バレーボール サーブ の 打ち 方。 中3です。バレーボール部に入っているのですがサーブの時に、...

バレーボールのサーブの打ち方とはコツやポイントを紹介│ふじや流プラス

バレーボール サーブ の 打ち 方

この記事の目次• バレーボールのサーブの種類はいろいろ。 初心者はアンダーハンドサーブから 体育の授業などでも使われることが多いのが、アンダーハンドサーブです。 このサーブはバレーボール初心者のうちでも比較的打ちやすいので、初めて本格的にバレーボールを始めるお子さんにもオススメです。 腕の力がなくても遠くまで飛ばすことができるので、最初からコースを狙ったり勢いのあるボールを打つことは目指さずに、アンダーハンドサーブが確実に入るようになるまで、繰り返し練習しましょう。 アンダーハンドサーブの打ち方 ネットを正面に見て立ち、利き手側の足を少し後ろに引き、後ろ足に体重を乗せます。 おへその前あたりにボールを構えたら、前にある足の方に体重移動を行いながら、腕を後ろから思いっきり振り抜き、こぶしでボールをすくいあげるように打ちます。 ボールの斜め下あたりに手のひらの付け根が当たる感覚で打つと良いでしょう。 この際、サーブを打つ前のトスが高すぎると、ボールが落ちてくるタイミングに合わせて打つのが難しくなります。 ボールを上に上げるというよりも、手からボールを離すというようなイメージで行うこと アンダーハンドサーブが確実に入るようになったら、今度は他の種類のサーブも練習してみましょう。 バレーボールのサーブの種類、サイドハンドサーブ アンダーハンドサーブはバレーボール初心者にも比較的打ちやすいサーブですが、弓なりで比較的相手レシーバーの返しやすいサーブになってしまうという欠点があります。 同じく初心者向けでも、ボールの真下からではなく横から打つサイドハンドサーブというものがあります。 慣れるまでは難しいかもしれませんが、コツさえつかんでしまえば、アンダーハンドサーブよりも強いサーブを打つことができますので、ぜひ練習してみてください。 サイドハンドサーブの打ち方 ネットと平行に立ち、足を肩幅に開きます。 ネット側の足を前に踏み込みつつトスを斜め前方に軽くあげ、肩くらいの高さで腕を下からではなく横に振り抜いてボールに当てます。 腰のひねりを加えながら強く振り抜くことで、より早いサーブを打つことができます。 実際にやってみると意外と難しいですが、さまざまな種類のサーブをマスターすることが実戦でも大いに役立ちますので、ぜひトライしておきたいサーブです。 バレーボールのフローターサーブのコツ 実際のバレーボールの試合では、ほとんどの選手がフローターサーブを使います。 フローターサーブとは、ご存知の通りボールを上から打つサーブの打ち方です。 サーブの上手い選手であれば、サービスエースで多くの点数を取ることができますので、まだレギュラーではなくてもその分試合に出られるチャンスも増えてきます。 フローターサーブの打ち方 途中までは先ほどのアンダーハンドサーブと同じです。 肩の少し上あたりから真上にトスを上げたら、肘を後ろ側に引いて弓なりの状態を作り、そのまま落ちてくるボールに合わせて顔の前でボールの芯を叩きます。 ボールに当てた手は振り抜かず、ボールに当たった段階でスイングを止めます。 トスが低すぎたり左右にブレたりすると、その分上手く体重を乗せてボールを叩くことができませんので、ボールの芯に確実に当てるには、トスをまっすぐ真上に上げるのがポイントです。 しっかりとボールに力が伝わるようにフローターサーブが安定して打てるようになれば、より強力な武器となるでしょう。 マスターしたいフローターサーブの種類 フローターサーブの中にも、いくつかの種類があります。 手前に落ちるサーブ 初心者にはかなり難しい打ち方ですが、強いサーブが来ると相手が身構えているところへ放つ落ちるサーブは、相手にとっても非常に返しづらくてサービスエースを取りやすいので、ぜひ覚えましょう。 このサーブは腕の力は使わず、体重移動と腰の回転を生かして打つのが特徴です。 少しトスを高めに上げて、ややカブり気味に打つことで、途中でストンと落ちる無回転のサーブとなります。 長距離サーブ 長距離サーブとは、普段のサーブ位置後方から、エンドラインのギリギリを狙って打つサーブのことで、文字通りボールが長距離を移動しますので、相手のテンポが崩れるだけでなく、効果的にサービスエースを狙えるサーブです。 このサーブを打つには、長い距離のサーブが打てるだけのパワーと技術が必要になります。 難易度の高いバレーボールのサーブ フローターサーブをマスターできたら、さらに上級者向けの難易度の高いサーブがあります。 その種類としては主に3つありますが、どれも初心者にはかなりレベルが高いため、より多くの練習が必要となります。 ジャンプフローターサーブ フローターサーブを打つ際に、ジャンプしながら空中で打つサーブのことを、ジャンプフローターサーブと呼びます。 サーブのスピードを上げるというよりも、高い位置から放つ無回転サーブで、相手レシーブのバランスを崩すのを目的として使われます。 ランニングジャンプフローターサーブ 高校生の女子バレーボールの大会などでよく見かけるのが、このランニングジャンプフローターサーブです。 横に移動しながら最後にジャンプをしてサーブを打つのですが、ボールと一緒に自分も同じ方向に動くので、先ほどのジャンプフローターサーブよりも打ちやすいという点もあります。 ジャンプサーブ 男子選手にとくに多いのが、ジャンプサーブです。 自分の前方に少し高めにトスをあげ、助走を付けてジャンプしながら、体重を乗せて打つこのサーブは、時にスパイクほどの威力が発揮されます。 さまざまなサーブの種類をご紹介してきましたが、今回はご紹介しきれなかったサーブの打ち方もまだまだあります。 どれも自分の武器として身につけるためには、とにかくコツコツと練習を重ねる以外の方法はありませんので、自分に合ったサーブを見つけられるまで、まずは練習あるのみです! -.

次の

バレーボールのフローターサーブが驚くほど大きく変化する3つの方法!

バレーボール サーブ の 打ち 方

バックラインの2~3m後から助走する• やや前方に高くトスアップする• ボールを目で追いつつ、利き足で踏み切る• エンドライン際で体が前方に流れるようにジャンプする• ミートの瞬間スナップを利かせて打ちこむ• サーブ後はコート内に着地する ネットの高さでボールをとらえるような感じで、バックスイングで体を弓なりにし、全体重を乗せて打つのがコツです。 ジャンプサーブのポイント ジャンプサーブのポイントは、ズバリ「いかに自分のサーブにするか」に掛かっています。 ジャンプサーブは成功すると大きな武器にもなりますが、失敗するリスクも高く、ミスで相手にポイントが加算されて ゲームの勝敗を左右することにもつながりかねません。 ここで大切になるのが、 「ジャンプサーブ」をコントロールするということです。 ただやみくもに強いジャンプサーブを打って、1点取るか、ミスして相手に得点を与えるかギャンブルのような打ち方はチームのためになりません。 ジャンプサーブをいかにコントロールする方法を紹介します。 トスのボールを回転させるとリズムが合う• 自分のジャンプ力に合わせてトスを上げる• ボールの打点を左右に少しずらして変化をつける• ゲームの流れを読んで勝負と入れるサーブを考える ひとつひとつ説明しますね。 トスのボールを回転させるとリズムが合う ジャンプサーブで最初に行う動作がトスです。 じつはこのトスによって ジャンプサーブが成功するか失敗するかのカギを握っていると言っても過言ではありません。 タイミングよくミートするためにボールを回転させてトスを上げるとリズムが合いやすいと言われています。 実際の根拠はありませんが、あくまで感覚的なものです。 どちらかというとボールにしっかりとミートするためのルーティーンとして使われる効果の方が高いです。 自分のジャンプ力に合わせてトスを上げる これはタイミングをしっかり取るために、自分のジャンプ力に合わせてトスの高さを決めるということです。 高いトスを上げてゆっくりと助走して力強くミートする方が打ちやすい人と、あまり高くトスを上げるとタイミングが合わないので、自分に合った高さのトスを見つけましょう。 ボールの打点を左右に少しずらして変化をつける これはすこし上級者向けのテクニックですが、ミートがしっかりとできるという前提で、ジャンプサーブの軌道に変化をつけて、相手のが取りにくいサーブを打つ時に使います。 ミートの瞬間にボールの中心から左右にずらしてミートをつけることで、ボールにカーブ回転やシュート回転が掛かり、変化の大きなが打てます。 ゲームの流れを読んで勝負と入れるサーブを考える ジャンプサーブで1番大切なことはこれです。 例えばゲームが負けていて追い上げる必要がある状況で、どう考えるかです。 強いサーブを打って1点を取りに行けば点差は縮まりますが、失敗して相手のチームに1点を与えてしまうと 追い上げムードに水を差すことにもなります。 ジャンプサーブは1点をとれる可能性も高いですが、1点を失うリスクもあるのです。 ゲームの流れを読んで、しっかりとサーブコントロールをすることが大切です。 ジャンプサーブの練習方法 ジャンプサーブの具体的な練習方法を紹介します。 一定のトスを上げる練習 ジャンプサーブは トスがとても重要です。 常に一定のトスを上げられなければ、安定したジャンプサーブを打つことができません。 まずは自分の打ちやすいトスの高さを見つけ、常に同じトスが上げられるように練習を繰り返します。 右利きの場合、左手でトスを上げる、右手(サーブを打つ手)で上げる、あるいは両手を使ってトスを上げる方法があります。 自分にとってどの手でトスを上げたらサーブが打ちやすいのか試してみましょう。 トスを上げる手が決まったら、常に一定のトスが上がるよう意識して何度もトスだけの練習を繰り返します。 ジャンプサーブの助走の距離を決める練習 エンドラインからどのくらい離れた位置で助走をスタートすればいいか、自分の歩幅で測って把握しておきます。 ジャンプサーブを打つときに毎回その歩数をはかって構えれば、いつも同じ位置からスタートでき、安定したジャンプサーブにつながります。 トスを上げてから助走に入るのが基本です。 助走は一歩でも二歩でもいいです。 自分に合った助走を見つけて、常に高い打点で力強いボールを打てるようになりましょう。 力強くパワーのあるジャンプサーブを打つ練習 ジャンプサーブを打つポイントは バックアタックと同じ要領で打つことです。 力強いサーブを打つためには、助走の時にひじを引き上げて、前方に重心をかけるようにしてジャンプしボールを打ちます。 ボールを打った瞬間に、腹筋に力をいれると空中でバランスが崩れません。 またボールを打つ瞬間は手首のスナップをきかせてボールにドライブ回転をつけます。 ジャンプサーブの上達方法とは? しっかりとミートができるようになったら、次はポイントが取れるサーブを目指しましょう。 上達のポイントはインパクトの瞬間にスナップを使って思い切りドライブをかけることです。 しっかり腕を振り抜き、の白帯近くをねらってドライブをかけ、相手のコートに落とすイメージでをねらいます。 まとめ ジャンプサーブはスパイクと同じフォームで打つサーブなので、「スパイクサーブ」とも呼ばれています。 高度なテクニックとパワーを要するむずかしいサーブだから、ミスする危険性も高いが、決まれば抜群の破壊力を発揮します。 身体能力の高いプレーヤーにはぜひ身につけてほしいものです。

次の

サーブの種類

バレーボール サーブ の 打ち 方

スナップを効かせてボールに強いドライブをかける 体をサイドラインへ向け、ネットに直角の体勢から、腕を大きく振り出して前回転(ドライブ回転)がついたボールを打つのがドライブサーブです。 ボールをミートするときに手首を巻きつけるようにスナップをきかせ、ボールに強い回転をつけるのがポイントです。 回転が強ければボールの落下が早くなるため、強打してもアウトになる確率は低くなります。 速いボールをエンドラインぎりぎりに打ち込むのが理想です。 ドライブサーブの打ち方 (1)ネットに直角の体勢で構える。 (2)トスは真上にやや高く上げる。 (3)右手を下げて大きく後ろへ引き、体を右にひねる。 (4)体を左へ回転しながらスイングを開始。 体重を左足へ移動させる。 (5)全体重をかけるつもりで強打を打つ。 (6)手首を強くスナップさせてフォロースルーする。 ヒジをまっすぐにサーブを打つことがポイントになります。 ヒジが曲がると打点が低くなり、ボールに体重がしっかりのせることができません。 また打った後、手の先が丸く下を向くぐらい強くスナップを効かせると、勢い良くドライブ回転のかかったサーブが打てるようになります。 ボールの回転 ただ強く打つだけではボールは工ンドラインを越えてしまいます。 強い前回転(ドライブ回転)をつけることでボールの落下が早くなり、サーブをコート内へコントロールできる。 何度もドライブサーブを打って、サーブの角度と力の入れ方などを工夫してできるまで練習をしてみましょう。 最後まで読んでいいただきありがとうございます。 関連記事.

次の