ご苦労 様 です 目 上。 タモリが「お疲れ様です」は目上の者に使ってはいけないと指摘 波紋呼ぶ

「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

ご苦労 様 です 目 上

「お勤めご苦労様でした」の「勤め」を丁寧にした言葉が「お勤め」です。 ビジネスにおいて使われる「勤め」には、主に当然しなければならないこと、雇われて働くことの意味があります。 ここで詳しく見ていきましょう。 といった言葉があります。 漢字は「務め」を使う方が一般的です。 政治家が演説においてよく使っています。 「どちらへお勤めですか」といった使い方がよくされます。 「お勤めご苦労様でした」の「ご苦労」も目上の人には使ってはいけない言葉 「ご苦労」を丁寧に表現した言葉が「ご苦労様」です。 「ご苦労」とは、相手の労に敬意を払った言い方です。 たとえば、自分のために何かをしてくれる目上ではない人に対して、「ご苦労をおかけします」とねぎらうことができます。 自分と同じ立ち位置か、若しくは目下の人に対してのみ用いることができます。 仕事を依頼したときなど、相手の苦労を思いはかって使う表現でもあります。 新入社員が残業をがんばっているときなど、「遅くまでご苦労さまでした」といった声掛けに使うことができます。 「ご苦労様」と「おつかれさま」は意味が違う 「おつかれさま」という表現もまた、相手の労苦をねぎらう意味で用いられます。 職場で先に帰る人へのあいさつにも使います。 「ご苦労様」は目上の人から目下の人に使うのに対して、「おつかれさま」は同僚、目上の人に対して使う言葉とされています。 しかしながら、最近ではこの「おつかれさま」も目上の人に使うべきではないという議論が頻繁にされています。 「お勤めご苦労様でした」は刑務所から出所した際に使われることもある 「お勤めご苦労様でした」という言葉を聞いて、裏の世界、反社会的組織において使われる言葉を連想する人は多いものです。 年配の人ほど、ドラマや映画で、刑期を終えて出所してきた親分に対して子分が、「お勤めご苦労様でした」と表現をセリフとして言っているのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。 この場合、「お勤め」とは刑務所での作業を「当然すべきこと」として表現しているわけです。 不要な連想や誤解を与える可能性が高い表現は、ビジネスの場においては避けた方がよいのです。 一般的には目上の人に「おつかれさま」というが必ずしもそうではない 目上の人に対してねぎらいの言葉を失礼のないように伝えたいときは、どのように表現することが適切なのでしょうか。 もっとも無難な表現としては、「遅くまでご指導いただき、ありがとうございました」などお礼の気持ちを伝えることです。 「おつかれさま」は一般的な辞書では、目下の人から目上の人にねぎらいの表現として使える言葉と定義されていますが、最近ではそうした使い方を好ましくないと感じる人が増えています。 そもそも、上司に対してねぎらいは不要、というのが常識であるという見方もあります。 いずれにしても、ビジネスにおいては論争の余地がある表現は避けるにこしたことはありません。 言葉の代替表現については会社の風習に合わせる 目上の人に対して失礼のないよう発する表現としては、ほかに次のようなものがあります。 営業先から帰社した先輩に対して、何も言わずにいることは逆に失礼に当たります。 「おかえりなさいませ」という丁寧であたたかみのある表現ができます。 「お暑い中、ありがとうございました」とお礼の表現にすることもできます。 先ほどの「おつかれさまです」をさらに丁寧に「おつかれさまでございます」という表現を目上の人に対してすることが慣習となっている会社も多くあります。 また、会社の風習に合わせたり、前々からいる社員が多く使っている表現を取り入れると、目上の人への対応としては失敗がありません。 「お勤めご苦労様でした」は目上の人には使わず会社の風習に合った言葉を使いようにしよう 「お勤めご苦労様でした」という言葉を日本語が得意な外国の人が聞いても、なぜ目上の人に言ってはいけないのかわからないかもしれません。 「お勤めご苦労様でした」の苦労も努めも丁寧語で表現し、表面上は何ら失礼のないようにも思えるからです。 長年日本で生活をして、娯楽を通して日本文化にも触れていなければ、「お勤めご苦労様でした」表現の違和感はなかなかわかるものではないでしょう。 似た表現の「おつかれさまです」も、目上の人への使用は避ける傾向にあります。 日本人として日本の企業で仕事をする上では、不要な誤解を与える表現を避けるといった気配りをすることが当然に求められます。 普段から新聞や本を読む機会をもつことで、適切な表現を自然と身に着けることができます。

次の

「ご苦労様」と「お疲れ様」の違い

ご苦労 様 です 目 上

労をねぎらうとき、使う言葉の候補としては「お疲れ様です」「ご苦労様です」という言葉が浮かびます。 二つの言葉の違いはどういったものなのでしょう。 「ご苦労様」は、上の人間が目下の人間に掛ける言葉として使われます。 「よく頑張った」という苦労を称える意味が含まれているからです。 一方、「お疲れ様」は身分や年齢に関係なく使える言葉として一般的に用いられます。 「お疲れでしょう。 ゆっくり休んで下さいね」という柔らかい表現が含まれています。 「ご苦労様」「お疲れ様」どちらの敬語を使うかがカギ ねぎらいの言葉を上司に掛けるのは意外に難しいものです。 「ご苦労様」は目上の人が目下の人に使う言葉で、「お疲れ様」は身分や年齢に関係なく使える言葉として述べましたが、では上司などの目上の人にねぎらう言葉を敬語で伝えたい時、どちらを使えば良いのでしょう。 「ご苦労様」というねぎらう敬語は「上の人間が目下の人間に掛ける言葉」 「ご苦労様」は、上の人間が目下の人間に掛ける言葉。 ですので上司に使うことは一般的にタブーとされています。 「よく頑張った」という上から目線のニュアンスを与え、上司の気分を害してしまうでしょう。 「ご苦労様」を上司に使うのは失礼 「ご苦労」という言葉は、江戸時代でいうお殿様が頑張った家臣に対して使う言葉なので、家臣がお殿様に使うことはありません。 これを現代に置き換えて考えてみるとどうでしょう。 部下が上司に使うのは失礼にあたり、偉そうに聞こえてしまうのです。 「お疲れ様」というねぎらう敬語は身分や年齢に関係なく使える言葉 現在の日本では、上司など目上の人をねぎらう敬語は「お疲れ様」が良いとされています。 そもそも日本では、上司など目上の人を評価したりねぎらったり、ということ自体が正しい行為とされていません。 しかし状況によっては上司にねぎらう言葉をかけたいときもあります。 そこで使えるのが「お疲れ様」という言葉です。 「お疲れ様」は誰にでも使える 「お疲れ様」というねぎらいの言葉は身分や年齢に関係なく使える言葉です。 相手のことを気遣うニュアンスがあるので、上司にねぎらう言葉を敬語で伝える際には使えるでしょう。 しかし、元々目上の人に対してねぎらう敬語はないので、その時その時で言葉を自分で考えるのも良いかもしれません。 相手に対して最大級の敬語があったとしても、間違った言葉を使ってしまうと嫌な印象を与える可能性があります。 注意しましょう。 上司に敬語でねぎらう気持ちを言うときは「お疲れ様」を使おう 目上の相手をねぎらう敬語というのは現状「ご苦労様」は無礼で「お疲れ様」は許せる範囲、ということになっています。 元々目上の人間をねぎらう事自体が失礼だったためです。 なので、上司に対してねぎらう言葉を敬語で伝えるときは「お疲れ様」を用いた方が良いでしょう。 しかし、言葉は相手の意識や状況によって与える印象が変わりますから、注意して言葉を選びましょう。

次の

「ご苦労様です」は目上の人に使うと失礼?使い方・返事の仕方・「お疲れ様です」との違いを解説

ご苦労 様 です 目 上

上司の公務員の方は「ありがとうございました」は商売の言葉だと考えておられるのでしょうね。 医療関係では「ありがとうございました」に代わって「お大事に」と言います。 私は「いつも市の業務にご協力いただいてありがとうございます」や、「お忙しいのに、お手間なのに、来ていただいてありがとうございます」という気持ちで「ありがとうございます」と言うのは美しい日本語だと思います。 個人的には「ご苦労様」と「お疲れ様」は使わない方が良いと思います。 歴史的には「ご苦労様」は美しいねぎらいの言葉でした。 今でも関西圏の年配の方の間では「ご苦労様」は感謝を表す言葉として使われています。 「ご苦労様」を好んで使う年配の方は「お疲れ様」という言葉を嫌います。 しかし、昭和の時代劇ブームで「ご苦労」を悪役の武士の決まりセリフとして用いたために、団塊の世代が「ご苦労」は武士が上から目線で使う言葉だと感じるようになりました。 それを受けて、東京のビジネスマナー教室で「ご苦労様」は上から下と教えるようになったのです。 その後徐々に2000年ごろから国語辞典にもそのような解釈が採用されるようになりました。 言語学者の金田一秀穂先生はこの国語辞典の改定に反対されていました。 歴史学者もこの解釈は間違っていると指摘しています。 実際の江戸時代の武士は「ご苦労」とは言わなかったようです。 宮内庁も歴史的にはそのような経緯はないと発表しています。 「ご苦労様」は2000年頃まで良く使われた言葉で、「お疲れ様です」は1980年代に作られた言葉だと考えられます。 「お疲れ様でした」は1980年代以前からありました。 1980年から2005年くらいが両方が存在した時代だと言えます。 お役所には 1980-2005年以前から勤めている人も居るし、申請に来る人も 1980-2005年以前に現役だった方も多いと思います。 「ご苦労様」は上から下という考え方は馴染めない方も多いと思いますよ。 「ご苦労様」と「お疲れ様」については、私のブログでも解説しています。 よろしければごらんください。

次の