タイピングレベル。 タイピング練習 (日本語編)|Benesseの大学・短期大学・専門学校の受験、進学情報

e

タイピングレベル

どのような内容のコールセンターであれ、働く以上は必ずパソコン入力を行います。 そこで疑問なのが「タイピング能力がない(または低い)けど、コールセンターで働けるのか?」ということ。 実際のところ、全くパソコンを触ったことないという程度では、コールセンターで働くのは厳しいです。 ただ、多少なりともパソコンに触れたことがある、または自宅にパソコンがある人ならコールセンターで十分働けます。 ブラインドタッチができなくても、全く問題ありません。 では、具体的にどの程度のタイピング能力があれば働けるのか。 このページでは、コールセンターで働くにあたって必要なタイピング能力、また面接時に行われるタイピングテストを紹介します。 面接時に行われるテストをパスできるくらいのタイピング能力 コールセンターの面接ではタイピングのテストを行います(一部行わないコールセンターもある)。 タイピングがあまりにもできないと、性格や人柄で評価されたとしても、業務に適正ではないと判断され採用を見送られることも少なからずあります(どちらかと言えば人間性の方が重視されますが)。 これは非常にもったいないので、タイピングテストは必ずパスしておきたいです。 そこで、確実にテストをパスできるよう、コールセンターのタイピングテストで使われるサイトを紹介します。 コールセンターのタイピングテストでは、e-typingというサイトが使われます。 e-typingは、画面上に出てきた日本語をタイピングして、タイピングの早さと正確さでランク付けを行うというシンプルなサイトです。 百聞は一見にしかずとも言いますので、パソコンで閲覧している人は、是非試してみて下さい(スマートフォンでは動作しません)。 コールセンターでは、e-typingの「ローマ字タイピング」でテストを行います。 (「ローマ字タイピング」を選択して、「腕試しレベルチェック:今すぐチェック!」をクリック) (テストが始まる) 2分〜3分程度、画面に出てくる文字フレーズをタイピングすると、終了後に下画像の結果が表示されます。 タイピングテストを確実にパスするためには、上画像の結果で「レベルC」を出せるようになっておきたいです。 レベルDくらいだと、センターによっては不採用になる可能性もあります。 e-typingは、初めは難しく感じるかもしれませんが、1日1時間を2週間も続ければ、どれだけタイピングに慣れていない人でも「レベルB」くらいは目指せます。 タイピング力はコールセンターに限らず、将来的にも日常生活でも役に立つことが多いので、これを機会に鍛えてみるのも良いと思います。 e-typingを使ってタイピング力を上げるコツは「始めはとにかくゆっくり、そして正確に打つこと」です。 早さを上げようとしてミスを出すより、ゆっくりでも良いので正確に打つ方がタイピング力が上がりますし、またスコアも高得点を出しやすいです。 是非、暇な時間を活用してタイピング向上に取り組んでみて下さい。 その他、面接時に行われるロールプレイングテストなどについては、以下の記事も参考にどうぞ。 業務中にタイピングをする機会は多いのか コールセンター業務では必ずパソコンを使用しますが、タイピングよりも「マウスで選択するだけ」という動作の方が多いので、基本的なパソコン操作さえ理解していれば大丈夫です。 よくCMやテレビなどで見るような、パソコンを常にカタカタ打ちながら通話するということは実際には殆どありません。 そもそも、通話中にパソコンをカタカタしていると、ヘッドセットのマイクがタイピング音を拾い、お客様に聞こえてしまうので良くないとされています。 ただ、もしお客様の話が長い時などに、話の要点を綺麗にまとめたい時は、パソコンのメモ画面に内容をタイピング記入しながら通話をしても大丈夫です。 お客様にタイピング音が聞こえてしまいますが、話の要点をまとめる方が大事です。 なので、タイピングできる方が便利といえば便利です。 タイピングが苦手な人は、コールセンターで必ず用意してあるブギーボードなどの電子メモパッドを使えるので心配ないです。 勤務中にタイピング練習していいコールセンターもある コールセンターの中には、勤務中にe-typingをプレイしていい職場もあります。 もちろん、お客様の応対中は使用してはいけません。 入電がない暇な時間のみです。 毎日プレイしていると確実にタイピング能力が上がるので、最適な暇つぶしになります。 また、ブラインドタッチができるようになりました。 こうしてタイピング能力が上がるのは、コールセンターで働くことのメリットとも言えるでしょう。 コールセンターにはどちらかといえばタイピングが苦手という人の方が多いです。 そのため、周囲がそうだからとタイピング上達にはげまない人の方が多いのですが、タイピングが上手くて損することはないです。 せっかくなので、コールセンターで働くなら早い段階でタイピング上達できるよう、業務中の暇な時間を使って毎日練習してみるのも良いかと思いますよ。

次の

ブランインドタッチのレベルはどのくらい?あの職業に必要なタイピングレベルをチェック

タイピングレベル

トーマスです。 ともやってます。 お問い合わせは。 この記事の目次(クリックでジャンプ) 社会人に求められるタイピング速度 そもそも論として、社会人に求められるタイピング速度はどのくらいなのか。 とりあえずそのレベルをクリアしているのであれば日常業務をこなすのに不便しないから、まずは社会人に求められる最低レベルを抑えておきたい。 派遣登録は分間100文字(約200打)が条件 事務職系の派遣会社に登録する際にはタイピングのテストが実施されることが多いんだけど、その時に登録の基準とされているのが分間100文字の入力らしい。 日本語は一文字辺り2打の入力が一般的だから、分間100文字相当になる。 e-typingのオフィスワーク基準は分間209打 ウェブ上のフリータイピングソフトとして有名なe-typingにはスコアによってレベルわけされていて、オフィスワークに支障がないレベルとして分間209打以上が設定されている。 まずは分間200打以上を目標に とりあえず200打程度あれば社会人に求められるレベルはクリア出来そうだ。 ということで現在分間200打以下の人はまず分間200打を目標に頑張ってみるのがおすすめだ。 とりあえず一度腕試しをしてみてほしい。 目標を400打に据え置きながら、もう限界だと思うところまでサクッと伸ばせばいい。 ガジェマガの中の人のタイピング速度 すげぇどうでもいいけど俺のタイピング速度は最高で分間427打で、日常生活で俺より早い人に会うことは稀。 かなり早い方だと思う。 分間400打を上回るために相当努力した。 最高記録が分間420打だと普通にタイピングしてても分間400打くらいの速度で打てるからタイピングで困ることはない。 有名なウェブフリータイピングソフトのe-typing結果が下記。 タイピングが早いメリット タイピングを早くしようにもタイピングが速いことによるメリットを理解していないとモチベーションが上がらない。 タイピングが速いことによるメリットは大きく二つある。 仕事の効率が上がる 単純に短時間で文字入力できる数が増えるから、その分仕事の効率が上がる。 タイピングが早いほど文字入力を早く終えられる。 考える時間を多く取れる 基本的にタイピング中は思考できない。 つまり文字入力時間を削減できるから、文章を考えながら記事を書き上げる時間も短縮できる。 早いことによるデメリットはない 単純なデータ入力だけでなく、文章作成の場合もタイピングが速いことで時短して効率化できる。 タイピング速度を上げる方法 それならタイピング速度をどうやって上げればいいんだよって話なんだけど、これは現在の自分のタイピングスピードによって方法が異なる。 ブラインドタッチできない人はタイピングオブザデッドがおすすめ そもそもまだブラインドタッチを覚えてないよって人はブラインドタッチの方法から教えてくれるタイピングデッドがおすすめ。 タイピングデッドはガンシューティングゲームの銃をタイピングに置き換えたゲームで、楽しんでいる内に自然にタイピングが上達する。 とりあえず体験版をプレイして、面白ければ製品版を買うのがおすすめ。 分間300打まで チャットがおすすめ 分間200打を分間300打まで伸ばすにはチャットがおすすめだ。 例えば複数人でチャットしている場合、自分の意見を相手に伝えるために重要なのは、短時間でどれだけの文章を入力できるかだ。 タイピング速度が遅ければ自分の発言が待たれずに次の話題に移り変わってしまう。 次の発言までに間を開けないことが重要なチャットを続けていればタイピング速度はめきめき向上する。 オンラインゲームのチャットが楽しい とはいえチャットのためのチャットだと話題作りが大変だし面白くない。 おすすめはオンラインゲームのチャットを使うことだ。 俺はボンバーマンオンラインとかハンゲームのオンラインゲームのチャットでタイピング速度を上げた。 残念ながらボンバーマンオンラインはサービス終了してしまったけど、ハンゲームは現役だ。 ハンゲームはオンラインゲームポータルサイトで、好きなオンラインゲームを選んで無料でプレイできる。 アクションゲームなら一回の対戦が短いからサクッと終われる。 ゲームのハマりすぎには注意。 分間400打まで 国語Rがおすすめ 分間400打を目指したい人にはフリーのタイピングソフトの国語Rがおすすめだ。 これはかなり玄人向けのソフトなんだけど、丁度分間400打ぴったりの文字数をテストしてくれる。 晴れて60秒を下回れば分間400打達成だ。 しかも画面上に全ての文章が見えているから、タイピング速度以外の不確定要素を可能な限り排除できる。 シンプルにタイピングに集中させてくれる作りだ。 おすすめはタイプウェル国語R 2. 3 最速で分間400打を達成する方法まとめ 最速で分間400打を達成する方法というか、実際に俺が成長した過程を紹介した。 400打を達成するための流れをまとめるとこんな感じ。 200打まで タイピングオブザデッド• 300打まで チャット• 400打まで 国語R 相手が必要なチャットは敷居が高いから分間200打を超えたらひたすら国語Rでもいいと思う。 ただ、早いことによるメリットを見いだせないと飽きる。 その意味でチャットは最高だった。 とはいえオフィスワークであれば分間250打もあれば十分。 別に分間400打無くてもいい。

次の

e

タイピングレベル

デスクワーク系の仕事では、タイピングの速度は目安としてどのくらい必要なのでしょうか。 タイピングの速度は計って数字で表すことができます。 今の自分のレベルも測定サイトで計ることができます。 【仕事別】タイピングの速度の目安は? 一般的な事務職やデスクワーク系の仕事ではタイピングのスキルがある程度必要です。 在宅ワークでデータ入力を選んだ場合は速度によって報酬に差が出ますので、速い人が断然有利です。 一般事務では、大体1分間に100文字程度入力できれば合格圏内だといわれています。 データ入力などスピード重視の仕事では、もう少しスピードが求められます。 派遣などの仕事に応募すると、面接時にスキルチェックがあります。 スキルチェックでは日本語入力とテンキー(数字)入力の両方のテストが行われます。 テンキー入力に関しては、1分間150文字くらい打てるスキルが必要です。 もしタイピングに自信がなければ、ネット上のタイピングゲームで楽しんで腕を磨くことができます。 ホームポジション意識とタッチタイピングが重要 タイピング業務では、スキルとして速度と正確性が求められます。 大事なことは他にもあります。 タイピングスキルを上げる為に必要なこと• ホームポジションの場所を知っている• タッチタイピングができること この2つは最低限マスターしたほうがよいでしょう。 ホームポジションとは 速く正確にキーを打つために「基本となる指の置き位置」があります。 その両手を正しく置く位置を ホームポジションといいます。 ホームポジションを守れば打てるキーの数に差が出てきます。 ホームポジションの両手の置き方は下記です。 キーボードをよく見ると、真ん中あたりにある「 F 」と「 J 」のキーの上に突起がついています。 その2つの突起のあるキーに両手の人差指をのせて、以降は中指~小指まで全ての指を配置します。 基本的には「 F 」と「 J 」のキーを突起を目印に、感覚として覚えておき、 いつでも 人差し指を基準に ホームポジションに戻る習慣をつくれば、全ての指を瞬時に正しい位置に戻すことができます。 もう一つ重要なのは 「タッチタイピングができること」です。 手元を見ずにタイピングをすることをタッチタイピングといいます。 姿勢は前を向いたままで画面のみを見てタイピングを続けます。 「ホームポジション意識」• 「タッチタイピングをマスターする」 この2つができるか否で、タイピングの腕が上がることは証明済です。 タイピングの練習サイトと速度測定サイト タッチタイピングをマスターしてタイピングの速度を上げるためには毎日の練習が欠かせません。 楽しく長期的に練習を続けるために、ネット上にも数多くのタイピングサイトやゲームなどがあります。 おすすめタイピングサイト• ・・初心者におすすめ• ・・1分間に何回の速度かチェックできる• ・・人気の楽しんで練習できるゲーム タイピングチェッカーサイト• ・・連続した文章をタイプして測定• ・・ランダムな20単語で測定 おすすめサイトの他にも「タイピングゲーム」「タイピング 練習」と検索すればたくさん出てきますよ。 kyds.

次の