もっと ちゃんと 君 を みて れ ば 歌詞。 コレサワ たばこ 歌詞

作品歌詞:ずっと・きっと・もっと・ちゃんと・〜音で伝える〜 / 作詞 klabel / うたまっぷ自作歌詞投稿

もっと ちゃんと 君 を みて れ ば 歌詞

コレサワって? 恋をすると感じる、胸の高まり。 振り向いてもらうための駆け引き中に訪れる、モヤモヤ。 別れた後の喪失感、それと同時に感じる友達の温かさ。 恋愛経験のある女性なら誰もが感じるであろう感情をリアルに歌い上げる「 コレサワ」。 「?グループなの?ニックネームなの?」と疑問に思う人も多いと思いますが、実はソロで活動する女性シンガーソングライターです。 名前は本名に由来するそうですが、実名は明かされていません。 なんとなく親しみやすくて好印象ですよね。 しかし!明かされていないのは本名だけではないのです。 実は彼女、素顔も明かしておりません……!なんと彼女のビジュアルは、可愛らしいクマ。 ウチボリシンペ氏が描く「れ子」というキャラクターで活動しています。 笑 本名やビジュアルは謎に包まれていますが、楽曲自体は非常に聴きやすくてリアル。 デビュー前から大注目の存在でした。 インディーズ時代からデカいフェスに参戦!? 「SUMMER SONIC」と言えば、音楽好きでなくとも知ってる大きな音楽イベント。 毎年錚々たるアーティストが出演し、ワイドショーなどでも話題になりますよね。 実はコレサワ、デビュー前にこのサマソニに出演しているんです!出演したのは、SUMMER SONIC2012。 「出れんの!? サマソニ!? 」という一般向けのオーディションを見事に勝ち抜き、出演権を獲得しました。 これをきっかけに認知度が高まり、一気に注目の存在へとのし上がったのです。 細か過ぎる描写に、失恋直後でなくとも胸が痛みます。 一人称が「僕」なので、出て行った彼女を思った曲なのでしょうか。 それにしては「僕」の女々しい印象が強いですよね。 ---------------- 『もっとちゃんと僕をみててよ、もっとちゃんと』って その言葉が君には重かったの? 「もっと僕のこと見てよ!」なんていう男性、あまり想像できませんから。 笑 「僕」と名乗ることで、少しの強さを演出しているような感じ。 そこにまた深い闇を感じます。 全体を通して歌われているのは、「相手にはたくさん求めるのに自分は何も与えていなかった」と言う後悔。 このGive and Takeの不釣り合いは、恋愛にはつきものですよね。 ふと冷静になれば気付けるのですけど。 「恋は盲目」なんてよく言ったものです。 ワガママですね〜。 笑 でも女性ならみんな頷けるはず。 そう、ロマンチックなだけじゃダメなんですよね。 「永遠」とか「この手は離さない」とか、そんな臭いセリフはドラマだけでOK。 もっと「私」に特化した言葉が欲しいものです。 って言った結果別れた曲が、上記でご紹介した「たばこ」なんですけどね。 ・夢ばっか見せないで欲しい ・映画の予告で泣くくらい感受性豊か ・優しさだけじゃダメ、ちゃんと叱って欲しい 割と現実思考なところが憎めないところ。 元気が出るような応援ソングですよね。 親しい友人がバンッ!と背中を押してくれるような。 友人の顔を思い浮かべながら聞くと、ホロリと泣いてしまいそうです。 それにしても、ラブソング以外でも絶妙な描写を繰り広げるコレサワはやはりすごい。 曲中で歌われている思い出って、誰にでもありますよね。 「太ってた写真」とか「真夜中のドンキ」とか。 笑 また、日本語の使い方もとても魅力的。 特に下記の部分に注目です。 文字で見ると意味は違うけど。 でも全体を通して1つの意味を持つ文章になっています。 このように細かいところまで注目して読み込んでいくと、どの楽曲もかなり面白いです。 ぜひ他の歌詞も読んでみてくださいね! 終わりに 以上、コレサワについてご紹介いたしました。 彼女ならではのリアルな体験談、等身大の女性の姿を歌う楽曲が染みますね。 恋愛経験者ならグサッと刺さるはず。 もちろん、恋愛とは縁遠かった人もご安心ください。 本文中でご紹介した「死ぬこと以外かすり傷」や、バリキャリ女子におすすめな「シティガール」といった恋愛以外の曲も豊富にあります。 どんな方も共感できる曲がありますから、ぜひ色々聞いてみてくださいね! TEXT:ゆとりーな.

次の

和訳 Rainbow / Kacey Musgraves 辛いときも頭上には虹が架かってるの

もっと ちゃんと 君 を みて れ ば 歌詞

歌詞に過去形の言葉が多いことから、「言って。 」の世界は、 昔の出来事を表現していることがわかります。 また「あまり考えたくなくて」という歌詞より、主人公の女の子は「君」がいなくて悲しんでいることがわかりますね。 そして「いった」がひらがなで表記されている点は、「言った」「行った」「逝った」の3パターンが考えられます。 」から引用 ここで初めて、 「 君」が亡くなっていることが判明します。 主人公は、「君」が亡くなっているという現実を受け入れたくないあまりに、「どこかへ出かけているだけだ、必ず帰ってくる」と考えていたのでしょう。 そして「言って。 」のMVでは、 タコ(蛸)と主人公がビルの屋上に横たわる描写があります。 ここでのタコは、 主人公を悩ませる原因である、いなくなった「君」だと推測できます。 」から引用 「言ってよ。 」「してよ。 」などの口調から、 主人公の「君」に対する思いや不満が溢れ出していることがわかりますね。 n-bunaさんは「言って。 」を通して、 「言葉にしないと、気持ちは伝わらない」ことを伝えたいのでしょう。 」から引用• 」とか神曲が多い• 」が好きすぎてずっと聴いてる• 」が好きすぎてずっと聴いてる 好きすぎてずっと聴いてる ヨルシカの言って。 」のMVが本当に好き ヨルシカまじで最高。 言って。

次の

《歌詞付き》コレサワ

もっと ちゃんと 君 を みて れ ば 歌詞

すきな人の すきなものは わたしの嫌いなものでした から始めるMV。 当楽曲について、コレサワさんは 『たばこ』は、失恋して以降、家に閉じ籠もってしまったちょっと気持ちがくよくよしている女の子が主人公です。 とコメントしています。 MVの内容は、まさにその通りで 最終的に主人公は たばこを吸った後、むせて 何かを思い出したように泣いてしまいます。 感傷に浸る主人公からは 欠落感、喪失感、孤独感が伝わります。 本題の歌詞はどうなっているのでしょうか。 細かく解釈していきます。 歌詞 昨日の夜から 君がいなくなって24時間がたった 僕はまだ一歩も外には出ていない マイペースでよく寝坊する 君のことを想って 5分早めた家の時計 もう意味ないな たばこの嫌いな僕を気遣って ベランダで吸ってたっけな カーテンが揺れて目があつくなった もうそこに君はいない 「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って その言葉が君には重かったの? 「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って 言わなければ 君はここにいたかな 僕のことはたぶん君がよく知ってる 眠たいときに体温があがる キスはみじかめが好きってことも そのとき想った 僕は君のこと どれくらい分かってたんだろ 一番最初に浮かんできたのは 君の好きなたばこの名前 「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って いまさら気づいてもおそいよな 「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って 今気づいたってなんの意味があんだ 君が置いていったたばこ 僕の大嫌いなものなのに どうして火をつけてしまった 君の匂いがしたのさ 君の匂い ひとくち吸ってしまった でも やっぱりむせた 「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って 言わなければ 君はまだここにいたかな 『もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと』って 少し苦い君の匂いに泣けた スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 昨日の夜から 君がいなくなって24時間がたった 僕はまだ一歩も外には出ていない 前提として、上でも述べましたが 失恋して以降、家に閉じ籠もってしまった、ちょっと気持ちがくよくよしている女の子が主人公です。 失恋したのは 昨夜のようですね。 彼が出ていってから 24時間ずっと感傷に浸っています。 マイペースでよく寝坊する 君のことを想って 5分早めた家の時計 もう意味ないな 部屋にある時計を見ながら 彼の為に5分早めたことを思い出しています。 もう意味ないな と、彼への思いやりも 別れてしまった今は嘆きに変わります。 また、この部分から ふたりは同棲していたことが分かります。 主人公にとって 彼はいて当たり前の存在でした。 たばこの嫌いな僕を気遣って ベランダで吸ってたっけな カーテンが揺れて目があつくなった もうそこに君はいない 主人公の嫌いなものは 彼の好きなたばこ。 気を遣って、外で吸ってくれるものの 風と共にたばこの煙は家の中に入ってきて 主人公の目にしみます。 そんな、ちょっぴり 苦い思い出は 今では二度と戻ることのない過去です。 サビ1 「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って その言葉が君には重かったの? 「もっとちゃんと僕をみててよ もっとちゃんと」って 言わなければ 君はここにいたかな 「もっとちゃんと僕をみててよもっとちゃんと」 という言葉は 別れの直前に主人公が発した言葉なのか、 普段から言っていた言葉なのか、 真相は分かりませんが、 少なくとも別れの原因ではあるようです。 この言葉から 少しずつ主人公への興味が 引いていっていた 彼の心情と、 それを不安に感じ重くなってしまった 主人公の心情が読み取れます。 一緒に暮らしているうちに 少しずつふたりの距離は 離れていっていたのです。 2番 僕のことはたぶん君がよく知ってる 眠たいときに体温があがる キスはみじかめが好きってことも 長い時間を一緒に過ごしたから、 彼は誰よりも自分のことを 分かってくれる存在になっていました。 そのとき想った 僕は君のこと どれくらい分かってたんだろ 一番最初に浮かんできたのは 君の好きなたばこの名前 そんな彼と比べて 自分はどうなんだろう? と自問自答をしています。 その結果、浮かんできたのは 皮肉にも、自分が嫌いで 彼が好きだった、たばこの名前でした。 サビ2 「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って いまさら気づいてもおそいよな 「もっとちゃんと君をみてれば もっとちゃんと」って 今気づいたってなんの意味があんだ なんでも自分のことを 分かってくれている彼。 それと比べて、 自分が知っているのは 彼の好きなたばこの名前くらい。 そう感じたからこそ 「もっとちゃんと君をみてれば」 と、今更ながらに 後悔をしています。 いやぁ本当に泣けてしまいます。 いやもう泣きました。 その歌詞とコレサワさんの声がバッチリ、リンクしていたので主人公の気持ちがますます込み上げられてきてもう涙が止まりません。 恋人失格とたばこを同時に聞いてみたんですけど、恋人失格はその主人公の女の子の元彼と思われる男の子の気持ちがあって本当に泣ける 女の子は、自分勝手に動いていることに後悔している が 男の子は、意地っ張りな彼女が嫌いという気持ち 最後の歌詞にもありますが、「確かに出ていった。 君は泣きそうな顔していた。 だけれどやっぱ泣かないんだね。 そういうとこが嫌いだった。 そうさせてた僕が嫌いだった」と自分を攻めている 男の子も女の子も自分を攻めているというところに泣けます。 なんか解説っぽくなってすみません。 もう瞼がはれそうです.

次の