岡江久美子の息子。 岡江久美子の息子を名乗るYouTuberは誰?不快で許せないと大炎上!

【岡江久美子の偽息子8人特定】本名公開や逮捕、罪に問われる可能性は?

岡江久美子の息子

【悲報】再生数稼ぎのため、新型コロナで亡くなった岡江久美子さんの息子を名乗る人物の動画が続々とYouTubeにアップされる — 滝沢ガレソ takigare 俳優の岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎で死去されました。 63歳でした。 朝の情報番組「はなまるマーケット」の司会などで親しまれていた女優の突然の訃報に、驚きや悲しみの声が広がっています。 一方で、この訃報に便乗した悪質な動画がYouTubeで複数公開されており、ネットユーザーから批判を浴びています。 岡江さんには息子がいないため、これらの「岡江久美子の息子」はすべて偽物だと考えられます。 このような動画は、少なくとも4人の別々の男性YouTuberが投稿しています。 話題のニュースについての動画は閲覧数が高まる傾向にあるため、こういった動画を投稿することで、再生数を上げて広告収入を上げたり、自分のYouTubeチャンネルへのアクセスを増やしたりすることが目的だと思われます。 Twitterなどでは、このような悪質な動画について「不快」「腹が立つ」などと批判が集まっています。 ちなみにYouTubeには、問題がある動画について運営側に報告する仕組みがあります。 動画の右下に出る「…」ボタンを押し、表示される「報告」から、問題の内容を選んで報告することができます。 Yahoo! ニュース より 記事と表記されていますが、もっと人数が増えていたようです。 現在は削除されているものも多いですが、消すなら最初から投稿するなとしか思いませんね。 さらにこの中には、志村けんさんが亡くなった時も「志村けんの息子」と名乗ったり石田純一さんがコロナに感染した報道があった際には「石田純一の息子」と言い動画を投稿している人もいるようです。 悪質極まりないですね。 また、中には「息子を語る動画を投稿することは不謹慎ではない」と言っている人もいました。 その動画を投稿する10時間前には自分も息子動画を投稿しているようですが・・・。 不謹慎でないなら一体なんだというのでしょうか。 ちなみに岡江久美子さんと大和田獏さん夫妻の間には娘 大和田美帆さん しかいませんのでご注意ください。 岡江久美子の息子を語る動画を投稿したのは誰か特定 勇者ナリボン Advertisement• 2020. 17 東大阪市のスポーツバーで新型コロナウイルスのクラスターが発生しました。 ここ数日は全国の感染者率が軒並み増加傾向にありますが、そんな中で発表された東大[…]• 2020. 10 4月8日、栃木県宇都宮市にある大型ショッピングモール「トナリエ宇都宮」内の「からだファイン 4階 」の従業員が新型コロナウイルスに感染しているという情[…]• 2020. 23 4月23日、女優・岡江久美子さん 63 が新型コロナウイルスによる肺炎で都内の病院でお亡くなりになられました。 目次 1. 症状の経緯 2. 感染経路[…]• 2020. 26 4月26日、大阪府大阪市の第二大阪警察病院で勤務する看護師がコロナ患者と一般患者を掛け持ちしていたと報道がありました。 第二大阪警察病院では4月25日[…]• 2020. 12 近畿大学奈良病院のホームぺージにて、看護師3名・患者2名が新型コロナウイルスに感染したことが発表されました。 このうち看護師3名は大阪市内で夜通しパー[…]• 2020. 07 5月6日、北海道余市町の「イオン余市店」の従業員が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 イオン余市店は、7日は店舗消毒のため臨時休業[…]• 2020. 23 追記:5月23日木村花さんが亡くなったことを女子プロレス団体『スターダム』が発表しました。 ご冥福をお祈りいたします。 NETFLIXで放送中『テラスハ[…]• 2020. 04 5月3日、山口県周南市の『徳山中央病院』の70代男性入院患者が新型コロナウイルスに感染しているこが確認されました。 現在、周南環境保健所の指導に従い、[…]• 2020. 01 2020年6月1日 月 20時より約3~5分間、全国各地で一斉に花火が打ち上げられるプロジェクトが行われます! これは新型コロナウイルスの収束を願い『[…]• 2020. 21 5月19日、『なか卯宇都宮店』の40代女性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 なか卯宇都宮店は感染確認後、営業を一時中止し、消毒[…].

次の

【岡江久美子】ニセ息子YouTuberは逮捕・罪にならないの?不謹慎で恥だと炎上

岡江久美子の息子

噓つきYouTuberへの世間の声 岡江久美子さんの息子を名乗るYoutuberが大量に湧いてるんだけど、やり方があまりにも不謹慎すぎるしコイツらマジで許せないわ… しかも著名人が亡くなるたびにこういう動画が出てきて広告まで付いてるらしい そろそろ運営が規制かけるべきだろ。 — 龍神 kiritoninatta 「岡江久美子の息子です」のクソゴミYouTuberたち、あれセミナーで集めた情報商材屋が仕向けてるんだと思う。 「一日十分で月収100万円!」って言って、30万くらいで売りつけたノウハウを適当にマネてるんだろ。 見かけても再生するなよ? ほっときゃ消える。 法整備して取り締まるべき、 — ミホークたくや gsQliV7aZb04fHh 岡江久美子さんの息子と名乗って不幸を喜ぶ者にはバチが当たります👊😠 — ドラグーン 2929kenichi 今はもう、岡江久美子さんの息子を騙ったことを謝罪する動画、岡江久美子さんの息子を騙ったことを非難する動画も大量に派生しています。 みんな目的は同じだと思います。 再生せずに報告しましょう。 あえてヘイトを集めることでYouTubeの再生数を伸ばす炎上商法なので、再生しないのが一番大事。 — KAZUYA kazuyahkd2 岡江久美子さんの息子と名乗ったYouTuberへの批判。 それから、そのYouTuberを批判するYouTuberが出始め、この人達も少なくとも再生数稼ぎに乗っかって投稿している人もいそうです。 話題が話題を呼び、なかなか収束しない状況です。 亡くなった方を変なネタにするは本当にやめましょう。

次の

【特定】岡江久美子のニセ息子8人のYouTuberは誰?売名炎上商法がクズすぎ|TK HOTLINE

岡江久美子の息子

女優、岡江久美子さんが4月23日、新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなりました。 訃報が伝えられたあと、YouTubeには「岡江久美子の息子です」と名乗る動画が多数アップされました。 えー、本日ですね、僕の母の岡江久美子が亡くなりました。 ちょっと、何を話していいのかちょっと、パニクってしまって、分からないのですが」 「このたび、母があれに感染して、死去されてしまいました。 本当に悲しいんですけど、仕方がないことなので、現実を受け止めたいと思っております」 「僕は岡江さんの息子です。 この度、母が亡くなりました。 もともと母は持病を抱えており、2月にも抗がん剤による治療をおこなっておりました」 中には18万回以上再生されているものもあり、コメント欄には「不謹慎なんじゃないですか」「冗談でも人の死を利用して動画あげたらあかんやろ?」と批判が殺到していました。 また、こうした動画をあげているチャンネルをみると、他にも「志村けんの息子です。 父が緊急入院しました」、「金正恩の手術した医者です」、「石田純一の息子です」などと題した動画がありました。 話題となったニュースに絡めているようです。 話題となった人の親族や関係者であることを名乗って、動画をあげることに法的な問題はないのでしょうか。 小沢 一仁弁護士に聞いた。 こうした行為、法的には問題ないのでしょうか 「話題となった人」が存命中かどうかで適用されうる法律が異なるので、分けて考えたいと思います。 まず、亡くなった人の親族などであると名乗ることは、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為などに当たるわけではないと思います。 ただ、その具体的な表現内容によっては、刑事上は死者に対する名誉毀損罪(刑法230条2項)、民事上は遺族に対する人格権侵害(遺族の死者に対する敬愛追慕の情の侵害)による不法行為(民法709条)が成立する可能性があると思います。 なお、死者に対する名誉毀損は、生きている人の名誉毀損と異なり、摘示した事実が虚偽でなければ処罰されません(刑法230条2項)。 ーー存命中の人に関するものはどうでしょうか 生きている人の親族などであると名乗ることは、これも、それ自体がただちに刑事上の犯罪行為や民事上の不法行為等に当たるわけではないと思います。 ただ、具体的な表現内容によっては、その人に対する名誉毀損罪(刑法230条1項)、侮辱罪(刑法231条)や、事業者に対するものであれば、業務妨害罪(刑法233条)などが成立する可能性があります。 民事であれば、同様の理由で当該生きている人に対する不法行為(民法709条)などが成立する可能性があります。 エンタメとして観て下さい」と書かれているものもありました。 こう書かれている場合も、法的な問題になりえますか 名誉毀損については、内容が虚偽とわかっているため社会的評価が低下するのか、侮辱については、侮辱といえる程度に名誉感情が侵害されるのか、業務妨害については、その危険のある行為といえるのか、などという問題はありますが、このような断りを入れたからといって必ず法的責任を免れるというわけではありません。 対象となる人が生きているかどうかにかかわらず、人の尊厳を害するような行為をすべきではありません。

次の