和希 そら。 【和希そら】トップになるには組替えか!?宙組の今後を知りたい!

ずんそら(桜木みなと×和希そら)仲良しエピソードが愛おしすぎる!

和希 そら

和希そらくんが「El Japon-イスパニアのサムライ-」で切り拓く新境地 ーー「El Japon」は壮大な漫画みたいな感じがしました。 そうですね、幕開きはガッツリ日本物なのかなと匂わせておきながらすごく見やすいというか。 私たちも作品を作っていく上で「あ、こんな感じなんだ」というのを感じながらお稽古していきました。 セリフもクサかったりアニメみたいな感じで楽しんでいます。 自分も。 ーー誌上座談会で先生が マカロニ・ウェスタンと散々言っていました。 そらちゃんの藤九郎役はマカロニ・ウェスタンでいうとなんでしょう? 拗らせ坊やって言われています(笑)。 拗らせてます。 でも途中で自分の意志とは別にスペインに連れてこられて、スペインでの 治道/真風涼帆を近くで見ているときに 西九郎さん/瑠風輝とお話して過去の真実を聞いたりして、真実の物語を知ることによって藤九郎自身も成長するというストーリーがあります。 物語を客観的に見たときに 治道/真風涼帆にとっても心情が変化していく存在じゃないといけないと思ったので、日々深めていけたらと思っています。 ーー異国で真実を聞かされてショックですよね。 わりと長い期間、恨みを抱え憎しみながらずっと生きてきた人物だと思うので、簡単には「そうだったんだ」とはならない。 それを知ったことにより、ただただ 姉上(藤野)/遥羽ららや大切な一族の人たちが亡くなったというのが残ったという喪失感などを感じながら日々やっています。 ーー「日々やってます」と暗い顔をされても、和希そらくんのイメージというのはいつも明るいから、影をひきずっている役は珍しいと思いました。 そうですね、でもずっとやりたかったんです。 真逆というか……そういうわけじゃないと思うんですけど。 一人でいるときもへらへらしているわけじゃないので(笑)。 皆さんが持ってくださっているイメージをいい意味で壊していくような役に出会えたらいいなとずっと思っていたので、 今回いろいろなものを抱えていて最後の最後に笑うかな?みたいな役をやっていた楽しいです。 いままで新人公演でも狂気を持っている役ーー「エリザベート」のルキーニはあったんですけれど、こういう 「心を開きなされ」っていう子はないですね。 ーー客席からも 「もうええやろ」と声をかけたくなる頑なさがあります。 そうなんですよね。 でもやっぱり、 一族の者として戦の様子なども知っているからこその根の深いものがあって。 9場の真実を知るところの回想の場面も実際に見ているわけではなく 西さんの話を聞きながら回想をボヤっと見ているという演出なのですが、 お姉ちゃんが赤い照明で焼けていく演出を見ていたら涙が出てきたりして。 そんな感じです。 ーーでも お姉ちゃん/遥羽ららも「治道様」しか言わないですね。 でも私も「姉上」「姉上」しか言わないので。 先生にもシスコンの場面と言われました。 ーー「El Japon」は実際にあった話なんですよね。 私の役などは実在はしておらず架空の人物ですが、史実に基づいた話もたくさんあります。 大野先生の作品ってそういう意味でもすごく勉強になるしおもしろいので、お稽古の進み方も楽しかったです。 ーー相当な剣の達人の設定ですが。 それでも敵わない 治道/真風涼帆の剣さばきというのが、最後の場面も助けにいくという筋ですが、結局 治道さんが一人で立ち向かってすごい技を繰り広げられるので、間近で見ながら学んでいるという。 毎日「すごいなあ」って見ています。 ーーお話としては笑えてくるようなハッピーエンドで。 最後も残った人物たちが話したりしている様子が舞台上に浮かび上がっているので、そのあたりも楽しみにしていただけたら。 「El Japom」は実際にあった話を元にとても楽しいミュージカルに仕上がっているそうです。 東宝組のヴィスタリアはまだどのような話か把握していないので今回のそらくんと小山さんのお話を聞いて「???」となりましたが、観劇したらなるほどと思うのでしょう。 和希そらくんが大活躍 ショー「アクアヴィーテ!! 」 いつもでしたらお芝居から1曲、ショーから1曲劇中歌がオンエアされますが、今回そらくんはお芝居で歌っていない!とのことでショーから2曲オンエアされました。 小山さんも嘆いていましたし、宙組を観劇するときいつもそらくんを楽しみにしているので残念に思いました。 ーー歌のうまいそらちゃんなのに「El Japon」ではなんと歌っていません。 そうなんですよ。 歌のうまいカタリナさんとか、治道さんが心情を歌うところはあるんですけれど。 あと私は最初の場面には出ているのですがナンバーにほぼ出ていないので。 ショー「アクアヴィーテ!! 」から2曲オンエアされ、1曲目はプロローグの 「ジェントルマンクラブ」でした。 ーーショー「アクアヴィーテ!! 」は大活躍ですね。 いろんな場面で男役と、女役っぽいことと、豹…ビーストと、いろんな種類の人物なり動物なりをやっております。 ーー最初からすごい。 大変ですよね。 真夏でなくてよかった。 とてもハードな公演で汗だくになりながらやっています。 本当にそうです。 ーーいろんな場面に出ていますが、ぜひここを見てほしいという場面は? そうですね……(悩む)。 中詰で タコ足のダルマを着させていただいているんですけれど、よく考えたらショーでダルマを着るのが5年ぶりくらいなんです。 「シトラスの風」の全国ツアーのロケットがたぶん最後だったので毎日新鮮な気分でやっています。 (脚が綺麗!細い!と言われて) やるとわかってから必死にメンテナンスの日々でした。 中詰の後に 「ウィスキーボンボン」の曲で若い子たちと百花先生の振付で踊っているのですが、「もっと盛り上がっていこうという雰囲気で」と藤井先生に言っていただいて、私は女役から男役に戻って踊っています。 振りがハードでノリのいい曲で、かっこいい振りをお客様に楽しんでいたただけるよう、「もっとよく伝えるにはどうしたらいいんだろう」と日々研究しながらやっています。 ーープロローグで ゆりかちゃん(真風)を中心に銀橋で5人で歌うところは 「そらちゃんがこの位置になったんだ」って感動しました。 ゆりかちゃん、まどかちゃん(星風)がいて、キキちゃん(芹香斗亜)、ずんこ(桜木みなと)がいて、そらちゃんがいて。 ありがとうございます。 少しずつ……ありがたいです。 身の引き締まる思いというか、そこに並ばせていただくには自分のできることをもっともっと磨いていかなければと日々思う状況です。 もちろん楽しんでいるんですけれど。 「ダンス、歌、なにをとっても素敵な和希そらさん」と小山さんが言ったのに大きくうなずきました。 「アクアヴィーテ!! 」から 「ダフタウンビースト」がオンエアされました。 曲紹介でそらくんが 「豹?野獣たちが女豹たちと戯れたり、なんだりっていう場面です!」と言うと、 小山さんが「なんだろうと思った方は舞台を観てみてください」と繋げていました。 濃くて熱くて迫力のあるデュエットでした。 和希そらくんは鳳月杏さんのファン! ーー研10になられて1学年ごとに気持ちは違ってきますか? 特に研10という年はいろんな方に聞いていただくことも増え、でも気がついたら10年経っていたのか、という感じなのですが、 恥ずかしくないように磨いていきたいと思います。 前回のゲスト月組 ちなつさん(鳳月杏)からのメッセージが紹介されると、そらくんは 「ちなつさん…!」と小さく感動の声を漏らしていました。 濃いお話はしたことがないんですが、タカラヅカ・スペシャルのときに。 私が一方的なファンで、花組にいらっしゃったときも月組に行かれてからも舞台を見るとちなつさんに釘付けで ただのファンですね。 タカラヅカ・スペシャルのときに同期に「お話、したい(切実)」と言ってちょっとだけお話させていただきました。 出番前の袖でちょっとだけ。 「あの…実は……いつも見てます」ってお伝えしただけです。 すばらしい、それこそセンスの塊の方で、お芝居・歌・ダンスに三拍子揃っていらっしゃって、綺麗で、女役をされても男役をされても色気があって、いつも勉強させていただています。 そらくんが相当なの熱を込めて語っていて、小山さんに 「本当にただのファン」と突っ込まれていました。 次回のゲストが今公演で退団される もんちさん(星吹彩翔)で、そらくんはこんなメッセージを託されました。 本当に組配属されてからずーーーっとお世話になってきた上級生の方なので、最後の最後まで思い出を一緒にたくさん作りたいなと思っています。 ショーの場面でも もんち先輩が歌ってくださっている場面で踊らせていただけるので、このソウルを感じながら私も一生懸命踊りたいと思います! ーー最後にこれからご覧になる方に 宙組「El Japon-イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ!! 」の宣伝をお願いします。 「イスパニアのサムライ」はぜひ一度見ていただきたい。 難しいかも…と思わず、見ていただけたらすごく楽しくてわかりやすいお話ですし、そのなかで立ち回りであったり和装の日本人とスペインのウェスタンな人たちと素敵な部分がいっぱいあると思うので、楽しみにしていただけたらと思います。 ショーはウィスキーのショーなので大人っぽいショーではあるんですけれども、すごく踊っている場面が多いので目が忙しいと思うのですが、何度も見ていろんな楽しみを見つけていただけたらと思います。 そらくんの宣伝が上手で東京で観劇するのが楽しみになりました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ランキングに参加しています。 ポチッとしていただたらうれしいです。 宙組男役さんの中では一番好きかな。 歌もダンスもですがお芝居・トークも上手いと思います。 ハッスルメイツを観たときに思いました。 タカラヅカスペシャルでもMCやったりするとハマる気がします。 でも自分はそら坊に黒い役が来ないかなーと思っています。 オーシャンズ11のベネディクトのような。 自分は宙組公演のチケット取ってなかったんですが、この記事を読んでやっぱり観に行こうかなと思い始めました。 まあ平日の当日券ですけど。 鳳月さん、同じジェンヌさん(しかも路線スター)が「ただのファン」になるって、すごい魅力なんですね。 実は、ちなつさんが好き好き!といった話は方々から聞いてまして、とある下級生の方がちなつさんを語る様はもうアイドルそのものでした。 花組から月組への異動(出戻り)が、月組の組子に対してお稽古場で発表があった際に、みんなから拍手が沸き起こったそうです。 ご本人はいつも飄々とした感じなんですけどね。 宝塚ファンなので生徒さんの宝塚大好き話、ファン話は「同じなんだ」「わかる!」と共感してうれしくなりますし和みます。 花組から惜しまれ月組で大歓迎され、そんなちなつさんの舞台が、男役が久しぶりに見られるのが楽しみです。 私も宙組の男役さんはそらくんに目と心を奪われます。 大きな活躍の場と新境地となる役をぜひ、と願っています。 悪役や色濃い役、見てみたいですね。 私は上田久美子先生が好きなのでもしそらくんが「FLYING SAPA」だったらどんな役かな…と想像したりします。 まずは今回の「拗らせ坊や」がなかなか無いタイプこ役とのことなので期待しています。

次の

ポケットカレンダーから和希そらくんの組替えを勝手に妄想

和希 そら

ポケットカレンダーの舞台写真選びは誰がする? 毎年思うのですが、このカレンダーの写真は、「それぞれのスターがお気に入りの 舞台写真を選んでいる」のでしょうか? 紅ゆずるさんの場合、「何でコレ?」と思うような、結構遊び心のある選択でした。 直前の本公演のものだったり、礼真琴くんは『ロックオペラ モーツァルト』、轟悠さんは『チェ・ゲバラ』だったり、いろいろです。 華優希ちゃんを除く娘役トップ4人は、フィナーレのシャンシャンを持ったものです。 華優希ちゃんは、『A Fairy Tale-青い薔薇の精-』のシャーロットでした。 今年の特徴は、男役スター 朝美絢くんの写真が、『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』での劇中の キャロルの歌っているシーンのもの。 娘役姿なのです。 雪組生は全員『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』の舞台写真のようで、綾凰華くんや彩風咲奈くんは、フィナーレのダンスの写真です。 あーさも男役姿のフィナーレの写真はあったと思いますが、敢えてキャロルの写真を選択していることが、少し 謎でした。 そのキャロルが煌びやかで輝くほど美しいので、あーさのお気に入り写真なのかな?と勝手に想像。 43名のポケットカレンダーメンバーについて 43名のメンバーは、次の通りです。 専科は、轟悠さん、凪七瑠海さん、華形ひかるさん。 トップスター、トップ娘役、2番手は、まとめて表示しました。 そして100期以上を青色で表示すると、各組一人ずつ。 万博アンバサダーの4人と、鷹翔千空くん。 風色日向君はポケットカレンダーメンバーに入っていません。 そして99期は一人も入っていません。 気になる98期以下、97期、96期、95期の分布 98期以下、97期、96期、95期まで、ほぼ重なることない分布ですが、宙組は96期が二人で重なっています。 そして雪組は、97期、96期が一人もいません。 花組 柚香光、華優希、瀬戸かずや 聖乃あすか 100期 飛龍つかさ 98期 永久輝せあ 97期 優波慧 96期 水美舞斗 95期 月組 珠城りょう、美園さくら、月城かなと 風間柚乃 100期 暁千星 98期 蓮つかさ 97期 夢奈瑠音 96期 鳳月杏 92期 紫門ゆりや 91期 星組 礼真琴、舞空瞳、愛月ひかる 極美慎 100期 天華えま 98期 綺城ひか理 97期 瀬央ゆりあ 95期 天寿光希 91期 宙組 真風涼帆、星風まどか、芹香斗亜 ・ 鷹翔千空 101期 ・瑠風輝 98期 ・ 紫藤りゅう 96期 ・ 和希そら 96期 ・桜木みなと 95期 雪組 望海風斗、真彩希帆、彩風咲奈 縣千 101期 綾凰華 98期 朝美絢 95期 彩凪翔 92期 91期、92期では新人公演の主演は関係ありませんが、 95期以下は新人公演の主演メンバーです。 ただし、 宙組の97期 留依蒔世くんは入っていません。 三拍子揃った実力派なのに。 99期以下の下級生は、新人公演の主演が昨年だったので、メンバーになっていません。 99期 帆純まひろ(花組)、英かおと(月組)、諏訪さき(雪組) 101期 碧海さりお 102期 彩海せら(雪組)、天飛華音(星組)、風色日向(宙組) 雪組は、残念ながら望海さんが退団されるので、「 歌の補強」もかねて組替えがあると思われます。 この表で明らかなのは、宙組96期の和希そらくんと紫藤りゅう君が重なっている事。 紫藤りゅう君が組替えをしてきたので。 96期、97期のスターがいない 雪組に、和希そら君が組替えするというのは、自然ではないでしょうか? 歌の得意な和希そらくんは、雪組に適しているのではないか、と以前にも書きました。 「高身長を誇る宙組」という傾向はうすれてきていますが、宙組で大活躍をするには、身長面であまり適していないように思うのです。 勝手にポケットカレンダーの期ごとの分布をみて、更にそう感じています。 なぜ昨年同時に組替えをしなかったというと、宙組で活躍の経験値を重ねるため。 雪組で「歌上手」が必要とされるのは、望海さんがご卒業された後。 「スター・ロングインタビュー和希そら」が放送されました。 過去を振り返りながら、ダンスはもちろん、歌も演技にも定評のある男役スターとして、 今後の活躍が大いに期待されています。 その初回放送の後に2018年宝塚バウホール初主演作、ワンマンショーのような『ハッスル・メイツ!』が放送されました。 同郷でそら君大好きの私は、ますます「そら君に頑張って欲しい熱」が上がりました。 発売されたばかりの「歌劇3月号」の 陽月華さんの「今月の華」コーナーでも、お芝居の藤九郎もショー『アクアヴィーテ』のダンスも大絶賛されていました。 「実力の宝塚」と言うなら、 礼真琴くんに負けない実力と個性と輝きをもっている 和希そらくんには、期待大です。 先日ブログで和希そら君のことを書いた時に、礼真琴くんに比べて経験値が無いと書きましたが、「スター・ロングインタビュー」を見て、積み重ねたものを舞台で披露する迫力は、舞台上での経験値を重ねていない分、大きく爆発するのでは?と感じました。 日本青年館に 『壮麗帝』を観に行くのを楽しみにしていましたが、新型コロナウィルスのために難しいかも?と心配していました。 9日から公演か再開されるということで、 「宙組公演も大丈夫だな」と気持ちが大きくなったので、私の妄想を書いてしまいました。 くららの勝手な妄想なので、間違っていてもおゆるしください。 ここまで読んでくださってありがとうございます。 ランキングに参加しています。 スポンサーリンク•

次の

岡山出身和希そら君

和希 そら

<新人公演主演> 2014年『ベルサイユのばら—オスカル編—』• <エトワール> 2016年『HOT EYES!! 』トリプルエトワール• <エリザベート新人公演> 2016年『エリザベート』ルキーニ役• <バウ公演主演> 2018年8月『ハッスル メイツ!』 和希そらの印象 男役の中でも身長が168㎝と低めの彼女。 花乃まりあ:元花組トップ娘役(2017年退団)• 咲妃みゆ:元雪組トップ娘役(2017年退団)• 綺咲愛里:元星組トップ娘役(2019年退団) 主な現役• 優波慧:花組男役• 夢奈瑠音:月組男役• 和希そら:宙組男役• 紫藤りゅう:宙組男役• 朝月希和:花組娘役 トップ娘役がすでに3名。 現役の方も各組で活躍されている方ばかりですね!!星組の同期生、 紫藤りゅうさんが 2019年12月23日付(タカラヅカスペシャル2019出演後) で宙組へと組替えしてきました。 これは希望でしかありませんが、 トップスターになるのではないかと思います!! 1期上の95期生がスター揃いで、トップ順番待ち状態なのが気になるところですが・・。 タイミングがあえばトップになる可能性は十分あるかと思います。 身長的に宙組ではなく、他の組でトップ就任かな〜??と勝手に予想しています。 もしかしたら、今後 組替えがあるかもしれませんね。 組替えがあれば、よりトップへ近付くのかな・・?と思っています。

次の