かわいそう 韓国 語。 韓国語で絶対に使ってはいけない超危険な単語20選!

在日韓国人がつづる「日本のコレが残念!」に、韓国ネットは意見さまざま=「日本人はかわいそう」「むしろ韓国の方が衝撃的」|レコードチャイナ

かわいそう 韓国 語

結論から、明らかにしておきたい。 韓国は「かわいそうな隣国」であると同時に、世界一の「反日国家」だ。 日韓関係を理解する要素は3つだ。 常に忘れていけないのは、日韓関係悪化で得をするのは誰か、との疑問だ。 まずは、北朝鮮と中国である。 日韓の左翼勢力と、利用される日本人がいる。 日韓関係の通になるポイントを、指摘しておきたい。 第1は、冷戦の終了だ。 共産主義の脅威が消え、北朝鮮の脅威が減少した。 第2は、中国の台頭である。 韓国は、中国を取るか日米かの選択を迫られる。 第3は、韓国は「善か悪か」の二項対立の儒教文化で「灰色」思考が希薄。 朴大統領、8・15演説で慰安婦問題に触れず 韓国政府は、7月末に元慰安婦支援の「和解・いやし財団」を設立した。 反対を叫ぶ勢力が、式典に乱入した。 岸田外相は8月12日、日本が10億円の基金を早期に拠出すると表明した。 朴槿恵大統領は、15日の独立記念日の演説で、慰安婦問題に触れなかった。 大統領は、韓国の「善悪論理」の文化に、距離を置いた。 慰安婦問題とは、何か。 韓国の歴史学者は、次のように説明する。 「日本軍『慰安婦』問題は、1990年代に懸案問題として浮上した。 日本政府は、「慰安婦」は民間業者の仕業として、軍の関与を否定した。 女性団体が反発し、金学順ハルモニ(おばあさん)などが、当時の惨状を証言した。 東京地方裁判所に日本政府を相手取り、謝罪と賠償を求める裁判を起こした(2004年に最高裁で原告敗訴)。 韓国では、韓国挺身隊問題協議会などの民間団体が、支援する運動を広げた。 =中略=日本政府は日本軍「慰安婦」問題も日韓条約で完全に解決されたという方針を明らかにした」(『日韓歴意識対立と歴史対話』鄭在貞、新泉社」)。 この説明が、「強制連行」の言葉を使っていない事実に注目すべきだ。 鄭在貞教授は、革新系の著名人である。 その彼が、「強制連行」の文字を封印した。 慰安婦が「強制連行」ではない事実を、認めたと受け取られる。 河野談話とは何か 1993年8月4日に河野洋平官房長官は、慰安婦に関する次の談話を発表した。 「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。 慰安婦の募集については、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあった」 アジア女性基金が1997年1月に、ソウルのホテルに元慰安婦7人を集め、200万円の「償い金」と首相の手紙を手渡し、韓国メディアにホテルでの伝達式を伝えた。 これが間違いだった。 韓国の反対運動に火がつき、「償い金」を受け取った元慰安婦は「非国民」と激しく攻撃された。 韓国マスコミに伝えた行為は、余りに稚拙だ。 元慰安婦に対する「いたわりの心」と「優しさ」を欠いた。 基金には、韓国の実情を知る理事や委員が全くいなかった。 むしろ韓国政府に嫌われた人が委員に入っていた。 「償い金」伝達を攻撃されるとは思わなかった韓国理解の低さは、ひど過ぎる。 慰安婦問題の真実:挺身隊は慰安婦にあらず 朴裕河・世宗大学教授の『帝国の慰安婦』(朝日新聞)は、慰安婦問題の真実を十分に説明する。 彼女は著書に対する「出版差し止め」や「名誉毀損」の訴えを起こされた。 下級裁判所は、一部の表現の変更や賠償を認める判決を下した。 「学問の自由」否定は、民主主義国家ではあり得ない。 「慰安婦」は、韓国では「日本軍に強制連行された無垢な少女たち」(『帝国の慰安婦』)と理解される。 朴教授は、「挺身隊」は「慰安婦だ」という主張を否定し、「強制連行もない」と主張した。 在日の著名な研究者、金英達氏も「女子挺身隊員と従軍慰安婦はまったく関係ありません。 それは朝鮮人の側から歴史を歪曲している」(『朝鮮人強制連行の研究』」)と述べた。 彼は、在日コリアンも強制連行の子孫ではない、と明らかにした。 朴教授と李栄薰ソウル大学教授は、それぞれ元慰安婦への調査を行った。 ほとんどのケースが親に売られ、業者にだまされたもので、次のように説明する。 日本は、1939年に「国民徴用令」「国民勤労報国協力隊」「国民勤労動員令」を発令し、14歳から40歳の男子、14歳から25歳の未婚女子を国家動員できるようにした。 朝鮮には発令しなかった。 朝鮮での女子挺身隊募集は、終戦前の45年1月に志願制で始まった。 「挺身隊」は、「慰安婦」ではなかった。 この区別を確認しなかった韓国の学者らが、「韓国挺身隊問題協議会」を結成した。 関係改善を優先:個人の信念抑えた日韓首脳 日韓両首脳は2015年12月28日、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を明らかにした。 今後は慰安婦問題を外交問題にしない、との約束だ。 安倍晋三首相は、朴槿恵大統領に「新しい時代を切り開きたい」と伝えた。 合意は、両国首脳のこれまでの主張を考えると、おかしい。 朴大統領は、「正しい歴史認識と謝罪」を求めた。 安倍首相は、「日本軍による強制連行はない」と述べてきた。 安倍首相の過去の言動からは、「おわびと反省」の説明はつかない。 それでも、この合意は高く評価できる。 ドイツの政治学者マックス・ウェーバーは、著書の『職業としての政治』で、理想の政治家は「心情倫理」と「責任倫理」を融合できる人物、と述べた。 心情倫理とは、「正しい歴史認識」や「靖国神社参拝」といった個人の信念や信仰である。 責任倫理は、結果責任である。 政治は結果責任が全てであり、責任倫理で判断される。 日韓首脳は、慰安婦問題で日韓関係改善の責任倫理を優先しながら、なお心情倫理に配慮する解決を導き出した。 韓国の新聞は、「安倍首相が初めて自らの言葉で、謝罪と反省を表明した意味は大きい」と評価した。 日韓関係悪化の罪人(つみびと)たち 韓国では古くから、倫理的価値を重視する儒教文化の影響で「二局対立」や「二項対立」の理論が支配的である。 「中間のない、両極化文化」と韓国の学者は分析した。 白か黒かをはっきりさせる、「黒白論理」と自ら言う。 日本社会のような「灰色」解決や「玉虫色」は、嫌われる。 だから「日本は悪」「慰安婦は強制連行」「安倍晋三首相は軍国主義者」「天皇陛下は平和主義者」「日本は軍事力で独島(竹島)を奪いに来る」といった、現実感覚に欠ける主張が支配する。 「日本にもいい人もいれば、悪い人もいる」との現実的な見方は、生まれにくい。 冷戦時代には「共産主義は悪」で「北朝鮮は独裁で戦争狂」との、両極化理論が支配した。 だから、日本との友好関係が必要だった。 それが冷戦の崩壊で、「中国の脅威はない」「北の指導者を独裁と言わない」という黒白論理に変わった。 これは、日本との友好関係は必ずしも必要ではない、との思いにつながる。 中国の超大国化は、韓国に「中国か、日米か」の、文字通りの「二項択一」の選択を迫っている。 中韓関係の長い歴史で、韓国は常に中国の圧力に直面し、朝貢関係を強要された。 歴史が繰り返される、典型的なケースだ。 韓国には、北朝鮮支持を公にする組織がある。 選挙では10%程度の得票を得るから、かなりの勢力だ。 韓国の「反日」運動の背後には、常に北朝鮮の働きかけがあった。 慰安婦問題でも、北朝鮮と韓国の左翼勢力、日本の左翼勢力の連携があった。 東京で行われた「慰安婦法廷」の運動には、北朝鮮工作機関の職員も参加した。 韓国は、分断されている限り北朝鮮からの工作に直面する。 また、超大国中国の圧力にさらされる。 日韓友好の主張に対し、「日韓関係悪化」を望む勢力が常に国内外で暗躍する。 韓国は「二項択一」の国際政治から、離脱できない。 韓国の指導者は、極めて難しい舵取りを、常に求められる。 隣国の「かわいそうな」現実がある。

次の

かわいそうな韓国のスポーツ選手①ネットで攻撃→SNS非公開

かわいそう 韓国 語

あの人は怖い・・・怖いことが分かっている。 あの人はかわいい・・・かわいいことが分かっている。 怖いとかかわいいとかは主観の問題ですけど、言ってる人にとっては、怖いとかかわいいと言うことがはっきりしてると思います。 「そう」がつくと、きっと~だろうと言う、推量の意味になると思います。 あの人は怖そう。 ・・・本当はどうか分からないけど、見た感じで怖いと思う。 つまり、見た目で判断できない部分についてまで考えているのでしょうか。 (性格とか行動とか) すると、 あの人はかわいそう。 ・・・本当はどうか分からないけど、見た感じから想像すると性格がかわいいと思う。 これも、時と場合によっては、使えそうです。 でも、「可哀相」と言う意味の「かわいそう」があるので、紛らわしいですね。 だから、この場合は、「かわいいだろう」「かわいいとおもう」などといったほうが、分かりやすいのではないでしょうか。 ご質問にあった、赤ちゃんを抱いているお母さんに「かわいそうですね」と言った場合は、ふつう、このようなときには見た目のことをかわいいと言いたいのでしょうから、見た目ならはっきり分かるのに、それに「そう」をつけて、多分かわいいだろうなんていったら、かえって皮肉ですよ。 おかあさんとしては、いい気はしませんよね。 わたしなりの考えですが、どうでしょう。 A ベストアンサー 「美味しそう」、「楽しそう」、「苦しそう」の中の「~そう」はいずれも、「様態の助動詞」である「~そうだ」の語幹です。 上記はいずれも「形容詞の語幹+そう(だ)」という文法的構造を持っています。 これに対し、「かわいそう」は「かわい(『かわいい』という形容詞の語幹)+そう」に分けられるものではなく、「かわいそう(だ)」という一続きの形容動詞(の語幹)です。 「可愛い」という形容詞に対応している訳ではありません。 「かわいそう(だ)」を「可哀想(だ)」、「可哀相(だ)」と書くのは一種の当て字だそうですが、一続きの形容動詞であることを強調するためには都合が良いかも知れません。 >可愛いに対応する言葉はいったい何? 対応する言葉は、文法的には 「可愛そう」でよいと思います(「可哀相」、「可哀想」とは区別されるものとして)。 しかし、実際には「可哀想」、「可哀相」と区別できないので使われることはまずないですよね。 敢えて云えば、「可愛らしそう」がそれに相当するんじゃないかと思います(ちょっとニュアンスが変わってしまいますが)。 goo. cgi? 上記はいずれも「形容詞の語幹+そう(だ)」という文法的構造を持っています。 これに対し、「かわいそう」は「かわい(『かわいい』という形容詞の語幹)+そう」に分けられるものではなく、「かわいそう(だ)」という一続きの形容動詞(の語幹)です。 「可愛い」という形容詞に対応している訳ではありません。 A ベストアンサー す、すいません、補足回答です。 たびたびすんません。 「かわいい」は「かわゆい」が転じた新しい語だそうです。 ということで、「可愛い」「可愛そう」「可哀相」「可哀想」「可愛そう」は、 新潮国語辞典・広辞苑・新明解国語辞典にあたってみたところ、 すべて当て字(借字)とされているようです。

次の

かわいそうな韓国のスポーツ選手①ネットで攻撃→SNS非公開

かわいそう 韓国 語

あの人は怖い・・・怖いことが分かっている。 あの人はかわいい・・・かわいいことが分かっている。 怖いとかかわいいとかは主観の問題ですけど、言ってる人にとっては、怖いとかかわいいと言うことがはっきりしてると思います。 「そう」がつくと、きっと~だろうと言う、推量の意味になると思います。 あの人は怖そう。 ・・・本当はどうか分からないけど、見た感じで怖いと思う。 つまり、見た目で判断できない部分についてまで考えているのでしょうか。 (性格とか行動とか) すると、 あの人はかわいそう。 ・・・本当はどうか分からないけど、見た感じから想像すると性格がかわいいと思う。 これも、時と場合によっては、使えそうです。 でも、「可哀相」と言う意味の「かわいそう」があるので、紛らわしいですね。 だから、この場合は、「かわいいだろう」「かわいいとおもう」などといったほうが、分かりやすいのではないでしょうか。 ご質問にあった、赤ちゃんを抱いているお母さんに「かわいそうですね」と言った場合は、ふつう、このようなときには見た目のことをかわいいと言いたいのでしょうから、見た目ならはっきり分かるのに、それに「そう」をつけて、多分かわいいだろうなんていったら、かえって皮肉ですよ。 おかあさんとしては、いい気はしませんよね。 わたしなりの考えですが、どうでしょう。 A ベストアンサー 「美味しそう」、「楽しそう」、「苦しそう」の中の「~そう」はいずれも、「様態の助動詞」である「~そうだ」の語幹です。 上記はいずれも「形容詞の語幹+そう(だ)」という文法的構造を持っています。 これに対し、「かわいそう」は「かわい(『かわいい』という形容詞の語幹)+そう」に分けられるものではなく、「かわいそう(だ)」という一続きの形容動詞(の語幹)です。 「可愛い」という形容詞に対応している訳ではありません。 「かわいそう(だ)」を「可哀想(だ)」、「可哀相(だ)」と書くのは一種の当て字だそうですが、一続きの形容動詞であることを強調するためには都合が良いかも知れません。 >可愛いに対応する言葉はいったい何? 対応する言葉は、文法的には 「可愛そう」でよいと思います(「可哀相」、「可哀想」とは区別されるものとして)。 しかし、実際には「可哀想」、「可哀相」と区別できないので使われることはまずないですよね。 敢えて云えば、「可愛らしそう」がそれに相当するんじゃないかと思います(ちょっとニュアンスが変わってしまいますが)。 goo. cgi? 上記はいずれも「形容詞の語幹+そう(だ)」という文法的構造を持っています。 これに対し、「かわいそう」は「かわい(『かわいい』という形容詞の語幹)+そう」に分けられるものではなく、「かわいそう(だ)」という一続きの形容動詞(の語幹)です。 「可愛い」という形容詞に対応している訳ではありません。 A ベストアンサー す、すいません、補足回答です。 たびたびすんません。 「かわいい」は「かわゆい」が転じた新しい語だそうです。 ということで、「可愛い」「可愛そう」「可哀相」「可哀想」「可愛そう」は、 新潮国語辞典・広辞苑・新明解国語辞典にあたってみたところ、 すべて当て字(借字)とされているようです。

次の