ミシェル 横田。 CiNii Articles

シバターの嫁(横田クルミ)の経歴と顔画像!女性社長としての活躍が凄い!

ミシェル 横田

Ellyって誰? 松山東高校卒業語、津田塾大学英米文学科卒。 女性二人の共同経営スタイル、ノマドカンパニー、愛媛県と香川県のリモートワークスタイルの会社で、企業のブランディング・集客を専門とするPR事業を成長させていく。 2016年四国初のご当地プロレス団体愛媛プロレスの広報担当に就任。 異例のスピードで団体認知度を上げていく手腕が注目される。 2017年に3か月だけの英語塾SEKAIme セカイミー)をスタート。 現在、満足度100%で17名の卒業生を輩出 などなど。 趣味 海外旅行 40か国以上を旅した経験を持つ、旅女。 隙あらば海外旅行の計画を立てている。 社交ダンス もはや趣味の域を超えているとも思いつつ、 あくまで趣味として社交ダンスを嗜んでおります。 日本ダンススポーツ連盟JDSF 所属、JDSFラテン競技 現役A級選手。 クルージング 26歳で、小型船舶免許取得後、ボートオーナーに。 自分の船を自分で運転して瀬戸内海の島々をめぐるアイランドラバー。 忽那諸島の景観の美しさに惚れ込んでいる。 筋肉鑑賞 筋肉美至上主義。 美しい筋肉をこよなく愛する。

次の

Krankenkassen

ミシェル 横田

ミシェル・レリスの仕事は、代表作と目される『成熟の年齢』や『ゲームの規則』 四部作に示されるように、記憶の襞の奥に入り込み、独自の「詩と真実」の追求を試 みる自伝的作品に本領がある。 本書は幾重にも折り重なる「肖像」の意味を問い直すために書かれることになるだ ろう。 画家たちが描くレリスの肖像があり、レリスが描く画家たちの肖像があり、画 家たちとレリスが描く芸術家と芸人たちの肖像があり、そのなかには自画像もまた含 まれている。 イメージとテクストはそれぞれが鏡のようになって、鏡像が反射しあ う。 ゲームとは、賭けであり試合であり見世物であり遊戯であり演戯である、レリスの 「ゲームの規則」をさぐる試みもまた一個のゲームを構成することになるだろう。 没後30年、死後の生において「栄光」を手に入れたかに見えるミシェル・レリス。 20世紀フランスにおける特異な存在である「文脈から逸脱をつづける人」についに共 鳴する、エレガントなライフワーク。 図版73点。 千葉文夫 ちば・ふみお 1949年生まれ。 早稲田大学大学院文学研究科満期退学。 パリ第一大学博士課程修了。 早稲田大学名誉教授。 著者の西洋美術史の解説は、シュールレアリスム(超現実主義)からはじまる。 なぜなら、ミシェル・レリスはマッソンやバタイユらと共にシュールレアリスム運動推進の先端にいたからだ。 著者は、レリスがマッソンの作品は「存在論」的作風で、ジャコメッティの作品は「現象学的」作風が見られると評価したと述べる。 ジャコメッティが遺した肖像画のデッサンを著者は紹介する。 目と鼻の長さが等間隔になるように描いている。 フッサールの現象学は知覚による対象の本質直観を現象学的還元によって行うが、本書で紹介された男性老人の肖像画のデッサンは、無数の縦線と横線が交錯している。 丸で老人の顔面が、無数の縦線・横線の交錯によって、黒いヴェールによって覆われているようにも見える。 しかし、紛れもなく、男性老人の顔である。 ところが、本書を自分の顔に近づけていくと、両目を縁取る隈線が髑髏(ミイラ)のように見えてきて、男性の顔なのか、女性の顔なのか、判別しにくくなってくる。 これがジャコメッティが表現する超現実主義(シュールレアリスム)の手法である。 表題が「ラザロのようにージャコメッティの場合」となっているのは、この死者(ミイラ)の顔が男性老人の顔として甦るからであろう。 これを著者は、イエスによって棺桶から甦った男、ラザロに例えたのである。 こうして本書を読むと、実に楽しく、面白い。 ミシェル・レリスの評伝よりも、著者が紹介する西洋美術史の語り口が本書の白眉である。 こんなに面白い西洋美術史の本に出会えたのは久しぶりだ。 お勧めの一冊だ。

次の

株式会社MICHEL(ミシェル)

ミシェル 横田

働かないでも生きていけるちょっとした財産持ちのコラン。 ある日美しいクロエという娘と恋に落ちて、幸せに結婚するが、彼女は胸に睡蓮が寄生する病気にかかり、どんどん没落していって…というのがあらすじ。 鰻が水道管に住んでいたり、音楽に合わせたカクテルができるマシンが出てきたり、体温で武器を育てたり、心臓抜きが出てきたり、話に不思議なことが混じっている。 1947年にフランスの作家によって書かれた小説で、最近の日本では直訳タイトルの『日々の泡』として出版されているらしい。 先日読んだ『注文の多い注文書(本99)』の中に『うたかたの日々』の胸に睡蓮が寄生する話が出てきた。 1980年生まれの私は中学生の頃、美少女の吉川ひなのちゃんが活躍していた雑誌『CUTiE』で、岡崎京子の連載を読んでいた。 心臓抜きなど不思議なものが漫画に描かれていたが、全然意味がわからなかった。 何がしたいのかもわからなかった。 あれから20年、外国文学は基本的に消化できない私が図書館で本を借り読んでみた。 アマゾンで漫画も買った。 調べたら映画も何本かあって、うち1つは常軌を逸したミュージックビデオをとるミシェル・ゴンドリーによるものだったので、原作・漫画・映画と違うジャンルのものを見比べて見た。 原作小説は、特に私はグッとこなかった。 お、フランスっぽい軽妙なオシャレさとみょうちくりんなテイストの恋人たちの本だな、みたいな。 解説が荒俣宏さんだったのでときめいたくらい。 でもこれで漫画が何を拾っていたのか理解できた。 この頃の岡崎京子は絵が上手になっていて、とてつもなくオシャレ。 取り上げたいことはたくさんあるけれど、一つだけ。 写真にコランとクロエが出会うシーンを載せてみましたが、コランの汚れなき坊ちゃんっぷりとクロエの圧倒的な美しさ、そして時が止まった感が見事に現れていると思うんですよ!(そんな綺麗なクロエが表紙のようにボロッボロになる…)今見ても全てがオシャレなんだ、センスが素晴らしいけど、それはただ見た目がすごいというだけでなくて、深くすごいんだよ!語彙が乏しいから表現できないけど。 映画は原作の耽美さというより、みょうちくりんなところをいかに映像で表現するか、ということにフォーカスが当たっているように思う。 クロエは『アメリ』のオドレイ・トトゥが演じているのだが、彼女は胸に蓮とか寄生されそうな病弱枠ではなく、不思議ちゃん枠ではなかろうか。 出会った頃の有頂天な感じから没落して色がなくなっていく変化は映像ならではの表現。 作中に、踊っている人たちの間に不思議な磁力?を発生させる特別なダンスが出てくるのだが、ミシェル・ゴンドリーならではじゃないのかなあ、とてもユニークなダンスだった。 多感な時期に読んだこともあって、私はやっぱり漫画の『うたかたの日々』が圧倒的にすごいと思うし、好き。 原作あっての派生作品ではあるけれど、漫画を20年前に読んでいなかったら原作を読むことはなかっただろう。 かつて、いろんな漫画や音楽、文化に触れておいて本当によかったと最近つくづく思う。 今後の宝物を増やすために、また日々好きなものを追い、味わい続けるのだ。 漫画254 うたかたの日々 岡崎京子 1994-1995 本102 うたかたの日々 ボリス・ヴィアン 1947 映画15 うたかたの日々 ムード・インディゴ~うたかたの日々~ ミシェル・ゴンドリー 2005.

次の