グレイシア 育成 論。 【ポケモン剣盾】グレイシアの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

グレイシアの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

グレイシア 育成 論

グレイシアの歴史 第四世代 高いから繰り出される一致で、たとえでダメージを軽減してもがのポケモンを1撃で倒せるため、やのメタとしては最適であった。 後手で行動するための最低限の耐久力を持っているのも旨味であった。 当時はとして覚えるみずのはどうがサブウエポンとして存在していたのでにもそこまで苦労せず、さらにシグナルビームをプラチナの教え技で覚えたため技範囲はそれほど狭くなかった。 実際ポケモンリーグ2007中学生以上の部福岡地区準優勝のパーティにエントリーされるなど、使用実績を残しており、WCS2008静岡県予選優勝という実績も残した。 WCS2009日本大会グループBのFINALステージでは8人中1人が使用しており、そのプレイヤーが準優勝を果たしていた。 ダブルバトルでは後出ししたが受け切れないほどの火力を発揮した。 例として、を持たせたグレイシアのてだすけ込みのは、による威力分散込みであってもにを全振りしてに4振りしたいじっぱりメタグロスに最低乱数で54. 第五世代 、などの既存のドラゴンポケモンが第四世代と変わらず勢いを保っていた他、やといった新規のドラゴンも台頭し、メタを張る相手が増えた。 一方、、、などの強力なのアタッカーが増え、後手から強力な一致れいとうビームを打つというグレイシアの強みを発揮することがしづらい場面が増えた。 としてを獲得するが、より耐性と種族値配分が優秀なに及ばなかったのが難点。 この世代のダブルバトルは霰パ全盛期であったため、相手のにただ乗りしてやを活かすのもアリであった。 因みにBW期にはシグナルビーム、みずのはどうといったサブウエポンは過去作限定となったため、育成面ではやや苦労するようになった。 だが、のおかげで好きなタイプで最大威力のめざめるパワーを搭載することは容易であったため、そこまで苦労はしなかったか。 尤も、アタッカーにするなられいとうビームorふぶき、こおりのつぶて、めざめるパワー(ほのお)が確定レベルで採用され、あくびの採用も無理が無いグレイシアにとってその手のサブウエポンは根本から必要性が高くはないとも言える。 BW2でシグナルビームは教え技として復活したが、流石にその頃になるとシグナルビームの不採用がざらになっていった。 第六世代 の仕様変更により、アイスボディによるは実質上消滅。 また、の威力下方修正によっても弱体化。 何よりや、に上から叩かれるケースが激増したのが痛い。 そうでなくとも素早さの種族値65というのはこちらが先手を取られるとでを撒かれるよりも低く、こちらが先手を取るとで受けてくるよりも高い、という環境的に絶妙に恵まれないライン。 その2体には抜群を取られるのでなおさらキツかった。 この世代になるとメガシンカの登場などもあって、相対的に見てもグレイシアの一致れいとうビーム程度では弱点を突ける対面でもなければ大きなアドバンテージとは言えなくなり、単純なところではを獲得したにドラゴンメタとしては見劣りした。 一方、で見ると、そのや隠れ特性のなどが登場していることで、を作ることは第五世代よりも自由になった。 弱点が多く鈍足なグレイシアに適したも登場しており、特にでは上を取った相手の攻撃を耐えてから、上がった特攻で下からを打って大ダメージを与えることができるようになった。 PGLレーティングバトル統計データからは、XYリーグシングルバトル前半シーズンだと、、、が主流技構成であり、後半はミラーコートがに代わった構成がメインであったとうかがえる。 ORASリーグシングルバトルでは概ねXYリーグシングルバトル前半シーズンの技構成が踏襲されていた。 は違和感なくフルアタック構成にできることからが好まれ、性格は火力が出るが最大母数となった。 との同時採用もざらであった。 でも単体では微妙だが、相性補完要因となるやがORASでを獲得しており、バシャーモのメガシンカも一般解禁された。 このように、サイクル目線で言うと強化されている。 第七世代 の登場やへの通常特性ゆきふらし追加などから、ゆきふらし自体がゆきふらし持ち自身へのサポートとして利用される風潮が漂い、自体が時代遅れになっていった。 さらにやの登場などの普及によりドラゴンメタとしても顧みられなくなった他、何よりフェアリーによる技の需要増加と登場により役割破壊されるケースがさらに増加したことで、防御面がますます悪化した。 種族値、特性、単体構成などグレイシア自身どれを取っても後手に回りやすいこともあって、第六世代よりも立場は悪くなった。 この世代になるとの超火力に対処できるように型が増え、奇襲性を上げるために型を使用するケースも多く見られるようになった。 代わりには採用率に陰りが見えている。 その他の単体構成は特に変わっていない。 第八世代 がから削除された代わりに、念願の対策であるを獲得。 これによって天敵であるやに4倍弱点をつけられるようになった。 更にダイマックスを用いてメインウェポンを使用すれば、攻撃しつつあられ状態を作れるため、どちらの特性も天候役なしで生かすことが出来る。 天候の上書きに注意は必要だが、環境にが多いこともあって総じて大きく強化されたと言える。 主流技構成としては、、、というものがあり、第七世代で廃れかけていた型が勢いを取り戻した。 環境で流行するヌオー、には強い。 また、ミラーコートの枠をこごえるかぜに替えて火力のみの構成にするケースも珍しくなく、そのような技構成とシナジーの強いとけないこおり型もこの世代では有用。 これらの技以外にも、シャドーボールを用いるケースもある。 単に安定した技であり、攻撃範囲が広がるからという理由もあるが、ダイマックスして使えば、防御を下げることが出来る。 これを利用して、耐久型のポケモンの耐久力を削いで場から追い出したり、3ターン耐え切られても後続の物理型ポケモンのためのサポートになるなど、何かと役に立つ。 を考慮するなら型が推奨。 耐久ベースののにを合わせて受けを崩すという運用法も存在する。 この場合、無振りアーマーガア抜きの素早さ実数値88以上には調整したいところ。 シリーズ3シーズン4でが解禁されると、ラプラス対策として候補に挙がった。 回復手段のある高耐久のポケモンでラプラスを受け、しびれを切らしたラプラスがを放ってきたところにぜったいれいどに無効耐性を持つグレイシアを合わせるというのが、この頃のグレイシアの使い方。 何なら半減耐性を活かしてを回復ソースにラプラスの前で居座るのもアリ。 シリーズ4シーズン7でが解禁されると、所謂「HS」振りの最速じゃくてんほけん 型が、対面で両者した場合に殴り勝てることが判明。 一般的な育成論 種族値に優れており、タイプの中では禁止伝説やメガシンカを含めても(170)、(132)に次いで3番目に高いとされる。 それらを除けば初登場して以来現在もが最も高いポケモンである。 ・種族値も高めなものの、が低いために物理耐久&特殊耐久は高くなく、こおり単体故に耐性が少ないなど基本ステータスは余り良くない。 覚える特殊技もそれほど多くなく、高い特攻をあまり活かしきれないのも難点か。 や及びその進化形のみで構成されたパーティでの採用が普通。 霰パの場合はが上がる特性のを有効活用できる。 それ以外のパーティに入れるなら、、、タイプなど、タイプに弱いポケモンをカバーする形で採用したい。 第七世代まで 攻撃技はかがメイン。 鋼タイプに有効なの炎・地面も有効。 ふぶきをメインにする場合これだけで十分なことも多い。 技スペースが余れば・が採用されるくらいか。 他には、、先制技のや相手の素早さを下げて先手を取りやすくするなど。 グレイシアは攻撃がかなり低いので、こおりのつぶては基本的に相手の潰し。 補助技は・・・・・等候補は多い。 特性のゆきがくれとの相性が良いも有効。 の場合は火力を追求したが性格のメインだが、、にして耐久面を充実させるのもアリ。 努力値は素早さが低いので、耐久力を底上げかつ高い特攻で攻めるために基本HPと特攻に極振りするパターンが多い。 耐久型にする場合は、HPに極振りして物理面か特殊面のどちらかに対応するかに応じて調整すると良いだろう。 性格をにして、最速にするパターンもある。 その場合のはLv50で128で、を持たせると192まで跳ね上がる。 性格をすばやさに振っていない相手ならほぼ追い抜けるので、意表をつける。 ただし、ふぶきを使うなら、あられによるサポートを他のポケモンにお願いしなければならない。 ダブルバトルなら込みで上から動けるおくびょう、比較的遅い素早さを活用してによって下から動けるれいせいが性格としては二番手クラスの地位にある。 第八世代以降 念願のを獲得したことでみずタイプの弱点をつけるようになり、動きやすくなった。 さらにこれによってやに4倍弱点をつけられるようになったのも大きい。 メインウェポンは、、のうち2つを選ぶ。 この理由は後に解説する。 サブウェポンは、を没収されたため、実用性があるのはのみとなってしまった。 そのためメインウェポンを2つ選ぶ理由がこれである。 ただし、ダイマックスを使用する場合は意外にもも採用候補になる。 ダイマックス時の威力は90とそれほど高いとは言えないものの、弱点であるほのお、はがね、いわタイプに対抗できるため、採用の余地がある。 のを剥がす目的で尚且つ前提であれば、も候補に入る。 ののダウンの効果だけでも使えればよいためである。

次の

グレイシア|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

グレイシア 育成 論

管理人がプレイしているのはソードバージョンです。 こんにちは!ユウキ()です。 今回は、 グレイシアのオススメ育成論について紹介していきたいと思います。 環境ポケモンにドラゴンタイプが多い中、こおりタイプのグレイシアは、 ブイズの中でも比較的使いやすいポケモンです。 グレイシアを育成予定の人は、よかったら参考にしてみてください。 【グレイシアのオススメ育成論】弱保ドラゴンキラー型 Lv50 実数値 種族値 努力値 個体値 HP 167 65 212 31 A 72 60 0 31 B 134 110 28 31 C 168 130 140 31 D 116 95 4 31 S 111 65 124 31 製作者 さん A=こうげき B=ぼうぎょ C=とくこう D=とくぼう S=すばやさ :タイプ【こおり】 :特性【ゆきがくれ】 天候があられの時、相手ポケモンのわざの命中率が0. 8倍になる。 シュートシティのバトルタワーで、20BPと交換して入手できます。 :覚えさせるわざ• フリーズドライ• こごえるかぜ• こおりのつぶて• ミラーコート 弱保ドラゴンキラー型グレイシアの使い方 火力不足なのが玉にキズですが、環境のドラゴンタイプと相性が良く、ダイアイスであられを降らせばタスキ対策にもなります。 オノノクスとサザンドラは、 「こごえるかぜ」で素早さを1段階下げてやれば、 次のターンで先制を取りフリーズドライで倒せます。 なおじゃくてんほけんが発動すれば フリーズドライで確定1発です。 他にも ドリュウズのアイアンヘッドに1発耐えることができるため、フリーズドライを2発食らわすことが可能。 ちなみにかえんほうしゃを使われた場合は、じゃくてんほけんのフリーズドライで確定1発です。 ミラーコートは、トゲキッスにエアスラッシュを使われた場合などに便利ですが、お好みで変更しても良いでしょう。 また、特性が 「ゆきがくれ」なので、 ダイアイスで一発逆転を狙うことも可能です。

次の

【ポケモン ソード&シールド】グレイシアの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

グレイシア 育成 論

初めまして、エルンと申します。 XYの際に1度投稿したきりで、久しぶりすぎて論に抜けがあるかもしれません… 後、文章が長くなり過ぎないようにダメージ計算は少なくしております。 希望・間違いがあれば追加・修正しますので教えてください。 この育成論はHABCDSの略称を使用します。 計算したポケモンは全て理想個体6Vで計算してます。 ダメージ計算はダメージ計算Zとダメージ計算SSを使用しております。 グレイシアとは イーブイにこおりのいしを使用して進化するポケモンです。 特攻・防御・特防が高いもののHPとすばやさが低いので先に攻撃されて倒される事も多く、こおりタイプの弱点がサブウェポンでよく使われてるので選出しにくいマイナーポケモンになっております。 努力値の詳細と持ち物 調整案1• H244・・・奇数振り• B76・・・A252スカーフの頑丈顎エラがみを最低乱数以外耐え(6. C0・・・ダイアイス(130)でDMを確定2• ただ調整案1より火力が落ちますので注意して下さい。 持ち物・・・とつげきチョッキで 普段は受け切れない特殊攻撃を耐えれるようになります。 運用方法 主に先発か死に出しで出していきます。 特殊相手に対してはミラーコート、相性によってはフリーズドライとれいとうビームで等倍〜弱点を狙って攻撃していきます。 ただ、攻撃技がこおりタイプかミラーコートしかありませんので、物理のほのおタイプやはがねタイプ等が非常に苦手です。 他にもバンギラスやヒヒダルマ・ミミッキュ等はほぼ勝ち目がありませんので、注意して運用してください。 主な役割対象 グレイシアで役割を遂行しやすい相手を載せましたので参考程度にご覧下さい。 役割で表示しているポケモンのダメージ計算は出しております。 ミラーコートで反射する対象 等• フリーズドライでダメージを狙える水タイプ 等• 氷弱点の相手(状況次第でダイマックスに) 等 [注意点]• はダイマックスされるとフリーズドライで大ダメージは狙えるものの、倒すのは厳しいです。 もダイマックスされるとこちらのダイアイスで大ダメージを与えれますが、確定で倒せずに弱点保険が発動してしまいます。 は型がスカーフとメガネ型のどちらも多くいますので、初手はフリーズドライよりミラーコートが安定します。 特性について 今回はゆきがくれを確定欄にしております。 どちらもダイアイスで発動して、それぞれ良いところがありますのでお好みでお選び下さい。 ゆきがくれ・・・天候が霰になった際に技の命中が0. 8倍になります。 ダイマックスになるとフリーズドライがダイアイス(120)にミラーコートがダイサイコ(100)に変化する為、倒せる相手の範囲が非常に狭くなってしまいます… もしダイマックスを使用するなら以下の場合にオススメします。 サザンドラと対面した場合• 初手ドリュウズと対面して手持ちにドリュウズに対抗できるポケモンが居なかった場合• 調整案2でトゲキッスと対面した場合 本来は氷技を半減する水タイプに対して弱点に変える特殊な氷技。 この技により一部の氷等倍ポケモンが4倍ダメージになり大ダメージを与える事ができます。 無振りウオノラゴン(165. 100) 280-336 確定1 169. 6-203. 90) 312-372 確定1 186. 8-222. 116) 168-196 確定2 81. 1-94. 65) 108-127 乱数1(12. 4-101. 6-153. H196D4ギャラドス(195. 121) 232-280 確定1 118. 9-143. 121) 確定2 59. 4-71. 95) 150-176 乱数1(43. 0-107. 110) 128-152 確定2 76. 1-90. 93) 152-180 確定2 70. 6-83. 127) 110-132 確定2 70. 0-84. 7-99. 3-53. 9-91. 7-98. 3-83. 2-73. 9-81. 7-98. 7-98. 4-88. 7-74. 9-94. 9-91. 7-98. 9-25. 4-29. 8-58. 1-60. 3-70. 1-38. 8) 48. 8-58. この育成論を見てグレイシアに興味を持ってもらえると嬉しいです。 ミラーコートを採用するのであれば、下手に躱してしまってそれを警戒されかねない「ゆきがくれ」ではないほうがいい場面もあるのではないでしょうか。 特性について追記させていただきました! またダイマックスの使用についても追記致しました。 ただ、アイスボディもダイマックス時に受けたダメージ次第では回復してもう1撃耐えるようになる可能性もありますので、どちらも良さがあるという事にして特性の項目に書かせていただきました。 とても面白い型で環境にグレイシアが居ないのもあり 刺さることが多く、とても良いなと思いました。 色違いで夢特性ではないイーブイをどうしようか迷っていましたが ゆきがくれでも使いやすいこちらのグレイシアを愛用させていただいております。 グレイシアの技範囲を見て諦めていましたが使ってみようと思います。 個人的にウェザーボールがオシャレで好きです。 あられを降らせるポケモンは必要ないですよ! このグレイシアはよく選出されるポケモンを対面時に出来るだけ倒せるように調整しております。 あともう一つなのですがこのグレイシアはトゲキッス相手にできますかね?環境に多い特殊アタッカーをあげるとキリがないですがキッスはおそらく最上位に当たると思うので考察してほしいです。 弱保持ちが多いので処理が難しいポケモンですし。 長文失礼しました。 グレイシア愛がとても感じられて良い育成論だと思います。 組ませたらいいポケモンですね、考えて良さそうなポケモンが居たら載せますね! それとトゲキッスですが、難しいですね… ダイマックスにならなければ対面でも勝ち目はありますが、ほとんどのキッスはダイマックスになると思いますので… この型でトゲキッスは見ない方がいいかと思います。 ダメ計をだしておきますね! それと違う型のグレイシアを考えておりまして、そちらなら対トゲキッスもできる予定です。

次の