鬼 滅 の 刃 暗殺 教室 夢 小説。 鬼滅の夢小説300users入り (きめつのゆめしょうせつさんびゃくゆーざーずいり)とは【ピクシブ百科事典】

「鬼滅の刃」原作完結に炭治郎役・花江夏樹&禰豆子役・鬼頭明里も感慨

鬼 滅 の 刃 暗殺 教室 夢 小説

概要 二次創作内容に準じたタグであること 漫画『』の二次創作において、orが登場する『』作品のうち、 小説作品につけられるタグ。 このタグを追加することの是非 このタグの利点は、タグ編集者の主観によるところが大きい他の多くの評価タグと違い、ブックマーク数という明確な基準を基にしてpixiv内で評価されている作品を探すことができる事にある。 一方、作品の内容によらずブックマーク数のみを基準とするため、検索の際はキャラクター名等のキーワードを併用、あるいはマイナス検索をすることで目的の作品に辿りつきやすくなる。 感想タグやネタタグと比較して検索の利便性が高いが、ブックマーク数の増加に応じて入れ替える必要がある。 なお、タグの用法等は変化するおそれがあり、編集の煩雑化を避けるため詳細はの項に委ねる。 夢以外の鬼滅の刃他小説users入りタグ 腐向け作品()については「 腐滅の刃小説〇〇users入り」 鬼滅の夢小説users入りタグ一覧 鬼滅の夢小説300users入り 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-08-13 18:00:00• 2020-08-13 17:00:00• 2020-08-12 19:00:00• 2020-08-12 18:00:00• 2020-08-12 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-08-13 19:27:38• 2020-08-13 19:25:49• 2020-08-13 19:25:24• 2020-08-13 19:24:38• 2020-08-13 19:24:19 新しく作成された記事• 2020-08-13 19:22:03• 2020-08-13 19:18:54• 2020-08-13 19:17:21• 2020-08-13 19:15:28• 2020-08-13 19:00:33•

次の

鬼滅の夢小説300users入り (きめつのゆめしょうせつさんびゃくゆーざーずいり)とは【ピクシブ百科事典】

鬼 滅 の 刃 暗殺 教室 夢 小説

「久しぶりだね、渚くん、善逸くん。 」 にんまりと笑いヒラヒラと手を振る男。 E組の皆は知ってる人と知らない人がいるみたいだけど…大抵は知ってるようだった。 まぁそりゃ知ってるよね、有名だし。 だってこの人____ ちょーーーーイケメンなんだよ!!! え?有名な問題児?ヤンキー?なにそれ、美味しいの?? あ、ちなみにこの赤い頭の青年の名前は赤羽業くん。 頭も運動神経も良くって本当ならE組みたいな落ちこぼれに来るはずないんだけど…まぁ大方また問題でも起こしたんだと思う。 それにしてもさぁ、ほんっとイケメン!まじ顔面分けてくんないかな。 「業くん……久しぶり…だね」 ぎごちなく笑う渚くん。 いやだ、何この子、可愛い。 ………あれ?俺ってこんなキャラだっけ。 やべぇ、キャラ崩壊してきてるわ。 きっと最近タコとか筋肉ダルマとか女たらしとかイケメンとか……忙しいことが多かったから疲れてるんだよねっ! …とまぁとりあえずそんなことは置いといて。 目の前の転入生__って言っていいのかわかんないけど__に向き直りニッコリ笑う。 それはもう盛大な作り笑顔で。 「……どちら様でしょうか。 」 「…は?」 こんなイケメンの知り合いは一人で結構です!!! いや、前世の人は俺以外みんなイケメンだったくね?……え、悲し。 「……善逸くn「おい、次は俺様の授業だ、遅れんじゃねーぞ、特に我妻ッァ!」 業くんがなんか話しかけようとしてきたけどあの筋肉ダルマのクソデカボイスで聞こえなかったわ。 「って、なんでおれぇ?!」 最近宇髄さんが俺への八つ当たりが酷い。 勝負負けたからって大人気ねぇっ……。 これって体罰になると思うんだけど…え、訴えたら勝てるんじゃね?嫁三人俺のお嫁さんになるんじゃね? とか妄想してたらなんかいつの間にか皆に置いてかれてた。 そうだよね…俺ぼっちだもんね…… 「たぁんじろおおお!!おれぼっちいいいい」 そう叫んでから俺は教室を出たのであった。 てか美術なのになんで宇髄さんは爆弾なんて持ってた……え?あの人美術教師だよね?! 何しでかすかわかんねぇし早く行かねーと!! ___その時、俺は宇髄さんの爆弾に気を取られて気がついていなかった。 まだ教室に業くんが残っていたことを。 「タンジロウ……って誰だろう。 」 教室にはクスッ、と悪巧みする子供のような声が少しだけ漏れていた。 [newpage] 美術の時間。 事件は起こった。 「ねぇねぇ、善逸くん。 宇髄せんせーとはどういう関係?」 そんな業くんの問いかけからである。 「あ、それ俺も気になってた!!」 前原くんが盗み聞きしてたのか…そうやって話に入ってきては他の生徒達も俺に群がってくる。 うわ、もしかして俺今めっちゃ人気者じゃね?!……とか呑気に考えてたから業くんの "企み" なんて気が付かなかった。 いつもなら音で聞き取れるのに。 「え…あー、いや、前も言ったけど遠い親戚で……」 「ホントにー?親戚なのに苗字で呼ぶの?」 「あー…いや、それは……」 やべぇ、それは確かに。 親戚なのに苗字呼びは確かに可笑しいかも……。 っていやいやいや!!流されるな、善逸!ここで流されたらあの派手柱の部下ってことがバレる!!それだけはぜーーーーったい嫌!! 「おい…授業真面目に受けねぇとは…いい度胸してんなァ、我妻……」 「ひぇっ?!ってなんでおれぇ?!」 クックックッとほんとに教師なのか問いたくなるレベルで殺人鬼な笑いを零す宇髄さんに爆弾投げられまくったのはほんとに意味不明。 第一作戦__失敗。 ----------------- 「善逸くんって……弱いの?」 体育の時だ。 また業くんが俺に話しかけてきた。 ほんと何?新手のいじめ?! 「弱いって……なにが?」 「いや、だって…ナイフもろくに扱えてないみたいだし、銃も全然。 ……おまけにこの程度で疲れてるみたいだしさ。 」 うおっ、もしかしてこれが煽られる、ってこと??今煽られてんの?……そういえば業くんってそういうの得意そうだもんなぁ…… ふっふっふー。 でもね、業くん……君の登場は少し遅かったようだよ……。 「いやぁ、俺弱くってさぁ!運動も勉強もできないとかほんとだめだよなー!」 前回の宇髄さんで学習したんだよ、イケメンに煽られても乗らないってな!! 第二作戦__失敗。 ---------------- 「善逸くん料理できな__っ?!」 「今度はどーしたの?業くん。 」 多分料理できないとか雑魚だねー(ちょっと盛った)とか言おうとしたんでしょうとも。 …残念だったな赤羽業!! こちとら毎朝毎晩……当番制で兄貴と料理作ってんだよお!! 「え、なにこれすご!!なにしたらこんなことになるの?!」 今日家庭科で作る予定だったのはハンバーグ。 「ぬるふふふふ!凄いですね、我妻くん。 花丸です!!」 でもあの殺せんせーですら花丸くれる出来だよ?凄くね?! 「で?どーしたの、業くん。 」 「あー……いや、なんでもない……。 」 第三作戦__失敗。 ---------------- その後、業くんは他の授業でもちょっかいかけてきたけど見事華麗に交わした俺!!ほんと褒めて!! ……で、やっと帰れる、と放課後だったはずなんだけどなぁ… なんで業くん崖から飛び降りようとしてんの?! [newpage] 業side 今日一日色々挑んでみたけどどれも失敗に終わった。 どうやら最初のどちらさまでしょう事件は冗談だったみたいだけど…。 前に見たありえない速度の走り、今朝聞いた知らない名前、渚くんから聞いた宇髄先生との勝負……善逸くんは気になるところが多すぎる。 「え、ちょ…業くんなにやってんのお?!」 バタバタと俺に近寄ってきては慌てた様子。 こうしてみると俺より全然劣ってるように見えるのに……ちょっとムカつく。 「うわ、ごめんね?!ウザかった?謝るから怒んないで!!」 口に出てたのか?善逸くんは何故か俺が怒ってる、って分かったらしい。 「別に怒ってないよ?……それよりさぁ、善逸くん。 」 「いや、怒ってる音が………まぁいいか……うん、何?」 音、というのも気になったけどそれはまた今度聞けばいいや。 …いや、聞けるかすら分かんないけど。 「善逸くんは俺を救ってくれる?」 「………は?」 あー…やっぱりちょっと怖いな。 今下見るとか絶対無理だ。 …あ、でも驚いた顔でしかもどうしようか慌ててる善逸くんの顔は面白いからいいや。 ……ね、善逸くんは崖から落ちた俺をどうする? 「……っぶなぁー……!」 は? 「何してんの?!業くん!!」 気づいたら元の崖上に立っていた。 え?俺……飛び降りたはずなんだけど。 もう助けられたの? 周りを見てもあの殺せんせーとかいう生物はいないし…。 「ほんと…俺が助けなかったらどうするつもりだったんだよぉ…」 心底安心した、とでも言うように胸撫で下ろす善逸くん。 「どう……やったの……?」 「え?……内緒。 」 本当に善逸くんは……面白い子だ。

次の

鬼滅の刃~胡蝶家の鬼~

鬼 滅 の 刃 暗殺 教室 夢 小説

俺、我妻善逸は前世鬼を斬る鬼殺隊だった。 めちゃくちゃ怖いし、俺弱いのになんか死なねーし、気づいたら鳴柱なんて呼ばれてるし。 とにかくもうめちゃくちゃな人生だった。 でもそれなりに楽しかったんだ。 今まで一人だったから俺を拾ってくれて家族にしてくれたじいちゃん、初めての友達、好きな人___ それはもう充実してたと思う。 最後だって覚えてないけど多分きっと…とっても幸せだった。 [newpage] 「起立」 ザッ、と音を立てて一斉に皆が立ち上がる。 教卓の前に経つのは服を着た……黄色いタコみたいな未確認生物? 「れい!!」 潮田渚くんの声で教室内は銃声が鳴り響く。 っていっても本物の銃なんかじゃないけど。 ちなみに耳のいい俺は俺はうるさいから耳栓してる。 「………ですねぇ」 今日はやけに聞き取りずらくね?と思ったら耳栓をつけっぱなしだった。 キャッ、恥ずかし。 「くぅっ!全然当たんねぇ!!」 前原くんがそう言ってはやけくそにもう一発その未確認生物に打つけど勿論当たらない。 「ぬるふふふふ、そんな玉じゃ当たりませんよ〜」 なんとも気色の悪い笑い方だなぁ、と何度聞いても思うその声に思わず頬が引き攣る。 え?俺の笑い声も気持ち悪い?え、何言ってんの。 「なぁ、我妻も不正だと思うよなぁ?」 一人で会話してるうちに前の席の前原くんが俺に話しかけてきた。 やっべ、聞いてなかった。 「え…あぁ…うん、不正だと思う……?」 なんで疑問形?なんて問われたけど笑って誤魔化した。 どうやらあまりの速さを不正だと言いがかりつけてたらしい。 勿論前原くんもその目で見てるんだから冗談で言ってるだけだが。 そろそろこの未確認生物の説明をしようか。 冒頭で話した通り俺は鬼を斬る鬼殺隊で鳴柱なんてものもしていた。 そしてなんでかコロッ、と死んだ俺は__ 椚ヶ丘中学校、3年E組の我妻善逸に転生したのだ。 記憶を取り戻したのは一年の頃だけどな。 ちなみに今世もじいちゃんに拾われた。 ちゃんと獪岳もいる。 まぁ前世と違うのは獪岳が俺に優しい…ってことか。 んで、なんで転生したらこんな未確認生物をBB弾で撃ってるかってのはどうやらコイツ、月を破壊した犯人なんだとか。 それに来年には地球も破壊するからとか。 それなのに自らこうやって教室に現れるとか正直……え?コイツあほじゃね?俺よりバカなん?とか思ったりした。 実際のところ速すぎて触手一本すら撃ててないんだけどさぁ。 でも俺は割と周りより驚かなかった。 なんせ前世の記憶持ちだし。 これでも元鬼殺隊の柱だし。 正直こんな馴れ馴れしい未確認生物なんかよりあの読めない鬼舞辻無惨の方が怖いっていうか…あと見た目的にも鬼の方が断然怖い。 だって俺はコイツを殺さないといけないけどコイツは地球を破壊する、って言ってるっちゃ言ってるけどまだ先だし、それまでは俺に危害与えないんだったらチョロくね?って話。 まぁ鬼より速いのが厄介だけど本気出したら割と殺せる気がする。 「殺せるといいですねぇ、卒業までに。 」 ぬるふふふふ、とまた気色の悪い笑い方すると教室を出ていく。 次は体育だから多分職員室でエロ本でも漁るのかな、なんて考える。 「……いや、ケーキか。 」 音的にやらしい、というよりお腹すいた時の音に近いなぁ、と思わず声に出る。 「どったの、我妻。 」 「んぇ?…あー、…いや、なんでもない。 」 またまた前原くんに話しかけられるけど首を振って誤魔化す。 決めたのだ。 今世は平々凡々に生きると。 だから今のところ前世みたいに気絶だって、煩く騒いで目立ったりなんてしてない。 髪は変わらず金髪だけど幸いみんなカラフルだから割と薄れてる。 つまり今世は……俺、ちょー影薄いの!!! 泣き虫っていじめられることないしやったね。 まぁ寺坂くんとか…不良いるのは怖いけど。 [newpage] 「じゃあ今日も訓練を始める。 」 そう言って目の前で話のは烏間先生。 なんか凄い強い人らしい。 話聞いてなかったから忘れたけど。 皆が汗水垂らしながら訓練する中俺も程よく疲れたように見せかけてた。 そう、見せかけてた。 大事なことだから二回言ったんだよ? 俺、これでも前世は柱なわけ。 呼吸の仕方は覚えてたし記憶取り戻した途端鍛え始めたんだよねー。 まぁそれまでじいちゃんが刀の稽古付けてくれてたからそほど苦じゃなかったし。 だから今は完全柱の時と実力は変わらないと思う。 まぁ戦闘したことないから分かんないけど。 だからこの程度の訓練で汗かくほどやわじゃないんだよね。 …まぁ目立たず平凡に過ごしたいから演技してるけど。 「我妻。 」 「え?!…あ、はい、なんでしょー」 「君は本当に……」 烏間先生に話しかけられた時だった。 どこか懐かしいような、でも会いたくなかったような、そんな音。 「ド派手に遅刻したぜ!!!」 昔みたいにだっさい化粧はしておらずそのままの色男の姿。 「ッはぁぁぁ?!なんで派手柱が!!!」 多分今世一番驚いたかもしれない。 いや、だって炭治郎達よりもさきにこの人に会うとは思わなかったし…。 ちなみにいつも比較的大人しいキャラ演じてる俺の大声聞いて知らない男よりも俺の方が注目浴びていた。 「知り合いか?」 また気にかけて前原くんが話しかけてくるがどうやって誤魔化そう…。 「あ?…あー…テメェ我妻じゃねぇか!」 チラッ、とこっちを見た男が俺の名を呼ぶ。 これで知り合いじゃない、なんて言えなくなった。 はい、最悪!! 「あ、えーと……」 「宇髄、我妻を知っているのか?」 宇髄__そう呼ばれた男は俺を見たあと頷いた。 そう、コイツは元音柱、宇髄天元である。 「……まぁいい。 とりあえず自己紹介しろ…」 ため息混じりに烏間先生がそう言うと「宇髄天元、今日から美術担当だ!」と叫んだ。 ---------------- 「ねぇねぇ、あの人誰なの?」 昼休み、俺の周りには可愛い女子が沢山集まっていた。 ……理由はあの男のせいだけど。 「いや…えーと、……遠い親戚…てきな?」 あはは、と笑いつつ。 くっそ、せっかく話しかけてもらったのに話題が他の男の話とか!!キィィィッ!! 「おい、我妻!!」 バーーん!!と思いっきり扉開けられ入ってきたのはあの筋肉ダルマ。 「げっ……」 「お前……鍛えてないのか?」 こいつの言葉借りるならド派手に入ってきやがった。 …とか置いといて。 来てそうそうなんだ、この質問。 「だから、呼吸、使えねーのか?」 じっ、と俺を見つめて離さない。 …うわー、こんなに見られるならイケメンじゃなくて美女がよかったー…せめて男なら渚くんがよかったわぁ… 「……っては?呼吸?」 「いや、テメェの話聞いたら烏間が平凡だって言うからよ。 」 あ、そういうこと。 どうやら宇髄さんは俺が呼吸を使えなくてこんな平凡に育ってる、と思ってるらしい。 いや、それなら別にそのまま平凡に暮らせるしいっか……とか思ったよ、俺も。 「つかえますけどぉぉ?!」 いや、だってイケメンに負けてらんねーじゃん……? [newpage] 「ほらよ。 」 そう言って投げてきたのはいつも使ってるへにょへにょのナイフなんかじゃない。 しっかりとした刀だった。 「キャッ?!なんでそんなの……」 本物だってしって女子が俺を心配してくれてるのかこっちを見てる。 え、まじ?嬉しすぎて気絶しそーだわ。 あ、ついでに殺せんせー__あの未確認生物の名前__や烏間先生も心配そうに見てる。 「これで俺と勝負しろ。 」 「……アンタ伊之助と似てバカだと思ってたけどほんとに伊之助に似てるなぁ…」 勝負しろ!!とかいって突進してたかつての仲間思い出す。 「はぁ?あんな猪野郎と一緒かよ」とか言ってるの無視しつつ。 「…じゃ、女の子に心配かけんのもあれだからさっさと終わらせるわ」 「おうおう、さっさとこい。 」 こうして始まった戦いは__一瞬にして決着着いた。 「あれ?宇髄さんそんな弱かったっけ」 カチャッ、と音を立てて宇髄さんの首に刃を少しだけ当てる。 「…逆だろ、なんで我妻はそんなに強くなってんだ…」 「言ってませんでした?俺これでも鳴柱やってたんですよ?」 それは知ってる、とか言いつつ心底悔しそうに「ド派手に負けたぜ!」とか言ってる。 …いや、悔しそうなのか?これは。 周りはポカン、と俺と宇髄さんを見つめてた。 あまりにもあっさり決まったからだ。 烏間先生や殺せんせーまでポカン、としてる。 「………あ"ーーー!!やっちまったああああ!!!」 ここで気付く。 俺が "平々凡々と生きようとしていた" ことに。 すっかり忘れてた。

次の