楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業。 キャッシュレス・消費者還元事業 楽天カードを利用される皆様|楽天カード

一般のお客様向け|キャッシュレス・消費者還元事業

楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業

政府は10月1日の消費税増税と同時にポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)を行っていますが、ヨドバシカメラは対象店舗なのでしょうか?また、増税後は何かしらのポイント還元キャンペーンを行うのでしょうか? 当記事にて調べた内容をまとめます。 ヨドバシカメラは「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗なのか 結論から言うと、ヨドバシカメラは政府が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗ではありません。 小売業であれば、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗になるには• 資本金5000万円以下または従業員50人以下 という条件に合致する必要があり、株式会社ヨドバシカメラの資本金は3000万円のため、一見対象店舗になりそうです。 しかし、その他の条件として「課税所得が15億円以上ある企業は中小企業とみなさない」というものがあり、ヨドバシカメラの2019年3月時点での経常利益は573億円とあるため、とても対象店にはなりえません。 また、大企業でもフランチャイズ店舗であればポイント還元を受けることができますが、ヨドバシカメラはすべて直営店なので、どのみち対象外となります。 石井スポーツ大丸東京店など商業施設に入る4店舗を除く)。 また、ヨドバシカメラではPayPay、楽天ペイ、LINE Payといった決済サービスを使えないため、これらに付随したキャンペーンを受けることはできません。 カテゴリー• 147• 128• 132•

次の

キャッシュレスポイント還元タイミングと還元限度額の一覧まとめ

楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業

同事業は、消費税率引上げ後から2020年6月末まで、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する政府の事業。 同事業の予算は2,798億円。 なお、正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」だが、最近は「キャッシュレス・ポイント還元事業」と表記されることが多い。 どちらの表記でも意味は同じだ。 利用可能な店舗は、9月2日時点では約27万件。 8月29日時点での加盟店登録申請数は約51万件。 クレジットカード・デビットカード クレジットカードは、還元上限が概ね1. 5万円。 各社の違いが現れるのは、還元手段で、「カードの請求額からのポイント還元分の減額 相殺 」と、「ポイント付与」の2種類があり、発行会社やカードのブランドによって異なっている。 三井住友カードや、UCカード・クレディセゾンなどは前者の「請求額からの相殺」だが、楽天カードやポケットカード ファミマTカード などは後者の「ポイント還元」で、楽天スーパーポイントやTポイントなどで還元される。 カードブランドごとに対応が異なっているので、正確な情報はお手持ちのカードの公式情報を確認してほしい。 例えば同じ三菱UFJニコスのカードでも、「MUFJカード」は引き落とし時にポイント相当分を相殺するが、「NICOSカード」、「DCカード」は商品と交換できるポイントとして還元するなど、同一企業でもカードブランドごとに。 ただ、請求額からの相殺でもポイント付与でも、付与時期は利用月の2カ月後でほぼ共通のようだ。 なお、ほとんどのカードは、月15,000円相当が還元上限だが、というカードもある。 クレジットカードでの支払いだけでなく、カードに紐付いたApple PayやiD、QUICPayなど非接触決済での支払も、ポイント還元の対象となる場合が多い カードによる。 詳しくはカード会社の情報を参照してほしい。 デビットカードの多くや一部のプリペイドカードでもポイント事業対応している。 デビットカードの還元方法は「口座に付与」、上限は「1. 使いこなせれば、「お得」になるはずだ。 なお、Discoverや銀聯などの海外クレジットカードは、ポイント還元事業の対象外となる。 楽天ペイ アプリ決済 は、還元方法が楽天スーパーポイント。 還元時期は利用月の翌々月末日頃。 上限は1回あたり25,000ポイントで、月の上限はなし。 上限は期間中3,000ポイントまでで、付与ポイントの利用期間は2020年1月31日23時59分。 第1弾は10月1日から12月2日を予定しており、キャンペーン登録が必要。 au PAYは、au WALLET ポイントで還元。 買い物から約1カ月後にau WALLET ポイントで還元する。 ポイントの有効期限はポイント付与日から4年間。 J-Coin Payは。 ポイント相当額を利用者のJ—Coin Pay残高に入金する。 ユニークなのは「Origami Pay」だ。 還元方法は「LINE Payボーナス」で期限は2年。 メルペイは、コード払いとiDで対応。 「メルペイ残高払い」だけでなく「メルペイあと払い」も還元の対象となる。 コード払いの場合は、毎週月曜日に前週の還元対象決済分のポイントを還元、iDの場合は、毎月25日に、前月の還元対象決済分のポイントを還元する。 還元されるポイントの有効期限は、付与された日を含めて90日。 d払いは、dポイントで還元。 「キャッシュレス・消費者還元事業」における主要な決済事業者 8月19日時点 JR東日本のSuicaは、JRE POINTで還元。 ポイントは対象となる決済の翌月上旬頃に1カ月分まとめて還元する。 JRE POINT登録済のSuicaが必要となる。 大手私鉄系の「PASMO」は、この還元事業のために新たに「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」を立ち上げ。 対象店舗でPASMOで決済すると、決済額に応じてポイントが貯まる。 なお、参加には専用サイトでの登録が必要。 還元事業の6カ月間を3期にわけて還元を行なう。 また、PASMOのカードの上限は20,000円で、残高との合計が2万円を超えてしまうと還元を受けられなくなる。 例えば、PASMOの残高が19,500円の場合、500円を超えた還元はできなくなってしまうため、残高に注意する必要がある。 交通系ICでは、manacaやTOICA、ICOCA、はやかけん、SUGOCA、PiTaPaも還元事業に対応予定だ。 nanacoは、nanacoカードやnanacoモバイルの使用に対し、nanacoポイントで還元。 利用翌月の15日にnanacoポイントで還元し、nanacoポイントから電子マネーnanacoに交換し、店舗等で支払い可能になる。 事前エントリーは不要。 WAONは、「消費者還元WAON」で還元。 カードなどに直接付与されず、イオン店舗などに設置されているWAONステーションや、イオン銀行ATM、ファミリーマートに設置されているFamiポートなどで受け取る。 1カ月間の還元上限は15,000WAON。 楽天Edyは、電子マネーのEdyで還元。 Famiポート、Edyの赤いチャージ機、楽天Edyアプリなどでの受け取り処理を行ない、通常のEdy電子マネーとして利用できる。 1回あたりの還元額は最大2,500円分。 支払日から30日を目処にEdyを付与。 受け取り期限は付与日から90日間としている。

次の

一般のお客様向け|キャッシュレス・消費者還元事業

楽天 キャッシュ レス 消費 者 還元 事業

もくじ キャッシュレス・消費者還元事業の背景 キャッシュレス・消費者還元事業は、経済産業省の監督により実施される制度です。 2019年10月1日(火)の消費税増税と同時に始まり、2020年6月30日(火)まで施行されます。 約3,000億円ともいわれる大きな費用をかけて、政府がこの制度を実施するのには、大きく2つの理由があります。 ひとつは、増税による消費の冷え込みを抑えること。 消費税はこれまで2回の増税を実施してきましたが、その度に消費が落ち込みました。 一時的なものであったにせよ、これでは景気を悪化させるばかりです。 それを防ぐ制度を打ち出したのです。 もうひとつは、キャッシュレス決済の普及推進です。 毎年のように増加している訪日外国人によるインバウンド需要は、これからさらに伸びていくと予想されています。 世界的スポーツの祭典やその後の大阪・関西万博を控えて、キャッシュレス決済が当たり前の海外からの旅行者に不便な思いをさせず、日本の滞在を満喫してもらいたいということから、キャッシュレス決済の普及は不可欠です。 この2つの理由から、策定された制度がキャッシュレス・消費者還元事業です。 キャッシュレス決済を導入する前に! キャッシュレス・消費者還元事業の概要 キャッシュレス・消費者還元事業の内容は、施行期間中に特定の店舗でのキャッシュレスによる支払いに対してポイントを還元するものになります。 ただし、現金での決済については適用外で、あくまでキャッシュレス決済が対象となります。 キャッシュレス・消費者還元事業のしくみ キャッシュレス・消費者還元事業がどのようなものなのか、実際の流れに沿ってご説明しましょう。 まず、制度の適用対象となる店舗で、消費者が消費税を加算して、キャッシュレス決済で精算します。 すると、カード会社や電子マネー発行会社などの決済事業者から、「購入価格の2%あるいは5%」分のポイントが消費者に還元されるというしくみです。 店舗側として重要なことは、「自店がこの制度の対象になるか」「キャッシュレス決済に対応できるか」という2点です。 適用対象となる決済方法は? キャッシュレス・消費者還元事業の適用対象となるキャッシュレス決済とは、「電子的に繰り返し利用できる決済手段」と定義されています。 具体的には次のような決済手段があります。 クレジットカード決済• 電子マネーやプリペイドカードでの決済• デビットカード決済• QRコード/バーコード決済 (電子マネーやクレジットカード、銀行口座の情報をスマホに登録し、タッチしたりQRコードやバーコードを使ったりして支払う方法) この制度の適用を受けようとする場合、まずカード会社や電子マネーの発行元などの決済事業者が事前に経済産業省に登録申請をしているか確認する必要があります。 2019年7月の時点で三井住友カードやPayPayなど、キャッシュレス事業を手掛ける企業が350社以上も本登録を済ませています。 消費者・店舗にそれぞれのメリット キャッシュレス・消費者還元事業は、消費者にとっても店舗にとってもメリットのある制度です。 それぞれどのようなメリットがあるのか、具体的に解説していきましょう。 消費者のメリットは「ポイント還元」 消費者にとっては、やはりポイント還元が最大のメリットでしょう。 ポイント還元制度は、加盟店登録をした中小企業を対象とし、大企業は対象外となっています。 店舗によってはポイント還元の適用対象外となるものもありますが、適用を受けている店舗であれば、最低でも2%は使ったお金が戻ってきます。 還元されるポイントは、購入価格の2%または5%に設定されています。 還元率が違うのは、制度の適用を受けている店舗によって違いがあるためです。 今回の消費税増税では8%から10%へ、2%上昇します。 例えば、ポイント還元率が2%だった場合、本体価格1,000円の商品を買うと次のような計算になります。 02(2%)• 実質支払い額=1,078円 還元ポイントの計算は税込みの「購入価格」がベースになるので、単純に「2%-2%でゼロ」ということにはならず、わずかながらポイント還元効果が発生します。 これが、5%になるとどうでしょうか。 05(5%)• 実質支払い額=1,045円 5%還元の店で買物をすると、増税前の税込価格1,080円よりも、35円も安くなります。 まとまった買物をする場合、このポイント還元は見逃せないでしょう。 ただし、今回のポイント還元では適用対象外となるものもあります。 例えば、商品券のように換金性の高いものや、医薬品など元々消費税の対象外であるもの、あるいはすでに消費増税対策としての減税が決まっているマイホームや自動車などは、この制度の対象外です。 店舗側のメリットは「集客増大の期待」 店舗側のメリットとしては、第一に「集客増大」の効果が期待できるということがあります。 すでにふれたように、今回のポイント還元制度では、店舗側が「還元なし」「2%還元」「5%還元」という3つのグループに区分されます。 消費者側の心理として、増税による買い控えは避けられませんが、その一方で、還元制度の適用対象となっている店舗であれば、増税どころか減税効果が期待できます。 ですから、「どうせ買物をするのなら、ポイント還元をしてくれる店で買おう」ということになります。 5%還元の適用対象店舗であれば、集客増大の効果が、かなり期待できるでしょう。 還元率2%と5%の境界は、店舗の規模 では、ポイント還元率の2%と5%の違いは、どのように決められるのでしょうか。 これは、店舗の規模が判断基準となります。 今回のポイント還元事業で対象となるのは、中小・小規模の事業者です。 その規模は、「資本金の額または出資の総額」と、「常時使用する従業員の数」によって業種ごとに定められています。 それぞれ以下の金額と人数の条件を、両方満たす必要があります。 製造業その他:資本金または出資総額3億円以下/従業員数300人以下 卸売業:資本金または出資総額1億円以下/従業員数100人以下 小売業:資本金または出資総額5,000万円以下/従業員数50人以下 サービス業:資本金または出資総額5,000万円以下/従業員数100人以下 それぞれの業界で該当する事業者が、今回のポイント還元制度の対象となり、申請して本登録されれば5%のポイント還元が実施されます。 なお、保険医療機関や宗教法人など、そもそも消費税の対象外とされている事業者はポイント還元もありませんので、注意してください。 また、コンビニや外食などのフランチャイズチェーンでは、大手企業の看板を使っていても、各店舗は個人事業主として経営しているところが多くあります。 そうした店舗では、2%のポイント還元が適用されることになります。 また、たとえ適用条件に該当していても、申請して登録されなければ適用されませんのでご注意ください。 別ウインドウでキャッシュレス・消費者還元事業制度ホームページにリンクします。 店舗側には補助金の支給もある キャッシュレス・消費者還元事業では、ポイント還元だけでなく、 キャッシュレス決済を導入する店舗側に補助金を出す制度もあります。 決済端末の導入費用が無料に!? キャッシュレス決済を導入するには、決済端末の設備が不可欠です。 クレジットカード、電子マネー、デビットカード、QRコード/バーコード決済など、導入する決済方法によって程度の差はあっても、初期導入の手間やコストがかかります。 特に、クレジットカード決済を導入するには、レジやカードリーダーが高価なうえ、手数料もかかります。 しかし、スマホやタブレットにカードリーダーを接続する「Square(スクエア)」のように、数千円から導入でき、無料のクラウドサービスを利用して手数料3%台で運用できるクレジットカード決済もあります。 こうしたキャッシュレス決済の決済端末を新たに購入した場合、国が3分2、決済事業者が3分1を負担し実質無料になります。 しかも、キャッシュレス・消費者還元事業の施行期間中は、事業者がキャッシュレス決済を行う際に決済事業者に支払う加盟店手数料の3分の1を国が補助してくれます。 これならば、キャッシュレス決済の導入をあきらめる必要はないでしょう。 規模の小さな店舗であればあるほど、そのメリットは大きいといえます。 低コストで導入できるレジアプリとは? 制度を活用してキャッシュレスのスムーズな導入を 消費税が8%から10%へ増税されるにあたって施行されるキャッシュレス・消費者還元事業により、消費者側にも店舗側にもキャッシュレス決済が広がっていくものと思われます。 2019年10月1日(火)から9ヵ月間の期間限定ではありますが、この制度をうまく活用し、キャッシュレス決済を導入することが、ビジネスの成功につながります。 早めの対応をご検討ください。 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

次の