地 這い キュウリ。 キュウリの整枝方法について教えて | 調べる | タキイ種苗株式会社

キュウリの簡単な育て方

地 這い キュウリ

JA鳥取いなば 家庭菜園 これから間に合う地這いキュウリづくり いまが最盛期で、なりざかりのキュウリも、盛夏期に入ると急に勢いがなくなり、収穫終わりとなってしまいます。 この頃をねらって、今から(関東南部以西では7月中旬頃まで)キュウリの種をまいて地這いづくりをしてみませんか。 ちょうどタマネギやエンドウ、ソラマメなどが片付いて空いている畑の利用(昔は葉タバコの産地で、その後作)としてのローテーションに良く、品薄期にとれるので、台所でも大変重宝します。 支柱を立てることなく、地面に這わせ、高温や乾燥の害を受けにくくして栽培する方法が良く、このような方法を地這栽培と呼んでいます。 品種は地這栽培用の余蒔、霜不知地這、青長地這、ときわ地這などが好適です。 前作が終わり次第、畑に図のような間隔をとって直まきします。 早いほど秋までの収穫期間が長いので多収となります。 最終を7月中旬と考え、畑が間に合わなければポリ鉢にまいて17〜18日ほど育苗してから畑に植えだすのが良法です。 種子は1ヶ所5〜6粒種まきし、本葉1〜2枚のころ間引いて2本を残し、そのまま栽培します。 本葉4〜5枚で摘芯し、3本の子づるを残してバランス良く配置します。 株の周りには敷わらを十分にし、20日に1回ぐらい化成肥料を株の周りにばらまいて追肥します。 アブラムシ、べと病などの病害は早めに薬剤散布し、広がらないよう留意します。 収穫は種まき後45日ぐらいから始まり、10月中旬ぐらいまで。 収量は春作の3分の1ぐらいですが、栽培の手数はあまりかかりません。 台風の被害を受けやすいのが最大の欠点です。 その時はいさぎよくあきらめるしかありません。 7月の園芸作業 ハボタンを、種まきから自分で育ててみようとするなら、中旬に種をまきます。 鉢植えで小さく仕立てるのなら、種まきは8月に入ってからで良いでしょう。 ただ、9月すぎにまくと、寒くなって花芽ができるまでに植物体が十分に育たず、小さすぎて、葉が着色しないことがありますので注意してください。 サルビア、ダリア、マリーゴールド、ベゴニア、ペチュニアなど初夏から秋まで長期間、次々に花を咲かせていく草花は、草姿が乱れてくるので、7月から8月にかけて草丈を半分ぐらいに切り戻しておくといいでしょう。 新芽が出て、秋に、また、まとまった姿で花を見せてくれます。 切り戻した後、追肥をしておきましょう。 コスモス、アサガオ、それにヒマワリも今からまくと、草丈が低いうちに花が咲き出すので、普通とは風情の違う姿が味わえます。 生育期間が短いので直まきとし、草丈が低く、花つきも少なくなるので、通常時期の移植栽培より株間を狭くしておきます。 梅雨が明けると、日差しも強くなり、花壇や鉢の土は乾きやすくなります。 水やりは、朝たっぷりやっておきましょう。 日中、葉がしおれたようになりますが、慌てて水をやらない方が賢明です。 根の働きを鈍らせたり、夜のうちに徒長したり、花つきを悪くしたりします。

次の

キュウリの本来の栽培方法:地這い栽培

地 這い キュウリ

JA鳥取いなば 家庭菜園 これから間に合う地這いキュウリづくり いまが最盛期で、なりざかりのキュウリも、盛夏期に入ると急に勢いがなくなり、収穫終わりとなってしまいます。 この頃をねらって、今から(関東南部以西では7月中旬頃まで)キュウリの種をまいて地這いづくりをしてみませんか。 ちょうどタマネギやエンドウ、ソラマメなどが片付いて空いている畑の利用(昔は葉タバコの産地で、その後作)としてのローテーションに良く、品薄期にとれるので、台所でも大変重宝します。 支柱を立てることなく、地面に這わせ、高温や乾燥の害を受けにくくして栽培する方法が良く、このような方法を地這栽培と呼んでいます。 品種は地這栽培用の余蒔、霜不知地這、青長地這、ときわ地這などが好適です。 前作が終わり次第、畑に図のような間隔をとって直まきします。 早いほど秋までの収穫期間が長いので多収となります。 最終を7月中旬と考え、畑が間に合わなければポリ鉢にまいて17〜18日ほど育苗してから畑に植えだすのが良法です。 種子は1ヶ所5〜6粒種まきし、本葉1〜2枚のころ間引いて2本を残し、そのまま栽培します。 本葉4〜5枚で摘芯し、3本の子づるを残してバランス良く配置します。 株の周りには敷わらを十分にし、20日に1回ぐらい化成肥料を株の周りにばらまいて追肥します。 アブラムシ、べと病などの病害は早めに薬剤散布し、広がらないよう留意します。 収穫は種まき後45日ぐらいから始まり、10月中旬ぐらいまで。 収量は春作の3分の1ぐらいですが、栽培の手数はあまりかかりません。 台風の被害を受けやすいのが最大の欠点です。 その時はいさぎよくあきらめるしかありません。 7月の園芸作業 ハボタンを、種まきから自分で育ててみようとするなら、中旬に種をまきます。 鉢植えで小さく仕立てるのなら、種まきは8月に入ってからで良いでしょう。 ただ、9月すぎにまくと、寒くなって花芽ができるまでに植物体が十分に育たず、小さすぎて、葉が着色しないことがありますので注意してください。 サルビア、ダリア、マリーゴールド、ベゴニア、ペチュニアなど初夏から秋まで長期間、次々に花を咲かせていく草花は、草姿が乱れてくるので、7月から8月にかけて草丈を半分ぐらいに切り戻しておくといいでしょう。 新芽が出て、秋に、また、まとまった姿で花を見せてくれます。 切り戻した後、追肥をしておきましょう。 コスモス、アサガオ、それにヒマワリも今からまくと、草丈が低いうちに花が咲き出すので、普通とは風情の違う姿が味わえます。 生育期間が短いので直まきとし、草丈が低く、花つきも少なくなるので、通常時期の移植栽培より株間を狭くしておきます。 梅雨が明けると、日差しも強くなり、花壇や鉢の土は乾きやすくなります。 水やりは、朝たっぷりやっておきましょう。 日中、葉がしおれたようになりますが、慌てて水をやらない方が賢明です。 根の働きを鈍らせたり、夜のうちに徒長したり、花つきを悪くしたりします。

次の

JA鳥取いなば 家庭菜園

地 這い キュウリ

地這栽培の メリットは、面倒な管理を最小限にできる点です。 一般的なキュウリ栽培の場合、支柱を立てた後、 整枝や誘引といった作業が必要になります。 枝を整え、つるを支柱に絡ませる作業を怠ると、 うまく生長することができません。 地這栽培の場合、整枝や誘引といった作業を最小限に抑えられるので、 管理にかかる時間を大幅に減らすことができます。 ただし、 デメリットも存在します。 地這栽培は支柱を使った露地栽培に比べて、 収穫できるキュウリの本数は少し少なくなります。 また、下にぶらさがるようになるキュウリと比べて、 地這で育ったキュウリは曲がりやすく、やや形が悪くなります。 しかし、家庭菜園においては、 地這栽培にすることで格段に作りやすくなるのは間違いありません。 ・耐暑性、耐病性に優れている 霜知らず地這は耐暑性、耐病性に優れているので、 べと病やうどんこ病などの心配も少なく、育てやすいキュウリです。 ・生育が良い 株の勢いが良く、側枝が発生しやすい品種です。 小さい葉をたくさん茂らせることで、たくさんの収穫が得られます。 5メートルとり、 元肥は窒素30グラム:リン酸35グラム:カリ30グラム、 堆肥を約2キロほど入れ良く耕します。 (1平方メートルあたり) 気温が上昇すると肥料の効きも良くなってくるので、 6月以降に栽培を開始する場合は、元肥が多くならないようにします。 また、種まきの一週間前までに畝立てまでの作業を終わらせておきます。 ・種まき 本葉3枚頃まで育苗し、それを定植させても良いですが、 株の勢いがつきやすいので、直まきをおすすめします。 種は株間50~70センチにし、1穴に約3粒ずつまいていきます。 種をまく深さは、1センチ弱で最後に土をかぶせ、平らにしておきます。 種まきの後、水やりを行います。 ・摘芯 地這栽培の場合、6~7節ほどで親づるを摘芯し、 発生する子づる・孫づるは放任します。 ・追肥 追肥は、一番果の収穫を目安にスタートし、 それ以降は、7日~10日に1回のペースで続けていきます。 追肥後は水やりを行うと、肥料が行き渡りやすくなります。 ・収穫 霜知らず地這を収穫する時は、葉をやさしくかき分け、 葉を傷めないように収穫していきます。 収穫適期サイズは、18~20センチなので、 このサイズより大きくならないように収穫します。

次の