就活 面談 質問。 【質問例あり】最終面接での逆質問は、どんな質問をすればいい?

就活のリクルーター面談は選考なの?対策方法をご紹介

就活 面談 質問

就職活動のOB訪問。 アポイントをとったはいいけど、「どんな質問をすればいいのだろう?」とわからず、困っていませんか?相手は社会人。 あまり妙な質問をして恥をかきたくありませんよね。 そこで、就活生のために「困ったときはこれを聞いておこう!」といえる使えるOB訪問の質問リストをご用意しました。 以下を参考に、OB訪問で聞く質問を考えましょう。 OB訪問をする目的を再確認 はじめに、OB訪問をする目的について、再確認しておきましょう。 OB訪問の最も大きな目的は「実際に働いている人の話を聞き、その企業についての情報を集めること」です。 OB訪問では、説明会では教えてくれないような細かい業務の話や、人事担当者では答えてくれないような現場のリアルな声を聞くことができます。 さらに、話を聞く中で、「自分がその仕事のどんなところに興味を持ったのか」などの自己分析を行うことも可能です。 対面での会話は、ただパソコンで企業情報を調べているよりもずっとリアルな情報を知ることができるため、自分自身の反応も画面を眺めているだけの時と比べて大きく変わります。 気づけば話が盛り上がってて、「この仕事のこういう部分に興味があったんだな」というような、新たな発見があるかもしれませんね。 また、企業によっては、OB訪問の回数やその内容(態度、身だしなみなど)を評価対象とし、高評価の場合は選考を一部スキップするなどの優遇措置がとられることがあります。 会社で活躍するために必要な能力を探る質問• 御社で活躍するために必要な能力はどんな能力だと思いますか?• 御社で活躍している人材に共通する特徴はありますか?• どんな後輩社員に入社してきて欲しいですか?若手社員に期待するものを教えて下さい OB訪問は「内定を見据えて」行うもの。 内定には、「採用担当に響く自己PR」が必須です。 効果的なアピールをするためには、会社の求める人材像や、会社で必要な能力を理解しておく必要があるでしょう。 OB訪問をし、会社で求められるスキルを理解し、それを自己PRでアピールすれば、的確な自己PRが可能です。 あなたの就活力はどのくらい? 就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。 就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。 ぜひ、「」で今の自分の就活力を診断してみましょう。 無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。 就職活動の際、最終的にこの会社を選んだ決め手を教えて下さい• この会社を選んでよかったと感じるのは、どんな時ですか?• 入社前に抱いていたイメージと、入社後の実感にギャップはありましたか?• 今まで仕事をしてきて最もやりがいを感じたのは、どんな瞬間ですか?• 今までのお仕事の中で、最も大変だったのはどんな時ですか? 就職活動において「志望動機」は、非常に重視されています。 によれば、企業の78%が採用において志望動機を重視しています。 (サークル活動は10%) 上記の質問で、仕事のやりがいや醍醐味を理解し、志望動機の材料にしましょう。 生の情報を使った志望動機は、紙の情報からつくった志望動機とは説得力が断然違うはずです。 実際に現場の声を聴く 企業によってはホームページに先輩社員へのインタビューを載せている場合もありますが、それはあくまでも編集された文章。 あらかじめ用意された質問に答えるだけの形式が多く、構成上割愛された部分もあるため、得られる情報量は少なくなってしまいます。 その点、OB訪問では現場のリアルな声を直接聴くことのできる絶好の機会です。 一対一での対話の場合がほとんどなので、誰に邪魔されることもなく、自分の聞きたい内容を存分に聞くことができます。 そこには文字数の制限も、時間配分の制限もないため、ホームページ上のインタビューなどを調べる場合と比べて情報量が圧倒的に多いのです。 また、「仕事のやりがいは?」「最も大変だった時は?」などの質問も、先輩のリアルな体験を交えながら話していただけるため、より自分が働く際のイメージが湧きやすくなります。 調べるだけではわからないことが聞けるメリット OB訪問を通して、ネットで調べるだけではわからないことを聞く最大のメリットは、「その企業について、より深い知識を持つことができる」ということです。 企業のホームページなどで公開されている情報は、その企業についての情報のほんの一部であり、「企業全体としてはこのような方向性をを目指している」という建前の話でしかありません。 それに比べて、OB訪問では一個人にまで回答の内容が落とし込まれるため、より具体的で細かい内容を知ることができるのです。 企業について深い知識を持てば、自分がその企業を志望する理由や、自分の強みを仕事で活かす方法などをより具体的に述べることができます。 さらに、先輩から伺った話を志望理由に織り交ぜることで、「よくある志望理由」から抜け出すことができ、他の就活生との差別化を図ることも可能です。 仕事を理解するための質問• 入社から今まで主にどのような仕事をされてきましたか?• 平均的な1日の仕事のスケジュールを教えて下さい 最近の就職活動では「入社後、どんなことにチャレンジしたいですか?」「5年後にはどうなっていたいですか?」等、学生に具体的なキャリアプランを求める企業が増えています。 仕事像をしっかり理解していなければ、ズレた回答をしてしまうでしょう。 上記の質問で、実際の仕事像を理解しておけば、説得力のあるキャリアプランが語れるはずです。 HPや説明会で知れる内容は限られている ホームページや説明会では、どうしても文字数や時間の制限があるため、伝えられる内容は限られてしまいます。 また、どちらも「一度に多くの人へ情報を届ける」ことを目的としていることから、どうしてもよく聞かれるようなありきたりな質問への回答が多くなってしまい、なかなか自分の聞きたい質問の回答がもらえないこともあります。 それに対して、OB訪問ではあなた1人に情報を届けられれば良いため、先輩社員は面会の時間をフルに使ってあなたの質問に答えてくれます。 もちろん、あまりにも非常識な質問は避けなければなりませんが、入社してからこれまでの業務内容や、自分の会社についてどう思っているのかなど、細かい質問や本音の部分を聞くことができるというのはOB訪問でしか実現できないことです。 ホームページや説明会で知ることができるのは、あくまでも「一般的な情報」であり、そこで聞けないことを聴けるのが、OB訪問だと考えると良いでしょう。 会社・仕事を知るための質問• 働かれていて感じる、御社の強みは何ですか?• 御社の課題はどんな点にあると思いますか?• 現場で働いている社員から、会社の強み・弱みを聞いておけば、志望動機作成の材料になります。 具体的な質問を心掛ける OB訪問の質問を考える際は、なるべく具体的な質問をするように心がけましょう。 相手は忙しい業務の合間を縫って、こちらの質問のために時間を割いてくれています。 そんな中で、「仕事のことについて、なんでもいいので教えてください!」というような漠然とした質問では、何から話せば良いのか困ってしまい、余計な時間を取らせてしまいかねません。 訪問前にまず、企業の事業内容やその方の所属している部署の大まかな仕事内容など、最低限の企業研究を済ませておき、その上で何が知りたいのかを具体的にしておきましょう。 また、聞きたいことがたくさんあるからと、あれこれと矢継ぎ早に質問するのもよくありません。 一度にたくさん質問しすぎると相手が困ってしまうだけでなく、一つ一つの回答が短くなってしまい、具体的な内容まで聞くことができない可能性があります。 質問したいことを一通り考え終わったら、「ネットで調べられる情報ではないか」「相手に失礼になるような質問ではないか」「重複している内容はないか」の3点をチェックし、質問内容をブラッシュアップしていくように心がけましょう。 OB訪問で聞いてはいけない質問リスト12 聞いておくべき質問だけでなく、避けるべき質問も押さえておきましょう。 避けるべき質問を理解しておくことで、OB訪問で失敗しなくなります。 以下の質問は、相手が答えにくい場合が多いので、聞くのはやめておきましょう。 残業に関する質問 たいていの日本企業では、残業があります。 ただ、これを聞いても「あるよ」というような回答しか得られない上、「なんだか弱腰な学生だな」という印象を与えてしまいます。

次の

【就活:最強の逆質問】企業の採用面接で好印象を受ける質問例10選|就活サイト【ONE CAREER】

就活 面談 質問

リクルーター面談の時間は、ほとんど就活生がリクルーターに質問をする時間で占められます。 したがって、 いかに良い質問をするのかが、リクルーター面談を突破するための鍵になるのです。 的はずれな質問をしていては、「この学生は、入社意欲が低いのかな?あまり賢くないのかな?」と思われ、マイナスに評価されてしまうでしょう。 そこで、 リクルーター面談で使える質問のリストを用意しました。 この質問リストを参考にすれば、誰でも失敗しない質問ができるようになるでしょう。 リクルーター面談とは リクルーター面談とは、人事部に在籍する社員ではなく、企業から指名を受けた現役社員によっておこなわれる「面談」を指します。 そのため、リクルーター面談には、学生が現場で活躍する社員のリアルな意見を聞けるというメリットが生まれます。 また、一般的な選考の面接とは次の2点のような違いがあります。 カフェやホテルのロビーなど、社外でおこなわれることが多い• 入社2〜3年目の若手社員がリクルーターとして、面談に対応してくれる事が多い 選考同様に気を引き締めて臨む リクルーター面談にはカフェやホテルのロビーなどでおこなわれる、年の近い若手社員が応じてくれるといった特徴があり、比較的カジュアルな雰囲気で臨めるという特長があります。 ただし、そのカジュアルさを逆に難しいと感じる学生が多いのも事実です。 もちろん企業側も、学生がざっくばらんに聞きたいことを聞ける場としてリクルーター面談を用意していますが、その様子は人事部に報告されています。 そのため、選考のひとつとして、気を引き締めて臨む必要があるのです。 優秀人材の囲い込みの意味合いもある リクルーター面談には先ほども触れたように、学生がざっくばらんに聞きたいことを聞ける場を提供するという目的があります。 ただし、リクルーター面談の目的は1つではなく、優秀な人材に早くアプローチをおこなうという目的があります。 このような2つの目的があるため、リクルーター面談は企業から指名を受けた現役社員だけが対応するのです。 大企業の一次選考では、1,000人以上の希望者を面談する必要があることも珍しくありません。 そのため、優秀な人材に早くアプローチをし、囲い込みをおこなうという意味が込められていると言われています。 リクルーター面談で使える逆質問リスト 良い質問は、自分でしっかり考えぬいて始めてできるものです。 会社のことをしっかり調べあげて質問を考えれば、自然と鋭い質問になります。 だから、まず、志望企業のことをしっかり調べあげましょう。 とはいっても、「それでも思いつかないんだ!」ということもあるでしょう。 そこで、リクルーター面談で使える質問例をご紹介します。 良い質問をするためのポイント 良い質問のポイントは「入社したい熱意を示しつつ、具体的な情報を引き出す」ことです。 「私はxxxがやりたいのだけど、そのためには何が必要か?」と聞くことで、高い入社意欲をアピールでき、具体的な情報も引き出せます。 企業が求める人材像はホームページに掲載されていることがほとんどですが、正直良くわからないという学生も多いのではないでしょうか? リクルーター面談では、実際に現場で活躍する社員に直接問いかけることができます。 一般的な選考の面接にそのまま使える表現で話してくれるかはわかりませんが、「私は積極性と素直さが必要だと感じている」といった社員の所感を聞き出すことができるでしょう。 少し前までは大手企業は安定しており風通しあまり良くない、中小企業は景気の影響を受けやすいが風通しが良いと言われていましたが、ここ数年で社風を変えている企業も少なくありません。 実際に入社し、一人前の人材として活躍し始める3年目や5年目、10年目を迎えたときに、自分がどのような会社の雰囲気で働きたいのかをイメージすることで、入社後のギャップを小さくすることができるでしょう。 先ほども触れたようにリクルーター面談には、選考のひとつとして気を引き締めて臨む必要があるという注意点がありますが、業務内容についてはわかるフリをせずに、素直にわからないことを聞くことが重要です。 一口に営業、研究開発と言っても企業がどのようなビジョンをもち、どこに重きを置いているかはわかりません。 営業という業務内容、研究開発という業務内容の概要はわかるが、「特に重要と感じている業務内容はどのようなものですか?」と質問することで、リクルーター面談を効率的なものにできるでしょう。 ただし、学生自身が自分のキャリアプランを明確にしておくことが前提となるため、リクルーター面談前にしっかりと吟味しておく必要があります。 学生から「入社して5年くらいを目処に海外勤務をしたいと考えているが、御社では実現可能ですか?」といった具体的なキャリアプランを提示することで、リクルーターも実現するためにどのようなスキルや経験が必要かを答えてくれるでしょう。 リクルーターの面接時の志望動機などを聞くのもあり リクルーターの面接の場で、志望動機などの情報に関する質問をするものあります。 一般的な選考における面接では、「志望動機」「学生時代頑張ったこと」「自己PR」「自己紹介」の4つの質問は、どの企業でも人事部から学生へ投げかけられます。 そんな当たり前な質問についても、一度リクルーターを担当する社員に質問することで、ほかの学生よりも訴求力のある回答に仕上げられます。 すぐ使える!リクルーター面談の質問リスト• 学生時代を振り返って、入社前までに学んでおいた方が良かったこと・身につけておいた方が良かったスキルはありますか?• 差し支えなければ、1日の具体的な業務の流れを教えて頂けないでしょうか?• (女性社員の場合)女性として働かれいて、「働きやすい」と感じる部分、「ここは改善して欲しい」と思う部分があれば、どんなところなのか、ぜひ教えて頂けないでしょうか• 御社で活躍し成果をあげている人に共通するところがあるとすれば、どんなところだと思いますか?• 貴社で活躍するためにはどんな能力が必要だと思いますか?また、それを身につけるには、今からどんな風に努力をすれば良いのでしょうか?• 職場の雰囲気を教えてください• 本当に鋭い質問は、しっかり考えた上ではじめてできるものです。 自分でしっかり考え、鋭い質問をしましょう。 あなたの面接力はどのくらい? 面接では、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか? それを知るために活用したいのが「」です。 質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 リクルーター面談で避けるべき質問リスト 聞くべき質問だけでなく、避けるべき質問も抑えておきましょう。 以下のような質問は避けるべきでしょう。 入社意欲を疑われてしまいます。 待遇に関する質問 本来は気になるところですが、待遇の話ばかりを聞くと「他に聞くこと無いのかな?給料にしか興味がないのかな?」と思われ、入社意欲を疑われるリスクがあります。 できれば控えておきましょう。 調べればわかる質問 少し調べればわかるようなことも、聞くべきではありません。 たとえば「御社の海外事業の売上比率はどのくらいですか?」というような質問です。 これは調べればわかりますよね。 リクルーター面談では、リクルーターにしか聞けないことを聞きましょう。 他社に関する質問 絶対に触れてはいけないというわけではありませんが、他社に関する質問ばかりにならないような注意も必要です。 リクルーター面談は企業から指名を受けた現役社員が対応するため、業界全体や競合企業の情報に精通している社員が対応してくれるわけではなく、リクルーターを困らせてしまうことも考えられます。 また、直接口に出さなくとも、「他社のほうが第一脂肪なのでは?」と感じられてしまうリスクも潜んでいます。 本当は第二志望の企業だったとしても、時間を割いてくれているリクルーターには、そのことを感じ取られないような心配りも重要です。 設問に回答をすると、経産省の定めた「社会人基礎能力」のうち、あなたがどの面に秀でていて、どの面に弱点があるのかを教えてくれます。 これは、私がテストした時の診断結果です。 この通り、かなり詳しく教えてくれます。 偏差値形式で表示してくれるので、「自分の強みは何なのか?」「向いている仕事は何なのか?」「どんな弱点があるのか?」「向いていない仕事は何か?」が一発でわかります。 OfferBoxは、プロフィールを登録しておくだけで、あなたのプロフィールに関心を持った人事から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。 AnalyzeU+で診断するついでに、プロフィールを詳しく入力しておくと、有名企業からの選考のオファーまで届くようになります。

次の

【内定者が教える】面接の逆質問おすすめ10選

就活 面談 質問

初めてOB・OG訪問に行くけど、何を聞けばいいのかわからない…。 どんな質問をすればいいのか、知りたい人も多いはず。 OB・OG訪問で何を得たいかという目的に合わせて、実際の質問例も交えながら、質問のポイントを紹介します。 (1)OB・OG訪問で何を得たいかを考えよう OB・OG訪問で聞く質問を考える前に、OB・OG訪問を通じて何を得たいのかをまずは考えてみましょう。 OB・OG訪問で得られるものは、大きく以下の4つに分けられます。 1)就活の進め方の参考になる情報 2)仕事内容の詳しい情報 3)会社のリアルな実態 4)プライベートや働き方など、生活全般にかかわる情報 自分の今の就活の状況によって、「今回のOB・OG訪問で何を得たいのか」をあらためて考えてみるのがオススメです。 1)就活の進め方の参考になる情報 就活の初期であれば、1)の就活全体の参考になる情報を得ることが第一になるかもしれません。 先輩たちがどのような就活を行っていたのか。 今の会社にたどり着いたプロセスを聞くことで、業界選びや会社選びの参考になるでしょう。 2)仕事内容の詳しい情報 業界や職種などで、ある程度興味が絞れている人は、2)の仕事内容をより詳しく知ることが参考になるでしょう。 同じ職種でも他業界や競合他社とは違いがありますが、詳しく知ることで初めてどのような点が違うのか、理解できる点も増えていきます。 先輩が所属する会社だけでなく、業界全体の理解にも役立ちます。 3)会社のリアルな実態 OB・OG訪問先の企業を志望し、より深く理解したい人は、3)の会社の実態をより深く知り、自分と合う企業かどうか判断できる情報を多面的に得る場とするのがオススメです。 4)プライベートや働き方など、生活全般にかかわる情報 さらに4)のプライベートな情報や働き方も確認すれば、仕事だけでなく、生活面からも自分に合った会社かどうかを判断できることになります。 一方、働き方の面から、業界や企業を考えていくのもひとつの進め方。 まだ、志望業界が決まっていない人も、先輩たちがどんな働き方をしているのかを参考に、業界や職種を考えていく、というやり方もあるでしょう。 自分の就活の状況に合わせて、 OB・OG訪問で何を得たいのかという目的を定めて、OB・OG訪問を行うようにしましょう。 (2)得たい情報別の質問例 4つに分類した情報について、それぞれ、どんな質問の仕方があるのかを紹介していきます。 就活の進め方の参考になる情報 就活に関する情報を得る質問の例として、以下のようなものが挙げられます。 【質問例】• 入社の動機やきっかけを教えてください。 ほかにどんな業界や企業と、どんな点で悩みましたか?• 就活の時にやっておいた方がいいことは何かありますか?• エントリーシート作成や面接の際のアドバイスはありますか? まずは、その先輩が今の会社になぜ入社したのか、その 動機やきっかけを聞いてみましょう。 どのような探し方をして、その会社を見つけ、どのような観点で他社と比べて最終的に決めたのか。 そのプロセスを聞くことで、企業の探し方や絞り方の参考になりますし、その企業を理解することにもつながります。 また、社会人になったからこそ、就活を冷静に振り返り、やっておいた方がいいことや、学生が陥りそうなことなどを指摘してもらえるはず。 率直に自分の就活に対するヒントやアドバイスを聞いてみてもよいでしょう。 仕事内容の詳しい情報 仕事内容を詳しく理解する質問の例として、以下のようなものが挙げられます。 【質問例】• 一日の仕事の流れを教えてください。 入社してから現在まで、どんなふうに仕事が変わりましたか?• 仕事のやりがいを教えてください。 仕事がつらいと感じるのは、どんなときですか?• 仕事の失敗談を教えてください。 残業はどんなときに、どのくらいありますか? まずは、仕事の中身がイメージできるように、 一日や一週間の流れを聞いていくとよいでしょう。 話の中で出てくる仕事について、さらに具体的な中身を聞く質問をしていきましょう。 例えば打ち合わせや会議であれば、誰とどのような内容のものかを確認する、という形です。 入社後数年たっているような方であれば、今の仕事内容のほかに、新入社員のころから、今の年次になるまで、どのような仕事の変化があったのかを聞くのもオススメ。 入社後のキャリアのイメージもしやすくなるでしょう。 仕事の概要がつかめたら、やりがいを感じるという プラスの瞬間、つらさや大変さを感じる マイナスの瞬間、どちらも聞くのがオススメです。 どんな仕事でも楽なことばかりではありません。 成果を出すためには、努力や苦労も必要です。 どんな大変さがあるのかを理解し、だからこそ得られるやりがいや達成感を聞いていきましょう。 失敗談は、仕事の内容も大変さもわかる、いいテーマです。 また、残業については、単純に多いか少ないかなど、先輩の主観の感想を聞くのではなく、どんなときに発生するのか、何時間くらいやることが多いのかなど、具体的に聞くようにしましょう。 同様に、忙しい・忙しくない、大変・大変じゃない、なども先輩の主観の感想になりがちですから、どんなところでそう感じるのか、などを掘り下げて、自分自身がどう感じるのか、事実の情報収集を意識するとよいでしょう。 会社のリアルな実態 企業をより深く知る質問の例として、以下のようなものが挙げられます。 【質問例】• この会社に入ってよかった、と思ったのはどんな瞬間ですか?• 会社の強みと弱みを教えてください。 うちの会社ならではだな、と感じる特徴的なことは何かありますか?• 会社で活躍している人には、どんな共通点がありますか?• 社内イベントは、どんなものがありますか?• 上司や先輩とは、どんなお付き合いがありますか? 会社・組織を、実際に働く社員がどのように受け止めているかを聞く質問になります。 入社してよかったことや、 会社の強みや特徴などを、まずは聞いてみるのがオススメです。 その企業の魅力を聞くことができ、興味・関心が高まる話題になりやすいからです。 一方で、弱みや課題と感じていることなどを併せて聞いてみるのもよいでしょう。 ほかには、どのような人材が会社に合うのかということをつかむために、活躍している人の共通点や、どんな評価制度があるかなどの質問もいいでしょう。 人間関係や社風を知るためには、社内イベントやお付き合いの様子、休日に会社の人に会うことがあるかなどを聞くと、自分がなじめそうな雰囲気かどうかがイメージしやすいでしょう。 プライベートや働き方など、生活全般にかかわる情報 プライベートを知る質問の例として、以下のようなものが挙げられます。 【質問例】• 仕事が終わった後は、どのように過ごすことが多いですか?• 普段の休日の過ごし方を教えてください。 長期休暇は、どのように過ごしていますか?• 仕事とプライベートを両立させるために、意識していることはありますか? プライベートの質問では、過ごし方を できるだけ具体的に聞くのがオススメ。 例えば、直近の土日はどのように過ごしたのかを聞いてみるのもよいでしょう。 社会人にとっては、休息も大事な過ごし方のひとつ。 休息をどのように取っているか、などを聞いてみるのもよいでしょう。 仕事とプライベートを両立するために意識していることなどは、仕事の忙しさやプライベートの充実ぶりが想像できる質問になりますし、これから就活を行う中でどのように学業やサークルなどの活動と両立させるのがいいか、アドバイスをもらってもよいでしょう。 自分が社会人になったときの生活全体をイメージするためにも、上記のようにプライベートや働き方に関して聞くことは大切です。 ただ、質問によっては失礼な印象を与えてしまうかもしれないので、相手に不快な思いをさせない範囲での質問内容にとどめましょう。 (3)OB・OG訪問をする前に心がけたいこと 事前準備として、質問事項を考えておくことは大切なことですが、注意しておきたいことが2つあります。 1つ目は 企業のホームページやリクナビなどで調べればすぐにわかるようなことを聞かないこと。 限られた時間内でのOB・OG訪問を有意義なものにするためにも、先輩に聞かないとわからないことや、先輩の意見や感想などを中心に聞くようにしましょう。 2つ目は質問の 優先順位を決めておくことです。 OB・OG訪問の時間内にすべての質問が聞けるとは限りません。 途中の話が盛り上がって、ほかに聞きたいことが出てきたり、時間切れとなったりすることも出てくるでしょう。 今回のOB・OG訪問では、何を自分は把握できるとよいのか。 訪問の目的に立ち返り、会社・仕事・プライベート、どんな側面のどんな情報を得られるとよいのかを考えて、質問に優先順位をつけておくとよいでしょう。

次の