フランチャイズ 失敗。 フランチャイズ失敗談特集~失敗の原因とは~

フランチャイズ加盟店でオーナーを考えています。皆様の厳しい...

フランチャイズ 失敗

「フランチャイズ失敗」関係の情報をリサーチしている段階で、思考回路が失敗する方向に傾いていることをご存知でしょうか? 誰だって失敗したくないですから、フランチャイズの失敗に関しての情報を知り、その逆をやれば失敗しないだろう…と。 つまり、反面教師にしていけば、フランチャイズで失敗しないはずだと。 確かに、気持ちとしては分かります。 もっともらしい理屈です。 ただ、 残念ながら、その思考回路がフランチャイズで失敗する人の特徴です。 ちなみに、私の知人やクライアント(社長)にも、フランチャイズ経験者および有名どころのフランチャイズ本部を運営している社長がいます。 ですので、 偏ったフランチャイズ関係の情報よりは遥かに詳しいと自負しております。 フランチャイズで失敗する人は情報を鵜吞みにする フランチャイズで失敗する人は、情報を鵜吞みする傾向が強いです。 よく言えば素直。 別の言い方ならば、いい人過ぎるほどに〇カ正直。 要は、 フランチャイズ本部側からの情報やネット上でのフランチャイズをおススメする情報に対して、あまりにも無防備過ぎます。 情報には裏がある 情報には裏があるということは、ご存知でしょうか? フランチャイズ関係の情報誌もそうですが、ネット上の情報には、特に気をつけなければなりません。 例えば…• プロが選ぶ失敗しないフランチャイズはコレ• 間違いないフランチャイズの厳選ランキング• ただ、アフィリエイトが悪いわけではありません。 そういう情報を出している人は、十中八九、そのフランチャイズ本部に加盟した経験がないということです(無責任情報)。 例えて言うならば、食べたこともない食べ物を、赤の他人に「これ美味しいのでおススメします!」と言っているのと同じ事ですから…。 ましてや、フランチャイズなどの情報は多額の資金や人によっては、人生そのものが掛かっているわけですから。 フランチャイズの表面的な情報を簡単に信用しない フランチャイズの表面的な情報を簡単に信用しない事です。 他人のフランチャイズの失敗事例や成功事例を知ったとしても役に立ちません。 なぜなら、その事例を基に、仮に同じフランチャイズに加盟したとしても、その人が失敗しただけであって、あなたは成功するかもしれないからです。 逆もしかりです。 ただし、表面的な情報ではなく、本質的な深い情報であるならば、その情報をくみ取ることができれば大いに役に立ちます。 表面的な情報ではなく本質的な深い情報 表面的な情報ではなく本質的な深い情報について、重要なところなので解説します。 例えば、「東大への合格実績No. 1」の学習塾に入ったとしても、誰でも東大へ合格するわけないですよね!? 例えば…• 表面的な情報=「東大への合格実績No. つまり、そういう情報とフランチャイズの失敗や成功事例の情報も全く同じです。 ちなみに、フランチャイズの成功事例というのは、フランチャイズ本部が大々的に宣伝するから目にすることはあると思います。 しかも、そういう情報というのは、 誰でもフランチャイズに加盟すれば成功するような錯覚を意図的にさせるような情報ですから、情報を鵜吞みにしないことです。 フランチャイズに加盟ありきになっていませんか? フランチャイズで失敗してしまう人は、フランチャイズに加盟ありき(前提)にいなっていることが多々見受けられます。 フランチャイズに加盟を検討すると、自ずとフランチャイズの失敗や成功の情報を目にする機会が増えると思います。 それがいつしか!?フランチャイズに加盟ありきで、どのフランチャイズに加盟しようかなぁ…くらいの状況になっていくとマズイです。 なぜ、フランチャイズに加盟したいのか? フランチャイズに加盟するのは、何らかの目的があるからだと思うんですが、その目的は、フランチャイズに加盟しないと達成できないものなのでしょうか? 達成したい目的への道のりがフランチャイズに加盟することだ!と確信するのならば、結構なことだと思いますが…。 そこをしっかりと考えていない人が、フランチャイズで失敗する人の思考回路です。 ただ、私個人的には、フランチャイズに加盟することに興味もありませんし、人にもおススメもしていません。 なぜなら、 フランチャイズに加盟しなくても、望む目的を達成することは可能ですし、その他にも選択肢があるからに他なりません。 それこそ、その選択肢が何かは人それぞれ、考えは違うと思いますが、少なくとも、フランチャイズに加盟するよりはマシな選択肢はあります。 本当にフランチャイズに加盟したいのか? 本当にフランチャイズに加盟したい人って、いるのでしょうか…。 どういうことかと言うと… フランチャイズに加盟するということは、フランチャイズ本部の指揮命令を受ける。 言うなれば、実質的に支配される側になるわけですよね。 その代わりに、ある程度実績あるビジネスモデルを使用する権利を有することができるから、フランチャイズが魅力的に映るのはわかりますが…。 ただそれでも、心底、それを望む人がいるのか?!ということに疑問があります。 言ってしまうと… フランチャイズに加盟して望む成功を手にしている人は、ほぼいない。 見当たらないというのが率直な感想であり、 そもそも、フランチャイズのシステム自体が本部が圧倒的な優位な立場であり、儲けやすいものですから(フランチャイズ加盟側は、その反対)。 「どうしてもフランチャイズに加盟したい!」という人には、お役に立てることはありませんが…。 そうではなく、独立起業または社長として生きていく上で、お金・時間・健康・家族・尊敬の5つ全てを手に入れた人生を送りたいと考えているならば(それが『真の社長』)お役に立てることがあります。 具体的に何をどうすれば、そうなれるのか?、そのあたりのヒントや答えをで詳しくお伝えしています。

次の

恐怖!買取フランチャイズの失敗例|本気の開業ガイド

フランチャイズ 失敗

フランチャイズ加盟店でオーナーを考えています。 皆様の厳しい意見でも構いません。 アドバイスをお願い致します。 現在、外食産業ほっともっとのフランチャイズ加盟店で開業してみたいと考えています。 300万円程で開業出来るとの事ですが、自己資金が無いため、融資を受けて開業しようと思っています。 厳しい状況だとは承知の上ですが、どうしても独立開業をしてみたいと昔から思っていました。 三人の小学生の子供を抱えてるなか、大儲けはしなくとも、そこそこの利益でも良いので、経営はやっていけるものなのでしょうか? 因みに妻は、会社勤めはそのまま続けさせようと思っています。 どうか厳しいご意見、アドバイスなど、宜しくお願い致します。 ほっともっとはよく知りませんが、悪くはないと思いますよ。 ただ、300万で開業はやめといた方がいいです。 300万で店舗ができるわけがない。 本部が用意してくれるんでしょうか? 用意してくれるならそれなりの理由がある。 店舗作るのにいくらかかるか? 弁当屋でもきれいに造れば2000万はかかるんじゃない? じゃぁ本部はあなたから1700万+ロイヤリティ?を何年で回収すれば合うんでしょう?加盟料やサポート費ももらわないと嫌だし。 何十年も待てません。 待つなら利息も欲しいしね。 時給500円で、1日16時間年中無休で3年がんばれるなら賛成します。 奥様の理解も続く前提で。。。 試しに実行してみたら良いです。 今お仕事されてると思います。 仕事を続けながら空き時間は全てバイト(内職でもなんでもいい)をする。 もちろん休日も(どこにも遊びに行かない、息抜きもしない。 家族も。 あなたは過酷な労働プラス家族にフォローもする。 )今、普通の仕事をしているなら平日は4,5時間。 休日は12時間以上。 休みなしでバイトをすると最低でも月15万くらいは収入が増えます。 そして生活は奥様の収入だけで暮らす。 あなたの本業の収入が例えば25万でも月40万。 貯蓄など崩さず、誰からも援助を受けず半年でも続けられたら上手く行くと思います。 半年で240万貯蓄もできます。 大変ですし、まず、奥様が許しません。 子供も泣きます。 それくらい小額投資で食べていくのは厳しいです。 大儲けできなくてもいいとか、そこそこの収入でもとか皆さん言いますが、独立するんですから、あたりまえのように赤字もあるんですよ。 そこそこの収入がとれないから潰れていきます。 FCなのでの基本は完成しています。 お客さんに満足してもらえる形はできている。 あとは呼び込んでこなすだけ。 本部規制は知りませんが広告、割引やれば来ます。 経費が払えれば・・・商圏に広告打って、割引すると利益は出ないと思います・・・出なくてもやり続ける。 赤字カバーはあなたの労働力。 家族の理解と強力。 まずは自分がどれだけがんばれる人間か、諦めない人間かを見極めるため。 行動してみましょう。 コンビニの加盟料と同じようなもんでしょ。 しかもそれは独立開業を自分でするという意味合いからは遠いよ。 全部用意してもらって、ああしなさい、こうしなさい、365日営業しなさい、 雇われオーナーって変な立ち位置に近い。 そこに「自分の意思」は存在するかな? 普通に弁当屋を起こすなら300万もあればやってやれないこともないので上等だけど、 FC加盟で300万では無理なんじゃないかな。 FCやるのでも2種類ある。 加盟金だけ払った雇われみたいなものか、 土地もってて建物から負担してるオーナーなのか コンビニの例でよく勉強されてください。 売上に対する所得が全くが違いますから。 ほっともっと、のFCがどういう物かは知りませんけども、 やるなら後者だよ。 なめてかかると軽急便みたいな事になるよ。 300万って、それすらも借りてやりたいってか? 300万ったって、ほとんど加盟金や保証金じゃないの? その返済と家賃や材料費、水道光熱費、ロイヤリティなど 払ったら、そこそこの利益すら?? ましてや1人では絶対回せないし稼げないだろう。 そこで人を雇わ無ければならない。 嫁さんに仕事を続けて…なんて言っている場合じゃないと思うけどね。 暇でも2人で休み無し、開店から閉店まで働いて、今までの収入の半分がいい所だろうね。 最低半年給料が出なくても生活できる位の蓄えさえも無かったら 嫁さん、子供連れて出て行くよ せめてその300万と半年分の生活費の200万は蓄えていないと、 今の季節に富士山にサンダルと短パンはいて手ぶらで登山に行くようなもの。 1合目にすら登れないだろう。 powerkusukusuさん が大変前向きのいい回答をしていますが、貴方に当てはまるか疑問です。 私自身はフランチャイズにはかかわっていませんが、クライアントでフランチャイズ本部がいくつかあったために、多くの開店、開業を見てきました。 自己資金ゼロで成功した人は本当にいません。 というよりも、自己資金ゼロで融資するところは実質ないのです。 日本政策金融公庫に相談に行って見なさい。 怒られちゃいますよ。 笑 プレナスも貴方のような貯えのまったくない人は相手にしないでしょう。 知恵袋に書き込みをしている暇があったら、仕事をいくつもかけもちして仕事をしてお金というものを貯えて下さい。 それが貴方の第一歩です。 一般的には、フランチャイズ加入について否定的な人が多いですが、 私はそうは思いません。 実際に、一店舗経営で年収2000万円クラスの人を複数知っていますし、 実質の経営は息子に任せて、年中海外旅行をされてる方も知っています。 (ヒルトンの株主優待で、宿泊が無料だそうです) 現実的な話で、ヒントを差し上げます。 例えば、3店舗経営を目指すとしましょう。 その際、法人化して一店舗づつ、店長と副店長を雇います。 それに加えて、彼らをまとめる統括マネージャーを雇います。 あとはアルバイトでまわします。 そうすれば、あなたは実質的に労働から開放されて、 経済的自由を手に入れることが可能です。 経営手腕にもよりますが、現実的な年収は、2500~5000万円でしょう。 具体案も出されて結構真剣に考えられているようなので・・・ >ほっともっとに限っては先ほどサイト確認して程度でFC経営手法もよく存じていません。 私の友人等でその主のFCをやっている方は大勢居ますが・・・ あくまで友人の話では儲けが安定して算出できるまでは【家族】が手伝ってくれるという条件でなければまず採算がとれずに体力的にも無理だと口をそろえて言います。 やはりFCとはFC母体が利益を上げる事を大前提に考えたビジネスプログラムです。 単に資金を用意して開業すれば簡単に儲かるといったものではありません。 あくまでノウハウと統計的な数字データが存在するだけなので採算という面での判断については自分自身が決める必要があります。 なのでそれまでに経営経験が全く無く希望だけでやっていけるかな~というのは大きな疑問です。 その中で2号店を出した、3号店を出したという話を聞きます。 表向き店舗を出店しているのだからえらい儲かってるのかと思いきや・・・ 1店舗では採算が厳しいので2店舗、3店舗を出した【挑戦】という内情があるようです。 PS:実際には立地等などによってどのような展開になるかはわかりませんが、【本社の予測とは全く違う結果も在り得る】 >因みに妻は、会社勤めはそのまま続けさせようと思っています。 @ポイントは奥さんだと思います。 どうしても奥さんの手助けが必要なので相談して決められたほうがいいでしょう。

次の

フランチャイズ経営10の失敗事例と失敗しない対策法

フランチャイズ 失敗

目次 1,フランチャイズで失敗する人の特徴・原因 簡単に独立できると思って始めてしまった フランチャイズでの開業は、通常の開業に比べて 3倍近く倒産しづらいとうデータが取れています。 こういったデータのせいで、 「フランチャイズでの開業は簡単」「フランチャイズなら誰でも成功できる」と勘違いする人がいらっしゃいます。 まず起業に簡単なことなどありません。 どの職種で何をやっても大変だし、努力し続けなければ成功する事はありえません。 脱サラ後に起業していれば、長い間従業員だったことになるので経営者としての力はほとんどない状態です。 もちろんスタートは皆同じなので、これは仕方がないことです。 そこから何度も失敗を重ねて少しずつ経営者としての力がついて、経営に対する目利きなども付くようになっていきます。 軽い気持ちでやっていると、まず経営者としての 「成長」が出なくなるので必ずどこかでダメになってしまいます。 資金が回らなくなった フランチャイズで失敗する原因・理由の多くに、 「資金ショート」が挙げられます。 これは運転資金が回らなくなり、倒産してしまうということです。 フランチャイズオーナーは始める前に開業資金としてある程度は用意しています。 しかしそれがあまりにもギリギリすぎると、予測しない経費の発生によりすぐに資金ショートへと追い込まれてしまいます。 「仕入れ」「人件費」「販促費」「雑費」など細かい所まで、経営者であれば把握しておくことが大切です。 資金ショートした場合は、金融機関に融資をお願いする事もできますが、ビジネスの状態によっては融資を受けられない場合もあります。 ライバル店の影響 フランチャイズ経営では、 周辺のライバル店には十分警戒しておく必要があります。 脱サラ後にフランチャイズで開業したのであれば、おそらく小規模店舗の方がほとんどですよね。 ここで大切なのは、 「フランチャイズのお店選び」です。 衝突しても負けないブランド力を持ったお店を選んでいれば、近くにライバル店が出現しても戦うことができます。 フランチャイズのお店によっては、 「商品の開発」や「販促活動」に力を入れてくれ、競合店対策に一緒に向き合ってくれるようなフランチャイザーも存在します。 【注意すべきライバル店】 ・別の会社の競合店 ・同じ会社の姉妹店 ライバル店は何も別の会社の競合店だけではありません。 同じフランチャイズが運営するお店が近くにできてしまい、失敗したケースもたくさんあります。 このようにフランチャイズ加盟店のことを何も考えず、同じ場所に集中的に出店させていくフランチャイザーもいますので、選ぶときはしっかりリサーチをかけておく必要があります。 系列が同じであれば商品構成なども一緒なので、差別化を図るのは難しいです。 同じ会社の姉妹店に潰されないためにも、 加盟店のことをちゃんと考えてくれるフランチャイザーを選ばなくてはいけません。 フランチャイズのブランド選びの失敗 フランチャイズのブランド選びは慎重に行う必要があります。 このブランド選びを間違えると、どれだけ頑張っても苦しい経営になることが予測されるので、しっかりリサーチしておきましょう。 「売上が伸びているブランドか?」 例えばコンビニのフランチャイズを選ぶにしても、 「セブンイレブン」や「ローソン」は業績が好調で戦略もあります。 しかし中にはみるみる店舗が減っており、この先不透明なコンビニもたくさん存在しますよね。 当たり前ですがフランチャイズの本部がダメになれば、加盟店は一蓮托生の道を辿ることになります。 しっかり業績を伸ばせており、今後の戦略も持って成長が見込めるブランドを選ぶようにしましょう。 「本部のやり方に賛同できるか?」 フランチャイズ事業はあくまでも加盟店なので、本部のやり方に従う必要があります。 本部のやり方が気に入らなかったり、そのブランドが嫌いであれば、加盟店として続けていくのは難しいです。 「仕事なんだから割り切ってやれる!」 一部のオーナーはこのように考えていますが、本部のやり方や経営方針に賛同できなければ、そのフランチャイズは選ぶべきではないです。 自分が好きなブランドや、経営方針に賛同できるようなフランチャイズ店を選べれば、お店を一緒に伸ばそうと頑張れますよね。 2,フランチャイズで成功する人の特徴・原因 第三者の意見を聞いている フランチャイズで成功する人の特徴としては、 第三者の意見をしっかり取り入れられていることが挙げられます。 第三者とは近くにいる経営者の知り合いでもいいですし、税理士、司法書士、弁護士といった専門家の意見でもOKです。 誰にも相談せずに自分ですべてやろうとすると、最初は失敗だらけになります。 これは誰でもそうです。 しかし第三者の意見を聞くことで近道をして、失敗をできるだけ減らすことができます。 私も独立していますが、最初は知り合いの経営者の先輩や、税理士さんなどに何でも相談していました。 そうすることで資金管理なども少しずつできるようになり、大きな失敗はせずに来れたと考えています。 「聞く人が誰も居ない場合は?」 脱サラして開業したのであれば、経営者の知り合いや専属の税理士さんなどもまだいないかもしれません。 そんな時はネットを使って、相談をするのがオススメです。 後程、フランチャイズにオススメのサイトをご紹介しますが、そこでは 「税理士」「司法書士」「弁護士」といった、専門家に相談することもできるので、こういったサービスを活用していきましょう。 本部と切り離して考えられる人 フランチャイズで成功する人の特徴の1つに、 「自分が主体となって考えられている」というのがあります。 どういうことかと言いますと、本部にすべて頼りっきりにならずに、自分のお店と自覚して切磋琢磨して自分のお店を伸ばそうと頑張れているということですね。 フランチャイズでは本部が指示を出す事もあるので、どうしても頼りやすくなってしまいます。 しかし本部は最低限のことしか教えてくれず、そこから先は自分でお店を伸ばすよう努力しなければいけません。 オーナーが受動的になり、何も考えなくなればそのお店は伸びる訳がありません。 「経営者」という自覚をしっかり持ち、一つのお店のオーナーであるという心構えが必要です。 数字にマメな人 フランチャイズだけでなく、すべての経営に言えるのですが 「数字」に対してマメな人は成功しやすいです。 開業当初であれば、 「資金の流れ」は必ず見ておきましょう。 私も面倒で最初はやりませんでしたが、これをやることで損益を把握できるようになり、大きな赤字を出さずに済みました。 エクセルで損益くらいは簡単にまとめられますので、絶対にやっておくことをオススメします。 経営は思いもよらないところで経費が積み重なって、利益を圧迫しています。 お金の流れを正しく理解することで、確実に利益を出し続ける構造が作れるようになります。 スポンサードリンク 3,オススメのフランチャイズ店を選ぶ方法 フランチャイズの募集は様々な企業で行われています。 しかし企業ごとにフランチャイズの募集を見ていると、どれを選べばいいのか全く分かりません。 他と比較することができないので、 初期コストやラーニングコストが高いのかも分からないですよね・・・・ これでは条件のいいフランチャイズ選びができないので、かなり 不利になります。 そこでオススメの探し方が、 フランチャイズの紹介サイトを使うことです。 大手のフランチャイズ紹介サイトを使えば、 フランチャイズのお店の数がとにかく多いので、お店選びを徹底的に 比較・検討することができます。 コンビニで開業を考えているのであれば、 「セブンイレブン」「ローソン」「ファミマ」など有名なお店からコストが掛からず、やりやすそうなものを選んでみましょう。 気になるフランチャイズのお店があれば、まずは 無料で資料請求を行ってください。 その後説明会に行き気に入れば「契約」という流れになります。 「業界最大手のBMフランチャイズを使う」 BMフランチャイズでは、100件以上のフランチャイズを比較することができます。 資料請求はすべて 無料、定期的に開かれている説明会なども非常に勉強になるのでおすすめ。 「予算」「エリア」「開業の種類」「開業スタイル」といった様々な視点から、自分に合ったフランチャイズを探すことができます。 実際のフランチャイズ加盟店舗の、日々の売上や経費なども資料で提示していることがあるので、とにかく興味がある場所が見つかれば資料請求してください。 ・ BMフランチャイズでは、 「税理士」「司法書士」「弁護士」といった専門家へ相談することもできるので、非常に助かります。 資料請求をしたり、資金面での相談、法律や税金面での相談なども可能です。 こちらではフランチャイズ経営でオススメの業種や、具体的な企業をご紹介しています。 ご興味があれば併せてチェックしてみて下さい。 【関連記事】 4,まとめ 以上です。 今回は、脱サラしてフランチャイズで「失敗する人」「成功する人」の特徴や原因などについてご紹介しました。 フランチャイズ経営は、 7割以上が成功していると言われており、安易に始める人が多すぎます。 そういった方は勉強や努力もしないので、結果的に廃業へと追い込まれるケースが多いです。 最後にフランチャイズで失敗しないための方法をまとめておきます。

次の