あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手。 「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」とは?どうしてハガキ、年賀状、郵便物が戻ってきてしまうのか?

「あて所に尋ねあたりません」で返送された年賀はがきの再利用・再差出方法

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手

以前は返却の理由のスタンプが何個か有りました。 「転送期限切れ」 転送の届けが出ていて1年の期限が切れた。 「宛名不完全」 記入された住所が不正確。 町名や番地等が書いてない。 記入された住所に世帯は異なるが同じ氏名の人がいて、どちらに配達するべきか不明。 「棟、部屋番号不明」 マンションやアパートで部屋番号が記入されていない。 しかし、現在では「あて所に尋ねあたりません」の1個で済まされています。 届く日と届かない日は配達員の違いだと思います。 大きな局では郵便物を配達順に並べる人と配達する人が別な場合が有ります。 宛名が好い加減、間違っている、不正確な郵便物は正しい住所を調べるのにかなりの労力を必要とします。 しかも。 そんな郵便物を1度でも届けてしまうと、送り主はその変な宛名で届く物と思い込み、以降正しい住所は絶対に書いてくれません。 そして再度同じような労力を必要とします。 住所が正確でない郵便物は返却が基本です。 変な宛名の郵便物でもサービスで配達をするように心がけているようですが、たった50円や80円の郵便物にそこまでの労力をかけてはいられないのが事実です。 変な宛名の郵便物の場合の配達はあくまでもサービスですので、配達員によって質が違うのは当たり前です。 再送する場合、郵便番号、住所(番地やマンションの棟、部屋番号)氏名は合ってますか?有名なマンションだから番地は不要だとか勝手に思っていませんか? 間違っていなければ、配達員か最寄の郵便局に「住所氏名は絶対に合っているのに返ってきた」と言って渡してください。 その場合は新しい切手は不要です。 ただし、何か間違っていたとか書き忘れていたとかの理由があるなら、新しく切手を貼る必要があります。 この場合も直接手渡すのを勧めます。 「あて所に尋ねあたりません」のスタンプが押してあるのだけをみて、差出人に返ってくる事があります。 ナイス: 13.

次の

「配達準備中に調査しましたがあて所に尋ねあたりません」とは?どうしてハガキ、年賀状、郵便物が戻ってきてしまうのか?

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手

送った郵便物が自分のところへ戻ってきてしまいました。 再度送りたいのですがどうしたらいいですか? 郵便物等が差出人さまに返還される 戻ってしまう 場合、返還理由が郵便物等に記載されています。 主な返還理由• あて所に尋ねあたりません:あて先の住所に受取人が居住していない。 あて名不完全で配達できません:あて先が不完全のため、配達できない。 保管期間経過のため返還:受取人が不在のために郵便局でお預かりしていた郵便物等の保管期間 配達の翌日より7日間 に受取人が受け取らない。 再度お送りになる場合は、下記の手順で手続を進めてください。 はがきの場合• 「お返しした理由」の欄を二重線で消去し、必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載してください。 表面の見やすい所に赤い文字で『再差出し』と記入してください。 再度切手を貼付して最寄りの郵便局に差し出してください。 はがき以外の場合• 新しい封筒に必要に応じて正しいあて先・住所・氏名を記載してください。 再度切手を貼付して最寄りの郵便局に差し出してください。 下記のリンクより、該当郵便局をお探しの上ご連絡ください。 例:記載している住所、あて名に誤りがないのに返還された場合等.

次の

年賀状は交換できる?手数料は?尋ねあたりませんで戻ってきたら?

あて どころ に 尋ね あたり ませ ん 切手

私が今回Amazonで購入した商品はNHKで放送されている『100分で名著』の番組本でした。 実家にいる母から「近所の本屋で売り切れだからAmazonで買っておいて」と言われたのが購入理由です。 その番組が再放送されたことでみんな本を買いに行ったから、本屋では売り切れだったらしいです。 で、Amazonでもあるかなー、と思ったら、Amazon本家でも売り切れでした。 Amazonマーケットプレイスとは、ネット上ではAmazonから購入しているっぽいですが、実は別の会社から購入するという販売方法。 今回の私は、まったく聞いたことのない本屋さんから購入することにしました。 送料は500円くらいかかりました。 「発送しました」と連絡があるも、1週間経っても商品が届かない! 「届かない」とのことで商品キャンセルになっていましたが、今日『あて所に尋ねあたりません』と郵便局から発送した商品が返却されてきました。 今回は商品キャンセルとなってしまいましたが、改めて登録した住所を確認してください。 マーケットプレイスの本屋さん、ごめんなさい! どうやらちゃんと商品は発送されていたけど、なぜか実家には配達されず、郵便局の段階で返却されてしまっていたようです。 そこでなぜ私の注文した商品が実家に届かなかったのかを考えてみることにしました。 注目するべきはメッセージにも書いてあった『あて所に尋ねあたりません』ですね。 『あて所に尋ねあたりません』とは、その言葉通り「根本的にその住所に届け先の人がいませんよ?」ということです。 届ける人がいないので郵便局で返却されてしまうわけです。 引っ越しが原因で『あて所に尋ねあたりません』が起きる!? 私は実家から引っ越して一人暮らしをしたわけですが、そのときに「郵便配達先を一人暮らしの家に変更」していたのです。 実家に私宛の郵便が配達されそうになっても、新しい住所の方に郵便物を転送してくれるというサービスですね。 でも、この転送サービスって1年間だけしか有効ではないのです! 1年以上が経過してしまうと、それ以降は実家の私宛に郵便が送られても、郵便局で「もうその人はその住所にはいません、だから届けません」となっちゃうらしい。 実は私はAmazonで購入したものを実家に送る場合、いつも名義を私の名前にしていました。 普通に宅急便で送られるのは問題なかったので今まで気づかなかったわけですよ、この郵便転送サービスの罠に! 宅急便には転送サービスとかはないので、その名義が私の名前になっていても、実家の住所に届けてくれていました。 でも今回は本を注文したということで郵便での配達になってしまったので、郵便転送サービスの罠に引っかかってしまったわけでした! 実家へAmazonの商品を送るときは名義に気をつけよう! というわけで、今回Amazonマーケットプレイスから商品が届かなかった件は、単純に「私が名義を変えるのを忘れていた」のが原因でした。 Amazonマーケットプレイスの本屋さん、ごめんなさい! 実家から引っ越して一人暮らしをするみなさん。 Amazonで登録している実家の住所の名義をしっかり変更しておきましょう! 今回みたいなことになっちゃいますよ!.

次の