アンヴァル 宮城 戦。 金鹿ルナクラを引き継ぎなしでプレイpart12【ep19,20】│SpicaBlog

【ファイアーエムブレム風花雪月 プレイ日記16】騒がしいストーリー感想【1週目クリア】

アンヴァル 宮城 戦

1では「1月(守護の節)始まり・12月(星辰の節)終わり」で示していましたが、DLCで追加されたアビス書庫の『暦の謎』で「月」と「節」が異なるものであることが明確に示されたため、Ver. 0以降では「大樹の節(4月)始まり・孤月の節(3月)終わり」で示すことを目指します。 これにより、一部の時系列順に変更が生じる可能性があります。 ご了承ください。 パラレルワールドとして扱われていることから、本編とは異なる時系列として記述する。 [chapter:1. 物語開始以前] 1 神話の時代 ------------------------------------------------------- 前41年 聖セイロス、アンヴァルに出現。 セイロスの信徒によってセイロス聖教会が組織される。 ------------------------------------------------------- 元年4月1日 ヴィルヘルム=パウル=フレスベルグ、セイロスの支援を受けアドラステア帝国を建国。 アンヴァルを首都と定める。 ------------------------------------------------------- 32年 皇帝ヴィルヘルム、フォドラ統一を目指し挙兵(英雄戦争、~98年)。 ------------------------------------------------------- 46年 アドラステア帝国軍、ネメシスら氏族の連合軍と戦い大勝する(グロンダーズの会戦)。 ------------------------------------------------------- 91年 アドラステア帝国軍、ネメシスら氏族の連合軍と戦い勝利。 ネメシス戦死(タルティーンの会戦)。 ------------------------------------------------------- 98年 第2代皇帝リュカイオン1世崩御。 アドラステア帝国の拡張止まる。 ------------------------------------------------------- 185年12月25日 ガルグ=マク大修道院落成。 四使徒はフォドラ各地に離散。 ------------------------------------------------------- 2 フォドラ三国の成立 ------------------------------------------------------- 721年 西方よりダグザ軍が襲来、アドラステア帝国軍が撃退する(第一次ミアハ戦役)。 ------------------------------------------------------- 728年 アドラステア帝国軍、ブリギット諸島を征服(ブリギット侵攻)。 ------------------------------------------------------- 731年 アドラステア帝国軍、ブリギットを足掛かりにダグザへ侵攻するが撃退される(ダグザ侵攻)。 ------------------------------------------------------- 747年 帝国貴族ルーグ、独立を求めファーガス地方で挙兵(ファーガスの乱または鷲獅子戦争)。 ------------------------------------------------------- 751年 ルーグら独立軍、帝国軍に大勝(タルティーンの戦い)。 セイロス聖教会の仲裁により、ファーガス地方はファーガス神聖王国として独立。 ルーグ、初代国王となる。 ------------------------------------------------------- 786年ごろ 帝国の城塞都市アリアンロッド完成。 帝国貴族ローベ家、アリアンロッドを含む所領ごと王国に臣従し王家より伯爵位に叙される。 ------------------------------------------------------- 801年 帝国領のレスター地方で内乱勃発(レスター大乱)。 帝国軍が鎮圧に失敗し、神聖王国がレスター地方を制圧し領土とする。 ------------------------------------------------------- 861年 ファーガス国王クラウス1世崩御。 3人の王子がそれぞれ大公となって王国領を分割統治する。 ------------------------------------------------------- 881年 レスター大公崩御。 レスター地方、大公の後継者を定めず諸侯の共同統治体制を目指す(三日月戦争)。 ------------------------------------------------------- 901年9月8日 リーガン公爵家を中心とするレスター諸侯同盟領が成立。 ------------------------------------------------------- 961年 パルミラ軍、フォドラの喉元を突破し同盟領に侵攻。 帝国軍も加勢し撃退する(パルミラ襲来)。 このことがガルグ=マク大修道院に士官学校が付設されるきっかけとなる。 ------------------------------------------------------- 1066年ごろ 帝国領内にて反乱勃発。 南方教会の司教が反乱に関与したとされ、皇帝によって追放される。 ------------------------------------------------------- 1101年 同盟・王国・帝国が協働しフォドラの喉元に要塞「フォドラの首飾り」を築造する。 ------------------------------------------------------- 3 ベレト/ベレスの時代 ------------------------------------------------------- 1124年1月26日 ギュスタヴ、ドミニク男爵家に誕生(後のギルベルト)。 ------------------------------------------------------- 1129年2月8日 ハンネマン、帝国貴族エッサー家に誕生。 ------------------------------------------------------- 1135年12月1日 アロイス、商家ランゲルト家の次男として誕生。 ------------------------------------------------------- 1139年 シトリー(ベレト/ベレス生母)誕生。 ガルグ=マク大修道院の修道女として成長する。 ------------------------------------------------------- 1140年 トマシュ、コーデリア家の推挙でガルグ=マク大修道院に出仕。 ------------------------------------------------------- 1146年 アロイス、ジェラルトの従者となる。 ------------------------------------------------------- 1152年9月15日 カサンドラ、カロン家の息女として誕生(後のカトリーヌ)。 ------------------------------------------------------- 1153年 ホルスト、ゴネリル家の長男として誕生。 1153年7月6日 バルタザール、レスター地方の領主アダルブレヒト家の長男として誕生。 生母は山岳民族クパーラの出身。 ------------------------------------------------------- 1155年3月27日 シャミア、ダグザで誕生。 ------------------------------------------------------- 1157年 帝国貴族マルトリッツ男爵病死。 妊娠中の妻はバルテルス男爵と再婚。 1157年5月27日 メルセデス、帝国バルテルス男爵家に誕生。 実父はマルトリッツ男爵。 ------------------------------------------------------- 1158年 マヌエラ、ミッテルフランク歌劇団に入団。 メルセデスの弟エミール、帝国バルテルス男爵家の嫡子として誕生。 メルセデスとは異父兄弟にあたる。 ------------------------------------------------------- 1159年9月? ベレト/ベレス、ジェラルトの子として誕生。 生母シトリーは死亡。 大司教レア、シトリーを埋葬したと偽り遺体をアビスに隠匿。 ------------------------------------------------------- 1159年 ハンネマン、帝国内の紋章学の権威となる。 アロイス、騎士に任ぜられる。 1月15日 ハピ、ティモテの隠れ里で誕生。 ------------------------------------------------------- 1159年10月 ジェラルト、火災を利用しベレト/ベレスの死を偽装する。 後にベレト/ベレスを連れ修道院を出奔。 ------------------------------------------------------- 1160年4月17日 ヒューベルト、ベストラ侯爵の長男として誕生。 6月5日 シルヴァン、ゴーティエ辺境伯の次男として誕生。 8月12日 ユーリス、フォドラ西部の貧民街で街娼の子として誕生。 8月21日 レオニー、サウィン村の猟師の娘として誕生。 3月20日 コンスタンツェ、ヌーヴェル子爵家の長女として誕生。 6月13日 ローレンツ、グロスタール伯爵家の長男として誕生。 8月31日 ドゥドゥー、王国ダスカー地方で鍛冶屋の長男として誕生。 9月29日 ドロテア、帝国貴族とその侍女の間に誕生。 ------------------------------------------------------- 1162年 セテス、大司教補佐としてガルグ=マク大修道院に招かれる。 2月3日 ヒルダ、ゴネリル公爵の長女として誕生。 4月30日 フェルディナント、エーギル公爵家の長男として誕生。 5月18日 ラファエル、商家キルステン家の長男として誕生。 6月22日 エーデルガルト、アドラステア皇帝イオニアス9世の四女として誕生。 生母はアランデル公フォルクハルトの妹パトリシア。 7月24日 クロード、パルミラ王の子として誕生。 生母はリーガン公爵家の長女ティアナ。 11月23日 マリアンヌ、レスター地方の領主の娘として誕生。 12月12日 ベルナデッタ、ヴァーリ伯爵の長女として誕生。 12月20日 ディミトリ、ファーガス国王ランベールの長男として誕生。 ------------------------------------------------------- 1163年1月4日 イングリット、ガラテア伯の長女として誕生。 後にフラルダリウス公爵嫡子グレンと婚約。 2月20日 フェリクス、フラルダリウス公爵の次男として誕生。 3月14日 イグナーツ、商家ヴィクター家の次男として誕生。 5月9日 アネット、王国騎士ギュスタヴの長女として誕生。 7月1日 カスパル、ベルグリーズ伯爵令息の次男として誕生。 10月17日 アッシュ、ガスパール領の酒場の子として誕生。 11月7日 リンハルト、ヘヴリング家の長男として誕生。 ------------------------------------------------------- 1164年 ハンネマンの妹、病死。 ハンネマン、帝国貴族の爵位を返上。 帝国の女魔道士コルネリア、王国へ移住。 ファーガス王国に疫病が流行し王妃(ディミトリ生母)が病死。 疫病を鎮めたコルネリア、王家付きの魔導士となる。 9月7日 ペトラ、ブリギット王の孫娘として誕生。 ------------------------------------------------------- 1165年 ハンネマン、帝国を出奔。 ガルグ=マク士官学校教師となる。 ガルグ=マク士官学校において灰狼の学級が創設される。 2月28日 リシテア、コーデリア伯爵家の長女として誕生。 10月25日 ツィリル、パルミラ西部の集落で誕生。 ------------------------------------------------------- 1167年 帝国貴族フリュム家の内乱。 フリュム家内乱に関与したコーデリア家、帝国の内政干渉を受ける。 ヒューベルト、エーデルガルトの従者となる。 メルセデス、母と共に帝国バルテルス男爵家を去り、王国東部の教会に身を寄せる。 以降、マルトリッツ姓を名乗る。 ------------------------------------------------------- 1168年 ベルグリーズ伯爵、引退。 カスパルの父が伯爵位を継承する。 フェルディナント、ミッテルフランク歌劇団でマヌエラの公演を初めて観劇する。 ハピ、ティモテの隠れ里から出たところを何者かに攫われ、魔道の実験台となる。 バルタザールとホルスト、ヒルダを庇いフォドラの喉元の魔物を撃退。 ------------------------------------------------------- 1169年 カスパルとリンハルトが出会い、以降親交を深くする。 ------------------------------------------------------- 1170年代初頭 王国ガラテア伯領で大飢饉。 ------------------------------------------------------- 1170年 ツィリル、フォドラとの戦いで両親を失う。 ゴーティエ辺境伯と「北方の民」スレンの争いが止む。 ------------------------------------------------------- 1171年 七貴族の変。 アドラステア皇帝イオニアス9世、貴族らに権能を剥奪される。 エーギル家、帝国の実権を掌握。 皇女エーデルガルト、伯父アランデル公に連れられ生母パトリシアと共にファーガス王都フェルディアへ亡命。 ヒューベルト、亡命したエーデルガルトの後を追うも父の手勢に連れ戻される。 ドロテア、ミッテルフランク歌劇団に入団。 カサンドラ(後のカトリーヌ)、ガルグ=マク士官学校を卒業。 ------------------------------------------------------- 1172年 トマシュ、ガルグ=マク大修道院書庫番を辞しコーデリア家に戻る。 バルタザール、ガルグ=マク士官学校に入学し金鹿の学級に在籍。 シュヴァリエの紋章の継承が判明するが秘匿。 同年、卒業。 ------------------------------------------------------- 1173年 王国ガスパール領主ロナート、アッシュを見出し養子とする。 バルタザール、アダルブレヒト家の当主となるも、すぐに弟に家督を継承。 ------------------------------------------------------- 1174年 エーデルガルト、伯父アランデル公と共に帝国へ戻る。 レオニー、ジェラルトと出会い傭兵を志す。 マヌエラ、歌劇団を退団。 ガルグ=マク士官学校の教師となる。 アランデル公、セイロス聖教会へ最後の寄進を行う。 ユーリス、ローベ伯爵に見出されその養子となる。 ------------------------------------------------------- 1175年 ダグザ・ブリギット連合軍、アドラステア帝国西岸ヌーヴェルに上陸(ダグザ・ブリギット戦役)。 ペトラの父、戦死。 帝国軍の勝利。 ペトラ、ブリギットの帝国への従属の証として帝国へ移送される。 シャミア、傭兵として戦役に参加しフォドラに残留、セイロス騎士団に入団する。 ベルナデッタ、この頃引きこもり始める。 コンスタンツェ、ダグザ=ブリギット戦役にて両親はじめ一族、爵位、領地を失う。 帝国外務卿ゲルズ公、ダグザよりドローミの鎖環を譲り受ける。 ------------------------------------------------------- 1176年 帝国男爵家バルテルス家で当主を始め一族の不審死が多発。 嫡男エミールが犯行を疑われるが失踪する。 マリアンヌ、同盟領エドマンド辺境伯の養女となる。 ダスカー地方にてファーガス国王ランベールとその従者らが弑逆さる(ダスカーの悲劇)。 王妃(後妻)パトリシア、行方不明となる。 若年の王子ディミトリに代わり国王の実兄にあたるイーハ大公リュファスが摂政となる。 フラルダリウス公嫡子グレン戦死。 王国軍によるダスカー半島征伐。 ドゥドゥー、肉親を失い、ディミトリの従者となる。 カサンドラ、国王殺害の嫌疑をかけられ、大司教レアに匿われる。 セイロス騎士団に入団し、以降カトリーヌを名乗る。 ガスパール城主ロナートの嫡子クリストフ、セイロス騎士団によって処断さる。 コンスタンツェ、単身フェルディアに転地し、魔道学院に入学。 ハピ、解放されファーガスの教会で暮らす。 ------------------------------------------------------- 1177年 ファーガス国王付騎士ギュスタヴ、妻子を捨て失踪(セイロス騎士団に入団)。 アネット、伯父ドミニク男爵の元に身を寄せる。 ゴーティエ辺境伯嫡子マイクラン、廃嫡される。 リーガン公(クロードの母の弟ゴドフロア)と商家キルステン夫妻、魔物に襲われ死亡。 前リーガン公爵オズワルド、後継者不在のため公爵位に復帰。 ツィリル、従軍中に捕らえられ、ゴネリル家の使用人となる。 コンスタンツェ、魔道学院を卒業しガルグ=マク士官学校に入学。 ------------------------------------------------------- 1178年 ディミトリは将として、フェリクスは従騎士として王国西部の反乱鎮圧に赴く。 アネット、王都の魔道学院に入学し、優秀な成績を修め、メルセデスと親交を深める。 ローレンツ、王都の魔道学院に入学するも、王国の政情変化の影響を受け魔道学院を中退。 ツィリル、大司教レアに見出され、ガルグ=マク大修道院にて働き始める。 ユーリス、ガルグ=マク士官学校に入学し青獅子の学級に在籍。 騒動を起こして除籍されアビスの住人となる。 ------------------------------------------------------- 1179年 クロード、リーガン公爵の嫡子として公表される。 ラファエル、財産を売却して商家を畳み、騎士を志す。 フレン、ガルグ=マク大修道院にて暮らし始める。 トマシュ、ガルグ=マク大修道院に再出仕。 バルタザール、賞金稼ぎから逃れるためアビスの住人となる。 ハピ、セイロス騎士団により発見され、アビスに収監される。 ------------------------------------------------------- 1180年 ドロテア、歌劇団を一時退団する。 士官学校生徒モニカ、失踪。 4月 エーデルガルトら生徒、ガルグ=マク士官学校に入学。 4月20日 ベレト/ベレス、ガルグ=マク士官学校生徒らを救出。 大司教レア、ベレト/ベレスを士官学校教師、ジェラルトをセイロス騎士団団長として招く。 ------------------------------------------------------- [newpage] [chapter:2. 物語開始後] 白雲の章 ------------------------------------------------------- 1180年 4月 生徒ら、ガルグ=マク士官学校に入学。 4月20日 ベレト/ベレス、帝国領内ルミール村にて盗賊を撃退し三級長を救出。 大司教レア、ベレト/ベレスを士官学校教師、ジェラルトをセイロス騎士団団長として招く。 6月 王国領にてガスパール領主ロナートの反乱。 6月30日 ベレト/ベレス、マクドレド街道において担当学級生徒やセイロス騎士団とともにロナートを討伐。 セイロス聖教会、西方教会司教らの処刑を決定。 7月26日 死神騎士ら、聖廟を襲撃。 ベレト/ベレス、担当学級生徒とともに死神騎士らを撃退し「天帝の剣」を獲得する。 マイクラン、ゴーティエ辺境伯爵家より「破裂の槍」を盗み出す。 枢機卿アルファルド、死亡。 8月31日 ベレト/ベレス、担当学級生徒とともにコナン塔のマイクランを討伐し「破裂の槍」を奪還。 9月 6日 フレン、失踪。 30日? ベレト/ベレス、大修道院地下道において担当学級生徒とともにフレンとモニカを発見。 ガルグ=マク士官学校教師イエリッツァ失踪。 10月 モニカ、黒鷲の学級に復帰。 27日 グロンダーズ鷲獅子戦。 11月 帝国領内ルミール村の村人が奇怪な行動を起こし始める。 トマシュ、ガルグ=マク大修道院より姿を消す。 25日 ベレト/ベレス、担当学級生徒とともに狂乱するルミール村の村人たちを救出。 トマシュ(ソロン)、ルミール村にて正体を現す。 12月26日 ガルグ=マク大修道院内旧礼拝堂にて魔獣出現。 ジェラルト、モニカ(クロニエ)に討たれる。 ------------------------------------------------------- 1181年 1月31日 ベレト/ベレス、クロニエと戦う。 ソロン、クロニエを生贄に「ザラスの闇」にベレト/ベレスを封ずる。 ベレト/ベレス、神祖の力を獲得し担当学級生徒とともにソロンを撃破。 2月 エーデルガルト、ヒューベルトとともに帝都アンヴァルに戻る。 イオニアス9世より戴冠を受け、新皇帝として即位。 エーデルガルト、宰相エーギル公・教務卿ヴァーリ伯らを罷免し皇帝親政の体制を整える。 ヒューベルト、実父である宮内卿ベストラ候を暗殺し自らが後継となる。 29日 炎帝、メトジェイらを率い聖墓を襲撃。 ベレト/ベレスら、担当学級生徒ともにメトジェイを討ち帝国軍を撃退する。 エーデルガルト、セイロス聖教会に対し開戦を宣言。 3月31日 帝国軍、大修道院を攻撃し陥落せしめる。 大司教レアとベレト/ベレス、乱戦の中で姿を消す。 生徒ら、ガルグ=マク士官学校を出て故郷に戻る。 ------------------------------------------------------- 翠風の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 フェルディア政変。 イーハ大公リュファス殺害さる。 女魔道士コルネリア、王子ディミトリを処断しファーガス神聖王国を滅ぼす。 王国の支配地域をファーガス公国として引き継ぐ。 ディミトリ、逃亡し生存。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院でクロードら元生徒たちと再会。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 ガルグ=マク籠城戦。 金鹿の学級の元生徒らおよびセイロス騎士団、ガルグ=マク大修道院にて挙兵。 打倒帝国と大司教奪還を掲げ共同戦線を張る。 2月28日 同盟・騎士団軍、アリルの谷にて同盟貴族ダフネル家の援兵を得る。 ファーガス公国のローベ伯軍と交戦しグェンダルを討つ(アリル奇襲戦)。 3月31日 同盟・騎士団軍、ミルディン大橋を占拠(ミルディン大橋の戦い)。 帝国近衛隊長ラディスラヴァと同盟貴族アケロンを討つ。 4月30日 グロンダーズ平原において、帝国・王国・同盟の三勢力が三つ巴となり争う(グロンダーズ平原の戦い)。 同盟・騎士団軍の勝利。 元王子ディミトリが戦死し、旧王国残党軍は壊滅。 5月31日 同盟・騎士団軍、パルミラに援軍を要請しメリセウス要塞を攻める(メリセウス攻防戦)。 同盟・騎士団軍が勝利するも、「光の杭」により要塞は壊滅。 6月29日 同盟・騎士団軍、帝都アンヴァルを制圧(アンヴァル潜入戦)。 ヒューベルト戦死。 ドゥドゥー、アンヴァルに姿を現す。 同盟・騎士団軍、アンヴァルの宮城に攻め入る(アンヴァル宮城戦)。 ベレト/ベレス、皇帝エーデルガルトを討つ。 同盟・騎士団軍、宮城を占拠し大司教レアを救出する。 7月31日 同盟・騎士団軍、シャンバラを攻める(シャンバラの戦い)。 タレスら闇に蠢く者たち(アガルタの民)、壊滅。 大司教レア、重傷を負う。 8月 1日 ネメシス復活の報がガルグ=マク大修道院に届く。 31日 同盟・騎士団軍、ネメシス軍に勝利(フォドラ解放戦)。 ------------------------------------------------------- ベレト/ベレス、フォドラ統一王国の初代国王として即位。 クロード、パルミラへ去る。 ------------------------------------------------------- 蒼月の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 フェルディア政変。 イーハ大公リュファス殺害さる。 女魔道士コルネリア、王子ディミトリを処断しファーガス神聖王国を滅ぼす。 王国の支配地域をファーガス公国として引き継ぐ。 ドゥドゥー、身代わりとなりディミトリを逃亡せしめる。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1182年 ディミトリ、旧王国領各地に進駐する帝国軍将兵を殺害し始める。 アッシュ、主家ローベ伯爵家の帝国臣従に反発し下野。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院でディミトリら元生徒たちと再会。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 ファーガス旧王国軍およびセイロス騎士団、ガルグ=マク大修道院を攻囲する帝国軍を撃退(ガルグ=マク籠城戦)。 帝国将軍ランドルフを捕縛し斬首する。 2月28日 旧王国・騎士団軍、アリルの谷にてフラルダリウス公爵家の援兵を得る。 ファーガス公国のローベ伯軍と交戦しグェンダルを討つ(アリル奇襲戦)。 3月31日 旧王国・騎士団軍、ミルディン大橋を占拠(ミルディン大橋の戦い)。 帝国近衛隊長ラディスラヴァと同盟貴族アケロンを討つ。 (条件を満たしていた場合、ドゥドゥー合流) 4月30日 グロンダーズ平原において、帝国・王国・同盟の三勢力が三つ巴となり争う(グロンダーズ平原の戦い)。 旧王国・騎士団軍の勝利。 皇帝エーデルガルトと盟主クロード、負傷。 ロドリグ死亡。 5月31日 旧王国・騎士団軍、旧王都フェルディアを奪還(王都奪還戦)。 女魔道士コルネリア戦死。 6月30日 旧王国・騎士団軍、レスター諸侯同盟の領都デアドラを救援(デアドラ救援戦)。 アランデル公フォルクハルト戦死。 クロード、レスター諸侯同盟の解散を宣言。 7月31日 旧王国・騎士団軍、メリセウス要塞を奪取(メリセウス攻防戦)。 8月30日 旧王国・騎士団軍、帝都アンヴァルを制圧(アンヴァル総力戦)。 ヒューベルト戦死。 アンヴァルの宮城にて最後の戦い。 ディミトリ、皇帝エーデルガルトを討つ。 ------------------------------------------------------- ディミトリの即位により、ファーガス神聖王国が復興。 ベレト/ベレス、レアの跡を継ぎ大司教となる。 ------------------------------------------------------- 銀雪の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 フェルディア政変。 イーハ大公リュファス殺害さる。 女魔道士コルネリア、王子ディミトリを処断しファーガス神聖王国を滅ぼす。 王国の支配地域をファーガス公国として引き継ぐ。 ディミトリ、逃亡し生存。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院で元生徒たちと再会。 エーデルガルトと離別する。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 ガルグ=マク籠城戦。 黒鷲の学級の元生徒ら及びセイロス騎士団、新生軍としてガルグ=マク大修道院にて挙兵。 打倒帝国と大司教奪還を掲げ共同戦線を張る。 2月28日 新生軍、アリルの谷にて同盟貴族ダフネル家の援兵を得る。 ファーガス公国のローベ伯軍と交戦しグェンダルを討つ(アリル奇襲戦)。 3月31日 新生軍、ミルディン大橋を占拠(ミルディン大橋の戦い)。 帝国近衛隊長ラディスラヴァと同盟貴族アケロンを討つ。 4月30日 グロンダーズ平原において、帝国・王国・同盟の三勢力が三つ巴となり争う(グロンダーズ平原の戦い)。 帝国・王国・同盟の各勢力に甚大な被害。 皇帝エーデルガルト・盟主クロード負傷。 元王子ディミトリ戦死。 5月 2日 ガルグ=マク大修道院の新生軍、グロンダーズ平原の戦いの詳報を得る。 31日 新生軍、メリセウス要塞を攻める(メリセウス攻防戦)。 新生軍が勝利するも、「光の杭」により要塞は壊滅。 6月29日 新生軍、帝都アンヴァルを制圧(アンヴァル潜入戦)。 ヒューベルト戦死。 新生軍、アンヴァルの宮城に攻め入る(アンヴァル宮城戦)。 ベレト/ベレス、皇帝エーデルガルトを討つ。 新生軍、宮城を占拠し大司教レアを救出する。 7月31日 新生軍、シャンバラを攻める(シャンバラの戦い)。 タレスら闇に蠢く者たち(アガルタの民)、壊滅。 大司教レア、重傷を負う。 8月31日 最後の戦い。 新生軍、暴走した「白きもの」と枢機卿らを討ち勝利。 ------------------------------------------------------- ベレト/ベレス、フォドラ統一王国の初代国王として即位。 ------------------------------------------------------- 紅花の章 ------------------------------------------------------- 1181年 皇帝エーデルガルト、教会勢力の弱体化とフォドラ統一を目指し軍事活動を進める。 ディミトリ、ファーガス国王として即位。 レスター諸侯同盟において対帝国外交を巡り同盟領内諸侯が対立し、内紛状態となる。 クロード、祖父の死去により正式にリーガン公爵家を継ぐ。 ------------------------------------------------------- 1185年12月 ベレト/ベレス、ガルグ=マク大修道院でエーデルガルトらと再会し帝国軍のフォドラ統一に協力する。 ------------------------------------------------------- 1186年 1月31日 帝国軍、リーガン領都デアドラを制圧(デアドラの戦い)。 2月28日 帝国軍、セテスらセイロス騎士団の侵攻を食い止める(ガルグ=マク籠城戦)。 3月31日 帝国軍、アリアンロッドに籠るコルネリアら王国軍に勝利(アリアンロッド攻城戦)。 4月29日 帝国軍、タルティーン平原において王国軍およびセイロス騎士団を撃破(タルティーン平原の戦い)。 ファーガス国王ディミトリ戦死。 帝国軍、旧王国軍残党と「白きもの」を討ちフェルディアを制圧(フェルディアの戦い)。 ------------------------------------------------------- 皇帝エーデルガルト、フォドラを統一。 ベレト/ベレス、神祖の力を失う。 ------------------------------------------------------- [newpage] [chapter:3. 3 DLC追加要素(灰狼の学級)にまつわる事項を掲載.

次の

ファイアーエムブレム 風花雪月 ルナティック攻略 #29【アンヴァル宮城戦】

アンヴァル 宮城 戦

あくるめくるです。 ひとつの旅が終わりました。 ここは実況的にストーリーについて騒いでいる ネタバレ全開の感情置き場なので、 これからプレイされる予定の方は閲覧非推奨です。 エンディング までのネタバレがあります。 勢いで書いているので、勢いで読んでいただければと思います。 女主人公ベレスを選び、黒鷲の学級( ク )の担任後、教団の手をとりました。 前回 初回• 進軍「アンヴァル宮城戦」 エーデルガルトを討ちました。 あらゆる意味で余裕がなかったので後述します。 手紙の最後、ヒューベルトの語気が荒いのが、つらい。 銀雪の章「光の届かぬ都」 モブの言葉が刺さってる。 聖人に祭り上げないでほしい。 生徒を手にかけたんだから。 「先生、お疲れ様です!本日も異常なしてあります!」 門番……門番〜〜!!門番が生きていてよかった、門番いつもいてくれてありがとう、門番、これから平和にするから……。 ベルナデッタが部屋にいない!!温室にいる。 ベルナデッタとクッキングして心を慰める……!! 「ここで隠し味にこれを……あ、ちょっと、先生、邪魔しないでくださいよお!」 ベルナデッタもしかしてとかしてしまうタイプ?!先生と料理楽しそうって言ってたのに。 シュン。 ドロテアとマヌエラとごはん!! で盛り上がったあとに 「あ、先生、蚊帳の外でごめんなさい」って断りを入れるドロテア好き。 進軍「シャンバラの戦い」 レア、この戦いが終わったら、はやめて。 今話して。 命がけでこっちを守らないで。 言っておきますけど 死なせませんからね?!?!?! 機械の兵?!BGMのエレクトリカルな感じ……。 けっこうあっさり敵勢力を倒してしまったんだけれど、このひとたちのことを詳しく知るためにはエーデルガルトの手をとる必要があるんだろうな。 銀雪の章「夢の跡」 だから、あんまり祭り上げないでよ。 寂しくなるんだって。 「清も濁も」って言う、座学もちゃんとできる子。 「先生と一緒に最後まで戦えて良かったぜ!」って言ってくれると、一緒に戦えて先生も嬉しかった。 「後は、先生が統一王になるだけだよな!」 と、統一王。 いつの間にそんな大それた王の名前が……。 「あんた、本当に王様になるんだったら、この平和を1日でも長く守ってくださいよ」 シルヴァンのマジトーンな言葉をもらってしまった。 王になることについて迷っているって言ったら好感度上がったシャミアが好き。 「あんたの好きにすればいいさ」って言葉が沁みる。 「そろそろレア様を休ませてやってくれよ」 カトリーヌ、本当にレア様を慕っている。 「アンタが王なら文句はないよ」ってカトリーヌに言われるまでになったベレス。 「どちらも困る」で好感度上がるリンハルト〜〜!! 「そうですよねえ」が嬉しい。 「何やかんや先生ならできそうですけど」って言葉、学生時代の 「5年も先生を続けられるか心配」と合わせて考えるとジンと来る。 フェリクスに 「もしお前が王になると言うのなら、その下で働くのも悪くないな」って言われたのすごいびっくりした……。 実力としては申し分ないと思っているってことかい。 あと、もしかしてフェリクスお父様お亡くなりになったの?!あの、お父様が……。 ツィリルがすごいレアを心配している。 レアの後継ぎには興味がなくて、レアが元気になることだけが願いのツィリル、カトリーヌとの差が出ていてしみじみする。 取り乱さず、冷静に後のことも考えているカトリーヌ、やはり大人なんだ……。 「貴殿は貴殿の思うように生きればいい。 ……団長ならば、きっとそう言うはずだ」 アロイス……。 ジェラルトなら言いそう……。 「こうなったら、あなたも独り身でいて。 それであたくしと二人、慰め合いましょ?」 マヌエラ?!なんか前もそんなようなことを言われたような言われてないような……。 せ、先生が一人身って決めつけないでよね!!!!実はお付き合いしている人がいるかもでしょうが!!!!いないけど!!!!今はいないけど!!!! 「ふふっ、胸が痛いですね。 じんわりとした幸せと、失った悲しみが同居しているみたい」ドロテア、先生も、同じ気持ち。 多くを守れたって言った方がいいんだろうけど、エーデルガルトとヒューベルトを手にかけて、守れたなんて言えない。 「これからの世界を守ってください、先生」 それがドロテアの願い……。 「先生!お疲れ様です!本日も異常なしであります!」 お互い無事に生きていることを称え合おう門番!! すごいぶっちゃけた話をすると、門番は学校に敵が攻め入ってきた時とかに戦死してしまうと思っていたよ……。 こうしてずっと一緒にいられたことが意外だし、一緒にいられることを嬉しく思うよ!! 指輪の選択 急に!!!!来た!!!! 実は本気でを発生させたので、現在仲間で支援度Sにできる人は全員リストに上がってる!!!! とんだ八方美人!!!! なんだけど……。 プレイヤーとしての本命は掛け値無しに門番ですが、門番を選べない世界なので別の方を選びたいと思います。 そもそも、ベレスが統一王になってしまうなら、門番に、王の隣という重責は負わせられない……。 門番は、今を幸せに生きているひとだから……門番があそこにいて、明るくみんなに声をかけて、それで周りのみんなは元気になるから……。 巻き込みたくないんだよ……。 片想いだから……。 ソティス?!?!がいる?!?! 「???」ソティスじゃんね?!これはいったい。 あと、誰も選ばない選択肢があるのもいいね。 失った者を想い生きる感じがして。 そうだね…………うん……。 教団の手をとったべレスには、ソティスがふさわしいかもしれない。 全然どうなるかわからないけど。 指輪どうやって渡せば???? ???を選択!!!! 「最後の戦い」 神祖の紋章石が心臓にあるという衝撃の事実を聞かされるベレス。 「母に会いたかった」!!!! レアはべレスに母親のように接していたけど、レアはベレスに母親を見ていたってこと?業が深い。 レアが作った12番目の人造人間的な存在がベレスのお母さん。 べレスは13番目みたいなものってこと……13、意味深。 「彼女もまた、失敗でした」と言いながら、愛情も感じるのでレア難しいひとだな。 やっぱりベレスは両親に愛されていたんだとわかったので、よかった。 そっか〜〜ジェラルトがレアの血の力で長生きしているから、レアの血もあるのか……。 ええっ何?!?!レア?!?! レアが血を分けた者が白き獣に?!?! いや、もう戦いたくないんだけど?! レアを殺す?!?!?嘘でしょ?! ま、待って、待って待って、どういうこと、え、やだ、教団ルートでなぜレアを手にかけることに?!?!なぜ???? エーデルガルトとレアが択一って思ってたのに、どっちも殺めることになるって、どういうこと?!?!?!?!嫌ですけど?!?! カトリーヌやツィリルに顔向けできないよ……どうするの……もうやめてくれ……。 なんでこんなことに…………。 めっっっっっちゃレア強かった。 途中からあまり気持ち的な手心を加える余裕がなくなった。 殺らなければ殺られる感じだった。 セテスの話をちゃんと聞かないばっかりに、下から不用意に白き獣が湧き出して地獄絵図だった。 白き獣も強いけど、側にいる狂ってしまった教団兵も強い。 みんな強い、なにこれ、強すぎる。 ベレスに鬼のように強化をかけていなかったら確実に詰んでいた。 ベレスが強い。 レアすごく強いけどベレスがもっと強い。 レアの銀雪?っていう技、恐ろしい光が降ってくるわけだけど、銀雪の章だった……って思い出してじんと来た。 レア、やっぱり美しい竜。 きちんと抱きとめるベレスがかっこいい。 「お母様」 本当に最後まで勝手なひとだ、レア……。 しょうがないひとだな……。 あなたみたいなひと、好きだよ。 ソティス支援度S ソティス〜〜!!!!うわーっ会いたかった〜〜!!!! 「おぬしが寂しそうにしておるから、こうして戻ってきてやったのじゃ!」 うわーん!! 聞いてソティス、もうひどいんだって、エーデルガルトだけではなくてレアまで!!手にかけることになって!!それでさあ……もうめっちゃ話したいことあったよ!!!!! 「寂しかった」 シュンてしてるベレス!!いや、寂しいに決まってるでしょ、毎節ひとりきりの部屋で始まるたび寂しかったからね。 「そうじゃろう、そうじゃろう。 ま、わしがおるから泣くでないぞ」 あ〜〜うわ〜〜ソティスがいてくれることに泣くけど?!?!めっちゃ調子乗ってるじゃんか〜〜。 ソティスだよ〜〜。 ソティス!! 「誰に渡すつもりで用意したんじゃ、おぬし」 鈍感〜〜って言いたいところだけど、ソティスがわからないのが無理なさすぎる。 「わしの想いが深層でこやつの行動に影響して……ううむ……」 えっなに聞こえない。 「これでは……わしがこやつと契りたいと思うほど……」 「こやつのことを好いておるということになるではないか!」 顔赤いソティス!!!!!かわいいな?!?! いや、正直ソティスがそこまで照れる理由がわからない、もう一心同体になった仲なのに。 全然わからない。 今更でしょう??契ろうが契るまいが、永遠に一緒でしょう???? 「契りたいほど好いている?」 ちょっと微笑んでたでしょベレス〜〜。 気持ちが一方通行じゃなかったとわかって若干調子乗った微笑みではないでしょうか、どうですか。 えーーめちゃくちゃソティスかわいい〜〜。 「心を燃して」ってすごい情熱的……ここまで言われるとさすがに若干こちらも照れてきた……。 そうそうソティス!!心の奥底で一つに繋がっている相手なんだからね!! 「一生添い遂げる相手、みたいなもの」だよその通り!! レアの行動は褒められたものではないだろうけど、その結果生まれられて、生まれてすぐ死ぬこともなくて、ソティスと出会えてこうしていられるんだから、レアには感謝してる。 もうちょっと早めにいろいろ言って欲しかったというのはあるけど、不満はそれくらいかな〜〜!!レアの勝手あってのベレスですから!! 自分の指に指輪つけるの、ベレス……何それめっちゃ良いね……。 「わしとおぬしは離れようがないからのう。 わかっておるか?」 わーかわいい〜〜!!!!かわいい!! 「いついかなる時も、何が起ころうとも、誰よりもおぬしの近くに、おるのじゃ」 もう寂しくないじゃん……どんな時もひとりじゃないじゃん………。 心で繋がってるから、想われていることが伝わるの大変なことだな!! 一枚絵かわいい!!黄昏な感じ!! 「おぬしが滅びる時が、わしの滅びる時。 世の終わりまで、共に旅しようぞ」 う、わ……圧倒的な永遠を見た…………。 ハピ、エン……。 「楽しいのう、おぬし」「ずっと話せなんだから、言いたいことが溜まっておるのじゃ」 泣きそう……こっちもだよ〜〜。 こっちもいろいろ話したかったよ〜〜。 幸せだ……ひとりじゃないなら、王様も頑張れる……ずっと一緒にいよう、ソティス。 エンディング 今作も、メンバーのその後を語るアレが!! でも今回本気の支援度発生をしてしまったために、みんなの仲も深まりまくりなんだけれども、どうなったんだ。 アロイスがセイロス騎士団団長に!ジェラルト亡き後、 「次は誰がこの部屋を遣うのだろうか」みたいなことを言っていたと思うけど、それはアロイス自身だったわけだ。 結局ハンネマンとマヌエラ結婚したんかい!!!!!!!! いや、マヌエラが男と結婚するならここしかないと思ってた。 結婚してもいないのに痴話喧嘩ばっかりだったもの……。 家事分担して仲良くしてください。 大内で同僚と結ばれまくる感じになったの、風紀が乱れまくってて良いと思う。 すごい大だな??王様になってしまったベレスはもう 「仲良くしよう」とは仲裁に入れないのでよろしく。 ベルナデッタお父様の後を継いだの!引きこもりを貫いたベルナデッタ、すばらしい。 セテスとフレンの文、全体的にぐさぐさ来るけれども、最後の方の語りっぽい文すばらしく刺さる。 こうして親子は長い時を生き続けるという壮大さを見せつけられた。 カトリーヌとシャミア〜〜。 《二人で一つであり、二人が道を違えることは二度となかった》があまりにハッピーエンド。 武器を振るいまくる荒々しい冒険をしている感じが伝わってきてとても良い〜。 ペトラとツィリル、いちばんの意外さでびっくりしたな?!お幸せにね!! フェリクスとシルヴァンの文章もすごい刺さる。 仲違いではないけれども、道を違えて一振りの剣が届けられるの、きれいな決別。 イングリットとイグナーツ!!他国組だ〜!! フェリクスとシルヴァンがもたもたしている間に、素直で優しいイグナーツに先を越されたと考えると頷いてしまう。 イングリットは自分にとても厳しいから、ただそこにいるだけで認めてくれるような存在が必要だと思うんだよ。 そういう面でイグナーツはすばらしい相手。 イングリット、領主になったけれど領民に冷ややかな目で見られていたの泣いてしまう。 それをイグナーツの絵が救うって、その話もっと詳しく! リンハルトと!!家捨てる組!! 「千路七海」すごいな!!いつの間にシンドバッドているんだ!は先生が寝ている間の五年間も流浪していたわけだから、旅はお手の物か。 フェルディナントとドロテア!!!!!!!ご結婚おめでとうございます!!!!! 何気にクラス内での結婚、ふたりだけじゃない??先生スピーチの準備できてますよ。 蜜蜂と女王蜂が結ばれた。 先生の代わりに??ドロテアを養ってくれフェルディナント……ドロテア養われなくても自力でいろいろなんとかしそうだけど。 フェルディナントがフォドラ全土の統治に携わることになったってことは、先生の部下っぽいこともしている気がする。 ヤッホー元気?みたいなやりとりをしたい。 ベレス、ソティスと契りを結んでいるけれど、文章的には独り身を貫いた感じになっているの、良いね。 「を辿りし炎」すごい沁みる。 お互い独り身でいようと言ったマヌエラがあっさり結婚してしまったわけだけど、マヌエラにマウントかけられてない?!大丈夫?!「心で結ばれている」とか言って、周りにかわいそうな目で見られてない?!ああ、この人大切な人を亡くしたんだなそっとしておこう、みたいに思われてない?!確かに亡くしたひとは数知れずだけれども、心の中にいるので!!よろしくお願いします!! 教団ルートをクリアして エーデルガルトとのラストバトルの話をします。 「手足をちぎられようとも、前に進む」と言い切ったエーデルガルトの覚悟を見せつけられました。 「偽りの女神を、それに従うものを打ち倒し、世界を取り戻すために戦う!」 この言葉が、けっこう引っかかっています。 レアが語ってくれたことは、あくまでベレスの出自についてなので、教団に秘密があるとして、それはわからずじまいです。 ただ、女神がソティスだと考えると、偽りの神なのかは疑問に思います。 確かに女神っぽい振る舞いはしていないので、もしかしたら祭り上げられた存在なのかもしれないとは思います。 ただ、セテスが重大な隠し事をしているとは思えないので、 「従う者」であるセテスやフレンやレアが知らないことをエーデルガルトは知っているのかもしれないです。 「獣」発言についても未回収のままでしたが、紋章石や聖遺物が影響で紋章を持たない者が魔獣になってしまうことを考えると、紋章を持たない人間=獣ということになるのでしょうか。 結局エーデルガルトは話してくれないので戦うしかなかったのですが、ムービーがきれいで切なかったです。 「だから、せめて……貴方の手で……!」がつらい。 ベレスの表情の変化がすごく好きでした、最初は下を向いていて、次にエーデルガルトの話をちゃんと聞こうという顔になって、最後に覚悟を決めて目を見開くところが。 「二人で……歩き、たか……」 これを最後に言うの、傷を残していく子だなと思いました。 エーデルガルトは一貫しているんですよね、共に行きたいというのも最初に会った時から変わらない。 こちらが変わっていったんだと思います。 ここのシーン、ベレスの覚悟の表情が映されていて、エーデルガルトがどんな表情でこの言葉を言ったのががわからない演出、ぞくっとしました。 エーデルガルトの最後はベレスしかわからないんだなと思って……。 風花雪月、映像やデザインがとても美しいなと思っていたんですが、演出は今のところここがいちばん好きです。 デザインは、出撃のところすごいなって思います。 バトル中のコマンドもそうなんですけど、バラバラだったりアンシンメトリーなのにきれいなので見惚れます。 現時点でかなり長時間プレイしていますが、見飽きないデザインで本当にすごいと思います。 エーデルガルトについて エンディングの歌『フレスの少女』でやられました。 「安らぎのに身を預けて震えている」 エーデルガルトは強くあろうとしている部分もあると思いますが、個人的には、本当に強いひとだと思います。 エーデルガルトはベレスにとても来て欲しかったわけですが、来てもらえなくても歩みを止めることはない。 背景にどういう過去があるとしても、あの生き方を選択できる時点で強い人だと思います。 ただ、強いひともつらい気持ちはあるはずで、その心情がエンディングで歌い上げられていてぐざぐさ来ました。 エーデルガルトを討った道の最後に、この歌が流れるのあまりにもあまりだと思いますね!!!! エーデルガルトにとって、終わってほしくないかけがえのない学園生活だったんだなと思うと……葛藤しながら、それでも学園のみんなと敵対して飛び立とうとした……そんな生徒の手を払って斬り伏せた罪悪感でめちゃくちゃしんどいです。 この気持ちで2週目できるんでしょうか??またエーデルガルトに師って呼ばれた時に、どんな顔すればいいのか……。 ああ……。 次に帝国の先生をする時は、 必ず彼女の手をとりたいと思います。 レアについて レアの手をとるにはどうしたらいいんでしょう?? レアの支援がSまで上げられるようになっているのは確認したので、結婚できると思うんですが……。 レアのキャター造形好きなので、支援度Sを目指すのもいいかなと思っています。 そういえば、最初にレアのラスボス予想をしていましたが、二転三転して本当にラスボスでしたね。 ラスボスみたいな顔して登場して、ラスボスじゃないような顔をしたと思ったら、やっぱりラスボスでした。 教団の味方をすると決めた瞬間から、レアと戦うかもしれないという考えがまったく失せていたので、本当に最後の展開にはびっくりしました。 あれがエーデルガルトが言う教会の性質が引き起こした悲劇のひとつなのだとしたら、教団ルートにふさわしい気もします。 いや、レア好きです。 やっていることはすごい勝手だと思うんですが、その勝手な結果今のベレスがいる構図が好きです。 最後の最後に出てくる台詞が、嬉しそうに言う 「お母様」なのもすごい好きです。 支援度Sにしたら、きちんとベレス自身を見てくれるんでしょうか。 それをすごく確かめたいですね。 仲間になってくれないならプレゼントして教えを乞うしかない……。 1週目は右も左も分からないし、エーデルガルトが教会嫌いだったのもあってレアの好感度をあまり上げられなかったのですが、2週目は本気を出したいです。 教会に媚びた発言をしたいと思います。 すべてがわかったわけではないですが、ベレスとの関係性がはっきりしたぶん、すっきりレアと付き合えそうです。 支援度Sを狙うなら、お母さんなんか忘れさせてやる気持ちでアタックしたいと思います。 ソティスを神祖と見るなら、1週目でレアのお母様と結ばれてしまいましたしね????もう、そういう面で怖いものはありません!! レアは、としての優しさと、教会の敵に対する厳しい姿と、ただのレアと、竜の姿と、母親を欲する幼い心と……忙しいひとですね。 母性的で広く愛情深いひとは、幼なさを持ち続けているひとだと勝手に思っているので、レアが母と会いたかったというのは、すごく納得しました。 白雲の章はずっとエーデルガルトの側でレアを見ていましたから、レアがかなり怪しい人に見えていました。 今、エンディングを迎えて振り返ってみると、基本的には優しいひとだと思います。 ツィリルがでレアの優しさについて語っていましたが、レアに救われたひとは大勢いるはずです。 レアが禁忌を犯していようが、危ういところがあろうが、それは変わらない。 レアの優しさに救われて、レアを慕う人がたくさんいるのはわかりますし、道理だと思います。 自分も含め皆が苦しむとわかって志のため行動するエーデルガルトと、周りに救いをもたらすけれど根は自分本位なレアはが真逆な気がします。 それは仲悪いでしょうね。 刹那を生きたエーデルガルトと悠久を生きたレア。 真逆なふたりがいちばん隣にいて欲しかったひとがベレスという構図、皮肉です……。 雑多な感想・2週目などについて 発生させまくったりブログをまとめたりでプレイ時間が伸びたのはわかるんですが、80時間行ったのは素直に驚きました。 暗夜白夜透魔すべてプレイした時よりも長いんじゃないかと思います。 がフルボイスだったことと、子供システムがないことで並行して支援度Aにできることで、たいへんな量になっていましたね。 これでもまだひとクラスなので恐ろしいです。 ボリュームが。 他のルートもすべてやる予定ですが、2週目からはペースを落としたいと思います。 ぶわーっと駆け抜けてきましたので……。 順序は、同盟、王国、帝国、の順番でやる予定です。 単純に今回王国メンバーを多くスカウトできたので、あまり知れていない同盟を先にやりたいと思いました。 帝国の先生をしていると、全然同盟のことがわからないんですよね。 王国との確執はディミトリなどを通じて表面的にわかるのですが、その王国からさらに別れたという同盟……。 クロードが飄々としているのもあって、全然わからないです。 帝国を最後にしたのは、エーデルガルトの手をとると、メンタル的に他クラスのルートがやりにくくなるのではという気がしたというのもあります。 どうせなら、王国も同盟もきちんと理解してから、最後にエーデルガルトの手をとりたいと思いました。 その方がメンタルがやられる危険もありますが……。 追加コンテンツのパスを購入して準備万端なので、追加エピソードも楽しみに待ちたいと思います。

次の

ストーリー/翠風の章/EP.20 交差の結末/進軍 アンヴァル宮城戦

アンヴァル 宮城 戦

出撃 今回のマップです。 敵の数がえらいことになっている上に、マップ上部の左右の通路から敵が無限に涌いてきます。 ちなみに途中、マップ右上にドゥドゥーが現れます。 彼の生存補助が本マップの最難関となります。 ドロテア。 位置的に1ターン目で真っ先に倒される運命。 避けすぎペトラ。 速さのゲージの黄色いところは ゲージ2週目って意味だったんですね。 グレモリィ。 この人からドゥドゥーを守るのがホント大変。 エーデルガルト。 今までの弱点であった命中の低さも「命中+20」で強化してきているっ! ドゥドゥー。 魔封じの盾でささやかながら魔防を盛っているものの、 魔導士に攻撃されたら一撃死である。 そして、 攻速3をこの終盤で見ることになろうとは。 敵ユニットのボスの能力合計値は 300、ペトラは 290、他はだいたい 260弱。 自軍は先生が 260くらい、生徒は 180から 220の間です。 今回の出撃はファルコンナイト1、ドラゴンマスター2、バルバロッサ1、スナイパー2、ウォーマスター1、グレモリィ2、ダークナイト1、踊り子1です。 戦闘開始 さて、戦闘開始です。 方々的に囲まれた状態から始まるのでまずはマップ下方のドロテアを倒しに行きます。 リシテアの「 ワープ(隣接キャラを一定距離まで移動)」で壁を越え、殴りにいきます。 しかしこの壁、 飛行ユニットで飛んで超えることはできないけど魔法とか弓は届くのが疑問でなりません。 しかし彼女は 軍人でも貴族でもないのになぜ帝国軍で戦っているんでしょうか。 なんというか…自身も苦労してきた人だから、エーデルガルトが放っておけなかったのかもしれません。 ドロテアのサイドの敵も騎士団やらで モリモリに盛ったイグナーツ達で倒していきます。 3ターン目くらいでマップ右端の 敵陣の真っただ中からドゥドゥー出現。 む……じゃねえよなんてところに現れるんだお前。 彼は物理ダメージは受けないのですが敵スナイパーの「 蛇毒(自分からの攻撃が命中したとき、戦闘後、相手は最大HPの20%HP減少)」でじわじわ削られていきます。 また、敵を攻撃しながら動くのでそのうちエピタフたちの射程圏内に入ってしまいます。 魔導士に攻撃されたらイチコロなので 仕方がないですが全速力で助けに行きます。 オジサンを死なせるのは趣味ではありませんゆえ。 とはいえドゥドゥーの登場個所を予想していなくて非常に状況がマズいですが、やれるだけのことはやってみましょう。 マップ下部の部屋の自軍に「 神速の備え(1ターンの間移動力+5)」をかけ、マップを駆け上がります。 命中率33%のライナロックも… 当てていくゥ!! 突っ込んだ後は「 鉄壁の備え(1ターンの間、与被ダメージ1)」を忘れずにな! 確実にやられるからな! その後、中央の部屋の敵を掃討し、再び「 鉄壁の備え」をかけたローレンツで奥の部屋の鍵をオープン… したはいいものの、正面から行くのもボコボコにされそうだったので壁越しに魔獣に弓を撃ったりしてたんですが…これが裏目に出ました。 魔獣がこちらに寄ってきて、それを追ってドゥドゥーが部屋の奥にいるエピタフの射程圏内に入ってしまったぞ…!(画面上から伸びてる線) 魔法を喰らったら 一撃でやられるのでエピタフにサイレスをかけてしのぎます。 その後も敵の魔法射程内をウロウロするドゥドゥーに「 鉄壁の備え」をかけて死なせないように… ええい手間がかかるな!! ドゥドゥーを囮におびき寄せた魔導士たちを片付けていきます。 ちなみに、邪魔くさい左右の砲台はアッシュ君の「 狙撃(射程5)」で中央の部屋から倒していきました。 スナイパーなので射程+1で6マスの距離で届きます。 騎士団の エドマンド辺境兵(命中+40)を装備しているので6マス先の距離でも結構当たります。 奥の部屋の魔導士たちをあらかた倒したところで、 宝箱を回収していないことに気が付きました。 悠長に宝箱を回収しに行ってると ドゥドゥーがエーデルガルトに突っ込んでしまいます。 こうなったら アレをやってターンを稼ぐしかありません。 レスキュー引き寄せ作戦です。 部屋の中の残りの敵にドゥドゥーが近づいたところをこちら側に引き寄せるという 賽の河原の石積を崩す鬼のような所業を行いターン数を稼ぎます。 そうこうしているうちにドラゴン勢が宝箱に全速力で向かい、無事回収しました。 宝箱も回収できたのでエーデルガルトを倒しに行きます。 アッシュ君に「 鉄壁の備え」をかけ、「 蛇毒」で削っていきます。 応撃持ちに蛇毒は便利ですな。 フェイルノートの「 落星」でさらに削ります。 最後は先生。 天帝の覇剣の「 覇天」でトドメです。 違う道もあったんじゃないかな。 それとも、もう疲れちゃったかな。 最後に いやー今回も大変でしたが全員生存でクリアです。 友軍で入ってくる鎧勢はなんでああも 魔防が低いのに敵に突っ込んでいくのでしょうか。 果敢すぎるぞ! ちなみに今までで一番頼りになった友軍はもちろん ジェラルトパパです。 能力はもちろん、攻めどころと引きどころの采配が絶妙でした。 帝国を落としたところで物語がいよいよ未知の領域に入ってきました。 (青ルートのみクリアのため) 英雄になれるのかは分からないけど頑張ろうな! 君は多分後方支援か副官だけど。 今回はここまでです。 お付き合いありがとうございました。

次の