海老蔵 事件。 市川海老蔵の隠し子(17歳)の現在がヤバすぎる!日置明子とは今も会っている!

市川海老蔵の酒癖の悪さと暴行事件の真相!江原啓之の予言が的中

海老蔵 事件

主演するNHK大河ドラマ「平清盛」が〝低空飛行〟を続けている松山ケンイチ(27)だが、この春公開された主演映画も大コケ。 これには今さらながら、〝梨園のプリンス〟市川海老蔵(34)が東京・西麻布で暴行された一昨年の事件が影響しているという。 大コケしたのは松山と瑛太(29)のダブル主演映画「僕達急行 A列車で行こう」。 昨年12月に急逝した森田芳光監督(享年61)の遺作でもあり、ヒットが期待されたが、こちらも「平清盛」同様、3月24日の公開直後から〝低空飛行〟を余儀なくされた。 公開第1週で9位と大方の期待を裏切り、その後は浮上することなく3週目にはベスト10から消え去ってしまったのだ。 映画関係者は「興行収入は5億円を割ったと言われている。 公開から1か月余りたった今では、上映している映画館はほとんどない」と明かす。 実はこの「僕達急行」、当初は昨年の秋に公開される予定だったが、海老蔵暴行事件のせいで〝飛んで〟しまった。 「海老蔵事件が起きたのは、海老蔵と瑛太がダブル主演した映画『一命』の撮影が終わった数日後。 あまりの反響の大きさに、一時は公開中止も噂された」(同関係者)。 結局お蔵入りは免れ〝一命〟は取り留めたが、当初は昨年5〜6月ごろに公開される予定が同10月に延期された。 「『一命』の公開が秋になったので、『僕達急行』も秋に公開したら、瑛太が主演する映画の上映時期が重なってしまう。 そこで『僕達急行』の公開は今年にずらしたんですよ」(同) この「僕達急行」の公開延期は当初、観客動員にマイナスになるとは思われていなかった。 「『平清盛』が1月から始まるわけだから、それが話題になれば松山の人気と相まって、映画もヒットすると考えられたんです」とは芸能プロ関係者。 ところが周知の通り、「平清盛」の視聴率は放送が進むにつれ下がる一方。 「僕達急行」が公開された頃には、視聴率が11〜13%くらいにまで下がっていた。 結果、「平清盛」の視聴率に比例するかのように、「僕達急行」の観客動員も惨たんたるものになってしまったのだ。 「かわいそうなのは瑛太ですよ。 海老蔵事件のトバッチリで、自分の主演映画の公開が2本とも延期。 どちらもヒットすれば問題ないけれど、実際は2本ともコケてしまった。 海老蔵に直接的と間接的の2度、振り回されてしまった格好だ」と芸能プロ関係者も同情する。 海老蔵事件の加害者とされ懲役1年4月の実刑判決を受けた男性は、3月末に仮出所。 事件の決着はすでについているとはいえ、その影響はいまだ強烈に残っているのは間違いなさそうだ。

次の

伊藤英明と関東連合の黒い関係!市川海老蔵襲撃事件現場のバーを紹介した張本人だった!

海老蔵 事件

5月30日、沖縄の繁華街で起きた乱闘事件の様子 関東連合(現在は解散)の名を世に知らしめた事件といえば、2010年に起きた「市川海老蔵暴行事件」ではないだろうか。 西麻布のバーで、元関東連合リーダー・石元太一受刑者と海老蔵がトラブルとなり、石元の後輩だった伊藤リオン氏が海老蔵に大ケガを負わせたというものだ。 石元受刑者はその後、2012年9月に起きた六本木クラブ襲撃事件(六本木のクラブ「フラワー」に金属バットで武装した関東連合のメンバーらが乗り込み、店内で飲酒中の男性に対して、暴行を加え殺害した事件)の指揮役として逮捕・起訴され、懲役15年の有罪判決が確定している。 一方、海老蔵暴行事件で逮捕・起訴されたリオン氏は、1年4カ月の実刑判決を受け、服役することになる。 「関東連合が有名になったのは、こういった事件もそうですが、個々が持つ人脈。 それによってもたらされた経済力でしょう。 リオン氏は先輩のために身体を張り、服役することになった。 そのために出所してきたリオン氏には、シノギが用意されていたといいます。 そのシノギで成功したリオン氏は、都内で飲食店を経営するなど、着実に経済力をつけていったようです」(関東連合事情に詳しいジャーナリスト) 筆者の後輩にも、元関東連合のメンバーとの付き合いがあった者がおり、この後輩が上京した際などには、リオン氏が空港までヘリコプターで迎えにきたこともあったと聞かされた。 その際、後輩が「すごいですね」と驚き混じりで口にすると、リオン氏は軽い口調で「ノリですよ」と笑っていたという。 また、その時期、リオン氏はセカンドハウスとして都内にマンションを借りようとしていたようで、物件の資料を筆者も後輩伝いに目にしたが、敷金礼金だけを見ても、そこらの金持ちが気軽に借りれるようなマンションではなかった。 その後、リオン氏が業界関係者の間で話題となったのは、2014年。 仙台市に本拠を置く六代目山口組大同会系傘下団体から破門されたことではないだろうか。 その破門状はインターネットでも拡散され、市川海老蔵暴行事件の加害者が、ヤクザ組織に在籍していたことが知れ渡ったのである。 本来であれば、ヤクザ社会から処分されれば、その人物は市井の人となり、力を落としていく。 だが、強力な人脈と財力を築いていたリオン氏は、その力を落とすことはなかったようだ。 沖縄の地元ヤクザとの乱闘騒ぎで逮捕者も そして昨年、ある動画がYouTubeで配信、拡散され、またしても話題となるのである。 その動画とは、リオン氏らが沖縄県で地元の不良たちとトラブルになり、乱闘騒ぎになっている映像であった。 「その頃には、俗な言い方をすれば、グレーなビジネスで財を成した元関東連合の関係者らは、都内で派手に飲み歩くとサツ(警察)に目をつけられるということなどの理由から、ススキノ(札幌)や沖縄にまで行き派手に遊んでいたと耳にしたことがある。 現にススキノでは、関東方面からやってきている若者がなぜそんな大金を持っているのかと訝しみ、サツが内偵を入れ始めたなんて話もあった」(沖縄事情に詳しい関係者) そうした中で、沖縄では、リオン氏と地元勢との間で摩擦が生じ始めていったのではないかとこの関係者は話している。 そして、5月30日。 沖縄県最大の繁華街、那覇市松山で双方に逮捕者まで出す乱闘事件が起きてしまったのだ。 この事件では、クラブで呑んでいたリオン氏グループと地元組織の組員らがトラブルとなり、金属バットやスタンガンで相手を攻撃、最後には大勢の警察官が駆けつける中で、組員のひとりが牛刀まで抜く乱闘に発展し、繁華街は一時騒然とすることとなった。 「地元組織の関係者からすると、これまでのリオン氏らの態度が目に余るものがあったのではないか。 乱闘の際には、リオン氏サイドには、別組織の組員もいたことから、大きな騒動になるのではないかと危惧された。 それに、リオン氏自体が関東の武闘派組織に在籍しているなんて話もあった。 現にその組織が事件の翌日に沖縄に飛んだという噂も出た。 ただ聞くところでは、それはリオンが在籍していたからではなく、あくまで個人的な関係で彼の身を案じて、関東の組織の人間が動いたらしい」(他団体の幹部) この事件では、地元組織である旭琉會系組員らが逮捕され、牛刀を出して応戦したとして、リオン氏側からは別の武闘派組織の組員が逮捕されている。 ただ、関係者の話によれば、上層部による話し合いはすでに終わっており、組同士の抗争などに発展することはないはずだという。 関係する組織名がどこも超がつくほどの武闘派だっただけに、一時は関係者の間で緊張が走った今回の騒動。 どれだけヤクザに対する厳罰化が進んだとしても、血気盛んな組員たちの衝動を止めることは難しく、こうした乱闘事件は今後もいつ起きてもおかしくはないといえるだろう。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『忘れな草』が発売中。

次の

伊藤リオンの現在!沖縄での喧嘩・海老蔵暴行事件や生い立ちとは

海老蔵 事件

市川海老蔵の暴行事件の真相とは? 当時の小林麻央の献身ぶりも振り返る ここで市川海老蔵の事件の真相に ついて振り返ってみる。 今回、真相を確かめたい事件とはは、 2010年11月25日、西麻布の ビル・バルビゾン27の11階にある 会員制カラオケバー「マーキス」 で起きた。 市川海老蔵はマーキス内で暴行を受け、 命からがら血まみれの状態で 妻・小林麻央が待つ自宅へと逃げ帰った のである。 事件は、血まみれの市川海老蔵の顔を 見た小林麻央が「只事ではない」と 救急車の手配と、警察へ通報したことで その事件は表沙汰となったのである。 暴行を受けたことで、市川海老蔵は 左頬陥没骨折や前歯を数本折るなど、 全治6ヶ月をもの重傷を負っていた。 小林麻央の対応は的確であった。 しかし、この事件については 「当然の報いだ」と世間から断罪される 風潮も高く、自分のために謝罪して回る 父・市川団十郎に対し 「言葉では言い表せませんが、親不孝を したと感じています」と頭が上がらない 状況であった。 夫・市川海老蔵が暴行を受けたこと、 また次第に明るみになる事件の真相など からショックも大きかった筈の 妻・小林麻央さんは、その後も心配を 表情に出さず、回復にいたるまで 甲斐甲斐しく看病を続けていた。 病室では横になる市川海老蔵に 小林麻央は、 「孝俊さん(海老蔵の本名)、生まれ 変わらないといけませんね。 一緒に 頑張っていきましょう」 と諭していたとのこと。 市川海老蔵も、そんな小林麻央の事を 振り返り、「夫婦の絆は深まっている」 と言い切っていた。 いったい西麻布のマーキスで何があった のだろう。 その真相を順に追っていこう。 市川海老蔵事件の犯人は関東連合のメンバー 市川海老蔵の暴行事件で、市川海老蔵に 全治6ヶ月もの重傷を負わせたとして 逮捕された犯人は、当時六本木界隈を 牛耳っていたグループの1つである 暴走族「関東連合」に属するメンバーで 伊藤リオンというハーフ青年であった。 事件当時、市川海老蔵は逮捕された犯人 伊藤リオンが属する関東連合のリーダー である石元太一と席を共にし 酒を飲み交わしていたのだが、 その席に伊藤リオンも同席していた。 この席上で伊藤リオンが市川海老蔵に 暴行することに至るのだが、 その前の布石はいくつもあったのだ という。 スポンサード・リンク 市川海老蔵の暴行事件の真相には 同席したモデルが関係した? なぜに市川海老蔵の暴行事件の 犯人である伊藤リオンがそこまで 強烈な暴行するに至ったのかの 真相については、 事件前に市川海老蔵が 同じ西麻布のビル・バルビゾン27に あるダーツバー「フィオレット」で 同席していた、モデルの藤井リナが 関係しているという。 市川海老蔵はカラオケバー・マーキス からフィレオレットに移り、 そこに居合わせたモデルの藤井リナを 見つけ同席し、口説いていたのだと いうのだが、小林麻央と 結婚したばかりの市川海老蔵の誘いに 乗ることはなく、そのまま 藤井リナは店から出ていったという。 市川海老蔵は元々酒癖が悪いと評判が あったのだが、 モデル・藤井リナに振られたことに 腹を立て、手が付けらないほどの状態で マーキスに戻り、酒の席を共にしていた 関東連合リーダーの石元太一に対し、 灰皿に注いだテキーラを強引に飲ませる などの行為に至ったのだという。 知らない方の為に説明を入れるが、 テキーラとは、カクテルのベースの 材料として使う以外は、一般的には 冷凍庫で冷やしておいて ストレート(原液のまま)で飲む様な 非常に度数の高い酒の事だ。 これは完全な八つ当たりである。 市川海老蔵は石本太一の髪を掴んで、 「飲め!」といった強引で理不尽な 行為にまで至っていたというのだ。 この市川海老蔵の行為が、この事件の 真相にある、大元の原因なのだ。 自分が属する暴走族「関東連合」の リーダーである石元太一がそこまで やられて、黙って見過ごせる訳がない。 我慢の限界を超えてしまったいうのが 暴行事件の犯人・伊藤リオンの 言い分であろう。 暴力を肯定するつもりは無いが、 犯人となってしまった方にも 同情が集まるような真相である。 あの事件からかなり時間が経った。 今までネット上に、 当時の事件についての情報が出回る こともあったが、元関東連合の リーダー格であった関係者からも 真相の部分が語られるようになった こともあり、 その信憑性は高まっていると言える。 2010年の市川海老蔵の暴行事件、 被害者は、命を危ぶまれるほどに 暴行された市川海老蔵に違いないが、 暴行事件に至る原因を作ってしまった のは市川海老蔵本人の行為によるもの である。 現在の市川海老蔵から受ける好感度 からすると嘘のような事件であるが、 当時の真相が明らかになった上で 考えれば、犯人がどちらかではなく、 どちらが悪かったのか?については 言うまでもないのではないだろう。 暴行事件当時も甲斐甲斐しく看病を 続け自分を支えてきれた 最愛の妻・小林麻央さんを亡くした これからが、 更に市川海老蔵の真価が問われる時間 なのであろう。 二人の子供たちを大切に育てあげる 良き父親であり、 良き歌舞伎俳優として 活躍して頂きたい。 Barca <参考> citizen-journal. nikkansports.

次の