マツダ 100 周年。 マツダ100周年記念車、そのワクワクと「おや?」なポイント: J

マツダ、100周年特別記念車を期間限定発売 » T's MEDIA

マツダ 100 周年

マツダは、創立100周年を記念した特別仕様車を国内で市販する登録乗用車全車種に設定し、2021年3月末までの期間限定で販売。 4月3日より(マツダ6は5月以降)予約受注を開始した。 100周年特別記念車は、これまでマツダを支えてくれた人たちへの感謝とともに、創立時からの「人々の生活を豊かにする」という志を継承し、クルマづくりの原点を忘れないという想いを込めたクルマ。 ボディカラーには、マツダ初の乗用車『R360クーペ』の象徴的な2トーンカラーをモチーフとした赤と白のコーディネーションを採用。 マツダのクルマづくりの原点ともいえるこのクルマに込められた想いを、これからも受け継いでいく誓いが込められた特別なモデルとなる。 さらに100周年のスペシャルロゴをあしらったフロアマットやヘッドレスト、センターホイールキャップなど、特別な装備を内外装に施した。 価格は『マツダ2』が231万円から277万7500円、『マツダ3ファストバック』が289万3869円から394万0343円、『マツダ3セダン』が302万1436円から394万0343円、『CX-3』が291万0600円から341万5800円で、発売は2020年6月以降。 『CX-30』が311万7380円から403万6980円、『CX-5』が385万円から408万6500円、『CX-8』が438万6800円から500万0600円、『ロードスター(ソフトトップ)』は6ATが339万4600円、6MTが327万9100円、『ロードスターRF(リトラクタブルハードトップ)』は6ATが387万3100円、6MTが384万5600円で、発売は2020年7月以降。 100周年特別記念車は今後、グローバルに順次導入していく予定だ。 《纐纈敏也@DAYS》.

次の

マツダ、100周年特別記念車とカーデザイナーが手がける初のオフィシャルグッズ説明会

マツダ 100 周年

しかしながら、そういった規則があるにもかかわらず、インターネット販売サイト・では、既に6件の非売品が違反転売されていることが発覚しています。 ~現時点でメルカリには6件の違反転売が見つかっている~ こちらが実際に確認されたマツダ100周年記念品の一覧となりますが、もしかしたらこれら以外にも出品されている可能性は高そうですね ヤフオクでも同様の検索を行ったが確認できなかった。 おまけに販売価格も見ていくと、3,000円~20,000円とかなり幅広い価格帯にて転売されていますが、全て完売していることに驚き。 このように出品者に対して、違反転売することで懲戒解雇となる恐れがあるとの注意喚起を促しているにも関わらず、時すでに遅しで完売してしまっていますね。 ~自分の首を絞めてしまう悲しい注意書きをする転売者も~ なかにはこんな悪質な投稿も。 上の画像にもある通り、 「社内で転売禁止のアナウンスが予定されているようなのでお早めに!!」とわざわざ記載しているものもありますね。 これではマツダに対して、「自分は今悪いことをしていますよ!」とアピールしているようなものですね。 たった7,500円の利益を得るために、自分の首を絞め、更に自分の人生を棒に振るようなことを行っているのが非常に残念でなりません。 そしてこちらが、最も高価な20,000円にて転売された非売品。 先ほどの出品と色が異なるようですが、もしかすると職位などによって受け取れる種類やカラーも異なるのかもしれませんね。 それにしても…先人たちが築き上げてきた大切な記憶と記録を、このような形にて転売されるというのは、マツダも望んでいなかったことでしょうし、非常に悲しい想いをするでしょうね。

次の

マツダ100周年特別記念車とベース車の価格比較一覧 » T's MEDIA

マツダ 100 周年

マツダ2、3、6のほか、CX-3などSUV(スポーツ用多目的車)、ロードスターの全乗用車(スズキから調達する軽を除く)が対象で、21年3月末まで期間限定で販売する。 当時のR360クーペは赤と白の2トーンがテーマカラーで、特別記念車もこの2色でコーディネート。 ロードスターの場合、ボディーが白(スノーフレイクホワイトパールマイカ)、ソフトトップが赤(ダークチェリー)となる。 象徴的な2トーンカラーをモチーフに マツダは1920年1月、「東洋コルク工業株式会社」として広島市で創立。 27年9月に「東洋工業株式会社」に改称し、31年10月に同社初の3輪トラック「マツダ号DA型」の生産を始めた。 東洋工業時代のマツダは戦後も1950年代まで、3輪トラックが主力商品だった。 当時の日本では小回りのきく3輪トラックが人気だった。 マツダ初の乗用車は1960年発売の軽4輪車「R360クーペ」だ。 当時の日本は軽自動車の黎明期で、SUBARU(スバル)が58年に4人乗りの「スバル360」を発売したのに対し、マツダは2シーターのクーペを投入した。 R360は当時の軽には珍しい4サイクルエンジンやオートマチックトランスミッションを採用。 マツダは「当時の技術の粋を結集して挑戦したマツダの原点ともいうべきクルマ。 このクルマに込めた思いをこれからも受け継いでいくことを誓い、R360クーペの象徴的な2トーンカラーをモチーフにした」と説明している。 今回の特別記念車の発売に当たり、マツダは「創立100周年スペシャルロゴ」を設定。 マツダは1984年5月に前身の東洋工業から社名変更したが、東洋工業時代の「丸工マーク」と現在のマツダのシンボルマークを組み合わせ、「次の100年に向けて誇りをもって羽ばたいていこうという思いを込めデザインした」という。 ロータリーエンジンは? 特別記念車はスペシャルロゴ入りのヘッドレストとセンターホイールキャップのほか、フロントフェンダーとフロアマットに「創立100周年記念バッジ」が付く。 しかし、「RX-8」を最後に姿を消したとはいえ、マツダ最大の財産であり、象徴であるはずのロータリーエンジンが100周年記念のモチーフとして使われていないのは、マツダファンにとっては物足りないだろう。 近年、国内の自動車メーカーではスバルが2017年に創業100周年、スズキもマツダと同じく20年に創業100周年を迎えたが、マツダのような本格的な特別記念車を発売していない。 その意味で全車種に特別記念車を用意したマツダの意気込みが感じられる。 マツダは特別記念車の発売に当たり、「お客さまに愛着を持っていただける商品、技術、顧客体験の創造に挑戦していく」とコメントしている。

次の