だ て あべ 確執。 安芸乃島と二代目・貴乃花(貴花田)の確執って何があったんですか?現役時代に部...

安芸乃島と二代目・貴乃花(貴花田)の確執って何があったんですか?現役時代に部...

だ て あべ 確執

世間では「フミヤが高杢・鶴久を仲間外れにして最低だ」という意見が多い。 テレビでは、高杢の暴露本を基に確執を伝えている。 しかし、この本を読んだ後、高杢の味方をする人はほとんどいないだろう。 いたとしたら、よっぽど洗脳されやすい人だと思う。 基本的に暴露本(高杢は生放送でボーロ本といってスタジオを凍らせた) を書く神経がわからない。 そして、それを基に報道するマスコミは信用できない。 だって、暴露本なんて自分に都合のいいことしか書かないし、 過去のことなんてどうにでも言える。 人間は過去を美化する傾向がある。 だから、解散から11年後に発売された本に信憑性は持てない。 この本で高杢は、 オリジナル(シングルをメンバーの作詞・作曲)に移行したのは「か・ね」が目当てだった、 と書いている。 しかし、当時のインタビュー記事を見ると、 「俺がフミヤにオリジナルで行けると言った」と意味のない自慢をしているし、 高杢もオリジナル移行に賛成していたはずだ。 音楽をやっている人間がオリジナルで勝負したいと思うのは当たり前だ。 では、なぜ今さら高杢が「か・ね」目当てだった、などと言い出したのか。 高杢は作詞・作曲が出来ず、印税が入ってこないからだ。 その当て付けで、今さら暴露本(ボーロ本)を出すことによって印税をかっさらっている。 オリジナル移行当時までは、高杢も作詞していた。 (といってもアルバムに1曲入るか入らないかだが)。 しかし、88年発売のアルバム「スクリュー」で1曲作詞してから解散まで1度もしていない。 要するに、高杢は失格の烙印を押されたのだ。 考えてもみて欲しい。 作詞も楽器も出来ずに、メンバーでいるやるせなさを。 高杢は小学生の頃から、番長として突っ走ってきて、 チェッカーズで天下を取った(気分でいた)。 そんな男が、失格の烙印を押されたのだ。 野球で言えば、ガキ大将が補欠のようなもの。 カッコがつかない。 居場所がないことは想像するに難くない。 雑誌でもメンバーは音楽を語っているのに、高杢はなぜか人生を語っているのだ。 高杢はソロ活動を開始する。 高杢と鶴久がソロ活動で忙しくなり(89年辺り)、 チェッカーズはレコーディングすらままならないこともあった。 (忙しくなったと言っても、高杢のソロコンサートは3列目までしか埋まらなかったのだが。 事実) メンバーの心が徐々に離れていったのはこの辺りではないだろうか。 メンバー間の溝は深まる一方で、91年秋にフミヤが解散を提案した。 すると、高杢は「解散して、食っていける奴なんていない」とキレる。 結局、多数決(4対3)でチェッカーズは解散をする。 当たり前だが、暴露本は自分に都合のいいことしか書かない。 この暴露本でも、オリジナル移行(86年秋)から、 話は突然、91年秋の解散に移る(途中、フミヤが高杢を引き止めた話が出てくるが)。 この5年にあったことをもっと詳しく書くべきである。 だいたい、解散しようといった奴が悪いのだろうか。 解散しようと言わせた原因を作った奴が悪いんじゃないか。 なのに「解散したら、誰もメシ食っていけない」と逆ギレする。 他のメンバーは音楽で食っていける。 高杢はチェッカーズという看板がなくなれば、タレント活動が危うくなる。 結局は、自分のことしか考えていないと思われる。 だいたい、暴露本の題名が「チェッカーズ」というのが、 いかに高杢は「チェッカーズ」という名前に頼っているかを象徴している。 「クロベエを送る会」以降、ワイドショーに連日出演している高杢。 ザ・ワイドに出た時は、後ろに暴露本のポスターを貼っていたのだ。 こんな人と仲直りなんて出来るわけがない。 マスコミは「葬式くらい一緒にやってもいいじゃないか」と言うが、 自分が他のメンバーでも、そう言えるのだろうか。 傍から見ても、高杢は相当意地汚い奴だとわかる。 そんな奴がずっと側にいた。 そして、解散しても噛み付いてくる。 他のメンバーは、腸煮えくり返っているに違いない。 「葬式くらい一緒にやってもいいじゃないか」 と思えない位、許せないんだよ。 そこを理解する、いや理解なんてしなくてもいいが、 ワイドショーやスポーツ紙は、もう少し客観的な報道をすべきだね。 高杢の暴露本から引用して、ストーリーを組み立てるのがおかしい。 高杢の主観でしかないんだから。 そんなことより、もっと客観的な出来事(事実)を並べて検証した方がいいよ。 冷静に高杢の発言を聞いていると、矛盾していることが多いんだよね。 発起人の問題にしても、高杢も鶴久も7~8年クロベエに会ってないわけ。 なのに、他メンバーが「送る会をやる」と言い出したら、 「俺達も加えろ」ってそれはおかしいだろ。 クロベエが七夕の時、 「皆仲良くなりますように」と書いたらしいが、 必ずしもチェッカーズのことを指しているとは限らない。 クロベエが所属していたバンド「WILD-G」も確執があったんだってさ。 冷静に考えたら、12年も前に解散してバンドのこと言うかね。 それより今のバンドのこというんじゃないかな。 俺はクロベエじゃないからわからないけどさ。 あと、クロベエのお姉さんにインタビューしてたワイドショーがあったね。 基本的にテレビは自分達の作りたいように作る。 自分達の欲している発言を基に作り上げるものだから、 ノーカット版見ないと判断って難しいよね。 わざわざ、来てくれたという恩だって感じるだろうしね。 まあ、早い話がフミヤを叩いた方が視聴率を取れる。 だから叩くわけだ。 だって、テレビ欄に「高杢」とだけ載っても、誰も見ないしね。 「なんて読むの?たかきえ???」ってことになるし。 小学生は漢字を覚えるいいチャンスだけどさ。 まあ、マスコミに流されず、自分でちゃんとリサーチしないとな。 以上です、編集長! もっと書きたいことあるんだけど、今日はこの辺で。 高杢は自分の過去なかったことにしようとしてるからな。 解散後、「恥ずかしき事の数々」(93年5月)ってシングル出してオリコンに入らなかったこととかね。 この12年音楽をやってないのに、 「再結成してもいいと思っている」という発言とか有り得ないでしょ。 暴露本(ボーロ本)書いてるくせにさ。 マサハルには嘘泣きするなといいたい。 涙出てないよ。 笑ってたのに、いきなり泣けねえつーの。 マサハルは、いい曲書いてたから悲しいよ。 なんでこんなになっちゃったわけ??? だいたい、この2人はなんでテレビに出て抗議するんだ? 直接本人たちに言えばいいじゃないか。 ただ単に、高杢の本の宣伝じゃねえか。 虚しいな。 ::::::::::::.

次の

鶴久政治、チェッカーズの“確執騒動”振り返る「あれはショックでしたね」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

だ て あべ 確執

SMAP 12月20日、Twitterのトレンド1位に突如として「SMAP解散」が出現した。 ユーザーたちは突然のことに困惑しつつも「タイムスリップしたのかも」「SMAP解散するってまじ?」などとツイートして大喜利状態となり、Twitterを賑わわせた。 2016年の年末にSMAPが解散してから、ちょうど3年。 このタイミングでSMAPがにわかに話題になったその理由は、同日発売の「週刊文春WOMAN」(文藝春秋)でインタビューに登場した香取慎吾が、木村拓哉について言及したからだった。 香取は「木村を許さない」と言ったのか 香取慎吾は来年1月1日、初アルバム『20200101(ニワニワワイワイ 』(ワーナーミュージック・ジャパン)をリリースする。 そして木村拓哉も1月8日に初のソロアルバム『Go with the Flow』(ビクターエンタテインメント)を発売予定だ。 2月には初ソロライブツアーを開催する。 香取と木村が同時期にアルバムを発売。 さらには、「意図的にぶつけたのではないか」と憶測する報道も出た。 SMAPは2016年12月に解散したが、当時、木村と香取の確執は非常に大きく報じられていた。 その影響は今も尾を引いているといえるだろう。 たとえば2016年8月、「週刊現代」(講談社)は香取が「木村を許さない」と公言するほど憎んでいると報じていた。 記事によれば、SMAPの元チーフマネージャー・飯島三智氏がSMAP全員を連れてジャニーズ事務所からの独立を企図し、SMAPは大手事務所に移籍する予定だった。 だがその計画がポシャると、木村は「事務所の方針に従う」という結論を出し、SMAPは分裂を余儀なくされた。 もともと香取は木村を兄貴分として仲良くしていたが、「木村を許さない」と公言するまで憎んでいる、と記事にはあった。 また、当初はSMAPは解散ではなく活動休止する予定だった。 しかし、いくら話合いを重ねてもメンバー間の亀裂は修復できず、解散という選択を取ったのだとも。 この当時はあらゆるスポーツ紙や週刊誌がSMAPに関するゴシップ記事を量産し、話題づくりに勤しんでいた。 SMAP解散騒動の顛末 ちなみに、飯島氏が独立という謀反を起こすきっかけとなったのも2015年の「週刊文春」だった。 取材中にも関わらず面前に飯島氏を呼びつけ、「ジュリーと対立するなら、SMAPを連れていっても出て行ってもらう」などとパワハラよろしく叱責した。 結果として、香取、稲垣、草なぎの3人は飯島氏について退所し「新しい地図」を結成。 これまでも、解散後にメンバーが雑誌のインタビューやテレビ番組でSMAPの曲名やメンバーの名前を口に出すだけでファンの間で話題となり、「SMAP再結成か?」との噂もたびたび起こってきた。 香取慎吾「ずっと僕らは一緒に歌を歌ってきた」 しかしSMAP解散から3年が経つ。 「週刊文春WOMAN」のインタビューで、香取は木村とのソロ作品リリース時期が重なったことについて振られ、<そう、ですね。 ……ビックリです>と答えている。 そのうえで、木村について次のように言及したのだった。 <嬉しいですけどね、なんか。 自分も、こうやって好きな音楽がやりたくて。 たまたまアルバムをリリースするタイミングが同じになったけど、ずっと僕らは一緒に歌を歌ってきたから……。 歌を、一人でも歌いたいんだっていう気持ちを知れたことは、嬉しいかな> この発言だけで、不仲説を一蹴することも出来ないが、「ずっと僕らは一緒に歌を歌ってきた」という言葉に感激しているSMAPファンは多い。 ちなみに同誌には稲垣吾郎も登場。 香取が木村への思いを語ったように、SMAPメンバーが積み重ねてきた歴史は解散で失われたわけではない。 メンバーたち、そしてファンの心の中にも、SMAPは存在し続けている。 (文=WEZZY編集部).

次の

女優 真瀬樹里さん 母・野際陽子との確執…30過ぎでついに爆発

だ て あべ 確執

では確執の正しい読み方は、「かくしゅう」「かくしつ」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 確執の本来の読み方は「かくしゅう」でしたが、 いま現在では「かくしゅう」と「かくしつ」のどちらでも問題はありません。 慣用読みというのは、誤った読み方の人が増えて広く定着したことで、 その誤った読み方についても間違いではないとされた読みのことです。 簡単に言えば、確執を「かくしつ」と間違って読む人が増えたために、 「かくしゅう」でも「かくしつ」でも正しい読み方ということにしよう!となったわけです。 なのでいま現在での確執の読み方としては、「かくしゅう」と「かくしつ」はどちらも正しい読み方となります。 どちらの読み方についても辞典に載っています。 (辞典によっては載っていないものもあります) 一般的には「かくしつ」と読む人の割合のほうが多いです。 また確執(かくしゅう)のように「執(しゅう)」が用いられている言葉には、 「愛執(あいしゅう)・執心(しゅうしん)・執念(しゅうねん)・執着(しゅうちゃく)」などがあります。 確執(かくしつ)のように「執(しつ)」が用いられている言葉には、 「固執(こしつ)・執事(しつじ)・執友(しつゆう)・執拗(しつよう)」などがあります。 2.確執の意味と類義語について では確執の意味と類義語について見ていきましょう。 なのでお互いに自分の主張を譲らずに、それにより仲が悪くなったり、起こる争いのことを表しています。 確執を用いた例文としては、「親子の確執」や、 「確執が生まれる」のような使い方で用いられています。 また 確執の類義語としては、「反目(はんもく)・喧嘩(けんか)・軋轢(あつれき)・悶着(もんちゃく)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉も確執と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の