舌 白い 理由。 舌が白い!舌苔の治し方って知っていますか?|uebayashi|note

「舌ケア&白湯」の新習慣で朝が変わる!

舌 白い 理由

1.舌苔とは 舌の表面の角質がなんらかの原因で伸びて硬くなり、その隙間に細菌や汚れが溜まり、舌が白く苔が生えたように見えます。 舌苔の原因は細菌や口呼吸、消化器系の疾患などがありますが、原因が不明なことも多くあります。 舌苔自体を治療する必要はなく、口臭の原因として舌苔が考えられる場合は舌ブラシで舌を磨きます。 舌苔が口臭の原因 口臭の主な成分の一つである硫化水素は舌苔に関連していると言われています。 ちなみに口臭のメチルメルカプタンという成分は歯周病が関連しています。 硫化水素は食べカスや上皮カスが細菌によって腐敗されることによって発生します。 このような環境が舌苔にあるため口臭の主な原因とされます。 ただし、舌苔は必ずしも病的なものではないため、口臭も生理的な口臭の範囲であることが多いのです。 詳しくは「」を参考にしてください。 色素を作り出す細菌が原因の場合は黄色や灰色、茶色、黒色など変化することがあります。 例えば猫などの動物の舌はザラザラとヤスリのようになっていて、食べ物をかき取る作用があります。 実は人間の舌も表面は角質化しているのです。 この角質化が進むと舌の細胞が伸び、その隙間に剥がれた上皮が溜まり、舌苔になります。 舌の本来の位置は上顎に軽く付いている状態です。 舌の位置が低い位置にあったり、口呼吸があったり、舌の動きが悪いと舌が周りと擦れず、食べかすが残ってしまいます。 汚れは乾燥するとこびりつき取れにくくなります。 キッチンなどでも濡れている間は汚れがすぐに取れますが、一度乾燥してしまうと簡単には取れなくなります。 口の中もいつも唾液で濡れていますが、口呼吸のある方はすぐに、乾燥してしまい汚れが自然に落ちないために舌苔ができてしまいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 唾液は口の中を洗い流す効果があります。 唾液が減ると汚れや細菌が舌に溜まり、舌苔ができます。 高血圧の薬や精神疾患の薬の中に唾液が少なくなる副作用があるものもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 口臭は朝が一番出ます。 それは寝ている間は舌の動きが悪く、唾液量も少なくなるため舌に汚れがたまるからです。 高齢や病気になって舌の機能が低下したり、動きが悪くなると、より舌の表面の汚れが落ちにくくなるため舌苔が多くなります。 そのため舌苔ができる位置は常に上顎とすれて、汚れが落とされています。 受け口や口呼吸で舌位が低い人は、擦れて汚れが落とされないために、舌苔がつきやすくなります。 薬の影響でカビ菌の一種であるカンジダ菌が増え、硫黄化合物と血液中のヘモグロビンが結びついて黒くなると言われています。 鏡を見ながら舌を思いきり前に突き出して、白い舌苔がついている箇所を確認してください。 舌ブラシを水に浸した後、鏡で見える最も奥に軽くあて、手前に引いてください。 決して力を入れ過ぎないようにしてください。 また、この時に息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射(おうとはんしゃ)が出にくくなります。 舌ブラシの先を水道の水でよく洗い、舌ブラシの先に汚れがついてこなくなるまで、繰り返してください。 1日の舌みがきの回数は、起床時の1回で結構です。 それ以上行うと、舌の粘膜を傷つけるおそれがあります。 舌に傷があるときは、舌清掃は控えましょう。 歯ブラシで舌を磨くと傷つけることがあります。 下は舌ブラシを3日間使用した写真です。 舌苔が綺麗に取り除かれていることがわかります。 この舌ブラシは、舌表面を傷つけないように開発されたソフトで特殊なナイロン繊維を使用しています。 価格は500円で通販で購入可能です。 舌苔の溜まっているといわれる部分にも入っていってくれるので舌の表面を傷つけません。 また、ブラシにも幅がありスプーン状になっていて汚れを一気にかき出すことが出来ます。 全体も18cmの長めの設計で使いやすいです。 価格は620円で通販等で購入可能です。 多くは先天的な異常ですが、慢性炎症が続いて出ることもあります。 深い溝は食べカスが入り込み不潔になりやすく、痛みや味覚障害を引き起こすこともあります。 痛みが強い場合はコンクールなど消炎剤の入った洗口剤を使います。 特に治療をする必要はありませんが舌ブラシで舌を清掃し、いつも清潔にしておく必要はあります。 黒く見える原因はカンジダ菌が増え、硫黄化合物が作られ、血液のヘモグロビンと結合し、黒く見えると考えられています。 カンジダ菌は抗菌剤やステロイド剤を長期間使っていると、口の中にいる細菌の種類が変わり、カンジダ菌が増えてきます。 しかし、口臭の原因になる場合は舌ブラシで毎朝、優しくなでるように磨いてください。 傷をつけてしまうと逆効果になってしまいます。

次の

舌が白い人は舌苔です。舌苔を取り除く7つの方法とは?

舌 白い 理由

つまり、舌の上に細胞や粘膜、食べカスがたまっていてそこに雑菌が繁殖して白くなっているということです。 想像するとちょっと嫌な感じですが、痛みなどはないのであまり気にしていない人もいます。 舌苔は基本的に白色ですが、タバコを吸う人は黄色っぽくなってくることもあります。 舌苔の困るところは、白く見えるのもイヤですが、口臭の原因になることでしょう。 細菌が繁殖しているので、それが臭いの元になってしまうのです。 人と話す時に至近距離だと舌が白いのが見えてしまいそうで気になりますし、それに臭いも加わるとなると会話をするのにも困ってしまいますね。 舌は健康のバロメーター。 舌が白くなる17の原因 食べカスなんて、私はちゃんと歯を磨いている!と思う人も多いでしょう。 1日2〜3回歯を磨いていても舌苔が出来ることはあるのです。 なぜ舌苔が出来てしまうのか、その原因を見ていきましょう。 主な原因は唾液が少ないことです。 ドライマウス(口腔乾燥症)かもしれないですが、なぜそうなったかを知ることが大事ですね。 ですから、なぜ唾液が減ってしまうのかを知れば、舌が白くなる原因もわかります。 口呼吸をしている 本来呼吸は鼻でするものです。 それが口でばかり呼吸をしていると唾液が減って口の中の環境が悪くなります。 鼻炎などで鼻が詰まっていると口呼吸になりやすいので注意したいですね。 口の中が粘つく• 食事の時にやたらと水を飲む• 口内炎ができやすい このような人は口呼吸で口の中が乾いている可能性があるので気をつけてください。 いびきをかいている 寝ている時にいびきをかいているかどうか、もし家族が一緒に寝ているなら聞いてみてください。 いびきをかいていると口呼吸になってしまうので、口の中が乾燥します。 太っている• お酒をよく飲む• 首が太い• 鼻が詰まっている 音が小さいと気づきにくいのですが、このような特徴があるといびきをかきやすいです。 水分をあまり摂っていない 唾液の成分はほとんどが水分です。 ですから体内の水分の量が少ないと、そもそも唾液を作ることができないので、口の中が乾き、舌苔が出来やすくなります。 1日食事以外で1リットル以上の水分を摂っているか、考えてみてください。 普段から口の中が乾いていると感じたり、食事の時に飲み込みにくいというような症状があれば水分が足りていない可能性があります。 食べカスが舌に残っている 食事の後にすぐ歯磨きやうがいが出来なかったとしても、通常の舌の動きが出来れば食べカスは自然ととれていくものなのです。 口を閉じているとき、舌はどこにありますか? 舌は上あごに軽くついているのが正常な状態です。 ですから、自然と上あごと擦れて、食べカスが撮れるようになっているのです。 ところが上あごについてなかったり、口呼吸になっていたりすると舌をこすることが出来ないので、食べカスが残って舌苔が出来てしまうのです。 歯磨きの時間が足りない 歯磨きはしている人の方が圧倒的に多いと思うのですが、もしかしたら磨いている時間が足りなかったり、磨き方が足りなくて食べカスが残ってしまっているのかもしれません。 歯磨きは長くすればいいというものではありませんが、やはり1分くらいでは磨ききれないでしょう。 目安としては5分以上。 食べカスが残らないように、寝る前は特に念入りに歯磨きをしてください。 口の動きが足りない 唾液を出して口の中を乾燥させないためには、「口を動かす」ということが大事なんです。 あまり話さない• 食事の時に噛む回数が少ない など口を動かす回数が少ない人は下が動かないので、唾液の量も減ってしまうのです。 唾液が少ないと汚れがたまりやすくなり、舌苔も増えてしまうのです。 口を動かすことで舌が上あごに触れる回数も増えますから、自然と汚れが落ちやすくなるのですが、動かさないとそれが出来なくなってしまうため、舌苔がたまりやすくなるということもあります。 硬いものをあまり食べない 硬いものをたくさん噛むと唾液もたくさん出ます。 それで、自然と口の中の環境を整えることが出来るのですが、細菌は柔らかい食べ物が増えていますね。 柔らかいものばかり食べていると唾液が少なく、口の中の汚れが落ちにくいのです。 それが舌苔の原因になります。 タバコや飲酒 お酒を飲むと喉や口が渇きませんか。 これはアルコールの利尿作用で体内の水分が失われるためです。 タバコは煙を吸い込むことで口の中が乾きます。 お酒が好きでタバコも吸う、という人はかなり要注意です。 唾液が少なく舌苔が出来る条件が整っている上に、タバコでその舌苔が黄色く変色しやすいので、見た目にもかなり美しくありません。 ストレス ストレスと自律神経には密接な関わりがありますが、唾液の量は自律神経が関係しています。 ストレスを感じたり緊張すると、口の中が乾きませんか。 これは自律神経の交感神経の働きによって、唾液の量が減り、濃くなっているからなんです。 逆にリラックスしているときは薄いサラサラした唾液がたくさん出ます。 だから、ストレスの多い人ほど口の中が乾き、舌苔が出来やすくなるのです。 睡眠不足 睡眠不足も自律神経と関わりが深いです。 睡眠不足で身体の疲れが取れていないと、自律神経のバランスが乱れ、交感神経が活発になってしまうため、唾液の量が減って口が渇くのです。 疲れているのにしっかり眠れていない。 そんな時は舌苔が出来やすくなっていますから、しっかり眠ることが大事ですね。 膿栓が原因 風邪などが原因でのどの置くに「膿栓(のうせん)」が出来てしまうことがあります。 膿栓は喉の奥に出来た膿のようなもので、細菌の死骸が腐敗したものです。 膿栓に含まれる膿汁(のうじゅう)が舌に付着すると細菌が増えやすくなり、舌苔の原因となります。 膿栓は歯磨きでは取れないですし、膿栓が原因で舌苔が出来ている場合は元から断たないといけません。 風邪を引いた後などに舌苔が増えているなと感じたら、喉の奥に白いプツプツが出来ていないかみてみてください。 糸状乳頭が長い 舌の表面はつるんとはしていなくて、「糸状乳頭(しじょうにゅうとう)」というものがあります。 ちょっとザラザラしていますよね。 猫の舌を触ったことのある人ならよくご存知だと思うのですが、舌の表面にある1本1本が乳頭です。 人の乳頭はそれほど長くはありませんが、• 胃腸が弱っている時• 口が渇いている• 舌のみがき過ぎ• 食べ物と舌の摩擦 などが原因で、これが伸びてしまうことがあります。 イメージとしては、敷物の毛脚の長さの違い。 毛足の短いカーペットよりもふかふかの絨毯の方がホコリはたまりやすいですよね。 糸状乳頭も長くなってしまうとどうしても食べカスが残りやすくなるので、舌苔の原因になってしまいます。 舌磨きのし過ぎ 舌の白いのが気になって、舌専用の歯ブラシでゴシゴシ磨いていませんか。 舌磨きのしすぎが、逆に舌苔を増やしてしまっている可能性があります。 なぜ糸状乳頭が長くなるのか、それは食べ物をこれ以上入れたくない!という身体の防御反応。 胃腸を守るための反応なんですね。 免疫力も低下している証拠です。 食欲がなくてあまり食べていないのに舌が白いというときは、胃腸の調子が悪いことが原因だと考えられます。 口腔カンジダ症 疲れやストレスが原因で免疫力が低下すると、口の中でも悪玉菌が繁殖しやすくなります。 そのひとつが「カンジダ菌」です。 免疫力が低下したことでカンジダ菌が増殖し、「口腔カンジダ症」を引き起こすために舌が白くなることがあります。 唾液が少なくなる病気 身体の水分が足りなくなると唾液も減少します。 糖尿病• シェーグレン症候群 など、身体の水分が減ってしまう病気が原因で、舌苔が出来ていることもあります。 また、舌が白いのに加えて頑張る気力も出ない。 そんな時はうつ病など精神的な疾患が原因である可能性もあります。 他の病気が原因で舌が白くなることがあるということも覚えておいてください。 薬の副作用 今飲んでいる薬があるなら、それが原因かもしれません。 降圧剤• 利尿剤• 抗うつ剤• 精神安定剤• 鎮痛剤• 花粉症などアレルギーの薬 など、薬のせいで口の中が乾燥している可能性もあります。 原因さえわかれば舌の白さは改善できます 舌が白いのはたしかに見た目にもよくありませんし、口臭の可能性もあるので嫌なものですね。 でも、気にしすぎないことです。 舌苔自体は病気ではありませんから、改善できるものです。 気にしすぎて笑えなくなってしまったり、人と話すのがイヤになって消極的になってしまう人もいますが、もったいないことです。 舌苔には色々な原因がありましたが、どれが原因になっているかがわかれば、改善の方法もわかってきます。 あまり深く気に病まず、まずは原因を突き止めてみましょう! 心配な人は歯科医に相談してみてください。 適切な治療で早く改善できるかもしれません。

次の

舌が白い!症状が起こる原因や考えられる病気、対処のしかたを紹介

舌 白い 理由

生活習慣によって舌が白くなる原因と対処法 1-1. 舌が白くなるのは汚れや細菌が付いているから 舌の表面に付着している白いものは「舌苔(ぜったい)」と呼ばれ、食べかすや汚れ、細菌によるものです。 舌の表面は、食べ物をしっかり噛んで食べていればきれいな状態を保てる部分で、うっすらと白いのは普通のことです。 しかし、苔が生えたように分厚く白くなっているときは、口臭の原因になる、味覚を感じにくくなるといった問題につながります。 1-2. 舌が白くなってしまう生活習慣とは? 舌苔が分厚くなる原因として考えられる生活習慣には、以下のようなものがあります。 ・歯磨きがしっかりおこなわれておらず、お口のなかが不衛生になっている ・タバコを吸っている ・食事の際にあまり咬まない、柔らかい物ばかり食べている ・口呼吸をしている 1-3. 日頃の生活習慣の改善から防げる? 生活習慣が原因の場合は、習慣を変えることで改善につながります。 まずはしっかりと歯磨きをして、お口のなかをきれいにしましょう。 舌ブラシや舌専用のクリーニングジェルを使って、1日1回舌磨きをすることもおすすめです。 食事を取る際にはやわらかいものばかりにせず、しっかり噛んで食べると舌をたくさん動かすため、舌苔が付きにくくなります。 タバコは、本数を減らしたり禁煙したりすることで、舌苔の原因を軽減できます。 舌が白いのは病気の場合も 2-1. 口腔カンジダ症や白板症、舌がんのケース 舌だけでなく、口の粘膜に白い苔のようなものが付く「口腔カンジダ症」という病気があります。 カンジダ菌は常に体の中にいるカビの一種です。 免疫力が落ちているとカンジダ菌が増えすぎて、口の中の粘膜に症状があらわれます。 治療には抗真菌薬を使用します。 お口の中の粘膜に、こすっても取れない板状や斑点状の白い部分があるときは、白板症の恐れがあります。 痛みを伴う場合もあり、癌に変化する危険性もあるため、注意が必要です。 2-2. シェーグレン症候群やアレルギー性鼻炎 お口のなかが乾燥していると、舌苔につながることがあります。 お口のなかが乾燥する原因として考えられるのは、唾液の分泌の減少や口呼吸になっていることです。 唾液の分泌が少ない場合には、シェーグレン症候群という外分泌の病気が疑われます。 また、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などで鼻が詰まっていると、口呼吸の時間が長くなりお口のなかが乾燥しやすくなるため、舌苔が厚くなりがちです。 2-3. 全身疾患やほかの部位の不調から舌が白くなることも 舌やお口のなかの不調だけではなく、胃腸の不調や糖尿病の症状として、舌苔が厚くなることもあります。 そのため、体調不良のサインと考えられるケースもあります。 白い舌苔であれば、胃腸が弱っている、疲れがたまっているといった原因が考えられます。 なかなか治らない場合は受診を検討 正しい舌磨きをおこなったり、生活習慣を見直したりしてみても舌の白い部分が改善しないときは、自覚がなくとも病気がかくれている場合があります。 全身の不調ともかかわっているとなると、どの診療科を受診するべきか迷ってしまいますが、お口周りの疾患としてまずは歯医者さんで相談することも可能です。 病気が疑われる場合は、早めに医療機関を受診してみてください。

次の