ボイストレーニング 低音。 自宅で簡単!ボイストレーニングのやり方!

【関ジャム・ボイストレーニング】自分の声のタイプは?ミックスボイスとは?|名古屋のジャズボーカリスト粟田麻利子AWADA Marikoのオフィシャルウェブサイト

ボイストレーニング 低音

カラオケで低音がでない!魅力的な低音の出し方|ボイストレーニングVOAT --はじめに カラオケで高音がでなくて悩んでいるということはよく耳にしますが、低音が苦手という人も意外と多くいます。 地声が高めであったり、低い地声でも歌声をきれいに出せなかったりする場合もあります。 魅力的な低音の出せる男性は「イケボ」と言われて人気がありますし、低音ボイスを上手く出せることができたら歌うことが楽しくなります。 ここでは、魅力的な低音ボイスを安定して出すためのコツと練習曲を紹介していきます。 (1)安心感を与える 低い声には相手の気持ちを落ち着かせる効果があります。 低音域の声は、安心感や安定感を聴き手に与えます。 (2)声の太さや深みがある オーケストラ演奏のヴィオラやコントラバスや、バンド演奏のベースなど、低音を担当する存在というのは欠かすことができません。 主旋律だけでは、音に深みや安定感を出すことが難しいからです。 歌に関してもこれは同様で、低い声を出すことで太さや深みが加わります。 歌手としてだけでなく、俳優としても低音イケボを発揮されています。 (2)コブクロ コブクロといえば美しいハーモニーが人気ですが、楽曲によっては低音の魅力も存分に味わえます。 (3)中島みゆき 日本を代表する歌姫の一人です。 力強く安定した低音ボイスは唯一無二といえます。 (4)絢香 彼女の歌声はアルトが美しいことで有名です。 深みのある低音ボイスが歌詞の世界観とあいまって胸に響きます。 TBSテレビドラマ「アンナチュラル」の主題歌として使用されました。 ラストのサビ前パートはそれなりに高い音になっているので、キー設定には注意が必要です。 (2)菅田将暉/さよならエレジー 俳優の菅田将暉3枚目のシングルで2018年2月にリリースされました。 日本テレビドラマ「トドメの接吻」の主題歌として使用されました。 直球でわかりやすいメロディになっているので、とても歌いやすく低音の練習に集中できます。 (3)桐谷健太/海の声 この曲はauのCM曲として使用されました。 作曲したのは「涙そうそう」や「島人ぬ宝」といったヒット曲でも有名な沖縄出身のアコースティックバンド「BEGIN」です。 全体的にキーが低くて男性が歌いやすい音域の曲になっています。 テンポがスローなので、落ち着いて丁寧に歌うようにするといいです。 (4)スキマスイッチ/ボクノート アニメ映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」のエンディングテーマとして使用されました。 スローテンポで落ち着いた雰囲気の曲です。 曲調がシンプルなので、歌唱難易度が低いため低音の練習に集中できます。 (5)スピッツ/空も飛べるはず テンポがスローで音程の変動が少なくてとても歌いやすい曲です。 サビ部分は少し高めになっていますが、リズムも単調なので、リラックスした状態で歌うことができます。 「女性」 (1)ZARD/負けないで リズムがちょうど歌いやすく、高音箇所が少ないので低音の練習に最適です。 Aメロは特に低めになっています。 明るく元気が出る曲ですので、カラオケでもあらゆるシーンでおすすめできる曲です。 (2)高橋洋子/残酷な天使のテーゼ テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌として使用されました。 1オクターブ下げることで男性でも非常に歌いやすい曲になります。 (3)Kiroro/長い間 メジャーデビューシングルで、落ち着いたメロディが特徴のバラード曲です。 スローテンポでしっとりと歌い上げるのに適しています。 (4)PUFFY/アジアの純真 高音箇所が少ないため、低音の練習に最適です。 楽しく歌えるので、多少音を外しても気持ちよくカラオケを楽しむことができます。 (5)松任谷由実/ルージュの伝言 映画「魔女の宅急便」の主題歌として使用されました。 低音がメインの曲で、かつメロディがシンプルでわかりやすいので低音の練習に集中できます。 素敵な低音ボイスを出すことができれば、選曲のバリエーションも広がり、より歌うことを楽しめるようになります。 素敵な低音を出すコツを4つご紹介します。 (1)喉を開く 喉を開いて発声して低い声を響かせます。 あくびをする時の喉の形が、低音ボイスを発声する時の理想的な喉のひらきになります。 あくびをすると息を大きく吸って喉の奥に空間ができるように呼吸するので、喉の奥が広がる感覚があると思います。 この状態を意識して発声すると、きれいな低い声に近づくことができます。 喉がひらいて余計な力が抜けると、喉を傷めることもなくなります。 鏡をみて自分の喉仏を見ながら感覚をつかむのもおすすめです。 (2)下顎を下げる 高い声を響かせる時は顎を上向きの姿勢にしますが、低い声の場合は顎を下げたほうが出やすくなります。 顔を下向きにするだけではいけません。 顔は正面か少し上向きの位置で顎をしっかり下げます。 (3)お腹から響かせる 体が緊張して無駄な力が入ってしまうとキレイな低音ボイスが出ません。 身体や喉の力を抜くことで、腹式呼吸やビブラートがしやすくなります。 息を吐いて喉や体のリラックス状態を維持することがとてもに重要です。 歌う前に肩を回したり軽くジャンプするなど体を動かして全身をリラックスさせてから、気持ちを落ち着かせて歌うことがポイントとなります。 (4)遠くの人に話しかけるイメージ 遠くにいる人に大声で呼びかけるように声を出します。 叫ぶのではなく、あくまでもリラックスした状態で全身に響かせるように声を張ります。 すると自然と体が開いてキレイな低音ボイスを発声することができます。 --終わりに 高い声と同様に低い声もとても魅力的です。 安定感のある低音の声は、カラオケではもちろん日常生活でも説得力と誠実さが増すなど役に立ちます。 高めの声質の方は低い声が出ないとあきらめてしまいがちですが、ご紹介した出し方やコツをつかんで素敵な低音の声、魅惑のイケボを手に入れてください。 東京、名古屋、福岡のボイストレーニング ボイトレ が受けられるボーカルスクールです。 歌が趣味の方からチャンスがあったらデビューを目指してみたいという方までのスクールで、優秀なボイストレーナーによる分かりやすくて質の高いボイストレーニング ボイトレ が特色の教室です!さらに快適で清潔なレッスン環境も大切にしています。 教室は洗練されたデザインのインフォメーションロビーや最新設備のレッスンスタジオとレコーディングスタジオも特色です。 ライブ、各種イベントも盛んに行っているので、歌と音楽がもっと楽しくなります!クオリティが高く、数々の実績を誇るVOATでついにオンラインレッスンがスタートしました!自宅などスタジオ以外でも一流講師のレッスンが受講できます!.

次の

低音を出すためのトレーニング

ボイストレーニング 低音

高い声を響かせるのはわりと簡単です。 高い声は自然に響きやすく、オーケストラの曲では高い音の楽器ほどよく聞こえてきます。 だから高い音の楽器は旋律を担当することが多いのですね。 だから、「明るく」「目立ちたい」ときには、高い声を使うのが一番です。 しかし、あまりにも高い声ばかりを使いすぎるのはどうでしょうか? 最近の大臣にも高すぎる声の方がおられますね。 ニュース番組の街角インタビューで、その方の印象を、皆さん一様に「言っていることに内容がない」「ハッキリなんでも言うけれど重みがない」とおっしゃっておられるのが印象的でした。 色々と声を変えられれば良いのに、ちょっともったいないなあと思いました。 そのかわり、前総理大臣の野田さんは、声で大変得をしておられたと思います。 低くて重みのある温かく響く声。 なんていうこともない一言でも、不思議に深いことを言っているような重みを感じました せっかく良い事を言っていたとしても、高い声というのは信頼されにくい声ともいえます。 男声のビジネス系ボイストレーニングすると、たいていの方は「低い声を出したい」とおっしゃいます。 高い声に比べると、本当に低い声というのは体の条件が必要で、適性があります。 しかし、その方が今出せる低い声の可能性を引き出して差し上げることは可能です。 それでは、本日は一人でも出来る低い声のためのボイストレーニングをご紹介します。 これが基本のポジションです。 2、あばら骨の一番下の骨の下あたりに左手を当てる。 ポイント:その場所には横隔膜があります。 横隔膜を動かすのはインナーマッスルです。 筋トレでも、筋力アップしたい筋肉を意識すると効果が高いですね。 それと同じ理論です。 インナーマッスルを意識できるように横隔膜に近い場所に手を当てます。 3、腹式呼吸で息を吸って、 「はあ~ぁ~」と高い声から低い声に向かってポルタメント(音をずり下げる)する。 同時に右手を、手の平を上に向けて、頭の上から下に向けて声の高さにあわせて下げていく。 同時に、 お腹に当てている左手で低い声に向けてお腹をグーッと押していく。 (「当てる手」と「下げる手」は左右逆でもかまいません) *ポルタメントとは音をずり上げたりずり下げたりする歌い方で、最初は「あくび」のようなイメージで行うといいかもしれません。 ポイント:低い声というのは呼気が必要です。 低い声を出そうとして息を緩めてしまうとかえって出なくなります。 そのために、 低い声にあわせて呼気をうながすために横隔膜を手で押しています。 横隔膜を使うことに慣れてくれば手を当てる必要はありません。 低い声というのは響きにくい。 一度高い声で響きをつかんでからスムーズに 響きを逃さないためにポルタメントで行うのです。 (腹式呼吸については記事最後の「関連記事」を参照ください) 4、できる人は、一番低い音に達したら「はあ~ぁぁぁぁぁぁぁぁ~」とビブラートをかけてお腹が使えていることを確認。 自然にビブラートが出来ない人は、手で横隔膜のあたりをグイグイ押してビブラートをかけても良い。 必ずビブラートがかかります。 体が覚えれば自然にビブラートできるようになります。 参照記事: ぜひ継続してトレーニングしてみてください。 続けると少しずつですがさらに低い声が出るようになります。 なぜ「ポルタメント」を使うのか。 それは、人は音程をコントロールする筋肉に気がついていないので、いろいろな高さの音がだせないだけなのです。 本当は出るのです気がついていないだけ。 その音程をコントロールする筋肉を気がつかせてあげるのにはポルタメントを使うのが良いのです。 下記記事を参照ください。

次の

自宅でできる!1日30分でうまくなるボイストレーニングのやり方

ボイストレーニング 低音

楽な喉でパワフルに高音を歌える声。 それがミックスボイス(=ミドルボイス。 以下同義)です。 喉が疲れたり声が枯れるなら、それはミックスボイスではありません。 ミックスボイス(ミドルボイス)トレーニング 高音域を楽に歌いこなす歌手が欧米に多いのを見れば分かるように、ミックスボイスのトレーニングは欧米でより盛んに行われています。 SWEET DREAMSのスタッフは30年以上をかけて、欧米のボイストレーニングを研究しました。 高音域を自由に歌いこなすミックスボイスは特に徹底研究され、我が教室のボイトレの基幹を成しています。 ボイトレではミックスボイスは基本テクニック ミックスボイスはボーカル必須の基本テクニック。 こんな感じの声です。 感情が高まると声は高くなります。 高音の発声能力を高めておけば、あなたの感情表現に応じて、すぐに充実した高音が流れ出て来ます。 ミックスボイスの獲得はボーカルだけに限らず、声優、俳優の表現力も大きく発展させてくれます。 声帯を使ってミックスボイスを説明して行きましょう。 ボイストレーニングに取り組む際は勿論、あらゆる場面において私達が自分の楽器(声帯)についてホンの少しだけ知っておくのは良い事です。 声帯は、喉仏の中で水平に(前後に)横たわる一対の筋肉です。 発声時は左右から合わさるように閉じ、その隙間を息が通ることで振動します。 【声帯断面を正面から見る 】 声帯の振動だけでは輪ゴムを弾いた程度の音量しかありません。 胸、口、頭蓋などの空間に共鳴することで初めて声として認識されます。 比較的上質なレッスンを行うボイトレ教室やボーカルスクールは、共鳴の練習を重視します。 声帯が高音(ミックスボイス)を出す様子 ミックスボイス時の声帯を上から見てみましょう(比較して理解しやすいよう、他の発声時の状態も記しました)。 (図の上=本人の前、図の下=本人の後ろ) 地声で歌う時の声帯は、全長の長さで振動します。 一方、ミックスボイスやヘッドボイスに見られるような、一部分だけの短い振動は高い周波数(高音)が楽に出ます。 ギター演奏に例えれば、地声は解放弦(どこも押さえない)を弾いた音。 弦を短く押さえた音がミックスボイスやヘッドボイスです。 このテクニックを ショートニングと呼びます。 安定した高音発声には不可欠です。 ミックスボイスが続かない人 ショートニング・テクニックを知らない多くの人は、お腹から強く息を吐いた勢いで高音を出してしまいます。 それは単なる怒鳴り声です。 喉の負担が大きいのですぐに疲れてしまい、歌い続ける事が困難になります。 テレビに出たり本を書いているトレーナーの多くが、ミックスボイス理論について長々と語った後に実演してみると、ミックスのかけらもない怒鳴り声を出しています。 どうやら、お腹の力で高音を出している人の多くは、その声がミックスボイスだと思い込んでいるようです。 検索ワードの統計を見ると、かなり多くの人が、ミックスボイスは「疲れる」あるいは「続かない」と悩んでおられるのです。 疲れたり、歌い続けられないなら、それはミックスボイスではありません。 お腹にも横隔膜にも力を入れてはいけません。 ミックスボイスはパワフルで躍動感に溢れた声ですが、力んで出す声ではないのです。 息はあくまでも解放です(を覚えれば解放した息の潜在能力に驚くはずです)。 色々な筋力が高音発声に向けて働きますが、そのどれも喉を緊張させはしないのです。 疲れて高音が続かない人は、力んで喉に負担を掛けています。 正しいボイストレーニングで、強くて疲れない本当のミックスボイスを身に付けましょう。 高音ボイトレの要となる喚声点のクリア 世界中どこの国でも、地声からミックスボイスへの切り替えは歌の重要ポイントです。 各国それぞれに、その切り替えを指す固有名詞があります。 一般的にはブリッジと呼びます。 日本語では喚声点です。 下図の鍵盤の緑色のマークが喚声点。 そこから上がミックスボイスです。 オレンジ色のマークから上はヘッドボイス域です。 影のある鍵盤はピアノのミドルCです(ギターなら2弦の1フレット)。 男声でも女声でも低めの音域を持った人がいて、彼等のブリッジは少し低いです。 地声の高めの音域で失敗するパターン ブリッジで急に声質が変わるわけではありません。 地声はブリッジに向けて少しずつ伸びやかに軽くなるようトレーニングし、滑らかにミックスボイスに移行すべきです。 多くの人は低い声の出し方のまま高音まで行こうとするので、ブリッジのいくつか前の音で喉が苦しくなり声を張り上げています。 地声の音域で特に注意すべきは、ブリッジ近くの3、4個の高音を緊張せず普通の声量を保つ事です。 女性は張り上げる傾向が男性よりは少ないですが、裏声が混じって軽くなり過ぎる傾向が見られます。 リップロールの効果 こうしたブリッジ近くの地声の絶妙なコントロールは、ミックスボイスにつながる重要なカギです。 この音域は特に、喉仏の位置や顔のインナーマッスルに影響を受けます。 喉仏や顔の筋肉を安定させ、ミックスボイスを出し易くするトレーニングの一つとしてお勧めしたいのが リップロールです。 教室やトレーナー次第で効果が全く違う あちこちのボイトレ教室やスクールで実践され、今や多くの人が知るリップロール・トレーニングですが、正しいやり方はあまり知られていません。 他の練習ではなかなか鍛えにくい、顔の奥のインナーマッスルが、正しいリップロールによって効率良く鍛えられます。 リップロールは漠然と練習しても効果はありません。 正しい知識を持つトレーナーのもとでトレーニングすれば劇的な効果が現れます。 詳しくは、ボイトレ相談室Q 1. 5 を参照下さい。 【リップロールのデモ音声】.

次の