コロナ 心不全。 コロナで他界しても死亡診断書に、心不全、あるいは、

心不全患者にCOVID

コロナ 心不全

コロナは神経にも影響 感染すると肺に大きな損傷を与える新型コロナウイルス。 しかし、実際には、肺だけでなく、内臓や足の指先、脳内にいたる全身に深刻な損傷を与える。 国内で発生した事例はショッキングだ。 「3月に山梨県で新型コロナに感染した20代男性が髄膜炎を発症し、コロナから回復して退院したのちも、この1〜2年間の記憶を失った事例がありました。 そのケースでは、コロナが脳に達して脳炎を引き起こした可能性が指摘されています。 埼玉県の60代男性も5月に集中治療室から出たのち、目は開いているけれど意識がもうろうとする『せん妄』を発症しました」(全国紙社会部記者) 新型コロナが直接脳に影響を及ぼす可能性は、海外でも指摘されている。 英ケンブリッジ大学で神経科学を研究するエド・ブルモア教授は、英インディペンデント紙(5月26日付)の取材に、新型コロナの患者には精神病の「気分障害」と「認知障害」が多くみられると主張した。 ブルモア教授はSARSのデータなども踏まえて、記憶障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病、不安、不眠症などの精神医学的後遺症が、新型コロナから回復したのち数年先まで続く可能性があるとも語った。 日本でも同様の指摘がある。 「自治医科大学附属さいたま医療センターの医師の調査では、新型コロナで退院した患者の25%にPTSDやうつなどの精神症状が生じました。 入院中の記憶が突然よみがえる『フラッシュバック』などの症状もみられたそうです」(前出・全国紙社会部記者) 新型コロナに感染して「右足」を失ったのは、ブロードウェイで活躍するアメリカ人俳優ニック・コーデロ氏だ。 4月上旬、集中治療室で治療を受けていたコーデロ氏の右足に異変が生じ、つま先への血流がストップした。 さらに改善のため投薬された抗凝血剤が腸内出血を引き起こし、コーデロ氏は右足切断を余儀なくされた。 悲劇を生むもととなったのは、血の塊である「血栓」だ。 「新型コロナは血管の内側の細胞に侵入し、血を固めて血栓をつくります。 その血栓が脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし、突然死を招く可能性があります。 コーデロさんの場合、右足に血栓ができて片足切断に追い込まれました」(現地在住のジャーナリスト) オランダの医師らの研究では、新型コロナに感染して集中治療室に入った患者184人のうち、31%に血栓を伴う合併症がみられた。 「新型コロナから回復したのちでも、血が固まりやすく、血栓が生じやすくなっている可能性があります。 また危険な血栓を放置すると、肺炎の症状が治まっても数日から数か月の間に血栓が障害を起こす可能性も指摘されています。 後遺症として脳梗塞や心筋梗塞などを発症する恐れもあり、充分な警戒が必要です」(医療ジャーナリスト) 血栓は年齢に関係なくできやすいとされるので、すべての世代で注意が必要となる。 腎臓への影響も懸念される。 独ハンブルクで行われた研究では、新型コロナ感染者の臓器のうち、肺に次いで影響を受けたのは腎臓だった。 「アメリカでは、新型コロナの重症患者の2〜4割が、後遺症として急性腎不全を発症すると報告されています。 また、重度の腎障害がある患者が感染すると、長期的な影響を受けると指摘されています」(前出・現地在住のジャーナリスト) 肺炎を併発しやすい人や、腎臓に持病のある人ほど、後遺症のリスクが高くなるというわけだ。 新型コロナの初期症状として知られる味覚や嗅覚の障害が、回復後にも続く可能性がある。 「新型コロナが味覚や嗅覚を感じ取る細胞を殺してしまうと、その再生には数か月かかるケースがあるとされます。 実際に新型コロナに感染した都内の30代女性は、退院後も1か月以上にわたって味覚や嗅覚障害が残りました」(全国紙社会部記者) 重度から軽度まで、幅広い後遺症の心配がある新型コロナ。 何も症状がなかったからといって、自分には関係ないと思ってはいけない。

次の

心臓病・心不全の方へ 新型コロナウイルスの重症化リスクと注意点

コロナ 心不全

感染症も慢性心不全の急性増悪の原因となります。 特に感染症の中でも呼吸器感染症が心不全の急性増悪を引き起こしやすいといわれています。 心不全の急性増悪の原因のひとつは、普段の安静時に体が必要とする酸素の需要以上に酸素需要が増えて、それを満たすために心臓が過度に頑張らなければならない状態が続いて破綻するというものがありますが、感染はこれに該当します。 感染すると全身の代謝が上がりますので、それに伴って普段よりも多くの血流が必要とされ、心臓は前負荷を増やしてそれに対応しようとします。 また、心拍数が上昇することも後負荷を増大させますが、心拍数 100-120bpm程度であれば、それほどこれだけで後負荷が増加するというほどではなく、全体の心拍出量を上げようとする反応として許容されると考えられます。 ただ、感染の時には、心不全になりにくいような変化も起こります。 感染症になると炎症性のサイトカインが増加します。 この炎症性のサイトカインは末梢血管に作用して血管の抵抗性を減弱させます。 そのため、多少頻拍になっても後負荷は相対的に減少することが多いと思います 感染で血圧が下がるのは原因の一端になります また、サイトカインは血管から組織への水の浸透性を上げることで、組織の浮腫を悪化させます。 静脈圧が同じでも、浸透性が高ければそれだけ間質へ水は移動しますので、間質浮腫は悪化します。 このため静脈の血液流が減りますので、これも感染の時に血圧が下がる原因となります つまり、感染は意外に、前負荷と後負荷を減少させる効果もあるので、酸素需要の亢進はありますが、肺うっ血などの心房圧上昇による心不全の増悪は起こしにくいといえます。 多くの心不全患者に起こる感染症では、全身の体浮腫が起こりますが、心不全によるものか浸透性の亢進による浮腫かはなかなかわからないことがあります。 感染か、心不全による浮腫かを見極めるのに一番簡単なのは、心エコーで下大静脈径を確認することです。 心不全で血圧が低くて頻拍で、浮腫といわれて紹介されても、下大静脈が虚脱していることがあります。 これは実は心不全ではなく、心機能が悪い人が感染で、血管の透過性亢進による浮腫とそれによる前負荷の不足で血圧の低下と頻拍状態になっているときがあります。 こういう時には多少の輸液が必要です。 輸液しても、しばらく尿は出ませんが、血行動態は落ち着きます。 また、感染が抗生剤などで押さえられ始めたら解熱とともに、血管の浸透性が正常化し始め、自然と利尿が得られます。 このように感染の時には、心不全が増悪しにくいとはいえ、やはり酸素需要の亢進状態が続けば心臓が頑張り続けて、破綻するか、利尿が減ることもあり、水を蓄えて心不全の増悪へ進んできます。 あと、輸液をしすぎてしまうと、心不全が増悪する原因になることもあります。 また、下気道感染 肺炎など は少し違います。 下気道感染はダイレクトに肺の血管の透過性を亢進させて、たいして静脈圧が高くないにもかかわらず肺うっ血から肺水腫をきたしたり、呼吸不全から酸素の供給低下で心不全を増悪させたりするために、これだけは肺水腫中心としたいわゆる左心の後方不全を中心とした心不全の増悪となります。 特に、CODP 慢性閉塞性肺疾患 を合併しているようなときには、呼吸不全から不穏やパニックがさらに循環の不全を助長します 安静に比べて酸素需要を大きく増加させる ので、治療として鎮静薬などの使用も必要になります。 この心不全の治療の時の麻薬・鎮静薬の特徴と使用方法は別途お話しします。 また、感染が心筋自体に起こると心筋炎といわれる状態になりますが、これは別にお話ししたいと思います。 KenzyN.

次の

心臓病・心不全の方へ 新型コロナウイルスの重症化リスクと注意点

コロナ 心不全

しかし、実際には、肺だけでなく、内臓や足の指先、脳内にいたる全身に深刻な損傷を与える。 国内で発生した事例はショッキングだ。 「3月に山梨県で新型コロナに感染した20代男性が髄膜炎を発症し、コロナから回復して退院したのちも、この1~2年間の記憶を失った事例がありました。 そのケースでは、コロナが脳に達して脳炎を引き起こした可能性が指摘されています。 埼玉県の60代男性も5月に集中治療室から出たのち、目は開いているけれど意識がもうろうとする『せん妄』を発症しました」(全国紙社会部記者) 新型コロナが直接脳に影響を及ぼす可能性は、海外でも指摘されている。 英ケンブリッジ大学で神経科学を研究するエド・ブルモア教授は、英インディペンデント紙(5月26日付)の取材に、新型コロナの患者には精神病の「気分障害」と「認知障害」が多くみられると主張した。 ブルモア教授はSARSのデータなども踏まえて、記憶障害、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、うつ病、不安、不眠症などの精神医学的後遺症が、新型コロナから回復したのち数年先まで続く可能性があるとも語った。 日本でも同様の指摘がある。 「自治医科大学附属さいたま医療センターの医師の調査では、新型コロナで退院した患者の25%にPTSDやうつなどの精神症状が生じました。 入院中の記憶が突然よみがえる『フラッシュバック』などの症状もみられたそうです」(前出・全国紙社会部記者) 新型コロナに感染して「右足」を失ったのは、ブロードウェイで活躍するアメリカ人俳優ニック・コーデロ氏だ。 4月上旬、集中治療室で治療を受けていたコーデロ氏の右足に異変が生じ、つま先への血流がストップした。 さらに改善のため投薬された抗凝血剤が腸内出血を引き起こし、コーデロ氏は右足切断を余儀なくされた。 悲劇を生むもととなったのは、血の塊である「血栓」だ。 「新型コロナは血管の内側の細胞に侵入し、血を固めて血栓をつくります。 その血栓が脳梗塞や心筋梗塞を引き起こし、突然死を招く可能性があります。 コーデロさんの場合、右足に血栓ができて片足切断に追い込まれました」(現地在住のジャーナリスト) オランダの医師らの研究では、新型コロナに感染して集中治療室に入った患者184人のうち、31%に血栓を伴う合併症がみられた。 「新型コロナから回復したのちでも、血が固まりやすく、血栓が生じやすくなっている可能性があります。 また危険な血栓を放置すると、肺炎の症状が治まっても数日から数か月の間に血栓が障害を起こす可能性も指摘されています。 後遺症として脳梗塞や心筋梗塞などを発症する恐れもあり、充分な警戒が必要です」(医療ジャーナリスト) 血栓は年齢に関係なくできやすいとされるので、すべての世代で注意が必要となる。 腎臓への影響も懸念される。 独ハンブルクで行われた研究では、新型コロナ感染者の臓器のうち、肺に次いで影響を受けたのは腎臓だった。 「アメリカでは、新型コロナの重症患者の2~4割が、後遺症として急性腎不全を発症すると報告されています。 また、重度の腎障害がある患者が感染すると、長期的な影響を受けると指摘されています」(前出・現地在住のジャーナリスト) 肺炎を併発しやすい人や、腎臓に持病のある人ほど、後遺症のリスクが高くなるというわけだ。 新型コロナの初期症状として知られる味覚や嗅覚の障害が、回復後にも続く可能性がある。 「新型コロナが味覚や嗅覚を感じ取る細胞を殺してしまうと、その再生には数か月かかるケースがあるとされます。 実際に新型コロナに感染した都内の30代女性は、退院後も1か月以上にわたって味覚や嗅覚障害が残りました」(全国紙社会部記者) 重度から軽度まで、幅広い後遺症の心配がある新型コロナ。 何も症状がなかったからといって、自分には関係ないと思ってはいけない。

次の