食品軽減税率 いつまで。 軽減税率はいつからいつまで?制度の目的や対象と対象外の品目についてわかりやすく解説

【要点まとめ】軽減税率はいつから?対象品目は?など4つのポイント

食品軽減税率 いつまで

軽減税率はいつまで続く?期間は? 軽減税率はいつまで続くのでしょうか。 その期間についてお伝えしていきます! まず軽減税率が導入されるのは、消費税が増税される 10月1日からです。 これは軽減税率制度の位置付けを知っていれば当然だとわかると思います。 軽減税率制度は、消費税10%への増税をするにあたり、「経過措置」というような位置付けにあります。 わかりやすくいいますと、現状の消費税8%からいきなり10%にするのではなく、一部の品目を8%のままにしておいてしばらく運用し、経過観察するためのある種の「据え置き処置」みたいなものなんです! なので、何か大きな問題が起こらなければいずれは全ての品目の消費税が10%になるとは思うのですが、それがいつなのかは発表されていません。 経過措置ですのでその経過を見てから判断する必要があるため、具体的な期間はまだ決まっていないのではないでしょうか。 なので、今のところ軽減税率の期間は、 10月1日〜未定 という風に、いつまでなのかははっきりと言えませんかね。 軽減税率実施中に大きな問題が起きなければ比較的早く終わると思いますし、何か問題が起これば長くなるのではないでしょうか。 軽減税率の対象品目をわかりやすく解説! 軽減税率の対象品目はとてもわかりにくいというか、線引きがとても複雑なんです。 なので今回は、軽減税率の対象品目をわかりやすく解説していきたいと思います! まず、軽減税率はこのような感じで行われる予定です。 誰もが買う生活必需品である『食料品・飲み物』は税金負担を減らす制度 軽減税率 これはつまり、低所得者への配慮を目的としていると言えます。 次に、具体的な対象品目について説明していきます。 こちらの表をご覧ください。 ここに書いてあるのが軽減税率の対象となる品目の線引きです。 こう見るとはっきり分かれているようにも思えますが、実はこれとても 微妙な線引きなんです。 例えば、本みりんは「酒類」なので軽減税率の対象外なのに、みりん風調味料は対象というよくわからない事例があります。 基本的な用途はほとんど一緒なはずなのに、一方は対象で一方は対象外なのはおかしいと言えますよね。 他にもあります。 遊園地の売店で購入した商品は、売店のベンチなどで食べたら10%、食べ歩くなら8%となる事例です。 売店で買ってそのままそのお店のベンチで食べる場合、それは 屋台での食事などに該当しますので10となり、食べ歩く場合は テイクアウトと見なされるので8%となります。 そんなおかしなことありますかね笑 このように、10月1日から導入される軽減税率制度はかなり複雑なものとなっていて、導入されたら色々と面倒な事例が発生すると思います。 少し時間が経てばそれに対する対策も講じられると思いますので、最初の時期が重要でしょう。 みなさんもかなり不便な思いをするかもしれませんが、別に店員さんが悪いわけではないんで、そのようなめんどくさい事例に遭った場合でも店員さんは責めないであげてください!.

次の

消費税10%増税でいつから?軽減税率対象の食品一覧は?

食品軽減税率 いつまで

令和2年6月末までとなっているポイント還元策など他の景気下支え策と異なり、期限を設けず、低所得者層の家計負担を緩和する。 8%の税率については、今後、仮に消費税率を10%超へ引き上げる場合でも、据え置くべきだとの意見が政府内で上がっている。 今年10月1日からの税率10%への引き上げに合わせた軽減税率導入は、平成28年の消費税法改正で決まった。 対象は酒類や外食を除く飲食料品。 「みりん風調味料は対象で8%」「本みりんは酒類なので対象外で10%」など、線引きが複雑なケースが多く、売り場で混乱が起きる懸念も浮上している。 軽減税率は消費税法を改正しない限り続く制度だ。 同じ景気下支え策でも、ポイント還元策や、額面以上の買い物ができるプレミアム付き商品券は有効期限が来年3月までで、軽減税率はこれらの対策とは異なる。 与党からは「恒久的な軽減税率の効果の方が大きい」との声が上がる。 問題は、今後、仮に消費税率を10%超に引き上げることになった場合、法律を改正し、軽減税率の税率も引き上げるかだ。 消費税の追加増税に関し、安倍晋三首相は7月の党首討論会で「今後10年間くらいは必要ないと思っている」と発言したが、高齢化で膨らみ続ける社会保障費の財源をまかなうため「いずれ10%超への引き上げは必要だ」(自民党関係者)との意見は根強い。 追加増税時は軽減税率の扱いも問題になるとみられる。 税務当局の首脳クラスは「8%から引き上げ、2桁税率などにすることはできないだろう」として、税率の据え置きを有力視する。 低所得者の家計負担を増やし、余分な混乱を招くのを防ぐためだ。

次の

軽減税率はいつまで?対象と対象外商品や外食は?NHK受信料や病院食はどうなる?

食品軽減税率 いつまで

令和2年6月末までとなっているポイント還元策など他の景気下支え策と異なり、期限を設けず、低所得者層の家計負担を緩和する。 8%の税率については、今後、仮に消費税率を10%超へ引き上げる場合でも、据え置くべきだとの意見が政府内で上がっている。 今年10月1日からの税率10%への引き上げに合わせた軽減税率導入は、平成28年の消費税法改正で決まった。 対象は酒類や外食を除く飲食料品。 「みりん風調味料は対象で8%」「本みりんは酒類なので対象外で10%」など、線引きが複雑なケースが多く、売り場で混乱が起きる懸念も浮上している。 軽減税率は消費税法を改正しない限り続く制度だ。 同じ景気下支え策でも、ポイント還元策や、額面以上の買い物ができるプレミアム付き商品券は有効期限が来年3月までで、軽減税率はこれらの対策とは異なる。 与党からは「恒久的な軽減税率の効果の方が大きい」との声が上がる。 問題は、今後、仮に消費税率を10%超に引き上げることになった場合、法律を改正し、軽減税率の税率も引き上げるかだ。 消費税の追加増税に関し、安倍晋三首相は7月の党首討論会で「今後10年間くらいは必要ないと思っている」と発言したが、高齢化で膨らみ続ける社会保障費の財源をまかなうため「いずれ10%超への引き上げは必要だ」(自民党関係者)との意見は根強い。 追加増税時は軽減税率の扱いも問題になるとみられる。 税務当局の首脳クラスは「8%から引き上げ、2桁税率などにすることはできないだろう」として、税率の据え置きを有力視する。 低所得者の家計負担を増やし、余分な混乱を招くのを防ぐためだ。

次の