ローカル ストレージ と は。 ローカルストレージとクッキーの違いは?ローカルストレージはどこで確認できるの?|スタビジ

ローカルストレージとクッキーの違いは?ローカルストレージはどこで確認できるの?|スタビジ

ローカル ストレージ と は

スレッド ローカル ストレージ TLS: Thread Local Storage Thread Local Storage TLS• この記事の内容 スレッド ローカル ストレージ TLS は、指定されたマルチスレッド プロセスの各スレッドが、スレッド固有のデータを格納する場所を割り当てるための手段です。 Thread Local Storage TLS is the method by which each thread in a given multithreaded process can allocate locations in which to store thread-specific data. 動的にバインドされた 実行時の スレッド固有のデータは、TLS API を介してサポートされます。 Dynamically bound run-time thread-specific data is supported by way of the TLS API. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. MSVC は、拡張ストレージクラス修飾子として、Microsoft 固有の属性であるも提供します。 MSVC also provides a Microsoft-specific attribute, , as extended storage class modifier. たとえば、次に示すコードは、整数型のスレッド ローカル変数を宣言して特定の値に初期化します。 The following guidelines must be observed when declaring statically bound thread local objects and variables. これらのガイドラインは、との両方に適用されます。 These guidelines apply both to and to :• Thread属性は、クラスおよびデータの宣言と定義にのみ適用できます。 The thread attribute can be applied only to class and data declarations and definitions. 関数の宣言または定義では使用できません。 It can't be used on function declarations or definitions. たとえば、次のコードはコンパイラ エラーになります。 Thread修飾子は、 静的なエクステントを持つデータ項目に対してのみ指定できます。 The thread modifier can only be specified on data items with static extent. 自動データオブジェクトは、 thread属性を使用して宣言することはできません。 Automatic data objects can't be declared with the thread attribute. 次のコードはコンパイラ エラーになります。 スレッドローカルオブジェクトの宣言と定義では、すべて スレッド属性を指定する必要があります。 The declarations and the definition of a thread local object must all specify the thread attribute. たとえば、次のコードはエラーになります。 Thread属性を型修飾子として使用することはできません。 The thread attribute can't be used as a type modifier. たとえば、次のコードはコンパイラ エラーになります。 スレッドローカルオブジェクトのアドレスは定数とは見なされず、そのようなアドレスを含む式は定数式とは見なされません。 The address of a thread local object is not considered constant, and any expression involving such an address isn't considered a constant expression. 標準 C では、オブジェクトまたはポインターの初期化子としてスレッドローカル変数のアドレスを使用できないようになります。 In standard C, the effect is to disallow the use of the address of a thread local variable as an initializer for an object or pointer. たとえば、次のコードは、C コンパイラによってエラーとしてフラグが設定されています。 これは、スレッドローカルオブジェクトの構築と同様に行われます。 It's done just like the construction of thread local objects. スレッドローカル変数のアドレスは、アドレスが取得されたスレッドが存在する場合に限り有効です。 The address of a thread local variable is valid only as long as the thread in which the address was taken still exists. 標準 C では、オブジェクトまたは変数を、それ自体への参照を含む式で初期化することができますが、非静的エクステントのオブジェクトに対してのみ使用できます。 Standard C allows for the initialization of an object or variable with an expression that involves a reference to itself, but only for objects of nonstatic extent. 次に例を示します。 スレッドのグローバル変数領域は実行時に割り当てられるため、この領域のサイズは、アプリケーションの要件および静的にリンクされているすべての DLL の要件に基づいて計算されます。 Because the global variable space for a thread is allocated at run time, the size of this space is based on a calculation of the requirements of the application plus the requirements of all the DLLs that are statically linked. Dll がによって読み込まれる可能性がある場合は、 などの tls api を使用して、tls を割り当て LoadLibrary ます。 Use the TLS APIs, such as , in your DLL to allocate TLS if the DLL might be loaded with LoadLibrary. 関連項目 See also 関連記事.

次の

【2019年11月版】ブラウザ側でデータを保存するため各ブラウザにおけるローカルストレージの挙動の調査

ローカル ストレージ と は

スレッド ローカル ストレージ TLS: Thread Local Storage Thread Local Storage TLS• この記事の内容 スレッド ローカル ストレージ TLS は、指定されたマルチスレッド プロセスの各スレッドが、スレッド固有のデータを格納する場所を割り当てるための手段です。 Thread Local Storage TLS is the method by which each thread in a given multithreaded process can allocate locations in which to store thread-specific data. 動的にバインドされた 実行時の スレッド固有のデータは、TLS API を介してサポートされます。 Dynamically bound run-time thread-specific data is supported by way of the TLS API. 詳細については、「」を参照してください。 For more information, see. MSVC は、拡張ストレージクラス修飾子として、Microsoft 固有の属性であるも提供します。 MSVC also provides a Microsoft-specific attribute, , as extended storage class modifier. たとえば、次に示すコードは、整数型のスレッド ローカル変数を宣言して特定の値に初期化します。 The following guidelines must be observed when declaring statically bound thread local objects and variables. これらのガイドラインは、との両方に適用されます。 These guidelines apply both to and to :• Thread属性は、クラスおよびデータの宣言と定義にのみ適用できます。 The thread attribute can be applied only to class and data declarations and definitions. 関数の宣言または定義では使用できません。 It can't be used on function declarations or definitions. たとえば、次のコードはコンパイラ エラーになります。 Thread修飾子は、 静的なエクステントを持つデータ項目に対してのみ指定できます。 The thread modifier can only be specified on data items with static extent. 自動データオブジェクトは、 thread属性を使用して宣言することはできません。 Automatic data objects can't be declared with the thread attribute. 次のコードはコンパイラ エラーになります。 スレッドローカルオブジェクトの宣言と定義では、すべて スレッド属性を指定する必要があります。 The declarations and the definition of a thread local object must all specify the thread attribute. たとえば、次のコードはエラーになります。 Thread属性を型修飾子として使用することはできません。 The thread attribute can't be used as a type modifier. たとえば、次のコードはコンパイラ エラーになります。 スレッドローカルオブジェクトのアドレスは定数とは見なされず、そのようなアドレスを含む式は定数式とは見なされません。 The address of a thread local object is not considered constant, and any expression involving such an address isn't considered a constant expression. 標準 C では、オブジェクトまたはポインターの初期化子としてスレッドローカル変数のアドレスを使用できないようになります。 In standard C, the effect is to disallow the use of the address of a thread local variable as an initializer for an object or pointer. たとえば、次のコードは、C コンパイラによってエラーとしてフラグが設定されています。 これは、スレッドローカルオブジェクトの構築と同様に行われます。 It's done just like the construction of thread local objects. スレッドローカル変数のアドレスは、アドレスが取得されたスレッドが存在する場合に限り有効です。 The address of a thread local variable is valid only as long as the thread in which the address was taken still exists. 標準 C では、オブジェクトまたは変数を、それ自体への参照を含む式で初期化することができますが、非静的エクステントのオブジェクトに対してのみ使用できます。 Standard C allows for the initialization of an object or variable with an expression that involves a reference to itself, but only for objects of nonstatic extent. 次に例を示します。 スレッドのグローバル変数領域は実行時に割り当てられるため、この領域のサイズは、アプリケーションの要件および静的にリンクされているすべての DLL の要件に基づいて計算されます。 Because the global variable space for a thread is allocated at run time, the size of this space is based on a calculation of the requirements of the application plus the requirements of all the DLLs that are statically linked. Dll がによって読み込まれる可能性がある場合は、 などの tls api を使用して、tls を割り当て LoadLibrary ます。 Use the TLS APIs, such as , in your DLL to allocate TLS if the DLL might be loaded with LoadLibrary. 関連項目 See also 関連記事.

次の

ローカルストレージとクッキーの違いは?ローカルストレージはどこで確認できるの?|スタビジ

ローカル ストレージ と は

ブラウザにデータを保存するlocalStorage(ローカルストレージ)の使い方 Posted by on Oct 26th, 2017 今回お届けするのは、「localStorage(ローカルストレージ)」について。 HTML5から導入されたAPI、 Web Storageの一種で、その仕組みはcookieによく似ています。 Web Storageと一体どのような違いがあるのか、今回はその概要と使い方を見ていきましょう。 少しだけおさらいしてみましょう。 全通信のひとつひとつが全く別のリクエストとして扱われるため、例えば 再訪問かどうかを判断することは不可能で、同じクライアントからリクエストされたとしてもサーバ側にとっては「はじめまして」の扱いになってしまいます。 これを解決するために従来から使われていたのが cookie。 サーバ側がレスポンスと一緒に、入力情報や訪問回数などの情報をブラウザに保存させます。 そしてクライアント側が2回目以降のリクエストを行った場合には、このcookieも一緒に送信されます。 サーバ側はこれを参照することで 状態に応じたレスポンスが可能になるのです。 Web Storageとcookieの比較 利用目的がわかったところで、本題Web Storageのお話に戻りましょう。 先述のとおり、 Webサーバからクライアント側(ブラウザ)にデータを保有できる点はWeb Storageもcookieも同じです。 その他のおおまかな共通点と相違点は下記のとおり。 共通点• クライアント側で自由に書き換え可能• 保存するデータは「 キーと 値」のペアで取り扱われる 相違点(Web Storageの特徴)• Web Storageのほうが 取り扱えるデータ量が大きい• Web Storageは JavaScriptによる制御がより簡単• cookieは通信毎に自動送信・Web Storageは必要なデータを必要なときだけ送信 相違点3つ目「データ送信のタイミング」は、ケースにより使い分けられます。 例えば「初回アクセス時だけモーダルを表示させる」という処理をするとき、判定フラグをcookieに持たせると 以降の関係ない通信でもサーバとの間で判定フラグのやり取りが発生してしまいます。 このような処理には、制御の簡単さからもWeb Storageに軍配があがると言えそうです。 また、Web Storageはさらに localStorageと sessionStorageの2種類に分かれ、 保持するデータの有効期限に違いがあります。 ここまでの内容を踏まえ、「cookie」「localStorage」「sessionStorage」の比較表を改めて記しました。 目的に応じて利用しましょう。 有効期限 データ量 サーバへのデータ送信 localStorage 永続的に有効 5MB データ利用時のみ sessionStorage ウィンドウ・タブを閉じるまで 5MB データ利用時のみ Cookie 指定期限まで 4KB リクエスト毎に自動送信 LocalStorageを使ってみよう ブラウザの対応状況は「Can I use…」を参照してみましょう。 最近のブラウザにはほぼ対応しており、IEも8以降であれば難なく利用できます。 メモやtodoリストの作成 配列でデータを取り扱えば、こんな簡単なWebアプリらしきものも作れます!本記事を書くにあたり参考にしたいくつかの技術ブログでも、このようなサンプルが多く見られました。 参考: データの保存 localStorageへのデータ保存はたったこれだけ。 localStorage. setItem を使います。 localStorage. setItem 'キー', '値' ; 配列を取り扱う場合 ひとつのキーに対して複数の値を保存したい場合に使うのがおなじみの「配列」。 ただしlocalStorageは 文字列形式で値が格納されるので、保存前に JSON形式に変換します。 stringify obj ; localStorage. setItem 'キー', setjson ; これは、先述のに挙げた「メモやtodoリストの作成」にも使われています。 データの取得 データの取得は localStorage. getItem を使います。 localStorage. getItem 'キー' ; 配列を取り扱う場合 JSON形式で取得した値は JSON. parse してJaveScriptで使えるオブジェクトに戻しましょう。 (おまけ) グランフェアズサイトがちょっとだけ秋仕様になりました! とに期間限定で紅葉が降っています。 おまけで、何を降らせようかな?と他にも色々試行錯誤していたものをここに供養しておきます。

次の