発注先探し。 EMEAO!掲載希望の業者様へ

【2020年版】優良な発注先をお探しならEMEAOが一番!

発注先探し

関連する記事• 専門家に手続き代行を依頼すべき理由 相続に関わる手続きと聞くと、不動産の名義変更を思い浮かべる人は多いでしょう。 とはいえ、実際には後見人の調整や分割協議の調停、遺書の執行確認や財産放棄の申請など、手続きの内容は多岐に渡ります。 それぞれの手続きにおいて複数の法的書類を準備する必要があり、その中には日常生活でほとんど接する機会がないようなものも多々見られます。 そのため、書類手続きに関する効率化や取得トラブルを回避するという観点から、弁護士や税理士などの士業資格を有する人に手続きを依頼するのが望ましいというわけです。 手続きの発注先としておすすめの士業者• 弁護士• 行政書士• 税理士• 司法書士 弁護士に発注する魅力 弁護士へ発注する大きなメリットは 遺産相続で法廷トラブルまで発展した時のサポートを期待できることでしょう。 相続する金額が大きくなり、遺産の種類が多岐に渡っていると、どの法定相続人が何を相続するかに関して調停になることが多いため、手続きの始めから弁護士に監督してもらうことで迅速な解決を目指すことが可能というわけです。 法廷での調停以外にも、相続放棄などの手続きで裁判所へ申請を行うことがあります。 こうした時にエキスパートである弁護士のバックアップを受けられるというのは大きな強みです。 行政書士の持つ強み 行政書士は 公的機関に提出する書類作成のプロフェッショナルであり、役所や銀行での書類取得に関してもスピーディーに対応できるという強みがあります。 そのため、戸籍謄本や残高証明などを始めとして多数の書類を用意する必要がある相続手続きにおいては際立った働きが期待できるでしょう。 法的効力を持つ遺言書の作成や調停協議書などの作成を代行できるというのも行政書士に発注する強みです。 加えて、行政書士は料金が全体としてリーズナブルに設定されているという点も魅力と言えるでしょう。 税理士へ依頼するメリット 相続手続きにおいて難しいのが相続税の申告および支払いです。 税金のエキスパートである税理士に依頼することで、必要な書類をスピーディーに用意して税務署への申告を完了することが可能となります。 これまで相続の手続きをしたことがない人にとっては、相続税に関する法律はかなり複雑であり、控除に関するルールなども細かく場合分けがされているため、自分がどのパターンに当てはまるのかが分からず申告に手間取ってしまったというケースは珍しくありません。 相続税の申告に関しては相続が完了してから10か月以内と定められていますから、迅速に手続きを終えたいという人は税理士へ発注するのが望ましいでしょう。 司法書士はここが凄い 司法書士は 民法のエキスパートであり、不動産登記や売買、預貯金の取り扱いに関する業務を日常的に行っています。 そのため、さまざまな種類の動産・不動産を扱う必要がある相続手続きでサポートを依頼するのにもってこいの存在と言えるわけです。 司法書士は相続業務以外でも地方法務局や銀行などの金融機関、簡易裁判所などを頻繁に利用しているため、これらの期間における書類手続きに大変通じています。 また、裁判所命令に基づいて法定代理人となることも可能であるため、代理人の選定に難渋しているケースでは効果的な働きが期待できるのです。 発注先の探し方で注意すべき点• 見積もりが明快である• 相続専任の担当者がいる• 広域のネットワークを持つ• 利用者の評判が良い 有資格者であればだれでも大丈夫ではない 士業の有資格者は間違いなく法律に通じているとはいえ、それが相続に関するものであるかどうかは不明です。 ですから、発注を行う前に 相続手続きの経験があるかどうかをしっかりと確認しておくのは肝要でしょう。 士業事務所へ問い合わせをする場合には、相続専任の担当者がいるかどうかを尋ねてみましょう。 1つの相続手続きにおいて必要となる申告の数は70ないし80というケースも珍しくないので、相続案件をチームで対応している事務所はさらに望ましいと言えます。 見積もり・料金体系が分かりやすいかチェック 依頼先の探し方として、料金体系が分かりやすいかどうかという点にも留意しましょう。 契約をする前に見積もりを作成してもらうのは重要です。 サービス内容に応じて個別に料金が設定されていることもあれば、まとめてパック料金になっていることもケースもあります。 いずれの場合も、詳細を説明してもらい、手続き完了後に料金が発生することはないのかをしっかりと確認しておきましょう。 全国にサービス展開をしているとプラス 法定相続人が常に近隣の自治体で生活しているとは限りません。 ですから、代行手続きを発注する事務所が広域、可能であれば全国でサービスを展開しており、各地に提携事務所を持っているというのが望ましいのです。 全国に展開しているということは、これまで数多くの実績を積み上げてきたことの証明ともなります。 ですから、サービスの対応エリアがどれほどか、また他の士業や事務所とも連携しているかといった点は確認しておくとよいでしょう。 これまで利用した人の評判や口コミも確認しよう 事務所が公開している実績に加えて、実際に利用した人たちの口コミや評価をチェックするというのも探し方における重要なポイントとなります。 「説明もなく追加料金を取られた」「話し合いに十分な時間を割いてもらえなかった」といった評判が散見される場合には、相談先の候補リストから除外するのが賢明です。 まとめ 遺産相続の手続きをスピーディーに進めたいのであれば、士業資格を持つ事務所へ代行を依頼するのが賢明です。 ただし、すべての士業者が相続のスペシャリストではないので、事前に十分な調査と相談を行っておくとよいでしょう。 いずれの士業もユニークな強みや魅力があります。 ですから、どんな種類のサポートが欲しいのかを考えておくとスムーズに発注先を決めることができるでしょう。

次の

相続の手続きは誰に頼む?【失敗しない発注先の探し方】

発注先探し

「成果物のクオリティーが低い」「納期に間に合わなかった」「工数が想像以上に膨らんだ」……。 今も昔も、ITシステム開発やソフトウェア開発の依頼に関する実務担当者の悩みは尽きない。 クラウドの普及によって、企業内のITシステムやアプリケーションを個別に開発し、資産として抱えて維持・管理する旧来の方法から、クラウドサービス事業者がそれらを実現する手段として提供する「サービス」に対価を支払う新世代の方法が世界的に一般化してきた。 しかし、特に日本企業は多くの場合、自社開発ではなくシステムインテグレーター(SIer)などを介して発注し、システム開発を行うのが主流。 自社固有の業務もカバーする必要があるので、あらかじめ用意されたサービスだけで全てをまかなうのはまだ難しいと考えている。 クラウドの時代になっても、自社固有の事情や需要をカバーするカスタム開発の必要性は大きく変わっていない。 そして、近年叫ばれる人材不足の傾向も拍車を掛ける。 できれば社内でカバーしたいが、IT知識が乏しく、何よりリソースが足りない。 以前にも増して、開発を外注し、効率化を図る機運は高まっているようだ。 そこで@ITでは、日本企業が直面するシステム開発、アプリケーション開発の現状をあらためて探るべく、「システム開発やアプリ開発の外注に関する読者調査」を実施した。 本調査では、仕事でITシステムの開発や運用管理、アプリケーション・サービス開発などに関わるITプロフェッショナルを対象に、2016年6月13日〜6月21日に実施。 勤務先の業種としては、製造業が21. 6%と最も多く、IT関連ソフトウェア製造業(15. 4%)、システムインテグレーター(14. 1%)などが続いた。 IT関連企業の他に、IT以外が主事業のために、IT系人材の確保に課題を抱えるとされる非IT企業の比率も高かった。 ITシステムの外注経験者は8割超 どんな方法で開発会社を選定しているのか まず、「システム開発やアプリ開発を外注したことはあるか」と問いたところ、8割以上の人が「開発会社(外注先)に外注した経験がある」と回答。 多くの企業はITシステムやアプリケーションの開発を自社で行うのではなく、社外の開発会社に依頼していることが分かった(図1)。 図2 どんな案件を開発会社に依頼したのか 一方、図1で示したように8割が外注経験のある中で、「初めて取引する開発会社に依頼したことがある」人は42. 6%と半減したことにも着目したい。 継続中のプロジェクトがある、以前依頼したことがあるなど、既につきあいのある開発会社を選ぶ意向が強いことが伺える。 開発会社の選定で重視することは、「技術力」(85. 8%)と「コスト」(73. 8%)が二大ポイントで、続いて「開発スピード」(46. 5%)、「同分野での実績」(38. 5%)、「担当者の対応」(33. 7%)となったことからも、既につきあいのある開発会社ならば「勝手が分かっているので安心できる」ということだろう。 では、そのメリットがありながらも新たな取引先を探したのはなぜか。 そのきっかけは、「社内リソース不足」(51. 6%)、「急ぎで開発する必要があった」(33. 7%)などの急ぎの案件が発生したと想定されるシーンの他に、「(既につきあいのある開発会社より)コストを下げたかった」(29. 4%)、「(既につきあいのある開発会社の)技術や質に不満があった」(23. 8%)などにも回答が集まった(図3)。 図3 新しい開発会社を探すきっかけは何だったか? 新たな開発会社への依頼は、そんな課題解決が目的だ。 技術力やコストは依頼する開発会社によって変わる。 「(依頼したところ、)不満はなかった」との回答が21%に上ったことからも、一定の成功を収めた人はかなりいたことが伺える。 しかし今回の調査では、「失敗してしまった」「不満が残った」との回答も多く、かなり辛辣(しんらつ)な意見をフリーコメント欄に寄せた人の回答が目立った。 最も多かった不満は「成果物の完成度が低かった」だった。 これはバグが多い、希望通りのものが仕上がらなかったなど、つまり、新たな開発会社へ期待したが「残念な仕上がりだった」と37. 1%もの人が感じていた(図4)。 新たな開発会社へ依頼して不満だったこと• 成果物の性能が極端に低かった• PDCAが守れない• 守れるはずのない納期/実現できないその場しのぎの提案しかしてこない• オフショアなので意思疎通に手間と時間が掛かる• 納期だけを優先して要望を整理しきれないまま進められた。 結局、後で大きな手戻りやバグが発生した• 開発にかける、自社との熱量が違いすぎる(理解してくれない)• 開発時は安く見積もりがあって、担当者もエース級が投入されたが……運用スキームに入ると二次三次請けがアサインされ、価格も吊り上げられた• 完成後のサポート契約が思ったような内容で結べない• 担当者個々のレベル/スキルの差に大きなバラツキがあった。 マネジャーがそれを埋め切れていない• 仕様変更に対する対応力が弱い• 連絡がなくなり、結局、担当者に逃げられた(結局、自社で1から作り直した) ……「あるある」な笑い話だろうか。 いや、いざ実担当者の身になると、これらを笑い話にはできない。 特に「納期に間に合わなかった」「逃げられた」などは冷や汗では済まない失態であり、事業に大きな損失を招きかねない事態である。 なぜ、開発会社の選択でトラブルが発生するのか そもそも、「新規の外注先」はどんな方法で選定されたのだろうか? 「新規の外注先をどんな手段で探したのか」を聞いたところ、「既につきあいのある外注先からの紹介」が約54%、「上司・同僚・部下からの紹介」が約40%となり、いわゆる「知人からの紹介」が多くを占めた(図5)。 図6 新しい開発会社に依頼して不満だった点(「知人からの紹介」と回答した人でクロス集計) 知人からの紹介のため、全く初めてよりは確かに安心感はあるだろう。 しかし、知人の紹介だから「多分大丈夫だ」と、他社との比較や相場を確認せずに決めてしまう。 あるいは、立場が上の人からの紹介だったならば「断りにくい/仕方なく」ということもありそうだ。 そうして妥協した結果、実に87. 3%の人が「成果物に不満」を感じたことが分かった。 1社決め打ちで選定したならば見積もりを比較できず、その見積もりが相場と大きくズレていても分かりにくい。 「想定以上にお金が掛かった」は、トラブルの元になる。 何より、期待値との乖離が大きな課題だ。 開発会社にも得意領域がある。 1社決め打ちで選定したがゆえ、その実力を見極められなかったと推測できる。 では、図5で示した開発会社を探す手段として、知人からの紹介に次いで多かった「Web検索」はどうだろう。 Webで検索すれば、恐らくたくさんの開発会社が見つかるだろう。 相見積もりを行って、比較検討をするにしても、配慮や横やりなく進めやすい。 しかし、星の数ほどある会社から1社をどう選別すればよいかで悩むはずだ。 初めてコンタクトをとる会社に、最初から「安心・信頼」を求めるのは難しい。 それは発注側だけでなく、受注側も同様のこと。 また、Webサイトの紹介文だけで「技術力がある」と判断するのは早計であるが、それを1社ずつチェックする労力はかけられない。 では、この他にどんな探し方があるのか? 要は、「安心・信頼」「技術力」のある会社を探し、「数社まとめて比較検討」ができるとよい。 開発会社選択の「第3の手段」をご存じですか? 「開発会社マッチングサービス」をご存じだろうか? マッチングサービスとは、発注側の希望に対して、それを実現する方法や手段を紹介し、あっせんしてくれるサービスのことだ。 例えば、クルマを買いたい人と売りたい企業をつなぐ、結婚会場を探している人と会場を提供する企業をつなぐ、などといった一括検索・見積もりサービスが知られている。 たくさんの選択肢から、どれを選ぶべきかの判断を手助けしてくれるサービスと言い換えてもよいだろう。 開発会社マッチングサービスも同様に、ITシステムの開発を望む企業と、ITシステムの開発案件を請け負う企業をつなぐサービスだ。 「どこを選べばよいか分からない」発注者を手助けしてくれる。 各開発会社の特徴を的確に把握することは、ポイント【3】の、発注担当者の要望に合う開発会社を的確に紹介できるとうたう特徴にもつながっている。 【2】営業電話やアポイント連絡が必要以上に来ない よくある一括見積もりサービスでは、一括見積もりを依頼したら、すぐその企業から直接アクションのある場合も多い。 この時点でつながったことになるので、こういったアクションをとってくれる会社は、プロジェクトを迅速に進めるためにも心強い。 しかし、会社によってその差はまちまちだ。 少なくとも3〜4営業日中には連絡がなければ遅すぎる。 また、「早期に決めて、依頼したい」のに、一括見積もり依頼をした5社、10社、15社と個別に同じやりとりをして、どこか1社を選定しなければならないとなると、どうだろう。 これも骨が折れる。 この他に、今回は縁のなかった会社から、「この先、何度も営業電話があるかもしれない」ことを心配する担当者は想像以上に多いようだ。 発注ナビでは、紹介先の会社を同社の運営事務局が最大5社程度まで厳選する仕組みとしている。 厳選して紹介することで、「多すぎて絞りにくい」「多数の会社から突然、何度も連絡が来て、支障を来す」といった心配がないように仕組みを考えたとのことだ。 【3】要望に合う開発会社を的確に紹介してくれる 発注ナビでは紹介先の会社を選定するに当たり、まず同社の専門スタッフが発注担当者の要望をじっくり聞き、その要望に応えられると思われる会社を選定した上で紹介する段取りとなっている。 成果物の完成度が低かったという不満は、「発注者の要望が的確に開発会社に伝わらなかった」といったコミュニケーション不足や、開発会社の過去の実績などから「本当に得意領域かどうかの見極めができなかった」ためと推測する。 発注ナビでは、発注者の要望をしっかりとヒアリングし、各開発会社の特徴や実績といった詳細な情報を持っていることから、そうしたミスマッチを防いでくれる。 【4】サービス利用料は無料 発注ナビは広告収益で運営するビジネスモデルのため、「利用は完全無料」としている。 図8で前述した「心配ごと」の項目に、「紹介料や成約手数料などが必要で、しかも高いのではないか」とあったが、発注ナビにおいては心配不要である。 【5】時間がかからない 昨今のビジネスの成長に伴うサービスの開発案件は、何より「スピード」が命だ。 発注ナビでは、「最短で1営業日以内」に開発会社を紹介する体制を整え、プロジェクトの迅速な推進をサポートするという。 昨今、急変する市場と多様化する顧客の要求に応えるために、これまで以上に「クオリティー」「スピード」「コスト効率化」を迫られるシーンが増えている。 システム開発/アプリケーション開発は、基幹業務システムやビッグデータ分析基盤の構築などといった大掛かりな開発案件だけではない。 例えば、「1回だけ使う、セミナー来場者への一括メール送信機能が欲しい」「30日だけ公開するキャンペーンサイトを1週間以内に立ち上げたい」のような比較的小規模な案件も当てはまる。 開発会社選択の第3の手段として、気兼ねなく相談できる発注ナビならば、小規模だが即開発/即実施して成果を得るためのマイクロサービスやアジャイル型ソフトウェア開発の依頼にも向く。 自社のシステム管理担当者や開発担当者もそうだが、これまで開発会社と付き合うことはなかった/急に実務としてサービス開発を担当せざるを得なくなった業務部門の担当者にとっても心強いサービスだ。 「今」案件発注先を探している人は、まず発注ナビに相談してみてはいかがだろうか。

次の

ブログの記事を外注してみよう!ライターへ発注する方法を教えます|MarroNote

発注先探し

「成果物のクオリティーが低い」「納期に間に合わなかった」「工数が想像以上に膨らんだ」……。 今も昔も、ITシステム開発やソフトウェア開発の依頼に関する実務担当者の悩みは尽きない。 クラウドの普及によって、企業内のITシステムやアプリケーションを個別に開発し、資産として抱えて維持・管理する旧来の方法から、クラウドサービス事業者がそれらを実現する手段として提供する「サービス」に対価を支払う新世代の方法が世界的に一般化してきた。 しかし、特に日本企業は多くの場合、自社開発ではなくシステムインテグレーター(SIer)などを介して発注し、システム開発を行うのが主流。 自社固有の業務もカバーする必要があるので、あらかじめ用意されたサービスだけで全てをまかなうのはまだ難しいと考えている。 クラウドの時代になっても、自社固有の事情や需要をカバーするカスタム開発の必要性は大きく変わっていない。 そして、近年叫ばれる人材不足の傾向も拍車を掛ける。 できれば社内でカバーしたいが、IT知識が乏しく、何よりリソースが足りない。 以前にも増して、開発を外注し、効率化を図る機運は高まっているようだ。 そこで@ITでは、日本企業が直面するシステム開発、アプリケーション開発の現状をあらためて探るべく、「システム開発やアプリ開発の外注に関する読者調査」を実施した。 本調査では、仕事でITシステムの開発や運用管理、アプリケーション・サービス開発などに関わるITプロフェッショナルを対象に、2016年6月13日〜6月21日に実施。 勤務先の業種としては、製造業が21. 6%と最も多く、IT関連ソフトウェア製造業(15. 4%)、システムインテグレーター(14. 1%)などが続いた。 IT関連企業の他に、IT以外が主事業のために、IT系人材の確保に課題を抱えるとされる非IT企業の比率も高かった。 ITシステムの外注経験者は8割超 どんな方法で開発会社を選定しているのか まず、「システム開発やアプリ開発を外注したことはあるか」と問いたところ、8割以上の人が「開発会社(外注先)に外注した経験がある」と回答。 多くの企業はITシステムやアプリケーションの開発を自社で行うのではなく、社外の開発会社に依頼していることが分かった(図1)。 図2 どんな案件を開発会社に依頼したのか 一方、図1で示したように8割が外注経験のある中で、「初めて取引する開発会社に依頼したことがある」人は42. 6%と半減したことにも着目したい。 継続中のプロジェクトがある、以前依頼したことがあるなど、既につきあいのある開発会社を選ぶ意向が強いことが伺える。 開発会社の選定で重視することは、「技術力」(85. 8%)と「コスト」(73. 8%)が二大ポイントで、続いて「開発スピード」(46. 5%)、「同分野での実績」(38. 5%)、「担当者の対応」(33. 7%)となったことからも、既につきあいのある開発会社ならば「勝手が分かっているので安心できる」ということだろう。 では、そのメリットがありながらも新たな取引先を探したのはなぜか。 そのきっかけは、「社内リソース不足」(51. 6%)、「急ぎで開発する必要があった」(33. 7%)などの急ぎの案件が発生したと想定されるシーンの他に、「(既につきあいのある開発会社より)コストを下げたかった」(29. 4%)、「(既につきあいのある開発会社の)技術や質に不満があった」(23. 8%)などにも回答が集まった(図3)。 図3 新しい開発会社を探すきっかけは何だったか? 新たな開発会社への依頼は、そんな課題解決が目的だ。 技術力やコストは依頼する開発会社によって変わる。 「(依頼したところ、)不満はなかった」との回答が21%に上ったことからも、一定の成功を収めた人はかなりいたことが伺える。 しかし今回の調査では、「失敗してしまった」「不満が残った」との回答も多く、かなり辛辣(しんらつ)な意見をフリーコメント欄に寄せた人の回答が目立った。 最も多かった不満は「成果物の完成度が低かった」だった。 これはバグが多い、希望通りのものが仕上がらなかったなど、つまり、新たな開発会社へ期待したが「残念な仕上がりだった」と37. 1%もの人が感じていた(図4)。 新たな開発会社へ依頼して不満だったこと• 成果物の性能が極端に低かった• PDCAが守れない• 守れるはずのない納期/実現できないその場しのぎの提案しかしてこない• オフショアなので意思疎通に手間と時間が掛かる• 納期だけを優先して要望を整理しきれないまま進められた。 結局、後で大きな手戻りやバグが発生した• 開発にかける、自社との熱量が違いすぎる(理解してくれない)• 開発時は安く見積もりがあって、担当者もエース級が投入されたが……運用スキームに入ると二次三次請けがアサインされ、価格も吊り上げられた• 完成後のサポート契約が思ったような内容で結べない• 担当者個々のレベル/スキルの差に大きなバラツキがあった。 マネジャーがそれを埋め切れていない• 仕様変更に対する対応力が弱い• 連絡がなくなり、結局、担当者に逃げられた(結局、自社で1から作り直した) ……「あるある」な笑い話だろうか。 いや、いざ実担当者の身になると、これらを笑い話にはできない。 特に「納期に間に合わなかった」「逃げられた」などは冷や汗では済まない失態であり、事業に大きな損失を招きかねない事態である。 なぜ、開発会社の選択でトラブルが発生するのか そもそも、「新規の外注先」はどんな方法で選定されたのだろうか? 「新規の外注先をどんな手段で探したのか」を聞いたところ、「既につきあいのある外注先からの紹介」が約54%、「上司・同僚・部下からの紹介」が約40%となり、いわゆる「知人からの紹介」が多くを占めた(図5)。 図6 新しい開発会社に依頼して不満だった点(「知人からの紹介」と回答した人でクロス集計) 知人からの紹介のため、全く初めてよりは確かに安心感はあるだろう。 しかし、知人の紹介だから「多分大丈夫だ」と、他社との比較や相場を確認せずに決めてしまう。 あるいは、立場が上の人からの紹介だったならば「断りにくい/仕方なく」ということもありそうだ。 そうして妥協した結果、実に87. 3%の人が「成果物に不満」を感じたことが分かった。 1社決め打ちで選定したならば見積もりを比較できず、その見積もりが相場と大きくズレていても分かりにくい。 「想定以上にお金が掛かった」は、トラブルの元になる。 何より、期待値との乖離が大きな課題だ。 開発会社にも得意領域がある。 1社決め打ちで選定したがゆえ、その実力を見極められなかったと推測できる。 では、図5で示した開発会社を探す手段として、知人からの紹介に次いで多かった「Web検索」はどうだろう。 Webで検索すれば、恐らくたくさんの開発会社が見つかるだろう。 相見積もりを行って、比較検討をするにしても、配慮や横やりなく進めやすい。 しかし、星の数ほどある会社から1社をどう選別すればよいかで悩むはずだ。 初めてコンタクトをとる会社に、最初から「安心・信頼」を求めるのは難しい。 それは発注側だけでなく、受注側も同様のこと。 また、Webサイトの紹介文だけで「技術力がある」と判断するのは早計であるが、それを1社ずつチェックする労力はかけられない。 では、この他にどんな探し方があるのか? 要は、「安心・信頼」「技術力」のある会社を探し、「数社まとめて比較検討」ができるとよい。 開発会社選択の「第3の手段」をご存じですか? 「開発会社マッチングサービス」をご存じだろうか? マッチングサービスとは、発注側の希望に対して、それを実現する方法や手段を紹介し、あっせんしてくれるサービスのことだ。 例えば、クルマを買いたい人と売りたい企業をつなぐ、結婚会場を探している人と会場を提供する企業をつなぐ、などといった一括検索・見積もりサービスが知られている。 たくさんの選択肢から、どれを選ぶべきかの判断を手助けしてくれるサービスと言い換えてもよいだろう。 開発会社マッチングサービスも同様に、ITシステムの開発を望む企業と、ITシステムの開発案件を請け負う企業をつなぐサービスだ。 「どこを選べばよいか分からない」発注者を手助けしてくれる。 各開発会社の特徴を的確に把握することは、ポイント【3】の、発注担当者の要望に合う開発会社を的確に紹介できるとうたう特徴にもつながっている。 【2】営業電話やアポイント連絡が必要以上に来ない よくある一括見積もりサービスでは、一括見積もりを依頼したら、すぐその企業から直接アクションのある場合も多い。 この時点でつながったことになるので、こういったアクションをとってくれる会社は、プロジェクトを迅速に進めるためにも心強い。 しかし、会社によってその差はまちまちだ。 少なくとも3〜4営業日中には連絡がなければ遅すぎる。 また、「早期に決めて、依頼したい」のに、一括見積もり依頼をした5社、10社、15社と個別に同じやりとりをして、どこか1社を選定しなければならないとなると、どうだろう。 これも骨が折れる。 この他に、今回は縁のなかった会社から、「この先、何度も営業電話があるかもしれない」ことを心配する担当者は想像以上に多いようだ。 発注ナビでは、紹介先の会社を同社の運営事務局が最大5社程度まで厳選する仕組みとしている。 厳選して紹介することで、「多すぎて絞りにくい」「多数の会社から突然、何度も連絡が来て、支障を来す」といった心配がないように仕組みを考えたとのことだ。 【3】要望に合う開発会社を的確に紹介してくれる 発注ナビでは紹介先の会社を選定するに当たり、まず同社の専門スタッフが発注担当者の要望をじっくり聞き、その要望に応えられると思われる会社を選定した上で紹介する段取りとなっている。 成果物の完成度が低かったという不満は、「発注者の要望が的確に開発会社に伝わらなかった」といったコミュニケーション不足や、開発会社の過去の実績などから「本当に得意領域かどうかの見極めができなかった」ためと推測する。 発注ナビでは、発注者の要望をしっかりとヒアリングし、各開発会社の特徴や実績といった詳細な情報を持っていることから、そうしたミスマッチを防いでくれる。 【4】サービス利用料は無料 発注ナビは広告収益で運営するビジネスモデルのため、「利用は完全無料」としている。 図8で前述した「心配ごと」の項目に、「紹介料や成約手数料などが必要で、しかも高いのではないか」とあったが、発注ナビにおいては心配不要である。 【5】時間がかからない 昨今のビジネスの成長に伴うサービスの開発案件は、何より「スピード」が命だ。 発注ナビでは、「最短で1営業日以内」に開発会社を紹介する体制を整え、プロジェクトの迅速な推進をサポートするという。 昨今、急変する市場と多様化する顧客の要求に応えるために、これまで以上に「クオリティー」「スピード」「コスト効率化」を迫られるシーンが増えている。 システム開発/アプリケーション開発は、基幹業務システムやビッグデータ分析基盤の構築などといった大掛かりな開発案件だけではない。 例えば、「1回だけ使う、セミナー来場者への一括メール送信機能が欲しい」「30日だけ公開するキャンペーンサイトを1週間以内に立ち上げたい」のような比較的小規模な案件も当てはまる。 開発会社選択の第3の手段として、気兼ねなく相談できる発注ナビならば、小規模だが即開発/即実施して成果を得るためのマイクロサービスやアジャイル型ソフトウェア開発の依頼にも向く。 自社のシステム管理担当者や開発担当者もそうだが、これまで開発会社と付き合うことはなかった/急に実務としてサービス開発を担当せざるを得なくなった業務部門の担当者にとっても心強いサービスだ。 「今」案件発注先を探している人は、まず発注ナビに相談してみてはいかがだろうか。

次の