アメリカの国旗 星の数。 アメリカ国旗・国章と国鳥(ハクトウワシ)の由来・意味

アメリカ合衆国の国旗

アメリカの国旗 星の数

世界各国の国旗には様々な意味や歴史があります。 その中でも アメリカの国旗、「星条旗」について調べてみたいと思います。 アメリカ合衆国の国旗 一般的に「星条旗」と呼ばれ、 赤と白の横縞模様はアメリカ独立当時の入植地13を意味し、50の星は今の州の数を表しています。 星の数は独立したあと州が増える度に、次の独立記念日で国旗の星の数を増やして変更されてきました。 よって星条旗は世界で一番変更回数の多い国旗とされています。 星条旗の始まり 独立戦争の時、「ベツィー・ロス」というフィラデルフィアの女性が裁縫したものがこの星条旗の原型とされているようです。 その当時は星の位置など規定がなかったのですが、ベツィーが考えた星を円形に並べた形が採用されました。 現在の星条旗は1960年からずっと変わらず続いているデザインで、最も長い間使われているもののようです。 最初は星とともに縞模様も変更していたようですが、多くなるにつれて見えづらくなったため、最初の本数にしたようです。 またアメリカ合衆国初代大統領のジョージ・ワシントンは、「星は天を、赤の線は母国イギリスを、白の線は独立を象徴する」という言葉を残したそうです。 国際ルールでの国旗の掲げ方 国際的なルールで、国旗を掲げるときには「 時計回りに90度回す」という規定があるのですが、星条旗を掲げるとき、星が描かれている部分が見て左側に来るように90度回したあとに「裏返す」のが正式な掲げ方とされています。 なので、誤掲揚が一番起こる国旗だそうです。 アメリカの国旗は有名なもので、何度も見たことはあるのですが、最も変更されている国旗というのは知りませんでした。 星の配置もバラバラで、円になっているものや、南北戦争で使われていたとされているダイヤ型で四隅に2つずつ星が描かれているものなどがあり、新鮮な気持ちで国旗の歴史を調べました。 その都度国旗を変えるのは大変な気もしますが、その分自国への愛を感じる部分とも思います。 何気なく見ている国旗にも深く歴史があり、この国旗1枚でそれを表しているのだと考えると、とても奥が深く、大切なものだと感じました。 世界各国の国旗の歴史にもその国ごとの深い思いや歴史が刻まれているのでしょう。 見方が変わりますね。

次の

マレーシアの国旗

アメリカの国旗 星の数

山形県天童市在住の中学3年生Wくんから「アメリカの星条旗、もし州の数が51になったらどうなるんでしょう」という質問が来ました。 アメリカの「星条旗」、紅白13本の条は1783年に独立した時の州の数、星の数はそんも時々の連邦構成州の数を表しています。 ですから、現在の国旗はハワイが州に昇格したことから1961年に50星になって以来のものです。 いわばここまでは常識の世界、しかし、では、もし州がもっと増えたら、早い話が、プエルトリコ準州やコロンビア特別区(ワシントンDC)、あるいはグアム準州が州と同じ扱いにでもなったら…。 誰ですか、「日本」なんて余計なことを言う人は。 でも、2000年、米誌「News Week」は米国の「星条旗」のカントン(星の部分)にごく小さな「日の丸」をつけて、まるで日本が51番目の週になったかのような戯画を表紙にしました。 日本があまりにアメリカに従属的ないし追随的な政策を採ることを皮肉ったものでしょう。 とてもよく工夫されたデザインかと思います。 ここで、少々横道に。 素数(そすう、prime number)って習いましたよね。 1とその数自身以外に正の約数を持たない数のことです。 素数が無限に存在することは、紀元前3世紀頃にギリシャのユークリッドが証明したのだそうです。 あの時代の文化って凄いですよね。 ところで、100以下の素数を小さい順に列挙してみましょう。 2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97。 全部で25個あります。 ついでに、それ以上、500までとなると、101 103 107…と、さらに70個増えるのです。 専門家に聞いたところによれば、これまで知られている最大の素数が、2006年9月に発見され、桁数は9808358桁にもなるそうです。 話がややそれました。 51という数は一見、素数のようですが、そうではないので、ですから、その数の星はなんとかバランスよく並べることができそうですね。 ところが、もう、その場合に備えて、アメリカでは51星の星条旗のデザインが考案されているのです。 米陸軍が提案したもので、試作品も制作されましたが、もちろん公式に決まっているわけではありません。 2案あります。 独立時と同じく星が環状(円形)に並んでいるものと、今のように四角く横に989898と配置されているものです。 環状の配列はあまりなじみがありませんが、18世紀の末にアメリカが独立する頃にはそんな星条旗もあったのです。 いつの日か、51番目の星が必要となった時に、おそらくこのどちらかが採択されることになるのではないかと、私は思っています。 国際赤十字バングラデシュ・ベトナム各駐在代表、末次一郎事務所長、難民を助ける会副会長、長野冬季五輪組織委式典担当顧問、埼玉県立大教授などを経て、現在は上記団体の代表者のほか、評論家、拓殖大学客員教授、NGO難民を助ける会特別顧問、協力隊を育てる会参与、Japan Echo(国連公用語での発信事業)理事など多方面で活躍している。

次の

アメリカ国旗(星条旗)は過去に28回も変更。最初は星がなかった

アメリカの国旗 星の数

スポンサーリンク 世界最大の経済を誇り、政治的にも軍事的にも最大の力を持つ大国の国旗は、良い意味にしろ悪い意味にしろ、世界中の多くの人にとって親しみ深いものでしょう。 正式名称を「 合衆国旗(がっしゅうこくき)」と言い、一般的に 星条旗(せいじょうき)と呼ばれるアメリカの国旗は、アメリカ合衆国とアメリカ人にとってどんな意味を持っているのでしょうか? 星条旗は「アメリカとは何かを表現しており、その歴史を反映している」とされますが、具体的にはどういったことを指しているのでしょうか? この記事では、アメリカの国旗の裏側にある歴史、国旗のデザインが持つ意味や由来、国旗が象徴してきた2つのこと、そして、その他の星条旗にまつわる豆知識までを紹介していきます。 アメリカ国旗の歴史 アメリカの国旗の意味や由来を知る上で、まずはその背景にある歴史を確認していく必要があるでしょう。 アメリカの独立戦争が契機となった 1775年、 北アメリカ大陸に存在した 13の植民地は、イギリスからの独立を成し遂げるために「 独立戦争(1775〜1783年)」と言われる戦争に突入。 そして、翌年の1776年7月4日にアメリカの13の植民地は、自ら政治を行うための「 独立宣言」を発表しました。 この時に、当時はアメリカ画集国の大陸軍司令官として活躍し、独立戦争後にはアメリカ合衆国の初代大統領となった「 ジョージ・ワシントン」が、自らも紙に要望を描きながら、国旗のデザインを何人かの男性に依頼。 しかし、どれも満足するに至らなかったことから、フィラデルフィアに住んでいた ベッツィー・ロスという女性に依頼し、それによって作られたのが13の星が描かれている最初の星条旗でした。 この新しいアメリカの国旗は、 イギリス支配からの自由を意味する強力なシンボルとなります。 独立宣言や合衆国憲法と同じように、その国旗は13州にとって新たな始まりを象徴していたからです。 それから250年、星の数と配置は州が増える度に変更されましたが、アメリカ合衆国の国民にとって国旗が意味することである「 勇気、武勇、忍耐、正義、無垢、純潔、そして勇敢さ」は変わっていません。 ちなみに、ジョージ・ワシントンがベッツィー・ロスへ国旗のデザイン並びに作成依頼をした時、彼女はこの責任の重い仕事に対し乗り気ではなかったらしく、「 よくわかりませんが、やってみます」というのが最初の返事だったそうです。 アメリカ国旗の星・縞模様・色の意味とは? アメリカの国旗(星条旗)は星と縞模様の配置が独特。 7本の 赤線と6本の 白線の合計13本が横に向かって順番に並び、左上端の四角に区切られた青色の部分には、星が散りばめられています。 この星条旗のデザイン並びに色の組み合わせは、決して適当なものではなく、また、見た目だけを考慮して作られたものでもありません。 アメリカ国旗の星の意味 夜空に浮かぶ星座はしばしば「 永遠」の意味を担っていますが、星条旗の星も星座と同じような意味を持ち、天空に浮かぶ永遠の星、つまり、それぞれの星の永遠の繁栄を意味するものとなっています。 そして、星の数はアメリカの州の数と一緒。 つまり、一個一個の星は、アメリカに存在する各州を意味しているのです。 また、一個の星が一つの州に対応していることから、 歴史の中でアメリカの国旗に描かれた星の数は変化してきました。 例えば、アメリカ独立宣言の際には、最初にアメリカ合衆国を形成した13の植民地に対応するため、星条旗には13の星が描かれました (さらに、当時の星は円形に配置されていた)。 そして、アメリカ合衆国へ新しい州が加入することで星の数は増えていき、1960年7月4日にハワイがアメリカの州へ昇格したことで、現在の50の星を持つ星条旗が完成したのです。 ところで、 星形が州を表すというのはアメリカ独自のものでした。 18世紀末以前は星形といえば5つの角を持つ五芒星よりも、6角、7角、8角のものが主流で、そのなかで五芒星が選ばれたのは「合衆国とヨーロッパと一線を引くためだった」という説があります。 また他にも、ベッツィー・ロスが6角のものよりも5角の方がハサミで切り出しやすいからだという説もあります。 本当のことは誰にもわかりませんが、当時は珍しかった五芒星を採用したことで、アメリカ人にとってはより特別な国旗となったのです。 アメリカ国旗の縞模様の意味 アメリカ国旗に描かれた縞模様は、新しい国家の誕生のイメージとして相応しい「 降り注ぐ太陽の光」を意味しています。 さらに、7本の赤線と6本の赤線の合計13本は、独立当初の13の州(13の植民地)を称えています。 ただし、なぜ赤が7本で白が6本と決められたのかについては、「国旗の端に来る色を白よりも赤にした方が見栄えが良く、汚れが目立たないから」だという話がありますが、確かな由来は分かっていません。 ちなみに、この13の縞模様が意味する初期の州は、以下の通りとなります。 アメリカ国旗が象徴してきた2つのこと アメリカの国旗に描かれた星や縞模様、そして色にはそれぞれ意味があることを解説してきましたが、この国旗は歴史の中で他にも2つのことを象徴してきました。 アメリカのプライドを象徴 金メダルを獲得したオリンピックのアスリートは、国旗で身を包みます。 そしてメダルの授与式では、選手とその出身国を称えるために、国旗が高い位置に掲げられます。 これはその国のプライドを象徴しています。 アメリカの宇宙飛行士が初めて月に降り立った時、何を残していったか知っていますか? それは、 足跡と アメリカの国旗です。 ここでの星条旗はアメリカの宇宙政策の成功を称え、「 初めて月に人類を送ったのはアメリカ」という国のプライドを表しているのです。 また軍人が亡くなったとき、アメリカでは棺の上に国旗が丁重にかけられます。 そして国旗は13回たたまれ、葬儀の後、遺族に手渡されます。 アメリカという国に対するプライドと、その軍人が国に対して奉仕したことへの感謝の意がハッキリと表れているのです。 アメリカ国民の苦痛や悲劇を象徴 アメリカの国旗はプライドの象徴となるだけではなく、歴史の中では度々、苦痛や悲劇の象徴ともなってきました。 例えば、社会不安によって国民が政府から苦痛を与えられていると感じた時には、星条旗を燃やすことで反抗の意が示されてきました。 これは政府に対しての不満や、国内で起こっている事象に対しての反対の気持ちを表現する力強い方法です。 また、全国的な悲しみを表現する際には、半旗 (旗を旗ざおの半分までしか揚げないこと)が行われます。 これは大統領令によって行われる慣習で、 1812年から始まったイギリスとの戦いのなかでその重要な局面は訪れます。 第二次独立戦争とも呼ばれる「 英米戦争(1812〜1815年)」の最中、詩人で弁護士のフランシス・スコット・キーは、メリーランドのボルティモアにいました。 ちょうどイギリス海軍が、チェサピーク湾のフォートマクヘンリー (米英戦争中の1814年9月13日、チェサピーク湾に侵入したイギリス海軍の艦隊がボルティモア港を攻撃して来たときに、防衛に成功した星型砦)に砲撃をしかけている頃で、キーはその攻撃の様子を数キロメートル離れた船上から目にしました。 翌日、イギリス軍が去ったあと、その砦にアメリカ国旗が変わらぬ姿で掲げられている様子を目の当たりにして、キーは驚きます。 そうして 自身が目にした感動を元に書き上げたのが、その後にアメリカの国歌「星条旗」に採用された詩だったのです。 このように、アメリカ人とアメリカという国にとって重要な国歌は、その名前からもわかる通り、国旗を基に作られているのです。 ちなみに、キーの詩はハーバート・フーヴァー大統領時代の1931年3月3日に国歌といて正式採用されましたが、1916年にはすでにウッドロウ・ウィルソン大統領がすべての国家行事の前にこの歌を演奏すると宣言しています。 アメリカで行われる忠誠の誓い 1892年、キリスト教社会主義者であったフランシス・ベラミーは、によるアメリカ大陸発見400周年を記念して、国内にある学校での愛国心教育プログラム策定の任務にあたっていました。 その中で思い立ったのが「忠誠の誓い」で、 子どもたちに国旗への敬意を高めさせ、将来の内乱を防ぐことを目的とし、子供雑誌ユースズ・コンパニオン誌の9月第8号に、コロンブスのアメリカ大陸発見400周年を記念する「 全国公立学校コロンブス記念企画」の一部として発表したのです。 そして、当初起草された忠誠の誓いと現在のものは少し異なるものの、その中で国旗は常に重要な位置を占め続け、現在に至っても公式行事などで以下の誓いの言葉が暗唱されています。 I pledge allegiance to the Flag of the United States of America, and to the Republic for which it stands, one Nation under God, indivisible, with liberty and justice for all. 私はアメリカ合衆国国旗と、それが象徴する、万民のための自由と正義を備えた、神の下の分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います。 その他アメリカ国旗に関する豆知識 アメリカの国旗に関して、その意味や由来、歴史など、基本的な知識を紹介してきましたが、最後にその他のいくつかの豆知識も簡単にまとめて紹介しておきます。 星条旗は他にも「古き栄光(Old Glory)」と呼ばれることがある• 時に南部州が合衆国から離脱を宣言した際も星の数が減らされることはなかった• これは「南部の州が公式に合衆国から追放されたことはない」ということを意味している• 「忠誠の誓い」は1942年に初めて議会によって公式に認められた• 一方、学校などで子供たちに国旗に対して忠誠を誓うことを強要するのは憲法違反であるとの判決が1943年に下された• 星の配置は何度も変更がなされた• 最初は円状だったが、今は線状になっている• 国旗の規定が初めてハッキリと定められたのは1912年6月24日• タフト大統領が大統領令を発布して定め、公式な星の配置などが定められた• トルーマン大統領は1949年、毎年6月14日を「国旗の日」と定めた• 新しい州が加わった場合、次の独立記念日(7月4日)に新しい星が追加される 合わせて読みたい世界雑学記事• アメリカの国旗は、アメリカという国の強さと弱さを同時に象徴するシンボルのようなもので、決して単なる模様と色の組み合わせではありません。 また、そこではアメリカが辿った歴史が物語られているのです。

次の