滅する高速アタッカーといったところ。 さらにスキル2は「 単体ダメージ+TP回復」と、アリサほどではないもののTP加速を持っており、素早くUBを打てる。 基本的にアタッカーは単体or範囲のどちらかに特化しているものだが、トモはスキル1で「 範囲ダメージ、さらに範囲内の敵が多いほど威力が上がる(要専用装備)」といったスキルを持ち、単体,範囲と両方をカバーできる。 UB、スキル共に1発の威力が高いわけではないものの、それ以上にUBの攻撃力&速度アップ、スキル頻度といった手数でカバーしているため総合的な火力はかなり高く、アリーナ、クランバトル共にアタッカーとして大活躍できる。 自己完結した性能を持っており、特に欠点という欠点は見当たらないが、強いていうなら防御面は脆く、イリヤなどの範囲アタッカーには注意しなければならないが、この点はトモに限らずアタッカー全般に言えることなので欠点とも言えない。 また、5月のクランバトルでマルチターゲットが実装されることがお知らせされた瞬間、普段活躍できない範囲アタッカーたちが出番かと思われたが、 単体でも活躍していたトモ と後述のムイミ がマルチターゲットでも無双したため多くの範囲アタッカーたちの希望は砕かれた。 なお、この2人が無双しすぎたためかは不明だが、5月以来マルチターゲットは実装されていない。 ニノン(オーエド) 前衛 アリーナ2点 クランバトル4点 総合3点 通称オノン。 で紹介した ニノンがギルドイベントでくノ一のコスプレをし、後に実装された。 限定キャラではないのですり抜けを待とう。 筆者が元々ニノンが好きなのもありますが、 超かわいい。 元々のニノンは「本人は忍者のつもりだが服装や言動は 侍」と色々と混ざっていたが、くノ一の衣装を着たことで多少改善された。 そこがまた可愛いのだが。 キャラ性能としては、範囲アタッカーだった通常ニノンと違い単体アタッカーとなっており、スキル2で「 物理攻撃力&行動速度アップ」というバフを自身に付与して戦っていくスタイルになっている。 UBは「 単体ダメージ+クリティカル時威力3倍」といった効果で、このUBは6回の多段攻撃であり クリティカルの判定は1発1発にあるので大ダメージを出すことも少なくないといった優秀なUB。 その上行動速度も上がっているためデバフが最大3回重複するといった現象も起こる。 さらにこのスキル名、「 忍法・チュバメ返し」。 言えてないあたり最高に可愛い。 クリスティーナ 前衛 アリーナ4点 クランバトル 5点 総合4. 5点 半年ペースで開催される「 プリンセスフェス」限定キャラの一人。 七冠の一人で、「 誓約女君 レジーナゲッシュ 」の二つ名を持つ オバs女性。 王宮騎士団 NIGHTMARE の副団長を務めているが性格は典型的な戦闘狂であり、周囲の迷惑など眼中にないといった問題児。 だがその戦闘能力は確かなものであり、さらに意外と義理堅い面もある。 七冠としての固有能力として、「 乱数聖域 ナンバーズアヴァロン 」という能力を持っており、簡単に説明すると「 乱数を調整し、自身の攻撃は必ず命中、敵の攻撃は必ず回避」というもの。 どう考えてもチートですありがとうございます。 キャラ性能も七冠として破格の性能。 UBは上述のナンバーズアヴァロンであり、ゲーム内では「 単体ダメージ、必中かつ確定クリティカル、さらに使用後5秒間全ての物理攻撃を回避する。 」というぶっ壊れた性能。 だが、必中ではあるもののミヤコやグレアなど無敵状態の敵にはさすがに無効化され、さらに魔法攻撃は回避できない上に魔法防御も低いので注意。 スキルも総じて優秀で、スキル1は「 攻撃力+TP上昇をアップ」というバフで、このTP上昇の効果は「 TPを上昇させるのではなく TPの上昇量を上げる」というものなので要注意。 スキル2は「 単体ダメージ+物理防御デバフ」というシンプルなものだが、オノンほどではないもののスキル周期が優秀でデバフ量も低くないのでクランバトルではデバッファーとしてかなり優秀。 高火力UB、バフ、デバフと、性能が高いレベルで自己完結しており、アリーナ、クランバトル、ルナの塔とどの場所でも七冠の名に恥じない圧倒的な性能を誇る。 が、さすがに魔法攻撃を食らうと一溜まりもないのでその点だけ注意しよう。 ムイミ 前衛 アリーナ4点 クランバトル 5点 総合4. 5点 クリスティーナと同じく「 プリンセスフェス」限定キャラ。 ネタバレになるので詳しいことは言えないがストーリーでは重要な役割を担っており、七冠ではないもののそれに近い能力を持っている。 ストーリー上の中心人物な上、キャラ性能としても極めて特殊な性能をしたキャラ。 通常、UBはゲームの設定上「 TPゲージが満タンになると使用可能。 使用するとTPゲージは0になり、その後再び溜まり始める」といった共通のものなのだが、ムイミだけは特殊で「 TPゲージが満タンになりUBを使用すると天楼覇断剣を装備、 その後TPゲージは徐々に減っていき、0になると装備を解除して再びTPが溜まり始める」といったもの。 文字では伝わりづらいのでYouTubeで【ムイミ UB】で検索してもらえるとわかるかと思います… その特殊な性質のため UB使用前と使用後でスキル1,2が変化し、UB使用前のスキル1は「 範囲ダメージ+スタン+ノックバック」といったもので、一見そこまで強くなさそうに見えるが、敵のタンクを押し込むことで範囲アタッカーの射程距離が広がるため味方のサポートかつ後々に自身のスキルとも噛み合うので文面以上に強い。 スキル2は 範囲物理防御デバフであり、範囲にバラまくためデバフ量はそこまで多くないがこれも範囲攻撃のサポートになるので地味に優秀。 そして、UBを使用すると 天楼覇断剣という自身の背丈と同じかそれ以上ある大剣を空間から生み出して、 単体ダメージ後、TPが0になるまで装備する。 装備してる間は スキル1,2が変化し、 スキル1は単体に 単体UBの1. 5倍ほどの威力のダメージを与える、 スキル2は 範囲に単体UB並みのダメージを与えるという、全キャラトップクラスの火力を誇るスキルとなり、しかもこれを TPがなくなるまで順番に使用し続ける。 さらに TPは被弾しても溜まる仕様のため、 高いHP、アタッカーとしては高水準の防御力、さらにその鬼火力でのHP吸収によってゴリゴリ回復するという能力から、クランバトルではタンクとして最前に配置してUBの効果時間を延ばし、その攻撃性能を最大限に活かす戦術も存在する。 まとめると、 UB発動前は小技で妨害,サポートをし、 UB発動後は小細工無しの脳筋アタッカーとしてアリーナ、クランバトル共に無双する。 ここまでご覧いただきありがとうございます! 限定キャラのクリスティーナ、ムイミはかなり強力なので持っているなら最優先で育てましょう! いつものようにリンク貼っておくので過去のキャラ評価はこちらからどうぞ! ではでは、またまた〜.

次の

【プリコネR】デバフスキル一覧と効果量/効果時間まとめ

プリコネ 物理デバフ

前衛 前衛 前衛 前衛 前衛 防御の高いボスに対しての編成 クランバトルでは物理防御力の高いボスも登場する。 防御デバフで防御下限を目指す クリスが最適になる場合が多い クリスはデバフ供給量が多い上、自身もトップクラスの火力を出せるキャラ。 物理パで高スコアを狙う場合は、どの段階のボス戦であっても優先的に編成すべきキャラといえる。 Point! プリフェス限定キャラなので、持っていない場合はサポートで借りたり、マコトやアオイ 編入生 などと代用できるとベター。 星6レイやマコトなどがクリスとの組み合わせ候補 クラバト適正が高いタンク ボス次第で活躍できる 5. 立ち回りを詰める 防御下限で攻撃UBを打てるタイミングを調べる 攻撃UBの発動タイミングを調整し、防御力が下限に達している間にUBを使えるよう模擬戦を繰り返そう。 エリコなどの 高威力UB持ちが防御下限時に攻撃できないと高いスコアを出せないので注意。 ボスUBを受けることが重要な場合がある ボスから攻撃UBを受けてTPを溜めることは、火力を出すためにかなり重要。 できる限りタマキなどのTP吸収系のスキル持ちは入れずに、ボスUBを受けて戦えるような編成を組めるとベターだ。 Point! ただしボスUBにダメージ以外に厄介な効果が付いている場合は、TP吸収などを利用して受ける回数を減らすほうがよいこともあります。

次の