パチンコ 禁煙 アイコス。 パチンコ店禁煙になりましたね。アイコスは抜け道のように、遊戯中に吸える、...

4月1日にパチンコホールが禁煙化するけどどのタバコまでがダメなの?とTwitterで聞いた結果…電子パイポという強敵が見つかる

パチンコ 禁煙 アイコス

パチンコパチスロ店の全席禁煙について 私はパチンコパチスロは好きなのですが、タバコが苦手です。 私の通うマイホでは禁煙コーナーを1ぱちに1コーナー、4パチに1コーナーずつ設置してます。 できれば全席禁煙にしてほしいと願っています。 お客の層もタバコ吸う人と吸わない人が半々ぐらいです。 (私の見るかぎり) 喫煙所の方もしっかりしたところがあります。 それに加え、ただでさえ少ない禁煙コーナーにアイコスのみ使用可能という謎の条件すら出してきました。 いくら害が普通のタバコに比べて少ないとはいえ、ゼロではなく匂いもかなりきついです(個人的にタバコより嫌いです)。 これでは禁煙コーナーの意味を持たないと思います! 皆さんはどう思われますか?全席禁煙に賛成ですか? パチンコ店は本来遊戯するためのものであり、タバコを吸うところではないと思います。 それなのに、タバコを吸わない人の方が迷惑をこうむるのは おかしいです。 まず、パチンコ店は「遊戯」ではなく「遊技」をするところです。 似たような言葉ですが遊技は主にパチンコ、麻雀、ゲーセンなどです。 遊技場と呼ばれる施設内で色々な遊びをする訳ですが、それぞれ決められたルールがあります。 そのルールは風営法などの法律内であれば店側が自由に決めることができます。 例えば質問の喫煙についてですが、これも店側の自由です。 そもそもパチンコ、スロットの遊技台自体にほとんど灰皿がついていますので喫煙前提ですね。 ただし、店側が禁煙とする事もできます。 まだ数は少ないですがピーワールドなどのサイトで検索すると全席禁煙も各県ちらほらあると思います。 まとめると、質問者さんがどうしてもタバコが嫌なら全席禁煙のホールを探す。 無ければ一部禁煙のコーナーで我慢するしかありません。 私も喫煙者ですがアイコスの煙はタバコより臭いと思います。 一度お店に苦情を提言するのもありですよ。 それくらいなら受け入れてくれる可能性はあります。 喫煙の事に関してはここ10年くらいで色々世の中に変化が見られます。 昔は電車でも飛行機でも駅でも空港でも当たり前のように喫煙がされてました。 禁煙の場所が顕著に増え始めた昨今で確かにパチンコ店のような大型施設で自由に喫煙出来る場所は少なくなりました。 では何故パチンコ店が全面禁煙にならないのかわかりますか?? 全てのパチンコ店が法令によって全面禁煙になればもちろん何の問題もありませんが・・・しかし一部のパチンコ店が全面禁煙のお店を出したとしましょう。 たぶんそのお店に喫煙者はほとんど来ないでしょう。 喫煙者がパチンコ・パチスロを打ってて一番タバコが吸いたいと思う時ってパチンコならアツいリーチが来た時やスロットですと様々ですが例えば強いレア役を引いた後とかではないでしょうか??その時に席を離れてわざわざ喫煙所に行かないといけないとなれば煩わしくて仕方ありません。 パチンコのSTなどの機種によっては大当たり中手を離せない機種なども多々あります。 その時に喫煙出来ないとかなればやはり客離れしてしまうでしょう。 パチンコ店だって全面禁煙にしてそれでも客が付けば率先してそうするはずです。 1000台を超える大型店舗になればたばこの吸い殻の始末も大変です。 それがなくなればどんだけ楽でしょうか?しかしそれが出来ないのは禁煙にする事によってお店の存続さえ危ぶまれてしまう案件だからです。 結論から言うと貴方の気持ちはわかりますがネットで禁煙賛成の人の共感は得る事が出来るでしょう。 吸わない人は賛成してくれますから。 しかし全部のパチンコ店が禁煙にならない事には難しいでしょう。 禁煙コーナーを設けてるホールがあるだけ今は良しとするしかありません。 そしてアイコスの件に関してもパチンコ店でなく様々な施設でアイコスは可という場所が今から増える事も頭に入れときましょう。

次の

【怒報】パチ屋でアイコス盗難事件発生…。

パチンコ 禁煙 アイコス

健康増進法の一部を改正した、 望まない受動喫煙の防止を図るための法律。 2020年4月1日から、パチンコホールを含むホテルや飲食店などのその他の施設にも全面施行されます。 なお、改正健康増進法の成立にともない、「東京都受動喫煙防止条例」など、各自治体による条例も制定されています。 また、「電子たばこ」も現状規制の対象外となっていますが、マナーやモラルの観点から、禁煙とされている場所での喫煙は問題視されています。 お店側から注意されることも多いようです。 「加熱式たばこエリア」と「喫煙室」といっても、ただ単に設置すればいいだけではなく、煙の流出を防ぐための条件があります。 ・入口風速0. 「壁や天井による区画」は、床から天井までがしっかりと区切られていることで、隙間が開いていたら条件は満たせません。 「屋外または外部の場所へ排気」に関しては、屋外排気ができない場合は「脱煙機能付き分煙ブース」という経過措置も容認。 と、まぁ細かく書きましたが、「加熱式たばこエリア」と「喫煙室」の設置にもしっかりとしたルールが設けられているんです。 なお、喫煙室はたばこを吸う目的で設置されているため、室内での飲食は不可。 飲料などの自動販売機の設置も禁止されています。 では、実際に「加熱式たばこエリア」や「喫煙室」はどのように設置されるのか。 具体的な分煙スタイルを見ていきましょう。 ホール内を「全面禁煙」と「加熱式たばこエリア」に分けるとなると、人気機種などはそれぞれに同等数入れる必要が出てきますし、中小ホールなどはエリアを分けることによって手狭感が出てしまうとのこと。 また、「加熱式たばこエリア」を作ったとしても、紙巻きたばこを吸うお客さんのために「喫煙室」は必要となるので、それなら一層のこと両方に対応できる「喫煙室」ひとつにしてコストを抑えたいそうです。 スタッフを含め20歳未満の者が「加熱式たばこエリア」に立ち入りできないことや、法律的な手続き(大規模な構造変更には承認申請が必要)もネックになるといっていました。 「加熱式たばこエリア」の加熱式たばこを吸いながら遊技できるというメリットは大きいですが、多層階のホールや大型ホール以外だと、「喫煙室」で対策するホールが多いのではないでしょうか? 『改正健康増進法』の全面施行までおよそ8ヵ月。 すでに分煙化をしているホールや、「喫煙室」を準備しているホールを多く見かけます。 今はまだ禁煙になったわけではないので、それほど影響は出ていませんが、やはり今後気になるのは喫煙する人の動向。 打ちながらたばこが吸えなくなるなら……とパチンコ・パチスロをヤメる人も出てくると思います。 実際にホール社員の方たちからも「対策してもお客さんが減るのは避けられない」という話が聞かれました。 ただ、同時に「パチンコ=たばこクサいというイメージが払しょくできる」「たばこが苦手な人でもパチンコを楽しめるようになる」という意見も。 たばこの煙を機種ポップでパタパタ…なんて光景も過去のもの。 吸う人も吸わない人もパチンコを楽しめる環境ができるなら、分煙化も悪くないんじゃないかな~と個人的には感じています。

次の

パチンコ店禁煙になりましたね。アイコスは抜け道のように、遊戯中に吸える、...

パチンコ 禁煙 アイコス

禁煙 ある昼下がりの仕事中、私は自席でPCに向かい目を閉じ、腕を組んで天を仰いでいた。 策を練り、深い考え事をしているかのように見せかけ、実はうたた寝を試みるという高等技術を繰り出している最中、隣の席の若造から衝撃の情報が入ってきた。 「考え事しているところすみません。 4月から、パチンコ 店が全面禁煙になるらしいっすよ!」 「なに!?なんだと!?」 私は信じがたい言葉に目を見開き、情報の真偽を調べるべくスマホを取り出し、Google検索エンジンに「パチンコ 禁煙」を打ち込んだのであった。 ・・・仕事中に堂々とうたた寝を試みるオッサンと、パチンコ 店の話題を振ってくる若造。 大丈夫か?私の会社。 まさかの全面禁煙 パチンコやパチスロを楽しむひとや、どっぷり浸かって人生を狂わせているひとはもちろん、パチンコ屋に入ったことがないひとでも、「パチンコ 店はタバコ臭い!」ということを知っているだろう。 大人の・・・大人の中でもちょっとだけアウトロー寄りの人間が集まるぱパチンコ店は、喫煙率もすこぶる高いわけだ。 私がパチンコ 店に通いはじめたころは、おじいちゃんおばあちゃん~学生風の客はもちろん、何なら店員さんまでもがタバコを吸いながら仕事をしている有様で、ほぼ100%の喫煙率を誇っていたのである。 そりゃまぁタバコ臭いわな! 時代は変わり、喫煙率が下がっても、それでもまだアウトローの聖地であるパチンコ店の店内は喫煙者で満たされている。 このご時世に、未だ紙巻タバコを吸う輩もしこたまいるのだ。 そのパチンコ屋が全面禁煙だと!? レストランや会社内が全面禁煙になるのとは訳が違う。 そんなことがまかり通るのかっ!!! と、まぁ前置きが長くなったけど、「ホントに?」と疑いながら調べてみたところ 健康増進法の一部改正により、2020年4月1日からパチンコ店は基本的に全面禁煙になる。 ということだった。 詳しい法改正や「オリンピックだからどうこう」だの、「いよいよ本格的なパチンコ業界潰し」だの、小難しいことは置いておいて、パチンコ店内も禁煙になるのは間違いないようですな。 また、全面禁煙の抜け道というか対策として、複数フロアを持つ店舗に限り、1フロアを「喫煙室」扱いとして実質「喫煙フロア」を作ってしまうという方法もあるようだが・・・ ま、これは取り締まる側のさじ加減でNGを食らうこともあるだろうから、全国どこでもできることじゃないかもしれないね。 尚、その「喫煙フロア」で吸うことができるのは、アイコスやグローなどの加熱式タバコのみ。 「喫煙フロア」がある店舗でも、パチンコを打ちながら紙巻きタバコを吸うことはできないわけね。 で、どうなる禁煙パチンコ あの煙の聖地、パチンコ店が禁煙になることにより、どんな影響がでるのだろうか!? 独断と偏見で勝手に考えてみよう。 まず、 仕事帰りなどに喫煙するためにパチンコ店に通う層と、 スーパーヘビーのスモーカーは一時的に減るのではないかと思う。 私もヘビースモーカー時代だったら、間違いなくパチンコ店へ行く回数が減っていただろう! 朝から勝負する気満々で行くのではなく、気兼ねなくタバコが吸える場所としてフラッと立ち寄るという意味では、用途をなさないのだから入店する気もなくなるというものだ。 次に、 非喫煙のパチンコファンにとってはありがたい話なので、少しはパチンコ店に滞在する時間が増えるかもしれない。 私も禁煙してからというもの、めっきりパチンコ店内のタバコ臭がキライになった&隣のタバコの煙がうっとうしくて仕方ないので、それがなくなるのであれば喜んでパチンコ店に通うようになるだろう。 ま、私くらいのダメ人間になると、タバコ臭くても通うんだけどね! そして肝心のパチンコ店は、 若干客足が減ることに加え、喫煙室がない店舗は設置のための改装をしなければならないだろうから、ソコソコ痛手をこうむることになるだろう。 尚、私がセコセコ通うパチンコ店は5店舗くらいあるが、そのうち喫煙室を設けているのは2年前にグランドオープンした新しい1店舗のみ。 残りの4店舗は喫煙室というものが一切ない。 「客足が遠のくのを防ぐため、客を集めるために釘を開けたり設定状況を良くするはずだ!」なんて、希望的観測を目にすることがあるが、そんなもんはパチンコで脳が溶けた者どもの戯言にすぎん! あまいあまい! 売上減、投資増ならば来る客から搾り取る額を増やすだけ! それに尽きるのだ。 パチンコ店で味わう快楽は、タバコの快楽と同じく強烈で人をダメにしてしまう力を持っているので、一時的に足が遠のいた喫煙層の客も、いづれはこのパチンコ店に戻ってくることだろう。 逃れられんのだよ!私たちは! まとめると 2020年4月1日より、屋内商業施設は喫煙室を除き全面禁煙になる。 パチンコ店も屋内商業施設として、この施策が適用される。 店舗改装ができる資金が豊富にあるパチンコ店では、喫煙フロアを設け、加熱式タバコを吸いながら遊戯できるところもあるだろうが、基本的に「吸いながらの遊戯」はできないと思ったほうがよいでしょう。 悲しいが、それが現実。 喫煙者にとっては「なんだよ!もう行かねぇわ!」 非喫煙者にとっては「過ごしやすい空間になりそうねぇ」 といった、その辺の猫でも予想できそうな当たり前の意見がたくさん出てきそうですね。 パチンコ店にとっては、一時的に売り上げが減るかもしれず、設備投資をしなければならないため、利益確保のために通い続ける客から搾り取ることが予想されます。 禁煙して9年が経った私としては、「これを機に、パチンコ店に通う連中も禁煙しちまえばいいじゃん!」という、実に他人事な想いと、「隣に座るやつが紙巻タバコを吸ううだったときの絶望感がなくなり、実に快適に過ごせそで嬉しいな!」という、実に個人的な喜びが湧いてきている次第。 4月以降、何店舗か回ってみますよ。 本当に全面禁煙になって喫煙している客が皆無なのか!? 非喫煙者にとって快適になったのか。 どのような方法で店内周知し、禁煙を徹底させているのか。 などを見てきて、まとめて書いてみますね。 dai5-law.

次の