ウイスキー作り方。 [永久保存版]ウイスキーの原料?作り方?歴史?基本の総まとめ

見える!分かる!『ウイスキーの作り方』明快6ステップ

ウイスキー作り方

お酒は好きなものを お酒なら他のものに変えても、味が変わって楽しいです。 後述しますが、 アルコールが20%以上の売っているお酒を使いましょう! そして、 ホワイトリカーは、ちょっと待ってほしい! せめて、少しお金を足して、ウイスキーするべき! 理由は、美味しさが全然変わってくるからです。 例えばウイスキーにするだけで、飲んだ瞬間、「ぉー!美味い!!!!」と、手作りの達成感と、美味しい感動が味わえるから!絶賛オススメ! 更に、ブランデーに変えると、もっと美味しくなる。 「こりゃ、うめぇぇぇぇぇ!!!!手作り梅酒すげぇぇぇ」となって、来年からも作り続ける僕のようになります。 他にも、泡盛や、お好みのお酒を使うのも良いでしょう! 2年後の完成~氷砂糖と黒糖の比較~ 2019年5月13日。 作成から約2年が経過しましたため、結果報告です。 実際は10か月くらいからちょくちょく飲んでました。 待てば待つほど美味しい気がしますが、1年待てばOKではないでしょうか! 2017年は40リットルくらい梅酒漬けた。 左 氷砂糖 右 黒糖 見た目は予想以上に差が出た! こりゃ、試飲が楽しみです…! — 悠々 野菜自動化、注力中 nadehisashi ということで、梅酒の比較をしたいと思います。 いわゆる、普通の梅ですね。 うまそう。 なんか、見てて不安になりそうな色しておりますね…。 透明度低い…。 不安だった黒糖も、一気に飲食物へ戻ってきた感があります。 いざ、試飲。 疑問:梅酒って密造酒じゃねーの!? wikipediaを見たところ、そうでないみたい。 消費者が自ら消費するために、政令に定められた条件で酒類と他の物品を混ぜる場合には適用されない(酒税法第四十三条11項)という例外規定があり、梅酒の場合、すでに酒税が納められたアルコール分20度以上の酒類に、、梅その他の財務省令で定められたもの(酒税法施行規則第十三条3項)を混ぜ、新たにアルコール分1度以上の発酵がない(第五十条14項)場合には製造とみなされず、免許が必要とはならない。 逆に、免許を持たない者が、、などのアルコール度数が20度未満の酒で梅酒を作ればとなり、家庭の範囲を越えて提供、消費しても違法となる。 より引用 えっと思ったのだけど、 低アルコールのお酒で漬けることは違法 になるみたいですね。 ということで、20%以上のお酒で漬けましょう! まとめ• 梅酒は簡単に作れる• ヘタ取ったりする作業が内職みたいで面白い• お酒にこだわると、もっと美味しくなる(脱ホワイトリカー)• 出来上がるのが待ち遠しい• 未来が来るのが楽しくなります• ポジティブになれてオススメ ということで、 梅酒づくりは未来が楽しみになる、素敵なイベントです。 甘さ控えめが良い…とか、ブランデーベースが好き…とか、こだわりが作る度に出てくる。 みんな、やろう!.

次の

ミニ樽で熟成させる自作ウィスキーの作り方は?評判の天使のミニ樽も

ウイスキー作り方

- 2017年 4月月23日午後10時09分PDT ストレートはその名の通り、何も手を加えずそのままグラスに30mlのウイスキーを注いで飲む方法です。 30mlという量に関してですが、一般的な日本のバーでストレートを注文すると出てくる量なので、この量じゃないとダメ!という決まりがあるわけではありません。 なので、家でストレートを作る際は、お好みの量で楽しんでくださいね。 ちなみにストレートの良さは、ウイスキー本来の味と香りがよくわかる点にあるので、ウイスキーを買ってきたらまずはストレートで飲んでみることをオススメします。 また、ストレートを味わう時に欠かせないのが「チェイサー」です。 チェイサーとは、よく冷えたミネラルウォーターのことで、ウイスキーを飲んだ後の口直しとして使用します。 その都度口の中をリセットできるので、毎回新鮮な香りや味を楽しむことができますよ〜。 「ストレートで飲むんならチェイサーは必須だろ!」と言っても良いくらい、ストレートにとっては相棒のような、大切な存在なのです。 ダブル - 2018年11月月8日午前4時31分PST ウイスキーを注文する際、「シングル」や「ダブル」という言葉を使うことがありますよね。 シングルとダブルの違いはウイスキーの量が違いです。 シングルは通常30ml、ダブルは倍の60mlが一般的です。 ちなみに、ウイスキーの単位は通常オンスを使って表記され、30mlは1オンスに値します。 ロックグラスに1オンス分のウイスキーを注ぐと大体、手の指1本ぶんくらいの太さの量になるんですが、これをシングル(ワンフィンガー)と呼び、指2本分では倍の60mlになるので、ダブル(トゥーフィンガー)と呼ばれるようになりました。 なお、日本やアメリカではシングルは「ウイスキー=30ml」が普通ですが、国によってはウイスキーの量が違います。 例えば、イギリスではシングルは45mlですし、シングルモルトの本場スコットランドではな、なんと、シングル=60mlの場合も! トワイスアップ - 2018年11月月28日午後2時59分PST ウイスキー通に定評のある飲み方が「トワイスアップ」です。 ウイスキー初心者にはあまり馴染みの無い飲み方ですが、実はトワイスアップの作り方は簡単で、ウイスキーと同じ量の常温の水で割るだけです。 「えっ、常温の水で割るの?冷たい水のほうが美味しいんじゃないの?」 って思われるかもしれませんね。 たしかに、ウイスキーはロックや水割りにすることで飲みやすくはなるんですが、実は冷やすことによってウイスキー本来の香りがおさえられてしまうんです。 トワイスアップにすると、アルコール度数が低くなり飲みやすくなるうえに、常温の水で割っているのでウイスキーが冷やされず香りがおさえられることが無いんです。 飲み口をやわらかくし(度数を下げる)、さらに香りを楽しみたいならトワイスアップは良い選択と言えますね! ちなみに、ウイスキーの種類によってはトワイスアップにすることでさらに香りが開くものもあるのでぜひチェックしてみてくださいね。 トワイスアップの作り方• グラスにウイスキーを注ぐ• マドラーで軽く混ぜる ウイスキーロック - 2018年12月月26日午前4時54分PST 水割りは、ウイスキーを氷と水で割る飲み方です。 食事によく合うウイスキーの飲み方で、クセのあるウイスキーでもやわらかく飲みやすくしてくれます。 水は天然水、特にミネラルウォーターがオススメです! ウイスキーは水によって味の良し悪しも大きく影響されるので、なるべく水道水は避けましょうね。 ウイスキーと水の割合は基本1:2ですが、ウイスキーの度数、クセの強さ、好みによって変わってくるので最初はウイスキー1:天然水2で作って飲んでみて、濃いなと思ったら後から加水すると良いでしょう。 水割りの作り方• グラスに氷を入れる(適量)• ウイスキーを注ぐ• ウイスキーの倍程度の量の天然水を注ぐ• 5が適量 ハイボール - 2019年 1月月1日午前4時17分PST ハイボールは、水割りと同様に食事によく合うウイスキーの飲み方です。 テレビCMの影響も大きく、ウイスキーの飲み方でも一番有名で親しみやすい飲み方になりました。 実際、ウイスキーを普段飲まない人やウイスキー初心者の人でもハイボールなら知っているという人が多いですね。 飲食店での取り扱いも多いので、ウイスキーの中でも一番メジャーな飲み方と言えます。 ハイボールとは単純に、ウイスキーを炭酸水で割った飲み方で、日本では焼酎やウオッカなどを炭酸水で割ったものを焼酎ハイボール(チューハイ)と呼んでいます。 ハイボールの特徴はなんと言っても炭酸の爽快感!炭酸の泡により香りが引き立ち、さらに飲み口も爽快です。 ウイスキー初心者でも最も飲みやすいオススメの飲み方と言えます。 ハイボールの作り方• グラスに氷をたっぷり入れる• ウイスキーを適量注ぎ、マドラーでよくかきまぜる• 氷が減るので、さらに氷を足す• 作り方は、ロックグラスにクラッシュアイス(細かく砕かれた氷)をグラスいっぱいに入れ、よく冷えてからウイスキー(30ml)を注ぎ、レモンピール(レモンの皮)を絞り入れます。 ポイントはクラッシュアイスで、氷を細かく砕くことでウイスキーをよく冷やし、味をなじませることができます。 さわやかなレモンの酸味と、クラッシュアイスによってウイスキーの味の薄まりが早いので、穏やかで飲みやすいウイスキーよりも、風味の強い、しっかりとした味わいのウイスキーのほうが合いますよ。 ミストの作り方• グラスにクラッシュアイスをたっぷり入れる• ウイスキーを適量入れる• ・スコッチ・ウイスキー30ml、ホワイト・キュラソー15ml、レモン・ジュース15mlを氷とともにシェイカーに注ぐ• よくシェイクして、カクテルグラスに注ぐ ウイスキーの飲み方まとめ いかがでしたでしょうか? 定番系から中・上級者向けのこだわりの飲み方まで、いろいろとご紹介してきましたが、最後にもう一度まとめてみたいと思います。 <定番系> ・ストレート ウイスキー本来の味を楽しむならこれが一番! ・ダブル ウイスキー1ショット(1オンス)の2倍の量で注文する際の呼び方 ・トワイスアップ ウイスキーと同量の常温の水で割る飲み方。 加水よって香りがより開きやすくなります。 ・ロック 溶けにくいロック氷で冷やしながら飲む定番のスタイル。 冷やすことで味がまろやかになり、飲みやすくなります。 ・水割り ウイスキーを氷と水で割る飲み方。 アルコールが苦手な方や、食事中にも最適です。 ・ハイボール ソーダで割る人気の飲み方。 ウイスキーが苦手な人でも飲める、定番カクテルの一つでもあります。 <こだわり系> ・ミスト クラッシュアイスでいっぱいにしたグラスにウイスキーを注ぐ飲み方。 ロックよりも味の薄まりが早いので、味の変化を楽しむ飲み方です。 ・ホットウイスキー ウイスキーのお湯割り。 甘みを加えても美味しいです。 ・カクテル ウイスキーを使ったカクテルはたくさんありますが、お家で簡単に作れるものから、Barで嗜むこだわりのものまでいろいろです。 ぜひいろいろ試してみてください。 いかがでしたでしょうか? ウイスキーの楽しみ方は無限ですね! ぜひ参考にして、お気に入りの楽しみ方を発見してみてくださいね。

次の

ウイスキーのお湯割りの正しい作り方。おすすめのおつまみも紹介

ウイスキー作り方

ミニ樽熟成を行うメリットは「さまざまな味わいを1種類のウイスキーで楽しむことが出来る」ことです。 1種類のウイスキーを樽で熟成させると、作り方や熟成の度合いで、日々ウイスキーの味わいや色合いが変化して行きます。 自分自身で確認することができるため、1種類のウイスキーのさまざまな味を楽しむことが出来ます。 熟成されたウイスキーは、元の状態に比べ芳醇な香りと深い味わいに変化します。 変化の過程を日々感じながら、おいしいウイスキーを飲めるというのもミニ樽熟成を行うメリットではないでしょうか。 ウイスキー愛好家の方の中には「自身でウイスキーを育てられることにデメリットが存在しない」という方も多く見られます。 普段からウイスキーを好んで飲んでいる人の中には、並々ならぬこだわりを持つ方もいるのではないでしょうか。 自分が愛飲しているウイスキーを、ミニ樽で熟成させることで、通常のウイスキーよりもまろやかで香り高いウイスキーを自作できます。 ウイスキーなどの蒸留酒は、樽で寝かせることで美しい琥珀色へ変化し、その変化と比例して深い味わいと芳醇な香りになっていきます。 そのため、市販されているウイスキーを飲みなれて、少し物足りなさを感じるウイスキー愛好家の人たちは、作り方までこだわり、自宅でウイスキーの自作を楽しんでいるそうです。 ミニ樽熟成に使うことの出来る樽には、いくつか種類があり、使う樽によって熟成されたウイスキーの風味や味わいに違いがでます。 そのため、同じウイスキーを使って熟成させても、樽の違いで違った一面を楽しむことが出来ます。 また、同じ販売元のミニ樽を使って、同じウイスキーを熟成させても、樽ごとに微妙に焦がしが異なるため、まったく同じ味を作ることはできません。 少し残念な気もしますが、それもミニ樽熟成の楽しみの1つと言えるでしょう。 ミニ樽を置く場所の温度・作り方などの微妙な変化でも風味や香りに変化がでると言われています。 ニッカウイスキー創業者の半生を描いたNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」が、ウイスキー人気の火付け役となり、今までは大人のおじ様の飲みもののイメージの強かったウイスキーを幅広い世代へ広めたそうです。 その中でも特に、若年・女性のウイスキー人気は凄まじく「モルト女子」と言う言葉も誕生しました。 モルト女子と呼ばれるウイスキー愛好家の女性たちは、いち早くミニ樽熟成の魅力に気付き「大人の遊び・楽しみ」広まりました。 自宅での熟成以外にも、中には自身のミニ樽を、行き着けの店に置いている人もいるそうです。 天使のミニ樽は、オーク製のミニ樽でウイスキーや焼酎の熟成に適した樽になります。 オーク製の樽とは「樫の木」で作られた樽のことです。 樫の木は、酒類との相性が非常に高いため、熟成樽を作るのによく使われています。 口コミで大評判の天使のミニ樽は「ミニ樽ショップアイリー」様で販売されています。 サイズも自宅にちょうど良い1リットルから、最大5リットルの樽まで幅広く取り扱っています。 ミニ樽熟成初心者の方でも簡単に気軽に始められる手ごろな金額のものから、ミニ樽熟成にこだわりのある人が納得できる樽まで用意されています。 先ほどのミニ樽同様にオーク製で、熟成用なのですが、樽の形ではなく、ボトル型なのが特徴です。 ウイスキーなど熟成させたい酒類を入れて、数時間~2、3日程度待つと、自宅で簡単に熟成されたウイスキーを楽しむことが出来ます。 ミニ樽よりも少し早く熟成され、風味の変化したウイスキーを楽しむことができます。 熟成過程を待ちきれない人には、ミニ樽よりもこちらのオークボトルがおすすめです。 オークボトルも、本格的な樽に近く作られていて、その中はとてもいい焦がしがされています。 そのため、本当の樽やミニ樽同様の熟成を楽しむこと出来ます。 味や度数の調整をせずに、そのままの状態で瓶詰めされたカスクストレングスシングルウイスキーは、一度も樽詰めされていないため、度数も高くウイスキー本来であるといえるでしょう。 本来の姿を自身で熟成させるのも楽しみです。 ミニ樽熟成させるウイスキーは、カスクストレングスシングルウイスキーのように、無調整の度数の強いウイスキーや、バーボンなどの短熟のウイスキーだと、より大きな変化を楽しめます。 普段から飲んでいるウイスキーを熟成させるのも良いですが、熟成過程を楽しみたい方には、そのままの姿のウイスキーを買いましょう。 普段からウイスキーを飲んでいる方の中には「このウイスキーの風味に、あのウイスキーの力強さが加わればもっと好みになる」と考える方もいるのではないでしょうか。 ミニ樽熟成で、その願いをかなえることが出来るかもしれません。 自身で熟成させることが出来るミニ樽熟成。 複数のウイスキーを自分の調合で樽に入れ、熟成させることで、オリジナルのウイスキーを造ることも可能です。 並々ならぬこだわりの持ち主なら、ぜひ試してみたいですね。 また、買って飲んでみたら好みでなかったウイスキーなどを好みの味に近づけて熟成させても面白そうですね。 このほかにも、さまざまなウイスキーが流通しています。 それぞれが独特の色合いや風味を持っているため、ウイスキーを飲み比べてみて、自分にぴったりなものを見つけられると良いですね。 ウイスキーの中でもスコッチ・ウイスキーという特別なウイスキーに興味をもたれた方には、下記の記事がおすすめです。 ご覧ください! ミニ樽が届いたら1番最初に「スウェッティングを忘れず行う」ことが大切です。 ミニ樽もオークボトルも同様に、樽が乾燥した状態で手元に届きます。 そのまますぐに使おうとウイスキーを入れてしまうと、木の継ぎ目や隙間からウイスキーが漏れ出てしまいます。 それを防ぐために行うのがスウェッティングと呼ばれる作業です。 自宅に樽が届いたら、まず樽に水を入れて乾燥している木を膨張させて継ぎ目や隙間から水が漏れないようにしましょう。 木が十分に水分を含むと、水は漏れなくなります。 そのために、樽に水を入れ約1日置いておきましょう。 約1日置いておくと、しっかりと木が膨張して隙間がなくなります。 1日置いたら、中の水を捨てましょう。 このとき、中の水に焦げの色がつき、茶色っぽくなったり、黒っぽくなったりすることがあります。 もし気になるようなら、綺麗な水になるまで何度か水の入れ替えを行いましょう。 殺菌せずに、そのまま熟成させると、菌がついていた場合に、菌まで増やしてしまうことになるので気をつけましょう。 菌が樽の中で増えてしまうと、せっかく熟成させたウイスキーも無駄になってしまいます。 ミニ樽熟成をちゃんと楽しみたいと思うのであれば、忘れずに殺菌を行いましょう。 また、購入した樽の種類によっては、殺菌済みか滅菌済みのものもあるそうなので、自宅の樽がどのタイプか確認しましょう。 ミニ樽熟成の作り方をポイントごとにまとめました。 初めてミニ樽熟成を行う方はぜひ参考にしてみてください。 大切なのは、熟成を楽しむということです。 ミニ樽熟成の自作ウイスキー作り方とポイント• 下準備:樽のスウェッティングを行う(24時間)• 下準備:樽から余分な水気を切る(5~10分程度)• 熟成させたいウイスキーを用意する(1種類または複数)• ウイスキーを樽に注ぐ(複数の場合は味のイメージをしながら調合)• ウイスキーを熟成させる(樽:1日~ ボトル:数時間~ 変化が始まる)• 熟成させたウイスキーを楽しむ(熟成日数によって風味が異なります) ミニ樽熟成させたウイスキーは、日々風味や色合いが徐々に変化していきます。 その変化を楽しむことが、自作ウイスキーの醍醐味でしょう。 熟成させていくと、天使の分け前と呼ばれるウイスキーの蒸発が起こることがあります。 そのため、飲まずに熟成させたままでもウイスキーは少しづつ減っていくことがあるそうです。 ミニ樽熟成の自作ウイスキーを作る注意点 ミニ樽熟成の自作ウイスキーを作る注意点があります。 せっかく熟成させるのですから、おいしいウイスキーになってもらいたいですよね。 作り方や注意点を守って熟成させることで、味わい深い自作のウイスキーを楽しめることでしょう。 ミニ樽熟成の自作ウイスキーを作る注意点• 樽を乾燥させすぎないこと。 ひび割れの原因になります。 (樽内のウイスキーの量にも注意が必要)• 熟成させたままの長期間の放置は厳禁。 (特に夏場は蒸発してウイスキーが無くなることも)• アルコール度数の低いお酒は入れないこと。 (腐敗の原因になります) 他にも使用する樽ごとに、異なる注意点があるとのことです。 自身が購入、使用する樽の説明書きをしっかりと読み、樽を正しく使いましょう。 樽を正しく使うことが、おいしい自作ウイスキーへの第一歩となることでしょう。 ミニ樽熟成させて一味違うウイスキーを楽しみましょう!.

次の