マントヒヒ イラスト。 マントヒヒ・川崎悟司イラスト集

ARAZUMONO: マントヒヒのイラスト vol.1スケッチ

マントヒヒ イラスト

マントヒヒとマンドリルの違い マントヒヒとマンドリルは、 共にアフリカ大陸の一部地域に生息しています。 マントヒヒは アフリカ東部からサウジアラビアに掛けて、 マンドリルはアフリカ西部のカメルーン、コンゴ共和国辺り。 生息域は全く被らないですが、 マントヒヒは草原や岩場 マンドリルは熱帯雨林と、生活環境も異なります。 マントヒヒは、体を覆う毛が マントのように見えることが マントヒヒという名の由来です。 つまり、「マントっぽいのを羽織ったヒヒ」 ということです。 出典: 確かに、マントに見えなくはないですね。 その体毛が白色ということもあって、 何だか、老婆のようにも見えてきます。 マンドリルの方は、実は 「マン」と「ドリル」の組み合わせであるため、 マントヒヒの「マン」とは意味が違います。 この「マン」は英語の「man」で、人という意味です。 そしてドリルは霊長類の分類の一つであり、 これらが合わさってマンドリルなのです。 マンドリルは大変色鮮やかで目立つ顔、 そしてお尻などをしています。 マンドリルの顔 出典: 青い頬に赤い鼻に黄色いヒゲ。 オスは、陰嚢が紫色に陰茎が赤色に尻が青紫色です。 体中ど派手ですね。 そして、これらが鮮やかであれば あるほどメスにモテるのです。 しかもモテるオスは本当にモテるため、 20頭くらいのメスを従えてハーレムを形成するのです。 性格については、 マントヒヒの方が短気で気が荒いです。 もちろん個体や時期にも依りますが概して マンドリルの方が大人しくて攻撃性がないので、 ペットにするなら(まずないでしょうが笑) マンドリルの方がお勧めです。 共通点 マントヒヒとマンドリルは、 顔の違いこそ明らかなのですが 同じ霊長類であることもあり、 共通点も多いです。 まず、その体格。 マントヒヒは 体長 オス 70~80cm、メス 50~60cm 体重 オス 20kg前後、メス 10kg前後 マンドリルは 体長 オス 75~85cm、メス 50~60cm 体重 オス 25kg前後、メス 10kg前後 ですから、マンドリルの 方がオスが少し大きいですが 大体同じくらいと考えていいでしょう。 食性は共に雑食であり、 果実や種子、木の葉等の植物から昆虫や小型の脊椎動物等。 寿命はどちらも、野生で30年程度だと言われています。 (飼育下では、40年くらい) また、共に生活は群れ社会であり、 100頭以上の群れを形成しています。 マントヒヒはもともと生息地の一つであった エジプト地方において神の使者と崇められていたようです。 それに対してマンドリルも、生息地では 人に最も近い存在として大変尊重されています。 しかしながら、どちらも その生態数は減少傾向にあります。 これは狩猟や開発による生息地の減少が 直接的な原因となっているのです。 人間に近いと言えば、この動物は脳的には 一番近いとされていますが、かなりダークサイドがあるようです 笑 Sponsored Link それぞれの赤ちゃん画像や動画 基本的に動物の赤ちゃんはみんな可愛いですよね。 それはマンドリルやマントヒヒも 決して例外ではありません。 マントヒヒの赤ちゃん 出典: マンドリルの赤ちゃん どちらも言えることですが、 顔が大人と全然違いますね。 顔が不自然にどんどん伸びていって、 逆にバランスが悪くなっています 笑 マンドリルの赤ちゃんは 全く色が付いていなくて、 成長していくにつれて どんどん鮮やかになっていきます。 赤ちゃんの頃は、どちらもほとんど日本猿とわかりません。 それにしても、霊長類の赤ちゃんは 大体美形とはちょっと言えないのですが それでも人間と重なる部分があるからなのか 他の動物とは何か違う可愛いと感じる 感覚があるのは私だけでしょうか。 Sponsored Link カテゴリー•

次の

動物図鑑/マントヒヒ

マントヒヒ イラスト

分布 [ ] 、、、、西部、 形態 [ ] オス70-80 cm、メス50-60 cm。 尾長40-65 cm。 オス20kg、メス10kg。 メスよりもオスの方が大型になる。 顔や臀部には体毛がなく、色の皮膚が露出している。 尻だこは発達する。 尾の先端の体毛は房状に伸長する。 オスは体毛が灰色で、特に側頭部や肩の体毛が伸長する。 この体毛がのように見えることが和名の由来。 一方、メスや幼体の体毛はで、メスは成長しても側頭部や肩の毛が伸長することはない。 このようにマントヒヒはオスとメスで姿も大きさも全く異なるため、ヨーロッパ人が初めてマントヒヒを見た時には、オスとメスは別の種類と考えられたこともあった。 生態 [ ] や岩場に生息する。 昼間は1頭のオスと数頭のメスや幼獣からなる小規模な群れで移動しながら食事を取り、夜になると100頭以上にもなる大規模なを形成し崖の上等で休む。 やコミュニケーションとして口を大きく開けを剥き出しにする行動を行う。 食性はで、、小型、木の、、等を食べる。 繁殖形態はで、1回に1頭(稀に2匹)の幼獣を産む。 一夫多妻のハーレムを形成し、おとなのオスは、メスがまだ幼いときに親元から連れ去ってハーレムのメスを増やしていく。 メスがハーレムを離れようとした場合、オスはすぐにメスの首にかみついて、ハーレムにとどめようとする。 このとき、あまりにも強くかみついたために死んでしまうメスもある。 人間との関係 [ ] では(、等)として崇められ、神殿の壁やに記録されたり聖獣として神殿で飼育されも作られた。 (Sacred=神聖な)もこれに由来すると思われる。 現在のでは本種は絶滅している。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ].

次の

マントヒヒとマンドリルは全然違う!?特徴の違いも解説! | ペット総合情報ブログ

マントヒヒ イラスト

体は雄の方がかなり大きく、大きいものでは体長80cm、体重も25kgを超えるが、雌ではその半分程度の大きさしかなく、大きく違っている。 毛色や体型も雌雄で異なっていて、毛色は若いものでは褐色をしているが、雄は成獣になると灰色に変わり、肩から背にかけては白っぽい毛がタテガミのように伸びてくる。 これがマントを着ているように見えることから名前が付けられているが、雄は頭部側面の毛も長く伸びて、耳も毛の中に隠れてしまっている。 しかし、雌ではマントのようなタテガミは伸びずに、毛色も褐色のままで、全体にほっそりとした体つきをしている。 顔には毛がなく、雌雄共に肌色をしている。 また、他のヒヒのように口先は突き出ていて、目は深くくぼんでいる。 などのように頬袋があって、食べ物を一時蓄えておくことができるが、しりだこは大きく、赤いこともあってよく目立つ。 マントヒヒはサバンナや半砂漠地帯、岩場などの乾燥した地域に生息しているが、水源から遠く離れたところには生息しない。 また、丘陵地帯や標高2500m程の山岳地帯にも姿を見せるが、一部の地域のものは、雨季には山岳地帯に移動するとも考えられていて、時には標高3000mを超えるところにも現れる。 マントヒヒはバンドと呼ばれる50~60頭ほどの群れをなして生活しているが、この群れは成獣の雄のリーダーによって率いられている。 群れの基本単位は、1頭の雄と複数の雌、その子どもたちから形成されているユニットと呼ばれているもので、このユニットが集まってクランと呼ばれる集合体を形成し、クランが更に集まってバンドと呼ばれる群れをつくっている。 このバンドがマントヒヒの基本社会となっていて、採食などの様々な社会行動が行われる。 バンドの行動範囲は30~40k㎡と言われているが、夜には崖縁などの安全な場所にバンドが幾つか集まって群れは更に大きくなり、外敵から身を守る為に共に集まって夜を過ごす。 主として地上性で、果実や木の葉、根茎、球茎、草、種などの植物質の他、昆虫や鳥の卵なども食べるが、マントヒヒは食料の少ない乾燥した環境で生活している為、見つけることができるものは何でも食べる。 鳥や爬虫類、時には小型の哺乳類なども捕らえ、季節によって様々なものを食べている。 外敵はやなどだが、マントヒヒが生息する地域では既に絶滅していると考えられていて、最大の外敵は人間と言われている。 しかし、などの他、大型のヘビやワシなどの猛禽類に襲われることもあり、時には雄が長くて強力な犬歯を武器にして立ち向かっていくこともある。 決まった繁殖期は見られず、妊娠期間170~173日程の後、雌はふつう1産1子、希に2子を出産する。 生まれたばかりの子どもの体重は600~900g程度で、体毛は黒色をしている。 離乳期間は8ヶ月程と言われているが、短いものでは半年、長いものでは15ヵ月程と幅がある。 雌は4年半、雄は5~7年ほどで性成熟し、飼育下でのは、およそ30~35年程度と考えられている。 マントヒヒは、古代エジプトでは神の使いをする神聖な動物として、神殿の壁画やパピルスの巻物などにも描かれ、彫像なども作られていたが、現在、エジプトでは絶滅してしまっている。 また、かつてはスーダンにも生息していたが、ここでも地域的に絶滅していると言われているほか、エチオピアなどでは開発された農耕地周辺にも現れるため、時に害獣として駆除されたりしている。 現在のところ、種としては絶滅の危惧はないとされているが、生息地の開発や、地域によっては狩猟の対象にもなっていて、マントヒヒの生息数は減少傾向にある。 尚、マントヒヒととの間には、自然下での交雑種が発見されている。 Private Zoo Gardenは、国内の動物園で会える動物たちを紹介している、インターネット動物園です。 今後とも園内の充実を図っていく予定ですので、動物図鑑や写真集などとして、是非利用してください。

次の