日比谷 映画。 TOHOシネマズ日比谷はひとり映画鑑賞におすすめ

映画『犬鳴村』公式サイト

日比谷 映画

昔からの劇場が有楽町に集まっている 有楽町には、長い歴史を持つ映画館がたくさんあります。 その中でも戦前から有楽町の娯楽のシンボルとして知られていた「日劇(日本劇場)」は有名。 TOHOシネマズ日劇として2018年2月まで営業し、約84年の歴史に幕を閉じた歴史的な映画館です。 有楽町にはこうした戦前から営業していた映画館があるのです。 映画関係会社が集結する街 実は、有楽町には多くの映画会社があります。 日本三大映画会社である、東宝・東映・松竹の3社も有楽町に位置しています。 他にも、大手外資系配給会社であるワーナー・ブラザース映画社。 さらに良質なミニシアター作品を配給するロングライドなど様々な映画会社が集まっています。 映画会社では、新しい映画の企画や宣伝、興行など重要な決定事項が決められています。 ここ有楽町では多くの映画が生み出されているのです。 チェーンマスターとは、全国何百とある映画館の中でトップとして位置付けされた映画館です。 映画のポスターやチラシなどに「TOHOシネマズ日比谷他、全国ロードショー!」と記載されているのを見たことはありますか? 色々な映画のフライヤーをみてみると、チェーンマスターである有楽町の映画館の名前が多く挙げられています。 そのため、映画公開初日の舞台挨拶は、有楽町の映画館で行われることがよくあります。 昔から映画と深い関わりを持ち、今でも映画業界の重要な場所である有楽町。 今回は有楽町にある映画館をエリア別に漏れなくご紹介します。 <有楽町のおすすめ映画館> 通常のシネコンでは10スクリーン以上あるのが当たり前。 しかし、ここから紹介するのは1〜3スクリーンのみで営業している映画館です。 丸の内ピカデリー 有楽町でおすすめしたいのが、ここ丸の内ピカデリー! 有楽町駅 C4出口より徒歩1分の有楽町マリオン9階にある映画館です。 新宿ピカデリーと同様、運営元はSMTエンターテイメントという松竹系の大手シネコン。 しかし、スクリーン数は3つのみです。 なんとここには、都内では珍しい2階席がある映画館です。 座席数も500〜800席ほどで、有楽町では最大級の多さを誇ります。 2階から眺める大きなスクリーンは、普段と一味違う体験になること間違いなし。 スクリーンは9階にありますが、チケット売り場は1階にあるのでご注意を。 また、丸の内ピカデリーのもう1つの目玉が「爆音映画祭」というイベントです。 この映画祭では、様々な映画を最高の音響・最大の音量環境で鑑賞できます。 過去には『ラ・ラ・ランド』や『マッドマックス 怒りのデス・ロード』など、ミュージカル映画や大迫力のアクション映画を上映してきました。 上下の階層に振動が伝わってしまったりと、シネコン環境では難しいと言われている爆音映画祭。 丸の内ピカデリーだからこそ実現できる企画です。 さらに2019年10月4日には、都内初となる「ドルビーシネマ(Dolby Cinema)」をオープン予定。 ドルビーシネマは、最先端の映像と立体音響を採用し、まるで作品の中にいるような没入感を味わえる新しい試みです。 是非、丸の内ピカデリーで体験してみてください。 角川シネマ有楽町 有楽町駅国際フォーラム出口前、ビックカメラの8階にあるのが角川シネマ有楽町。 名前の通り、角川映画(KADOKAWA)が運営しているミニシアターです。 JR有楽町駅のホームから映画の看板を見たことがある方も多いのではないでしょうか。 スクリーンは1つのみで、大人の女性層を意識した作品を中心に上映しています。 元々は、2010年1月まで営業していた「シネカノン有楽町」という劇場でした。 2011年2月19日に「角川シネマ有楽町」としてオープンし、現在まで営業している歴史的には新しい映画館です。 on Jan 4, 2019 at 7:55am PST 通常、全国の映画館では水曜日はレディースデーとして女性の鑑賞料金が1,100円になります。 しかし、角川シネマ有楽町では、男女一律1,100円!男性にも優しい映画館です。 また、角川系列の映画館でありながら、実はテアトル系列のポイントカード「TCGカード」が使えることも嬉しいサービスです。 各映画館のポイントカードはそれぞれありますが、他社のポイントも貯めることができる寛容的な映画館です。 ヒューマントラストシネマ有楽町 有楽町駅 中央口から徒歩1分、有楽町イトシア・イトシアプラザ4階にあるヒューマントラストシネマ有楽町。 ヨーロッパ映画を中心に上映する、有楽町唯一のテアトルグループ系列のミニシアターです。 スクリーン数は2つで、それぞれ座席数は63席・162席とこじんまりとした映画館となっています。 館内はお洒落なシャンデリアのあるヨーロピアンスタイルのロビー! ロビーはもちろん、座席やトイレまで清潔でとても綺麗です。 フードやドリンクも揃っており、アルコールも楽しむことができます。 丸の内TOEI on Apr 4, 2019 at 10:34pm PDT 1960年から半世紀続く、昭和レトロな雰囲気を楽しめる東映直営の映画館です。 この映画館は東映本社と同じビルに位置しており、東映作品を中心に上映しています。 スクリーン数は2つのみですが、多くの東映作品の舞台挨拶やイベントが行われています。 近年、シネコンでは自動機械でチケットを購入するのが当たり前の時代。 ここではチケット売り場は1階にあり、直接スタッフからチケットを購入する昔ながらのスタイルです。 館内も昔ながらのどこか懐かしい雰囲気を楽しむことができます。 プランタン銀座のすぐ隣という好立地。 有楽町・銀座でのショッピングや食事の前後に昭和レトロな映画館を楽しんでみてはいかがでしょうか。 2018年に新しくオープンしたTOHOシネマズ日比谷を筆頭に、映画の街として確固たる地位を築いている場所です。 TOHOシネマズ日比谷 もはや日比谷の新しいシンボルマーク! 日比谷ミッドタウンの4階にあるTOHOシネマズ日比谷です。 都内最大級の13スクリーン・全2800席をもつ2018年3月にオープンしたばかりのシネマ・コンプレックス。 日比谷駅から直結という抜群の立地の良さで、雨の日でも濡れる心配はありません。 オープンして間もないですが、もはや有楽町を代表する映画館の1つです。 そのため、様々な映画の舞台挨拶やイベントが行われています。 イベント時だけではなく、連日館内にはたくさんの映画好きな人々で賑わっています。 実は新しい試みとして紙のチラシが1枚も設置されていません。 TOHOシネマズシャンテ 日比谷駅 A5出口から徒歩2分ほどに位置するのが、TOHOシネマズシャンテ。 TOHOシネマズ系列ながら、ヨーロッパ系のミニシアター作品を多く上映している劇場です。 スクリーン数は少ないですが、その分、国内最大手TOHOシネマズによって選び抜かれた良質な作品が日々上映されています。 歴史は長く、元々は「シャンテ シネ(Chanter Cine)」として1987年10月にオープンしました。 2009年に「TOHOシネマズシャンテ」に改名し、現在まで映画ファンに愛され続けています。 築年は長いですが、館内や施設は新しく清潔です。 スクリーンは3つで、各スクリーンは2階、4階、地下1階にありエレベーターを使用する必要があります。 上映前ギリギリだと混んでおり、次のエレベーターを待たなければいけない時も... 少し時間に余裕をもって入場すると良いでしょう。 有楽町スバル座 有楽町駅日比谷口から徒歩1分の有楽町ビルヂング内にあるのが、老舗映画館・有楽町スバル座。 外装は、昭和の香りが漂うレトロな看板が目印です。 1946年12月、元々は「丸の内スバル座」という劇場という名で、戦後間もない国民の娯楽の場でした。 しかし、1953年に起きた火災でスバル座は一度消失し、しばらくは営業停止。 1966年4月、そんな丸の内スバル座を継承して誕生したのが有楽町スバル座です。 館内はきちんとリニューアルされており、レトロ調を取り入れつつも清潔で綺麗です。 実は有楽町スバル座は53年の歴史に幕を閉じ、2019年10月に閉館される予定です。 残り少ない期間ですが、戦後から続く老舗映画館を閉館までにチェックしてみてはいかがでしょうか。 銀座には昔から続く老舗映画館が多く集まり、昭和の雰囲気を楽しめます。 シネスイッチ銀座 1989年公開の『ニューシネマ・パラダイス』を大ヒットに導き、日本のミニシアターブームに大きく貢献した伝説的な映画館です。 スクリーンは2つあり、収容人数は少ないですが館内はとても綺麗です。 昔ながらのレトロな雰囲気を楽しむことができ、銀座のマダム達が連日多く集まります。 最近、各シネコンで映画鑑賞料金が1,900円に値上げするという話が話題になっています。 しかし、シネスイッチ銀座ではこれまで通り1,800円で鑑賞することができます。 前身である銀座文化劇場時代のオープンが1987年。 そこから名称や形を変えながら現在まで多くの人に愛され続けています。 また、今では定番となったレディースデーをはじめた映画館としても知られています。 多くの映画館では毎週水曜日ですが、シネスイッチ銀座では毎週金曜日なのでご注意ください。 さらには、今年からオンラインチケット予約にも対応。 まだまだバリバリ現役の老舗ミニシアターです。 東劇 日本大手映画会社である松竹本社ビルの3階にあるのが東劇。 昭和レトロな看板が目印です。 歴史を遡ると、1930年に劇場として開業。 そして1950年に映画館へリニューアルされ、現在まで営業している歴史ある映画館です。 スクリーンは3階にありますが、チケット自体は1階の窓口で購入できます。 もはや東劇の代名詞といえるのが、シネマ歌舞伎とMETライブビューイングオペラ! 映画料金で歌舞伎やオペラを楽しむことができます。 他の映画館とは一風変わった興行ラインアップが魅力です。 東劇のスポット情報 住所 : 〒104-8422 東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル3F アクセス : 東京メトロ「東銀座駅」6番出口より徒歩1分 電話番号 : 03-3541-2711 定休日 : なし 営業時間 : 興行スケジュールに準ずる。 当日の上映開始時間の30分前よりチケット販売及びご入場開始 料金 : シネマ歌舞伎・METライブビューイング・シネマ落語・特集上映・その他の特別興行の場合、その都度料金体系が異なりますので、公式サイトをご確認ください。 公式URL : 元祖映画の街・有楽町のおすすめ映画館をご紹介しました。 普段何気なく行っていた映画館の歴史や個性を知ると、より深く映画を楽しむことができませんか? 気になる映画館があれば、是非遊びに行ってみてくださいね。

次の

日比谷映画とは

日比谷 映画

1990年、ソ連の諜報機関KGBによって造り上げられた最強の殺し屋、アナ。 美しきファッションモデルやコールガールなど複数の顔を持つ彼女の使命は、国家にとって危険な人物を次々と消し去ること。 その明晰な頭脳とトップクラスの身体能力を駆使して、国家間の争いを左右する一流の暗殺者へと進化を遂げるアナ。 そんな中、アメリカのCIAの巧妙な罠にはめられたアナは、捜査官レナードからCIAに寝返れという驚愕の取引を迫られる。 『ニキータ』『レオン』『LUCY/ルーシー』で魅力的な〈闘うヒロイン〉を世に送り出し、『TAXi』『トランスポーター』『96時間』シリーズをプロデューサーとして世界的大ヒットへと導いたリュック・ベッソンが、本作では監督・脚本・製作を担当。 映画への深い愛と冒険心に溢れた初期作品のスタイルとテーマに自ら回帰し、フルスピードで展開する行先不明のストーリーと、武器を持たずに敵地へ乗り込んだアナが5分で40人を倒すなど、リアルかつ壮絶なファイティングシーンを完成させた。 主人公のアナには、16歳でランウェイデビューを果たし、シャネル、ディオール、ヴァレンチノなどハイブランドのモデルを務めるロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルス。 1年をかけてマーシャルアーツを学び、『ジョン・ウィック』シリーズでも話題の〈ガン・フー〉をマスターし、レストランではグラスに皿、フォークまでを駆使して息をのむアクションシーンを成し遂げた。 本来のキャリアであるファッションモデルの華麗なお仕事シーンとのギャップで、観る者を楽しませてくれる。 ヘアメイクと眼鏡、完璧なロシア訛りで毒舌捜査官に変身、パワハラ上司が少しずつアナに愛情を感じていく様をウィットに富んだユーモアを添えて演じた。 スカウトしたアナと恋におちる肉体派のKGB捜査官アレクセイには『ワイルド・スピード ICE BREAK』のルーク・エヴァンス、アナを寝返らせる頭脳派のCIAエージェントのレナードには『ダークナイト』のキリアン・マーフィ、他にも『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』のアレクサンドル・ペトロフ、ロシア生まれのファッションモデルで本作がスクリーンデビューのレラ・アボヴァと、独自の世界を切り開く個性派が顔をそろえた。 撮影監督は『フィフス・エレメント』でセザール賞に輝いたティエリー・アルボガスト、音楽には『グレート・ブルー』で同賞を受賞したエリック・セラと、初期のフィルモグラフィからベッソンを支える一流スタッフが集結した。 二重スパイの果てにCIAエージェントのレナードによって、KGB長官暗殺作戦に引きずり込まれるアナ。 露店でマトリョーシカ人形を売っていた大学生のアナ サッシャ・ルス は、パリのモデル事務所のスカウトマンに声をかけられデビュー、すぐに売れっ子となる。 事務所の共同経営者のオレグと付き合い始めて2ヵ月、毎夜パーティにディナーと華やかな暮らしを送っていた。 ある時、オレグからホテルのスイートルームに呼ばれたアナは、貿易商だと自称する彼に、「本業は何なの?」と問い詰める。 オレグから武器商人という裏の顔を打ち明けられたアナは、トイレに隠していた銃で、容赦なくオレグの頭を撃ち抜く。 実は彼女の真の姿は、ソ連の諜報機関KGBに造り上げられた殺し屋だった。 3年前、アナはモスクワで、恋人とクスリに溺れる日々を過ごしていた。 堕落した生活に終止符を打つべく海軍に志願すると、見知らぬ男から「軍事訓練1年、現場勤務4年、その後は自由」という仕事を持ちかけられる。 男の名はアレクセイ ルーク・エヴァンス 、KGBの捜査官でアナの陸軍士官学校時代の優秀な成績に目を付けたのだ。 アナが「クソみたいな人生」に転落したのは、最愛の両親を事故で亡くした悲しみからだった。 それから1年、アレクセイは過酷な訓練を全うしたアナを、上官のオルガ ヘレン・ミレン に紹介する。 オルガはアナに「レストランで食事中のマフィアのボスから5分で携帯電話を奪う」という過酷なテストを与える。 店に踏み込んだアナは、オルガから渡された銃をボスに向けるが、弾倉はカラッポだった! やむなくワインボトルにグラス、皿にフォークを駆使して闘い、何十人もの屈強なボディカードを次々と倒すアナ。 時間はオーバーしたが、「二度とヘマしない」と誓うアナを、オルガは「されちゃ困る」と合格にするのだった。 そう、アナの最初の標的がオレグだったのだ。 モデルにスカウトされるように仕向けたのも、すべてオルガのシナリオだ。 成功したアナは長官の面接を受け、正式採用となる。 だが、今では恋人でもあるアレクセイの「5年で自由」が嘘だったと知り、ショックを受ける。 それからもオルガの指示の下、次々と国家の邪魔者を消すアナ。 やがてアナはその美貌とスタイル、魅力的なオーラからトップモデルへと上りつめる一方、明晰な頭脳によって国家間の争いさえ左右できる一流の殺し屋として認められる。 だが、ある夜、アメリカCIAの罠にはまるという痛恨のミスを犯したアナは、捜査官のレナード キリアン・マーフィ から、死か寝返るかの選択を迫られる。 アナは「1年で自由。 ハワイで保護」を条件に従うのだった。 アナに惹かれていくレナードのスマートな対応で、アナの二重スパイとしての任務は問題なく進んでいく。 『タイタンの戦い』 10 のアポロ役、『インモータルズ -神々の戦いー』 11 、『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』 11 で、アクション俳優としての地位を確立する。 その後、ピーター・ジャクソン監督の大ヒットシリーズ『ホビット 竜に奪われた王国』 13 と『ホビット 決戦のゆくえ』 14 でアーチェリーの達人バルドを演じ、世界的にその名を知られる。 さらに、『ワイルド・スピード』シリーズの『EURO MISSION』 13 、『SKY MISSION』 15 、『ICE BREAK』 17 でも人気を集め、大ヒットを記録した実写版『美女と野獣』 17 のガストン役で演技派俳優としても認められる。 日本公開待機作にローランド・エメリッヒ監督の『MIDWAY』 19 がある。 1976年5月25日、アイルランド生まれ。 初めて世界から注目を集めたのは、ダニー・ボイル監督の『28日後... 』 02。 続いて、ニール・ジョーダン監督の『プルートで朝食を』 05 でゴールデン・グローブ賞にノミネートされ、個性派俳優としてその存在を知られる。 また、クリストファー・ノーラン監督に高く買われ、『バットマン ビギンズ』 05 、『ダークナイト』 08 、『ダークナイト ライジング』 12 、『インセプション』 10 、『ダンケルク』 17 に出演する。 その他の出演作は、ケン・ローチ監督の『麦の穂をゆらす風』 06 、ダニー・ボイル監督の『サンシャイン2057』 07 、『ブロークン』 12 、ロン・ハワード監督の『白鯨との闘い』 15 、『フリー・ファイヤー』 16 等がある。 1945年7月26日、イギリス、ロンドン生まれ。 その他の出演作は、『コックと泥棒、その妻と愛人』 89 、『カレンダー・ガールズ』 03 、『RED/レッド』 10 と続編『REDリターンズ』 13 、『ヒッチコック』 12 、『黄金のアデーレ 名画の帰還』 15 、『ワイルド・スピード』シリーズの『ICE BREAK』 17 と『スーパーコンボ』 19 、最新作の『ジェットブレイク』が控える。 1989年1月25日、ロシア・ペレスラヴリ=サレッスキー生まれ。 映画では、昨年全露No. 1ヒットとなった『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』 18 のニコライ・イヴシュキン役で一躍彼の名が知られることとなる。 その他の映画出演作は、『タイム・ハンターズ 19世紀の海賊と謎の古文書』 14 、『アトラクション 制圧』 17 等がある。 1959年3月18日、フランス、パリ生まれ。 1983年に初めて監督した長編映画『最後の戦い』で、アボリアッツ・ファンタスティック映画祭の審査員特別賞を受賞、一躍注目される。 続いて、『サブウェイ』 85 がセザール賞3部門を受賞。 さらに、『グラン・ブルー』 88 がフランスで1千万人を動員し、1年間にわたって上映され社会現象を起こす。 日本でも1992年に公開され、連日長蛇の列を作った。 続く『ニキータ』 90 と『レオン』 94 で人気を不動のものとする。 そして、SF映画『フィフス・エレメント』 97 でセザール賞監督賞に輝くと共に、世界的な名声も手にする。 その他の作品は、海洋ドキュメンタリー『アトランティス』 91 、『ジャンヌ・ダルク』 99 、『マラヴィータ』 13 、『LUCY/ルーシー』 14 など。 プロデューサー、脚本家としても活躍するベッソンの代表作に、フランスの人気アクションシリーズの『TAXi』 97・00・03・07・18 を始め、リーアム・ニーソンの近年のヒット作『96時間』シリーズ 08・12・14 やジェイソン・ステイサムのハマリ役『トランスポーター』シリーズ 02・05・08 等がある。 製作:マーク・シュミューガー MARC SHMUGER 1958年生まれ。 マーケティング責任者、企業幹部、受賞経験のあるプロデューサーとして、エンターテインメント業界の最高レベルで仕事をしてきた、ビジネス、クリエイティブ両面での実践的リーダー。 ソニー・ピクチャーズ エグゼクティブVP 、ユニバーサル・ピクチャーズ 会長 、そしてヨーロッパコープ CEO で上級職を務める。 撮影監督:ティエリー・アルボガスト THIERRY ARBOGAST A. C 1957年、フランス生まれ。 『プロヴァンスの恋』 95 、リュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』 97 、『ボン・ヴォヤージュ』 03 でセザール賞を受賞する。 ニック・カサヴェテス監督の『シーズ・ソー・ラヴリー』 97 でカンヌ国際映画祭フランス映画高等技術委員会賞を受賞する。 ベッソン監督作品は、『ニキータ』 90 以降のほぼ全作を手掛けている。 その他の作品は、ブライアン・デ・パルマ監督の『ファム・ファタール』 02 、『キャットウーマン』 04 、マチュー・カソヴィッツ監督の『バビロン A. 』 08 、『ハートブレイカー』 10 、マックG監督の『ラストミッション』 14 等がある。 プロダクションデザイナー:ユーグ・ティサンディエ HUGUES TISSANDIER A. C リュック・ベッソン監督の『アデル/ファラオと復活の秘薬』 10 で、セザール賞を受賞する。 その他の作品は、『96時間』 08 、『トランスポーター イグニション』 15 、『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』 17 等がある。 リュック・ベッソン監督の『アデル/ファラオと復活の秘薬』 10 、『不機嫌なママにメルシィ!』 13 でセザール賞にノミネートされる。 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、映画『ANNA/アナ』の公開を延期しておりましたが、この度の政府による緊急事態宣言の全国的な解除を受け、6月5日(金)より劇場公開することを決定いたしました。 営業再開にあたり、各劇場では新型コロナウイルス感染予防対策を実施されております。 ご来場予定のお客様につきましても劇場HPをご確認のうえ、ご協力を頂きますようお願い申し上げます。 公開延期発表の際には、皆様から温かい励ましの声を多く頂き、誠にありがとうございました。 この度公開する運びとなりました事を嬉しく思うとともに、営業再開にあたり、医療現場の最前線で、新型コロナウイルス感染症の対応にあたられている医療従事者の方々、関係者の方へ心より敬意と感謝を申し上げます。

次の

映画『犬鳴村』公式サイト

日比谷 映画

戦前の日比谷映画劇場 情報 正式名称 日比谷映画劇場 完成 開館 開館公演 南の哀愁/ウィンナ・ワルツ 閉館 最終公演 客席数 1,375 設備 用途 上映 運営 株式会社 所在地 〒100 1-2-2 最寄駅 (A5出口)から徒歩約3分 (日比谷口)から徒歩約4分 日比谷映画(ひびやえいが)は、東宝会館内でが所有していた。 (9年)に「 日比谷映画劇場」として開館、場所は現在の、合歓の広場、そして東宝日比谷ビル(通称 、写真左奥に写っている建物)の一部敷地内。 (昭和32年)4月に開館された東宝会館内の邦画専門館「 千代田劇場」を改称し(昭和59年)10月に開館。 (17年)4月8日に閉館し、現在は建て替えを行いとして営業。 歴史 [ ]• 1933年7月5日 - 地鎮祭• 1934年1月24日 - 本社が入居。 1934年2月1日 - 現在の東宝日比谷ビル敷地内に「日比谷映画劇場」開館• 1934年2月1日 - 東宝ニュースを朝日新聞社と提携して製作、定期的上映、日本のニュース映画の定期上映は最初の試みとして注目をあびる• 1935年3月14日 - 東京宝塚劇場本社を4階に移転。 1936年3月4日 - ワーナー「真夏の夜の夢」特別公開、日本最初のロードショー。 1957年4月14日 - 東宝会館(東宝本社ビル)が完成し「千代田劇場」「」開館• 1977年7月 - 日比谷映画劇場をメインに上映予定だった『』が上映中止となる• 1984年11月11日 - 「日比谷映画劇場」が閉館。 この日に合わせ『生まれて半世紀! さよならフェスティバル』が行われ『』が最終上映作となった。 これにともない同年10月27日より「千代田劇場」が「日比谷映画」に改称• 2005年3月31日 - 東宝会館の老朽化による建て替えのため「みゆき座」閉館• 2005年4月8日 - 東宝会館の老朽化による建て替えのため「日比谷映画」閉館。 71年間続いた日比谷映画の名称が消滅する。 2007年10月 - 東宝会館跡地に東宝ビル完成、同ビル内に映画館はない。 アクション、サスペンスの洋画を中心に上映、70mmの映写設備が存在した時期もあった。 東宝洋画系公開のチェーンのチェーンマスター。 チェーンマスターの機能は「」( - )を経て、「TOHOシネマズ日本橋」(内)及び「TOHOシネマズ日比谷」(内)へと集約されている。 定員648人。 旧「日比谷映画劇場」のチェーンマスターの機能は「(2代目)」・「日劇プラザ」、「日劇1・3」から「スクリーン1・3」を経てTOHOシネマズ日比谷へ、邦画専門館「千代田劇場」のチェーンマスターの機能は「日劇東宝」、「日劇2」から「TOHOシネマズ日劇スクリーン2」を経てTOHOシネマズ日比谷へと引き継がれている。 主な上映作品 [ ] 千代田劇場時代(1957年4月 - 1984年10月) [ ] この節のが望まれています。 、、、• 、、、• すかんぴんウォーク、 シリーズ作品• シリーズ(『』から『』まで)• シリーズ• (全5作)• ・主演シリーズ(全12作)• シリーズ(全4作)• (全5作)• スーパーヒットシリーズ(全6作)• 主演シリーズ(『』、『』)• シリーズ(『』から『』まで)• ジュラシック・パークシリーズ(、)• シリーズ(、) 旧「日比谷映画劇場」時代(1934年2月 - 1984年10月)の主な上映作品 [ ] この節のが望まれています。 (1936年)• (1937年)• (、初のカラー映画)• (1948年)• (1954年)• 標高八、一二五メートル マナスルに立つ()• (1956年)• (1958年)• (1958年、この映画の公開が、日本におけるの由来になったとされている)• (1959年)• (1959年)• (1960年)• (1962年)• シリーズ• (1963年) - (1983年)• (1968年)• (1970年)• (1975年)• (1976年)• (1976年)• 不毛地帯(1976年、先行上映)• (1976年、先行上映)• (1977年)• (1978年)• (1978年)• (1979年)• (1980年)• (1980年)• (1980年)• (1981年)• (1981年)• (1981年)• (1982年)• (1983年)• (1983年)• (1984年)• (1984年)• (1984年、最終ロードショー作品) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の