ロイヤル リムジン グループ。 ロイヤルリムジン・グループ、DiDiモビリティジャパン社とのパートナーシップを締結

日本交通 (大阪府)

ロイヤル リムジン グループ

スポンサーリンク 新型コロナウイルスの影響で様々な職種に影響が出ていますね。 中でもタクシー業界は厳しく、先日ロイヤルリムジンで600人の従業員の解雇問題が注目されていました。 【タクシー会社 大量解雇撤回へ】 新型コロナによる業績悪化を理由に、タクシー会社「ロイヤルリムジン」グループが従業員600人の大量解雇を決めた問題で、グループ側が従業員が加入する労働組合に対し解雇を撤回する方針を示したことが判明。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics すでに解雇は撤回というニュースも出ていますが、社長の金子健作氏について気になるという方も多いかと思います。 そこで今回はロイヤルリムジンの金子健作社長の経歴やwiki風プロフィールなどについて調べてみました。 名前 金子健作 かねこけんさく• 生年月日 1975年生まれ• 年齢 44-45歳• 出身 調査中• 大学 慶應義塾大学 金子健作社長は2001年に不動産事業のアイビーアイを設立され、2008年にはロイヤルリムジンを設立されています。 大学卒業が1998年なので卒業して3年で会社を設立しているのは流石ですね。 アイビーアイでは物件のリノベーションすることで中古住宅の価値の再生などを手がけています。 ロイヤルリムジンではタクシー事業で東京都と神戸に9社の約530体制と拡大していました。 現在は新型コロナウイルスの影響で休業されていますが、他のタクシー会社も休業されていますので厳しい状態が続いています。 一時期社員600名の一斉解雇というニュースが報じられ話題になりましたが、現在が解雇を撤回するという報道も出ていますね。 解雇に関しては新型コロナウイルスが終息した後に再雇用するのは再雇用が確約されている方への失業手当は適用外とも指摘されていました。 解雇か合意退職だったのかなど様々な疑惑が浮上していますが、今後の動向に注目です! 金子健作 ロイヤルリムジン社長 の世間からの評判は? 今回の件で金子健作社長は世間から厳しい意見も見受けられました。 ロイヤルリムジンさん、労組に迫られ解雇撤回。 そしたら労組は「社長の言動は2転3転」と文句を言う。 意味わかんないよね。 モンクレじゃんよ。 収益見込めない現状で固定費維持して会社倒れたら意味ないじゃん。 即時失業保険貰っときゃええやん!ほんと何考えてんだか……。 失業手当てが出ない者もいたし、NPOなどに労働相談が相次ぎました。 解雇で支払うべき手当てを逃れようとするブラック企業なのがロイヤルリムジン。 元々が胡散臭い会社だったのが明るみに出て良かったネ! — エクストラライトAR-1。 yamato22202 ロイヤルリムジンの話すると、他社のドライバーは甘えてんじゃねぇよ、ほぼ詐欺だろって意見が多いな。 スポンサーリンク 韓国との関係は? 金子健作社長や会社のアイビーアイについて調べていると 韓国というワードが出てきます。 何か韓国と関係があるのかと調べてみたところ 韓国にはI. Iという人気グループがあるため検索されているのではないかと考えられます。 単に名前が一緒なので間違って検索してしまう方もいるのかもしれませんね。 まとめ 金子健作 ロイヤルリムジン社長 の経歴やwiki風プロフィールを紹介!世間からの評判や韓国との関係も 今回はタクシー会社のロイヤルリムジンの社長金子健作氏の経歴やwiki風プロフィールなどについて調べてみました。 金子健作社長は慶應義塾大学を卒業されてからわずか3年で会社を設立されている凄腕の方で株式会社アイビーアイとロイヤルリムジン株式会社の代表取締役を務められています。 現在新型コロナウイルスの影響で経営が厳しい状態が続いていますが、社員のことも考えてこの状況を乗り越えてほしいですね。

次の

ロイヤルリムジン・グループ、DiDiモビリティジャパン社とのパートナーシップを締結

ロイヤル リムジン グループ

もくじ• ロイヤルリムジン解雇はなぜ?金子社長の決断について ロイヤルリムジン 新型コロナで業績悪化 タクシー会社が約600人解雇へ 東京 新型コロナ関連の倒産42社 7割は観光・飲食関連企業 — kiokio19777 kiokio19777 ロイヤルリムジングループの全体の従業員数は約700名で、所有者は役350台です。 新型コロナウィルスの影響により業績が急激に悪化しており、 先月の売上げは例年比50%減で、今月はますます下がっている状態だったそうです。 金子社長は社員を家族同様に思っており、社員を守るための策をさまざま検討したものの、社員の 健康と安全、生活を守るためには、 失業給付制度を利用することがベストだと判断し、全乗務員の解雇に踏み切ったと報じられています。 4月8日には新型コロナ感染リスクを下げるため東京・江東区の公園で従業員向けの説明会が開かれ、ロイヤルリムジンなどを経営する金子健作社長がおよそ80人の従業員を前に次のように話をしています。 「解雇は重い決断だった。 感染のリスクと戦いながら命を懸けてこの仕事をやるにはそれなりの対価が必要だと思うが、従業員の給料が下がるのがみていられなかった。 3月になって売り上げは日に日に悪化の一途をたどる状況で、今ここで決断すれば、なんとか会社を存続することができ、再生できるギリギリのタイミングだった。 」 「 失業給付をもらいながら感染しないよう休んで命を守ってほしい」 その上で、従業員に予告なく解雇通知を出したことについては、「想定を超えるスピードで売り上げが悪化していて、これ以上従業員の給料が下がれば解雇した際の失業給付も減ってしまうので今しかないという判断だった。 」 と話しています。 会社都合退職の場合、手厚く保護されるし、社員にとって悪いことではない… けど、経営者であれば事業を継続することが最優先であって、もともと2月から売上が落ちて倒産寸前のところで、社員思いであることをチラつかせて良い話で終わらせようとしている感が否めない — トンマ【TONMA】|金融マーケター famarha1 ロイヤルリムジングループは、東京オリンピック・パラリンピックで来日する外国人観光客が増加することを見込んでタクシーと運転手を増やしていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、 売り上げが例年の半分程度にまで落ち込んでいるということです。 説明を聞いた65歳の運転手の男性は「きのう、同業者から電話があり、解雇されることを知りました。 あまりにも突然で驚いたとともに、事前にもっときちんと説明すべきだったのではと会社に対し不信感が募りました。 大変厳しい状況なのは理解できるものの、本当に従業員のことを考えたうえでの決断なのか、完全には納得できていません。 やり慣れた仕事ですし、仲間も多いのでいずれは復職したい気持ちはありますが、会社を信用できない気持ちもあり、複雑な思いです」と話していました。 タクシーは「月に150万円生む1坪の不動産」。 1998年慶應義塾商学部卒業。 2001年にアイビーアイを設立し、不動産事業を営む。 経営理念には「インフラへの投資による再生」を掲げ、不動産事業ではリノベーションによる中古住宅の資産価値の再生を、モビリティー事業ではプレミアムな車両の投入による交通インフラの再生を手掛けています。 2008年にロイヤルリムジンを設立しモビリティー事業を始めました。 2020年春にはアイビーアイグループは東京都神戸で4社体制に、グループとしては東京都神戸に9社約530名体制となり、更なる事業拡大を図っていました。 【ロイヤルリムジン】• 所在地 〒136-0071 東京都江東区亀戸7-24-1• 設立 2008年2月6日• 資本金 9,800万円(株式会社アイビーアイ 100%出資)• 代表者 金子 健作• 事業概要 タクシーサービスおよびその関連事業• 車両台数 33台• グループ合計 347台• 営業許可 一般旅客自動車運送業 国土交通省 関自旅二第43号• 許可地域 東京23区・武蔵野市・三鷹市を出発地または到着地とする運行• 英断だという反応もあれば、公表してしまったので失業保険もらえるのかな?という声、これからも同様のケース(会社都合解雇)が増えるであろうという声、などなそど、いろいろな反応が飛び交っています。 「ロイヤルリムジンの社長は 英断だったね。 会社都合の解雇で失業手当も早く、長くもらえるからね。 ズルズル行って給料未払いの倒産より、よっぽど良い。 なかなかできる判断ではないけどね。 断腸の思いだったろう。 「ロイヤルリムジン。 会社都合による失業給付を受給させるため全員解雇。 これってどうなんだろ。 確かに賢いとは思うけど、 うまく抜け道を見つけたなぁという印象。 会社も従業員を守らなくて良くなるもんね。 解雇予告手当はどうなるんだろう。 倒産ではないみたいだしきちんと支払ったのかな?」• 「 失業給付の受給要件を満たしていない人がいたらどうするんだろう。 解雇でも必ず貰えるわけじゃないしなぁ、失業給付を受給しながら半年以内に就職したばかりの人とか。 そういう人はいないのかな。 「この国は放っておいたら絶対にそんなことはしないので、国民が実力行使するしかない。 そういう点でロイヤルリムジンのやり方は賢い。 偽装倒産や偽装離婚をどんどんして、失業給付や生活保護をもらいまくるべきである。 「 これから倒産する会社が山ほど出てくるぞ!! あのロイヤルリムジンが(涙)」• 「会社法を学べば分かるが、株式会社は従業員のためだけに存在している訳ではない。 従業員の雇用を継続することにこだわった結果、倒産し、株主の利益を害してしまっては 本末転倒とも言える。 「暗黙の了解の下進めるべき案件だったのに公になったことで受給できないのではないか。 「ロイヤルリムジン社長さんは 大英断だと思いますが、コロナが終息した頃には再雇用すると社長さんは約束されてました。 再雇用するといって再雇用されなかったら、悪しき前例となってしまいます。 」 スポンサーリンク 専門家の声 労働問題に詳しい指宿昭一弁護士はつぎのように話しています。 「突然だったという声が出ていることからも、果たして今回の対応が適切だったのか疑問が残る。 はっきりとした経営状況は分からないが、解雇というのは最後の手段で、休業させて国の 助成金を受けたり、経済対策の 給付金を活用したりして、希望者のみ退職させるなど一斉解雇以外の選択肢があったのではないかと思う。 感染が終息すれば再雇用するというのも確約されたものではなく、今後こうした事業者が増えるおそれもあり非常に危機感を感じる。 」 スポンサーリンク まとめ ロイヤルリムジン解雇なぜ?都内タクシー会社金子社長の重い決断!というテーマでまとめてきました。 従業員思いの金子社長が、従業員の健康と安全、そしてお金を守るために重い決断をされましたが、ニュースの大きさもあり、世間の反応は賛否両論ありました。 新型コロナウィルスの影響、緊急事態宣言の影響を受け、これから当面、こういった厳しいニュースが流れ続けるんでしょうね。 新型コロナウィルスで経営難の企業は増加の一方です。 福岡に本社がある観光会社の企業の存続をかけたストーリー、そして雇用助成金などの中小企業の新型コロナ対策についてという記事にまとめていますので、良かったら読んでみてください。 早く新型コロナウィルスが収束してほしいと願います。

次の

タクシー会社「600人解雇騒動」が混迷続く実情 ロイヤルリムジン、直前まで積極拡大の謎

ロイヤル リムジン グループ

4月7日に全従業員約600人の解雇を発表した東京のタクシー会社・ロイヤルリムジングループ。 今回新たに、ロイヤルリムジンのグループ会社「ジャパンプレミアム社」が解雇の際、一部従業員と「再雇用」を前提として退職の合意書を交わしていたことが「週刊文春」の取材でわかった。 これは失業保険の不正受給に当たる疑いがある。 〈甲乙は、甲の事業が正常化し雇用を再開する際には乙を再雇用する事を、相互に確認する〉 解雇に反対して団体交渉を続けている50代の男性社員が話す。 「社長は4月7日から各営業所で解雇通告を行なっていますが、7日時点では一部営業所でこの『退職合意書』に従業員たちがサインしています。 後で『再雇用』の文言が削除された『退職合意書』にサインさせ直していますが、従業員にはそれについてなんの説明もなかったので、再雇用を信じて退職に合意した従業員も多かったと聞きます」 そもそも、金子社長は4月6日付で営業所に張り出した文書でこう訴えていた。 〈完全復旧した暁には、みんな全員にもう一度集まっていただき、今まで以上に良い会社を作っていきたいと思います。 ロイヤルリムジンは永久に不滅です。 かならず皆さん、再会しましょう!〉 だが、5月6日に行われた団交では、従業員が再雇用について確認すると、金子社長は 「(営業所に張り出した文書を)よく読んで下さい。 僕が再雇用を約束したかどうか。 してないですよ! 夢や希望は語っているかもしれませんが」 労働問題に詳しい旬報法律事務所の佐々木亮弁護士が指摘する。 「雇用保険法施行規則にある通り、失業保険の給付条件は、離職前の事業主に再び雇用されたものでないことです。 つまり、経営者側が従業員に再雇用することを前提として失業保険の受給を促したとすれば、『不正受給』に当たる可能性があります。 また、不透明な再雇用の約束で退職に合意させたのであれば、従業員を騙して合意させたことになります」 5月13日発売の「週刊文春」では金子健作社長の過去や、二転三転する主張などについて詳細に報じている。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月21日号).

次の