東海 汽船 株主 優待 券。 東海汽船(9173)|株主優待|商品・サービス|株のことならネット証券会社【auカブコム】

東海汽船(9173)、株主優待の内容を変更!株式併合と単元株式数の変更によるもので、割引券がもらえる優待内容と利回りは変わらず|株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2020年]|ザイ・オンライン

東海 汽船 株主 優待 券

教養・娯楽• 乗り物 事業内容 伊豆七島への離島航路を運航し、船舶の大型・高速化による効率化を推進中。 大型船舶貸切など新規営業にも力を入れる。 2020年に大型船1隻とジェットフォイル1隻を新造する予定。 企業URL 市場 東2 業種 海運業• 株主優待 ご注意事項• 本ページの株主優待情報の作成にあたっては、各種の信頼できると思われる情報源から作成しておりますが、ご案内の株主優待の内容に関し、変更等が加えられる場合があります。 最新の株主優待情報は各上場会社のホームページ等にてご確認ください。 権利落日の取引所基準価格は、前日終値から1株当たりの予想配当金額分だけ理論上値下がります。 ただし実際の株価は他の変動要因に左右されます。 必ずしも理論通り株価が下がるとは限りません。 権利落日以降に買付しても、株主優待を受ける権利は得られません。 株主優待の権利を取得するにあたり、権利確定日における株式の保有だけでなく、保有期間、保有株数等の条件が付随する場合があります。 権利付最終日に一般信用取引の売建玉を保有されている場合、配当落調整金の支払いが発生する場合がございます。 貸株サービスをご利用の場合、権利付最終日の前営業日23:00までに「取得する」と設定しておくと株主優待を取得できます。 自動優待取得設定は利用せず、お客さまご自身で返却申込の指示をする場合は、権利付最終日の15:30までに手続きすれば株主優待を取得できます。 ただし、貸株にせず自動優待取得設定のみ設定をしている株式を権利付最終日に貸出した場合には、権利付最終日の前営業日23:00までに自動優待取得設定を「取得する」と設定してあったとしてもその月の株主優待の権利を取得することが出来ません。

次の

東海汽船(9173)の株主優待紹介

東海 汽船 株主 優待 券

教養・娯楽• 乗り物 事業内容 伊豆七島への離島航路を運航し、船舶の大型・高速化による効率化を推進中。 大型船舶貸切など新規営業にも力を入れる。 2020年に大型船1隻とジェットフォイル1隻を新造する予定。 企業URL 市場 東2 業種 海運業• 株主優待 ご注意事項• 本ページの株主優待情報の作成にあたっては、各種の信頼できると思われる情報源から作成しておりますが、ご案内の株主優待の内容に関し、変更等が加えられる場合があります。 最新の株主優待情報は各上場会社のホームページ等にてご確認ください。 権利落日の取引所基準価格は、前日終値から1株当たりの予想配当金額分だけ理論上値下がります。 ただし実際の株価は他の変動要因に左右されます。 必ずしも理論通り株価が下がるとは限りません。 権利落日以降に買付しても、株主優待を受ける権利は得られません。 株主優待の権利を取得するにあたり、権利確定日における株式の保有だけでなく、保有期間、保有株数等の条件が付随する場合があります。 権利付最終日に一般信用取引の売建玉を保有されている場合、配当落調整金の支払いが発生する場合がございます。 貸株サービスをご利用の場合、権利付最終日の前営業日23:00までに「取得する」と設定しておくと株主優待を取得できます。 自動優待取得設定は利用せず、お客さまご自身で返却申込の指示をする場合は、権利付最終日の15:30までに手続きすれば株主優待を取得できます。 ただし、貸株にせず自動優待取得設定のみ設定をしている株式を権利付最終日に貸出した場合には、権利付最終日の前営業日23:00までに自動優待取得設定を「取得する」と設定してあったとしてもその月の株主優待の権利を取得することが出来ません。

次の

東海汽船(9173)の株主優待紹介

東海 汽船 株主 優待 券

2019年版の東海汽船の株主優待が届きました。 昔から、ダイビングや旅行で伊豆七島へよく行くので少しずつ株を買い増しして現在は6000株の保有となっています。 (全航路の全等級) (但し7月8月は25%割引) 株主優待割引を利用する場合は乗船2ヶ月前より電話予約が可能です。 上記のとおり 株主優待を利用するのが一番お得になります。 特に 高速ジェット船の利用や 特等や1級の客席を利用時はかなりの割引額になります。 もう1つのお得な利用法 伊豆七島に旅行するには大変お得な優待券ですが、旅行しないときには使い切れずに余ってしまうことがありますね。 そんなときは オークション等を利用するのもいいと思います。 実はかなりの高値で取引されています。 年により差がありますが、ここ数年は 有効期限が(4月~9月)までのものは 700~900円 有効期限が(10月~3月)までのものは 300~500円 程度で取引されています。 オークション等を活用することで使い切れなくて捨ててしまうという心配は無くなりますね。 利回り• 配当利回り 0. 98%) 八丈島などの遠い島や1等や特等に利用するとさらにお得です。 8%) このように優待券をうまく活用するとかなりの高利回りとなります。 これからの季節、静かな島でのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。 それでは楽しい株主優待生活を。 よろしかったらご覧ください。

次の